芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(映画:海外10)

[映画(海外10)] 1980年代前半



アイラ・ミラー『ビル・マーレイの珍作フライド・ムービー』(1980年)
アモス・ギタイ『家』(1980年)
アラン・タネール『光年のかなた』(1980年)
アラン・パーカー『フェーム』(1980年)
アラン・モイル『タイムズ・スクエア』(1980年)
アンジェイ・ズラウスキー『ポゼッション』(1980年)
アンドリュー・V・マクラグレン『北海ハイジャック』(1980年)
イシュマエル・ベルナール『マニラ・バイ・ナイト』(1980年)
イ・チャンホ『風吹く良き日』(1980年)
イ・トゥヨン『避幕』(1980年)
イングマル・ベルイマン『夢の中の人生』(1980年)
ウィリアム・ピーター・ブラッティトゥインクル・トゥインクル・キラー・カーン』(1980年)
ウィリアム・ラスティング『マニアック』(1980年)
ウォルター・ヒルロング・ライダーズ』(1980年)
ウディ・アレンスターダスト・メモリー』(1980年)
ウラジミール・メニショフ『モスクワは涙を信じない』(1980年)
エイドリアン・ラインフォクシー・レディ』(1980年)
ガイ・ハミルトン『クリスタル殺人事件』(1980年)
カルロス・ディエゲス『バイ・バイ・ブラジル』(1980年)
カレル・ライス『フランス軍中尉の女』(1980年)
グレゴーリ・チュフライ『人生は素晴しい』(1980年)
クロード・ジディ『ザ・カンニング[IQ=0]』(1980年)
クロード・ソーテ『ぐうたら息子』(1980年)
クロード・ピノトー『ラ・ブーム』(1980年)
ケヴィン・コナー『地獄のモーテル』(1980年)
サフィ・ファイ『マン・サ・ヤイ(わたしはあなたのお母さん)』(1980年)
サミュエル・フラー最前線物語』(1980年)
ジェイムズ・グリッケンハウス『エクスタミネーター』(1980年)
J・ロバート・ワグナー『ディスコ・ゴッドファーザー』(1980年)
ジミー・T・ムラカミ『宇宙の7人』(1980年)
ジム・エイブラハムズデビッド・ザッカージェリー・ザッカー『フライングハイ』(1980年)
ジム・ジャームッシュパーマネント・バケーション』(1980年)
ジャミー・ユイス『コイサンマン』(1980年)
ジュノー・シュウォークある日どこかで』(1980年)
ジョフ・マーフィ『明日なき疾走』(1980年)
ジョン・アーヴィン『戦争の犬たち』(1980年)
ショーン・S・カニンガム『13日の金曜日』(1980年)
ジョン・カサヴェテス『グロリア』(1980年)
ジョン・カーペンターザ・フォッグ』(1980年)
ジョン・セイルズ『セコーカス・セブン』(1980年)
ジョン・B・カードス『悪魔の毒々ゾンビーズ 蘇る死霊伝説』(1980年)
ジョン・ランディス『ブルースブラザース』(1980年)
スタンリー・キューブリック『シャイニング』(1980年)
スタンリー・ドーネン『スペース・サタン』(1980年)
スチュアート・ローゼンバーグ『ブルベイカー』(1980年)
ダリオ・アルジェントインフェルノ』(1980年)
チヅカ・ヤマザキ『ガイジン』(1980年)
ティント・ブラス、ジャンカルロ・ルイ『カリギュラ』(1980年)
デヴィッド・ハミルトン『テンダー・カズン』(1980年)
デヴィッド・リンチ『エレファントマン』(1980年)
テオ・アンゲロプロスアレクサンダー大王』(1980年)
デニス・ホッパー『アウト・オブ・ブルー』(1980年)
トニー・ビル『マイ・ボディガード』(1980年)
ニコラス・レイヴィム・ヴェンダース『ニックス・ムービー/水上の稲妻』(1980年)
ハシント・モリナ『残虐!狂宴の館』(1980年)
