芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(音楽作品:国内6)

[音楽作品(国内6)] 1980年代前半



アイン・ソフ『妖精の森』(1980年)
あがた森魚『乗物図鑑』(1980年)
アナーキーアナーキー』(1980年)
ARB『BAD NEWS』(1980年)
RCサクセション『ラプソディ』(1980年)
RCサクセション『PLEASE』(1980年)
YMO『増殖』(1980年)
五十嵐浩晃『愛は風まかせ NORTHERN SCENE』(1980年)
糸井重里『ペンギニズム』(1980年)
一風堂『REAL』(1980年)
井上陽水『EVERY NIGHT』(1980年)
遠藤賢司『宇宙防衛軍』(1980年)
太田裕美『思い出を置く、君を置く』(1980年)
大貫妙子『Romantique』(1980年)
大野俊三『アンターレス』(1980年)
オフコース『We Are』(1980年)
甲斐バンド地下室のメロディー』(1980年)
加藤和彦『うたかたのオペラ』(1980年)
喜納昌吉&チャンプルーズ『BLOOD LINE』(1980年)
久保田早紀『天界』(1980年)
グンジョーガクレヨン『グンジョーガクレヨン』(1980年)
グンジョーガクレヨン、突然段ボール『pass live』(1980年)
KENSOKENSO』(1980年)
ゴダイゴ『KATHMANDU(カトマンドゥー) シルクロードへ・・・』(1980年)
子供ばんど『WE LOVE 子供ばんど』(1980年)
坂本龍一『B‐2 UNIT』(1980年)
佐野元春『BACK TO THE STREET』(1980年)
沢田研二『G.S.I LOVE YOU』(1980年)
サンタクララ『男と女』(1980年)
サンハウス『ストリート・ノイズ』(1980年)
清水靖晃『ベルリン』(1980年)
ジューシィ・フルーツ『ドリンク!』(1980年)
JOHNNY,LOUIS&CHAR『tricycle』(1980年)
須藤薫『CHEF’S SPECIAL』(1980年)
SPYSPY』(1980年)
ソウル・メディア『メモリー・レーン』(1980年)
高中正義『T‐WAVE』(1980年)
高橋幸宏『音楽殺人』(1980年)
竹内まりや『Miss M』(1980年)
舘ひろし『ベイビー・ドール』(1980年)
誰がカバやねんロックンロールショー『WAOO…』(1980年)
チフス『typhus studio live 1980.10.28』(1980年)
チャクラ『チャクラ』(1980年)
所ジョージ『みんな不良少年だった』(1980年)
友川かずき『桜の国の散る中を』(1980年)
友部正人『なんでもない日には』(1980年)
豊田勇造『血を越えて愛し合えたら』(1980年)
中島みゆき『生きていてもいいですか』(1980年)
NOISE『天皇』(1980年)
ノヴェラ『魅惑劇』(1980年)
ノヴェラ『イン・ザ・ナイト』(1980年)
萩原健一『DONJUAN』(1980年)
ハルメンズハルメンズの近代体操』(1980年)
PANTA&HAL『TKO NIGHT LIGHT』(1980年)
ヒカシューヒカシュー』(1980年)
ヒカシュー『夏』(1980年)
P-MODEL『ランドセル』(1980年)
プラスチックス『ウェルカム・プラスチックス』(1980年)
フリクション『軋轢』(1980年)
フリクション『ed’79 Live』(1980年)
ブレッド&バター『マンディ・モーニング』(1980年)
松田聖子『SQUALL』(1980年)
松田聖子『North Wind』(1980年)
松原みき『POCKET PARK』(1980年)
松原みき『Who are you?』(1980年)
南佳孝『MONTAGE』(1980年)
村下孝蔵『汽笛がきこえる街』(1980年)
ムーンライダーズ『カメラ=万年筆』(1980年)
森田童子『ラスト・ワルツ』(1980年)
矢野顕子『ごはんができたよ』(1980年)
山口美央子『夢飛行』(1980年)
山口百恵メビウス・ゲーム』(1980年)
山下達郎『オン・ザ・ストリート・コーナー』(1980年)
山下達郎RIDE ON TIME』(1980年)
ルースターズルースターズ』(1980年)
レイジー宇宙船地球号』(1980年)
ザ・ロッカーズ『フー・ザ・ロッカーズ』(1980年)
渡辺香津美『TO CHI KA』(1980年)
渡辺貞夫『HOW'S EVERYTHING』(1980年)
V.A.『愛欲人民十時劇場』(1980年)
V.A.『猿飛佐助 オリジナル・サウンドトラック「ROCK OPERA JUMPING MONKEY」』(1980年)
V.A.『終末処理場』(1980年)
V.A.『都市通信』(1980年)
