芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(映画:海外26)

[映画(海外26)]  2022年

 

アキヴァ・シェイファー『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』(2022年)

アダム・バーグ『ブラック・クラブ』(2022年)

アラム・ファン・デ・レスト、アッピ・バウデラ『愛なんてクソくらえ、再び』(2022年)

アリー・ポーシン『イン・ビトゥイーン』(2022年)

アレックス・ハードキャッスル『シニアイヤー』(2022年)

アーロン・ニー、アダム・ニー『ザ・ロストシティ』(2022年)

エイドリアン・ライン『底知れぬ愛の闇』(2022年)

エマ・クーパー『知られざるマリリン・モンロー 残されたテープ』(2022年)

エマ・ドゥ・スワーフ、マーク・ジェームズ・ロエルズ、ニキ・リンドロス・ヴォン・バー、パロマ・バエザ『家をめぐる3つの物語』(2022年)

エミリー・ティング『トールガール2』(2022年)

エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィジミー・チン『リターン・トゥ・スペース』(2022年)

カット・シア『レスキュードッグ・ルビー』(2022年)

キム・ジョンフン『パイレーツ:失われた王家の秘宝』(2022年)

クリストファー・ルス『風戯れる季節に』(2022年)

ゲイル・ラーナー『12人のパパ』(2022年)

是枝裕和『ベイビー・ブローカー』(2022年)

サイモン・キンバーグ『355』(2022年)

サム・ライミドクター・ストレンジマルチバース・オブ・マッドネス』(2022年)

ジェイソン・オーリー『恋人を取り戻すには』(2022年)

ジェニファー・クルースカ、デレク・ドライモン『モンスター・ホテル 変身ビームで大パニック!』(2022年)

ジェフ・トレメイン『ジャッカス FOREVER』(2022年)

ジェレマイア・ザガー『HUSTLE/ハッスル』(2022年)

ジャド・アパトー『ザ・バブル』(2022年)

ジャン=ピエール・ジュネ『ビッグバグ』(2022年)

ジョセフ・コシンスキー『スパイダーヘッド』(2022年)

ジョン・C・ドンキン『アイス・エイジ バックの大冒険』(2022年)

ジョン・マッデン『オペレーション・ミンスミート ‐ナチを欺いた死体‐』(2022年)

ショーン・レヴィ『アダム&アダム』(2022年)

スチュアート・マクドナルド『パーフェクト・ペアリング』(2022年)

ソフィア・アルバレス『君と一緒に過ごした夏』(2022年)

タイラー・ペリー『タイラー・ペリー マデアのホームカミング』(2022年)

ダニエル・ロアー『ナワリヌイ』(2022年)

ダミアン・パワー『パーキングエリア』(2022年)

チェ・ジンソン『サイバー地獄:n番部屋 ネット犯罪を暴く』(2022年)

チャーリー・マクダウェル『運命のイタズラ』(2022年)

チャールズ・フランシス・キナン、ダニエル・キナン『ホーム・チーム』(2022年)

チャン・チョルス『愛に奉仕せよ』(2022年)

デヴィッド・ストーテン『映画きかんしゃトーマス オールスター☆パレード』(2022年)

デヴィッド・ブルー・ガルシア『悪魔のいけにえレザーフェイス・リターンズ‐』(2022年)

トビー・ミーキンズ『チューズ・オア・ダイ 恐怖のサバイバルゲーム』(2022年)

ドミー・シー『私ときどきレッサーパンダ』(2022年)

ナ・ヒョン『夜叉‐容赦なき工作戦‐』(2022年)

パク・ヒョンジン『モラルセンス~君はご主人様~』(2022年)

ハンナ・ベルイホルム『ハッチング‐孵化‐』(2022年)

ピーター・ソレット『目指せメタルロード』(2022年)

フェリックス・フックシュタイナー、カタリーナ・シェード『恵まれた子供たち』(2022年)

ペーテル・フリント『氷がすべてを隔てても』(2022年)

ホ・ジノ『二つの光』 (2022年)

ホタ・リナレス『少女は、踊る』(2022年)

マイケル・ベイ『アンビュランス』(2022年)

マイケル・マン『TOKYO VICE』(2022年)

マウロ・ボレッリ『ウォーハント 魔界戦線』(2022年)

マーク・A・Z・ディッペ『マーマデューク』(2022年)

マシュー・ライリー『INTERCEPTOR/インターセプター』(2022年)

マット・ベティネッリ・オルピン『スクリーム(2022)』(2022年)

マテウシュ・ラコヴィチュ『脱走王ナイムロ』(2022年)

マリアマ・ディアロ『マスター~見えない敵~』(2022年)

ミミ・ケイヴ『フレッシュ』(2022年)

モニカ・ミッチェル『傲慢な花』(2022年)

ヤヌス・メッツ『オールド・ナイフ~127便の真実~』(2022年)

ユリア・ヴィシュネヴェッツ『ヘィ!ティーチャーズ!』(2022年)

リチャード・リンクレイター『アポロ10号 1/2:宇宙時代のアドベンチャー』(2022年)

リック・ジェイコブソン『ロイヤル・トリートメント』(2022年)

ルイ・ルテリエ『アンタッチャブルズ:ザ・リターン』(2022年)

ルーベン・フライシャーアンチャーテッド』(2022年)

レジス・ブロンドゥ『レストレス』(2022年)

ロバート・カプリア『MAYONAKA』(2022年)