バズ・キューリック『ハンター』(1980年)
バーバラ・ピータース『モンスター・パニック』(1980年)
バハラム・ベイザイ『タラのバラード』(1980年)
ハル・ニーダムキャノンボール』(1980年)
ハロルド・ライミス『ボールズ・ボールズ』(1980年)
ピーター・グリーナウェイ『The Falls』(1980年)
ピーター・ハガード『天才悪魔 フー・マンチュー』(1980年)
ピーター・フォレグ『恐怖のいけにえ』(1980年)
ピーター・メダック『チェンジリング』(1980年)
ビンセント・ドーンヘル・オブ・ザ・リビングデッド』(1980年)
フェデリコ・フェリーニ『女の都』(1980年)
ブライアン・デ・パルマ殺しのドレス』(1980年)
フランク・マーティン『人間解剖島/ドクター・ブッチャー』(1980年)
フランコ・ブロジ・タヴィアーニ『作家マゾッホ・愛の日々』(1980年)
フランソワ・トリュフォー終電車』(1980年)
ブルース・ベレスフォード『英雄モラント/傷だらけの戦士』(1980年)
ペドロ・アルモドバルペピ、ルシ、ボンとその他大勢の娘たち』(1980年)
ペネロープ・スフィーリス『ザ・デクライン』(1980年)
ホウ・シャオシェン『ステキな彼女』(1980年)
ポール・シュレーダーアメリカン・ジゴロ』(1980年)
ポール・リンチ『プロムナイト』(1980年)
マイク・ニューウェル『ピラミッド』(1980年)
マイク・ホッジス『フラッシュ・ゴードン』(1980年)
マーティン・スコセッシレイジング・ブル』(1980年)
マリオ・モッラポールポジション2』(1980年)
マルガレーテ・フォン・トロッタ『鉛の時代』(1980年)
メナヘム・ゴーラン『アップル』(1980年)
ヤン・シュヴァンクマイエル『アッシャー家の崩壊』(1980年)
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーリリー・マルレーン』(1980年)
リチャード・エルフマンフォービデン・ゾーン』(1980年)
リチャード・レスター『スーパーマンⅡ』(1980年)
ルチオ・フルチ地獄の門』(1980年)
ルッジェロ・デオダート『真夜中の狂気』(1980年)
レック・コワルスキー『D.O.A.』(1980年)
ロー・ツゥー『ミラクルカンフー 阿修羅』(1980年)
ロバート・アルトマン『ポパイ』(1980年)
ロバート・グリーンウォルド『ザナドゥ』(1980年)
ロバート・クローズ『バトルクリーク・ブロー』(1980年)
ロバート・ゼメキス『ユーズド・カー』(1980年)
ロバート・レッドフォード『普通の人々』(1980年)
アドゥール・ゴーパーラクリシュナンねずみ取り』(1981年)
アベルフェラーラ『天使の復讐』(1981年)
アンジェイ・ワイダ『鉄の男』(1981年)
アンドレ・テシネ『海辺のホテルにて』(1981年)
アン・ホイ『獣たちの熱い夜 ある帰還兵の記録』(1981年)
イ・チャンホ『暗闇の子供たち』(1981年)
イドリッサ・ウエドラオゴ『ポコ』(1981年)
ウォルフガング・ペーターゼンUボート』(1981年)
ウォーレン・ベイティ『レッズ』(1981年)
ウー・セイエン『死亡の塔』(1981年)
ウルリケ・オッティンガー『フリーク・オルランド』(1981年)
H・ジェット・シャリル『首だけ女の恐怖』(1981年)
エクト・バベンコ『ピショット』(1981年)
エド・ベルトグリオ『ダウンタウン81』(1981年)
エリック・ウエストン『デビルスピーク』(1981年)
エリック・ロメール『飛行士の妻』(1981年)
オルドリッチ・リプスキー『カルパテ城の謎』(1981年)
カール・ゴットリーヴ『おかしなおかしな石器人』(1981年)