鮎川誠『クール・ソロ』(1981年)
亜蘭知子『神経衰弱』(1981年)
RCサクセション『ブルー』(1981年)
YMO『BGM』(1981年)
YMO『テクノデリック』(1981年)
INU『メシ喰うな』(1981年)
井上陽水『あやしい夜をまって』(1981年)
イモ欽トリオ『ポテトボーイズNo.1』(1981年)
大滝詠一『ア・ロング・バケーション』(1981年)
奥慶一『Misty Morning』(1981年)
加藤和彦『ベル・エキセントリック』(1981年)
角松敏生『SEA BREEZE』(1981年)
工藤冬里『Atlantic City』(1981年)
コクシネル『Cockc' Nell』(1981年)
午前四時『LIVE BOOTLEG』(1981年)
坂本龍一『左うでの夢』(1981年)
サザンオールスターズステレオ太陽族』(1981年)
佐野元春『Heart Beat』(1981年)
シーナ&ロケッツ『Pin-up Baby Blues』(1981年)
清水靖晃『IQ179』(1981年)
シャネルズ『Heart&Soul』(1981年)
すずききよし『戦争は許さない』(1981年)
ザ・スターリン『trash』(1981年)
スネークマンショー『スネークマン・ショー(急いで口で吸え!)』(1981年)
スネークマンショー『死ぬのは嫌だ、恐い。戦争反対!』(1981年)
高木恭造『わが青春のまるめろ -高木恭造の世界-』(1981年)
高橋幸宏『NEUROMANTIC』(1981年)
タコ『タコ/1st』(1981年)
タモリタモリ3‐戦後日本歌謡史‐』(1981年)
タモリ『ラジカル・ヒステリー・ツアー』(1981年)
ダンスリールネサンス合奏団『絆』(1981年)
近田春夫&ビブラトーンズ『ミッドナイト・ピアニスト』(1981年)
寺尾聰『リフレクションズ』(1981年)
所ジョージ『FUEL ALBUM』(1981年)
突然段ボール『成り立つかな?』(1981年)
友川かずき『海静か、魂は病み』(1981年)
トリオ座中ちゃん!『男の世界 昇天編』(1981年)
中島みゆき『臨月』(1981年)
なかやまて由希『Hold Me Tender』(1981年)
ノヴェラ『パラダイス・ロスト』(1981年)
灰野敬二『わたしだけ?』(1981年)
ハルメンズハルメンズの20世紀』(1981年)
PUNGO『PUNGO』(1981年)
ヒカシュー『うわさの人類』(1981年)
P-MODEL『ポプリ』(1981年)
PhewPhew』(1981年)
ブラック・キャッツ『クリーム・ソーダ・プレゼンツ』(1981年)
松田聖子風立ちぬ』(1981年)
松田優作『HARDEST NIGHT LIVE』(1981年)
松任谷由実『昨晩お会いしましょう』(1981年)
宮沢正一『キリストは馬小屋で生まれた』(1981年)
モッズ『FIGHT OR FLIGHT』(1981年)
山口美央子Nirvana』(1981年)
山下洋輔寿限無』(1981年)
吉田美奈子『モンスター・イン・タウン』(1981年)
ルースターズルースターズ・ア・ゴーゴー』(1981年)
渡邊浩一郎『まとめてアバヨを云わせてもらうぜ』(1981年)
渡辺貞夫『ORANGE EXPRESS』(1981年)
V.A.『愛欲人民十時劇場』(1981年)
V.A.『伝説巨神イデオン BGM集』(1981年)
V.A.『Horizon Dream』(1981年)
アケボノイズ『アケボノイズ』(1982年)
アラジン『ALADDIN VS アラジン』(1982年)
RCサクセション『BEAT POPS』(1982年)
RCサクセション『HARD FOLK SUCCESSION』(1982年)
暗黒大陸じゃがたら『南蛮渡来』(1982年)
板橋文夫『渡良瀬』(1982年)
一風堂『Lunatic Menu』(1982年)
伊藤さやか『ナ・ン・パ…して!』(1982年)
稲垣潤一『246:3AM』(1982年)
稲村一志『熱島現象』(1982年)
井上陽水『LION&PELICAN』(1982年)
ウシャコダ『SOUL TO YOU』(1982年)
大貫妙子クリシェ』(1982年)
岡本太郎『芸術と人生』(1982年)
甲斐バンド『虜』(1982年)
角谷美知夫『腐っていくテレパシーズ』(1982年)
金井夕子『écran』(1982年)
川崎燎『アランフェス協奏曲』(1982年)
CROSSWIND『そして夢の国へ』(1982年)
ゲルニカ『改造への躍動』(1982年)
小泉今日子『マイ・ファンタジー』(1982年)
小泉今日子『詩色の季節』(1982年)
ゴダイゴ『CMソンググラフィティ Vol.2』(1982年)
子供ばんど『ダイナマイト・ライブ』(1982年)
斎藤清六『なんなんなんだ!?』(1982年)
サザンオールスターズ『NUDE MAN』(1982年)
佐藤博『awakening』(1982年)
佐野元春『SOMEDAY』(1982年)
佐野元春杉真理大滝詠一ナイアガラ・トライアングルVol.2』(1982年)
沢田研二『MIS CAST』(1982年)
サンディー&サンセッツ『イミグランツ』(1982年)
清水靖晃『案山子』(1982年)
C.Memi『Heavenly Peace』(1982年)
スターボー『たんぽぽ畑でつかまえて』(1982年)
ザ・スターリン『STOP JAP』(1982年)
スネークマンショースネークマンショー海賊盤』(1982年)
ゼルダゼルダ』(1982年)
造反医学『青空』(1982年)
高橋幸宏『What,Me Worry?』(1982年)
竹中直人『24HOURS』(1982年)
タコ『TACO』(1982年)
近田春夫&ビブラトーンズ『バイブラ・ロック』(1982年)
中島みゆき『寒水魚』(1982年)
ネオマチス『ネオマチス高野山1982』(1982年)
野口五郎『FIRST TAKE』(1982年)
NON BAND『NON BAND』(1982年)
BOWWOW『WARNING FROM STARDUST』(1982年)
原マスミ『イマジネイション通信』(1982年)
美狂乱美狂乱』(1982年)
非常階段『蔵六の奇病』(1982年)
姫神せんせいしょん『姫神』(1982年)
P‐MODEL『Perspective』(1982年)
ピンク・クラウドクラウド・ランド 桃源郷』(1982年)
細野晴臣フィルハーモニー』(1982年)
巻上公一『民族の祭典』(1982年)
松田聖子『Pineapple』(1982年)
真鍋ちえみ『不思議・少女』(1982年)
間宮貴子『LOVE TRIP』(1982年)
南佳孝『セブンス・アベニュー・サウス』(1982年)
宮沢正一『人中間』(1982年)
ムーンライダーズ『青空百景』(1982年)
ムーンライダーズ『マニア・マニエラ』(1982年)
MELON『DO YOU LIKE JAPAN?』(1982年)
山下達郎『FOR YOU』(1982年)
吉田美奈子『ライトゥン・アップ』(1982年)
吉村弘『ナイン・ポストカード MUSIC FOR NINE POST CARDS』(1982年)
V.A.『爆裂都市 オリジナル・サウンドトラック』(1982年)
V.A.『Horizon Dream Vol.2』(1982年)
浅川マキ『アメリカの夜』(1983年)
飯島真理『ロゼ』(1983年)
YMO『浮気なぼくら』(1983年)
イースタン・オービット『ライヴ! ジャーニー・トゥ・ユートピア』(1983年)
井上陽水バレリーナ』(1983年)
岩本清顕『SOUGI』(1983年)
E.D.P.S『BLUE SPHINX』(1983年)
EP‐4『LINGUA FRANCA‐1 昭和大赦』(1983年)
UGUISS『UGUISS』(1983年)
有頂天『土俵王子』(1983年)
遠藤賢司『オムライス』(1983年)
大沢誉志幸『まずいリズムでベルが鳴る』(1983年)
大滝詠一NIAGARA CONCERT’83』(1983年)
大貫妙子シニフィエ』(1983年)
尾崎豊十七歳の地図』(1983年)
織田哲郎『ヴォイス』(1983年)
AUTO‐MOD『レクイエム』(1983年)
加古隆『L'AUBE』(1983年)
加藤和彦『あの頃、マリー・ローランサン』(1983年)
The comes『NO SIDE』(1983年)
河内音頭三音会オールスターズ『東京殴り込みライヴ』(1983年)
奇形児『PLASTIC SCANDAL』(1983年)
G.I.S.M.『DETESTation』(1983年)
坂本龍一『コーダ』(1983年)
坂本龍一戦場のメリークリスマス オリジナル・サウンドトラック』(1983年)
サロン・ミュージック『MY GIRL FRIDAY』(1983年)
ザ・スターリン『虫』(1983年)
ザ・ストリート・スライダーズ『スライダー・ジョイント』(1983年)
スネークマンショーピテカントロプスの逆襲』(1983年)
ゼルダ『カルナヴァル』(1983年)
TAO『Far East』(1983年)
高田みどり『鏡の向こう側』(1983年)
高橋幸宏『薔薇色の明日』(1983年)
タコ『タコ』(1983年)
楽しい音楽『やっぱり』(1983年)
戸川純玉姫様』(1983年)
所ジョージPILE DRIVER』(1983年)
友部正人『ポカラ』(1983年)
中島みゆき『予感』(1983年)
中原めいこ『ミ・ン・ト』(1983年)
ザ・ナンバーワン・バンド『もも』(1983年)
ノヴェラ『サンクチュアリ』(1983年)
ノヴェラ『最終戦争伝説』(1983年)