クシシュトフ・キシェロフスキ『偶然』(1981年)
クシシュトフ・キェシロフスキ『短い労働の日(短い労働日)』(1981年)
クロード・ルルーシュ『愛と哀しみのボレロ』(1981年)
ゲイリー・A・シャーマン『ゾンゲリア』(1981年)
コナン・ル・シレール『ジャンク2 死の儀式』(1981年)
ジェイムズ・キャメロン『殺人魚フライングキラー』(1981年)
ジェフ・マーフィー『明日なき疾走』(1981年)
ジェラルド・ポタートン『ヘヴィメタル』(1981年)
ジム・シャーマン『ショック・トリートメント』(1981年)
ジャン・ジャック・ベネックス『ディーバ』(1981年)
ジョージ・A・ロメロナイトライダーズ』(1981年)
ジョージ・ミハルカ『血のバレンタイン』(1981年)
ジョージ・ミラーマッドマックス2』(1981年)
ジョー・ダンテハウリング』(1981年)
ジョルジュ・ロートネル『プロフェッショナル』(1981年)
ジョン・カーペンターニューヨーク1997』(1981年)
ジョン・ヒューストン『勝利への脱出』(1981年)
ジョン・ランディス狼男アメリカン』(1981年)
スティーヴン・スピルバーグ『レイダース/失われたアーク』(1981年)
スティーヴ・マイナー13日の金曜日PART2』(1981年)
チャールズ・マックラン『悪魔の毒々ゾンビーズ 蘇る死霊伝説』(1981年)
デヴィッド・クローネンバーグスキャナーズ』(1981年)
デズモンド・デイヴィス『タイタンの戦い』(1981年)
テリー・ギリアムバンデットQ』(1981年)
ドゥシャン・マカヴェイエフモンテネグロ』(1981年)
トニー・メイラム『バーニング』(1981年)
トニー・リチャードソン『ボーダー』(1981年)
トビー・フーパー『ファンハウス 惨劇の館』(1981年)
トム・デ・シモーネ『ヘルナイト』(1981年)
バート・ブリンカーロフ『ベイビー・ブローカー』(1981年)
ハワード・R・コーエン『新・14日の土曜日』(1981年)
ピーター・ハイアムズアウトランド』(1981年)
ピーター・ハント『デス・ハント』(1981年)
B.D.クラーク『ギャラクシー・オブ・テラー 恐怖の惑星』(1981年)
ヒュー・ハドソン『炎のランナー』(1981年)
フランソワ・ミメ『マダム・クロード2~情事の罠~』(1981年)
ブルース・マルムース『ナイトホークス』(1981年)
フレデリック・バック『クラック!』(1981年)
ペーター・フィッシュリ、ダビッド・バイス『ゆずれない事』(1981年)
ボブ・ラフェルソン『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(1981年)
ポール・コックス『ロンリー・ハーツ』(1981年)
マイケル・チミノ天国の門』(1981年)
マイケル・マン『ザ・クラッカー 真夜中のアウトロー』(1981年)
マシュー・ロビンス『ドラゴンスレイヤー』(1981年)
マリアーノ・ラウレンティ『人間解剖島 ドクター・ブッチャー』(1981年)
ムスタファ・アッカド『砂漠のライオン』(1981年)
メナハム・ゴーラン『燃えよNINJA』(1981年)
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー『ローラ』(1981年)
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー『ヴェロニカ・フォスの憧れ』(1981年)
ラルフ・バクシアメリカン・ポップ』(1981年)
ルチオ・フルチ『ビヨンド』(1981年)
ルチオ・フルチ『墓地裏の家』(1981年)
ロジャー・ドナルドソン『スマッシュ・パレス‐孤独な暴走‐』(1981年)
ロバート・アルドリッチカリフォルニア・ドールズ』(1981年)