萩原健一『SHANTI SHANTI LIVE』(1983年)
原由子『Miss YOKOHAMADULT』(1983年)
ヒカシュー『水に流して』(1984年)
平山照継『ノイの城』(1983年)
THE 4TH INTERNATIONAL『日常性の破壊は我々の幻想』(1983年)
BOØWY『インスタント・ラヴ』(1983年)
松田聖子ユートピア』(1983年)
村田和人『ひとかけらの夏』(1983年)
三宅榛名高橋悠治『いちめん菜の花』(1983年)
山口美央子月姫』(1983年)
山下達郎『Melodies』(1983年)
ラッツ&スター『ソウル・ヴァケイション』(1983年)
ルースターズ『ディス』(1983年)
渡辺貞夫『FILL UP THE NIGHT』(1983年)
V.A.『OUTSIDER』(1983年)
V.A.『Aura Music』(1983年)
V.A.『GREAT PUNK HITS』(1983年)
V.A.『Horizon Dream Vol.3』(1983年)
アクション『ACTION! KIT1』(1984年)
アクション『ACTION! KIT2』(1984年)
アクション『HOT ROX』(1984年)
After Dinner『Glass Tube』(1984年)
アポジー&ペリジー『超時空コロダスタン旅行記』(1984年)
A‐Musik『e ku iroju』(1984年)
RCサクセション『フィール・ソー・バッド』(1984年)
井上陽水『9.5カラット』(1984年)
WATER MELON GROUP『COOL MUSIC』(1984年)
ULTRA BIDE『THE ORIGINAL ULTRA BIDE』(1984年)
E.D.P.S『DECEMBER 14th 1983 MAY 27th 1984』(1984年)
SS『LIVE!』(1984年)
大沢誉志幸『SCOOP』(1984年)
大沢誉志幸『CONFUSION』(1984年)
大滝詠一『EACH TIME』(1984年)
ガイズンドール(岩本清顕・工藤冬里)『Hard Rock Album』(1984年)
白 KURO『WHO THE HELPLESS』(1984年)
坂本龍一『音楽図鑑』(1984年)
佐野元春『VISITORS』(1984年)
サザンオールスターズ『人気者でいこう』(1984年)
サロン・ミュージック『ラ・パロマ・ショー』(1984年)
GERARD『GERARD』(1984年)
Che'-SHIZU『約束はできない』(1984年)
少年ナイフ『山のアッちゃん』(1984年)
THE STAR CLUB『HELLO NEW PUNKS』(1984年)
瀬戸龍介『華厳絵巻』(1984年)
ZOUO『the final agony』(1984年)
ソドム『聖レクイエム』(1984年)
高橋幸宏『WILD&MOODY』(1984年)
竹内まりや『VARIETY』(1984年)
竹中直人『かわったかたちのいし』(1984年)
タコ『セカンド』(1984年)
チェッカーズ『絶対!!チェッカーズ』(1984年)
TM NETWORK『RAINBOW RAINBOW』(1984年)
東京ブラボー『東京ブラボー!!』(1984年)
戸川純とヤプーズ『裏玉姫』(1984年)
所ジョージ『FROM TOKOROZAWA WITH LOVE〜所沢より愛をこめて』(1984年)
突然段ボール『神経質プーハー』(1984年)
友部正人カンテ・グランデ』(1984年)
中島みゆき『はじめまして』(1984年)
NURSE『NURSE?』(1984年)
ノヴェラ『最終戦争伝説Part2』(1984年)
ノヴェラ『フロム・ザ・ミスティック・ワールド』(1984年)
爆風スランプ『よい』(1984年)
はにわちゃん『かなしばり』(1984年)
原マスミ『夢の4倍』(1984年)
ヒカシュー『水に流して』(1984年)
非常階段『VIVA ANGEL』(1984年)
44マグナム『ストリート・ロックンローラー』(1984年)
THE FOOLS『Weed War』(1984年)
古舘伊知郎大過激』(1984年)
ムーンライダーズ『アマチュア・アカデミー』(1984年)
メトロファルス『ピピ・ザズー』(1984年)
矢野顕子『オーエス オーエス』(1984年)
ラウドネスDISILLUSION〜撃剣霊化〜』(1984年)
ザ・ラビッツ『WINTER SONGS』(1984年)
LAUGHIN'NOSE『プッシー・フォー・セール』(1984年)
ルースターズ『グッド・ドリームス』(1984年)
ルースターズ『Φ PHY』(1984年)
渡辺貞夫RENDEZVOUS』(1984年)
V.A.『くっついて安心』(1984年)
V.A.『時の葬列』(1984年)
V.A.『ハードコア不法集会』(1984年)