?『ザ・クランプス 精神病院ライブ』(1981年)
アモス・ギタイ『フィールド・ダイアリー』(1982年)
アラン・J・パクラソフィーの選択』(1982年)
アラン・パーカーザ・ウォール』(1982年)
アラン・ホルツマン『禁断の惑星エグザビア』(1982年)
アレクセイ・ゲルマン『わが友イワン・ラプシン』(1982年)
アンジェイ・ワイダ『ダントン』(1982年)
アン・ホイ『望郷/ボートピープル』(1982年)
イエジー・スコリモフスキ『ムーンライティング』(1982年)
イグナシオ・アグエロ『忘れまい』(1982年)
ジー・バルタ『手袋の失われた世界(手袋映画史)』(1982年)
イ・チャンホ『於宇同(オウドン)』(1982年)
イングマル・ベルイマン『ファニーとアレクサンデル』(1982年)
ヴィム・ヴェンダース『ハメット』(1982年)
ヴィム・ヴェンダース『ことの次第』(1982年)
ウィリー・S・レーガン『ラストハーレム』(1982年)
ウェス・クレイヴン『怪人スワンプシング 影のヒーロー』(1982年)
ヴェルナー・ヘルツォーク『フィツカラルド』(1982年)
ウォルター・ヒル『48時間』(1982年)
ウディ・アレン『サマー・ナイト』(1982年)
エイミー・ヘッカーリング『初体験 リッジモント・ハイ』(1982年)
エックハルト・シュミット『トランス/愛の晩餐』(1982年)
エリック・ツァン『悪漢探偵』(1982年)
エリック・ロメール『美しき結婚』(1982年)
キム・ギヨン『火女’82』(1982年)
クリス・マルケル『サン・ソレイユ』(1982年)
クリント・イーストウッド『センチメンタル・アドベンチャー』(1982年)
クリント・イーストウッドファイヤーフォックス』(1982年)
クロード・ピノトー『ラ・ブーム2』(1982年)
ゲイリー・A・シャーマン『ザ・モンスター』(1982年)
ケビン・ラファティ、ジェーン・ローダー、ピアース・ラファティアトミック・カフェ』(1982年)
ケン・キャメロン『モンキー・グリップ』(1982年)
ゴッドフリー・レッジョ『コヤニスカッツィ』(1982年)
サミュエル・フラー『ホワイト・ドッグ』(1982年)
ジェス・フランコ(A・M・フランク)『ゾンビの秘宝』(1982年)
ジェーン・カンピオン『ピール』(1982年)
ジェーン・カンピオン『キツツキはいない』(1982年)
シドニー・ポラックトッツィー』(1982年)
シドニー・ルメット『評決』(1982年)
ジム・ヘンソンダーククリスタル』(1982年)
ジャッキー・チェン『ドラゴンロード』(1982年)
ジャン・クロード・ロード『面会時間』(1982年)
ジャン=リュック・ゴダール『パッション』(1982年)
ジョージ・A・ロメロクリープショー』(1982年)
ジョージ・ロイ・ヒルガープの世界』(1982年)
ジョン・カーペンター遊星からの物体X』(1982年)
ジョン・バダムブルーサンダー』(1982年)
スティーヴ・マイナー13日の金曜日PART3』(1982年)
スティーヴン・スピルバーグE.T.』(1982年)
ティーヴン・リズバーカー『トロン』(1982年)
スラヴァ・ツッカーマン『リキッド・スカイ』(1982年)
レイマン・シセ『風(フィニエ)』(1982年)
タオ・ドゥツェン、エドワード・ヤン、クー・イチェン、チャン・イー『光陰的故事』(1982年)
ダニエル・シュミット『ヘカテ』(1982年)
ダリオ・アルジェント『シャドー』(1982年)
チャールズ・エイハーン『ワイルド・スタイル』(1982年)
チャン・シンイェン『少林寺』(1982年)
ディッキー・ジョブソン『カントリーマン』(1982年)
テイラー・ハックフォード愛と青春の旅だち』(1982年)
テッド・コッチェフランボー』(1982年)
トニー・ウィリアムズ『悪夢の系譜 日記に閉ざされた連続殺人の謎』(1982年)
トニー・リチャードソン『ザ・ボーダー』(1982年)
トビー・フーパーポルターガイスト』(1982年)
トム・ケネディ『宇宙からのツタンカーメン』(1982年)
トリン・T・ミンハ『ルアッサンブラージュ』(1982年)
ハーサン・シャー、ダム・ショウ『ラフ・カット&レディ・ダブド』(1982年)
バーナード・シェイキー(ニール・ヤング)『ヒューマン・ハイウェイ』(1982年)
ハリー・ホッジ『バンド・オン・ザ・ラン』(1982年)
バリー・レビンソン『ダイナー』(1982年)
ハル・アシュビーザ・ローリング・ストーンズ レッツ・スぺンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』(1982年)
ピオトル・カムレー『クロノポリス』(1982年)
ピーター・グリーナウェイ『英国式庭園殺人事件』(1982年)
ファブリス・A・ツァフィラトス『ブラッドビート 血に飢えた魔性の刃』(1982年)
フィリップ・ガレル『秘密の子供』(1982年)
フランク・ヘネンロッター『バスケットケース』(1982年)
フランシス・F・コッポラ『ワン・フロム・ザ・ハート』(1982年)
ペドロ・アルモドバル『セクシリア』(1982年)
ホウ・シャオシェン『川の流れに草は青々』(1982年)
ボブ・クラーク『ポーキーズ』(1982年)
ポール・シュレーダーキャット・ピープル』(1982年)
マイケル・ウィナー『ロサンゼルス』(1982年)
マーティン・スコセッシ『キング・オブ・コメディ』(1982年)
ミゲル・リティン『アルシノとコンドル』(1982年)
ヤン・シュヴァンクマイエル『対話の可能性』(1982年)
ヤン・シュヴァンクマイエル『地下室の怪』(1982年)
ユルマズ・ギュネイ『路』(1982年)
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーケレル』(1982年)
リック・ローゼンタール『ブギーマン』(1982年)
リチャード・アッテンボローガンジー』(1982年)
リドリー・スコットブレードランナー』(1982年)
ルチオ・フルチ『マンハッタン・ベイビー』(1982年)
ルチオ・フルチ『ザ・リッパー』(1982年)
ロバート・J・ローゼンタール『超能力学園Z』(1982年)
ロバン・ダヴィー『最後の標的』(1982年)
ロベルト・ファエンツァ『コップキラー』(1982年)
アキ・カウリスマキ罪と罰 白夜のラスコーリニコフ』(1983年)
アラン・ドロン『鷹』(1983年)
アラン・ロブ・グリエ『囚われの美女』(1983年)
アレクサンドル・ソク―ロフ『痛ましき無関心』(1983年)
アンジェイ・ワイダ『ダントン』(1983年)
アンディ・ミリガン『ホラーメイカアンディ・ミリガン/激惨!血に飢えた館』(1983年)
アントニオ・クリマーティ、マリオ・モッラ『残酷を超えた驚愕ドキュメント・カランバ』(1983年)
アンドリュー・V・マクラグレン『サハラ』(1983年)
アンドレイ・タルコフスキーノスタルジア』(1983年)
イ・チャンホ『馬鹿宣言』(1983年)
ジー・バルタ『緑の森のバラード』(1983年)
ウディ・アレン『カメレオンマン』(1983年)
エイドリアン・ラインフラッシュダンス』(1983年)
エドワード・ヤン『海辺の一日』(1983年)
エリダル・リャザーノフふたりの駅』(1983年)
エリック・ロメール海辺のポーリーヌ』(1983年)
エルデン・キラル『ハッカリの季節』(1983年)
ガリ・バルディン『Konflikt』(1983年)
カール・ライナー『2つの頭脳を持つ男』(1983年)
カルロス・サウラカルメン』(1983年)
クライブ・A・スミス『ROCK&RULE』(1983年)
クリント・イーストウッドダーティハリー4』(1983年)
サム・ペキンパー『バイオレント・サタデー』(1983年)
サム・ライミ死霊のはらわた』(1983年)
ジェフ・マーフィー『UTU/復讐』(1983年)
ジェラルド・カーグル『アングスト/不安』(1983年)
ジャン・ベッケル『殺意の夏』(1983年)
ジュールス・ハリソン『マッドライダー』(1983年)
ジョン・カーペンター『クリスティーン』(1983年)
ジョン・バダムウォー・ゲーム』(1983年)
ジョン・ランディス『大逆転』(1983年)
シルヴェスター・スタローン『ステイン・アライブ』(1983年)
スティーヴン・スピルバーグジョン・ランディス、他『トワイライトゾーン 超次元の体験』(1983年)
セミョーン・アラノヴィッチ『トルペド航空隊』(1983年)
チャーリー・エーハン『ワイルド・スタイル』(1983年)
チャン・シンイェン『少林寺2』(1983年)
ディナーラ・アサーノワ『パッツァーニ』(1983年)
デヴィッド・クローネンバーグビデオドローム』(1983年)
デヴィッド・クローネンバーグ『デッド・ゾーン』(1983年)
テリー・ジョーンズ『人生狂騒曲』(1983年)
トニー・シルヴァー『Style Wars』(1983年)
トニー・スコット『ハンガー』(1983年)
ニコラス・メイヤー『ザ・デイ・アフター』(1983年)
ニック・ディオカンポ『オリバー』(1983年)
ノエル・ブラック『プライベート・スクール』(1983年)
ハル・ニーダムキャノンボール2』(1983年)
ハル・ニーダム『ストローカーエース』(1983年)
ハワード・R・ゴードン『スペース・レイダース』(1983年)
ピーター・イェーツ『銀河伝説クルール』(1983年)
ピート・ウォーカー『魔人館』(1983年)
フィリップ・カウフマンライトスタッフ』(1983年)
フィリップ・ガレル『自由、夜』(1983年)
フェデリコ・フェリーニ『そして船は行く』(1983年)
フェリッド・ブーゲディール『アフリカの映画』(1983年)
フォルカー・シュレンドルフスワンの恋』(1983年)
ブライアン・デ・パルマスカーフェイス』(1983年)
フランシス・F・コッポラ『アウトサイダー』(1983年)
フランシス・F・コッポラ『ランブルフィッシュ』(1983年)
ブルース・ベレスフォード『テンダー・マーシー』(1983年)
ペーター・フィッシュリ、ダビッド・バイス『正しい方向』(1983年)
ペドロ・アルモドバル『バチ当たり修道院の最期』(1983年)
ホウ・シャオシェン『風櫃の少年』(1983年)
ホウ・シャオシェン、ゾン・ジュアンシャン、ワン・レン『坊やの人形』(1983年)
ボブ・クラーク『ポーキーズ2』(1983年)
ポール・コックス『花の男』(1983年)
ポール・シュレーダー『Mishima』(1983年)
ポール・ブリックマン『卒業白書』(1983年)
ホルヘ・サンヒネス『ただひとつの拳のごとく』(1983年)
マイク・ニコルズ『シルクウッド』(1983年)
マイク・リー『ミーンタイム』(1983年)
マーティン・デヴィッドソン『エディ&ザ・クルーザーズ』(1983年)
マリオ・モッラウイニングラン』(1983年)
モーリス・ピアラ『愛の記念に』(1983年)
ヤン・シュヴァンクマイエル『陥し穴と振子』(1983年)
リチャード・フランクリン『サイコ2』(1983年)
リー・ハンシャン『西太后』(1983年)
ルイ・ゲーラ『エレンディラ』(1983年)
レオス・カラックス『ボーイ・ミーツ・ガール』(1983年)
ロベール・ブレッソンラルジャン』(1983年)
アイバン・ライトマンゴーストバスターズ』(1984年)
アニエス・ヴァルダ『女像柱たち』(1984年)
アブデルクリム・バロウル『ミント・ティー』(1984年)
アベルフェラーラ『処刑都市』(1984年)
アラン・パーカー『バーディ』(1984年)
アルバート・マグノーリ『プリンス/パープル・レイン』(1984年)
アレクセイ・ゲルマン『わが友イワン・ラプシン』(1984年)
アレックス・コックス『レポマン』(1984年)
アンジェイ・ズラウスキー『私生活のない女』(1984年)
アンドレイ・コンチャロフスキーマリアの恋人』(1984年)
アン・ホイ『傾城之恋』(1984年)
イ・チャンホ『寡婦の舞』(1984年)
イ・チャンホ『膝と膝の間』(1984年)
イム・ホー『ホームカミング』(1984年)
ヴィム・ヴェンダースパリ・テキサス』(1984年)
ウェス・クレイヴンエルム街の悪夢』(1984年)
ヴェルナー・ヘルツォーク『緑のアリが夢見るところ』(1984年)
ウォルター・ヒルストリート・オブ・ファイヤー』(1984年)
ウォルター・マルコネリー『ビッグウェイブ』(1984年)
ウォルフガング・ペーターゼンネバーエンディング・ストーリー』(1984年)
ウディ・アレン『ブロードウェイのダニー・ローズ』(1984年)
ウール・グロスバード『恋におちて』(1984年)
エリック・ロメール『満月の夜』(1984年)
オラ・バログン『マネー・パワー』(1984年)
グレン・コーバン『スペース・ゾンビ 吸血ビールス大襲来』(1984年)
サム・ファーステンバーグ『ニンジャ』(1984年)
サモ・ハン・キンポー『五福星』(1984年)
サモ・ハン・キンポースパルタンX』(1984年)
ジェイムズ・キャメロンターミネーター』(1984年)
ジェリー・シャッツバーグ『恋人ゲーム』(1984年)
ジム・ジャームッシュストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984年)
ジャッキー・チェンプロジェクトA』(1984年)
ジュスト・ジャカン『ゴールドパピヨン』(1984年)
ジョエル・シルバーグ『ブレイクダンス』(1984年)
ジョセフ・ジトー『地獄のヒーロー』(1984年)
ジョセフ・ジトー『13日の金曜日 完結編』(1984年)
ジョー・ダマト『欲望の小部屋』(1984年)
ジョー・ダンテグレムリン』(1984年)
ジョナサン・デミストップ・メイキング・センス』(1984年)
ジョルジュ・ロートネルソフィー・マルソー 恋にくちづけ』(1984年)
ジョン・カサヴェテス『ラヴ・ストリームス』(1984年)
ジョン・カーペンター『スターマン』(1984年)
ジョン・G・アビルドセンベスト・キッド』(1984年)
ジョン・スカグリオッティ、ロバート・ローゼンバーグ『ビフォー・ストーンウォール』(1984年)
ジョン・セイルズ『ブラザー・フロム・アナザー・プラネット』(1984年)
ジョン・デレクボレロ/愛欲の日々』(1984年)
ジョン・ヒューズすてきな片想い』(1984年)
ジョン・ランディス『眠れぬ夜のために』(1984年)
スチュアート・ラフィル『フィラデルフィア・エクスペリメント』(1984年)
スティーヴ・バロン『エレクトリック・ドリーム』(1984年)
スティーヴン・スピルバーグインディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)
セルゲイ・パラジャーノフ『スラム砦の伝説』(1984年)
セルジオ・レオーネ『ワンス・ア・ポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(1984年)
タヴィアーニ兄弟『カオス・シチリア物語』(1984年)
ダニエル・シュミットトスカの接吻』(1984年)
ダリオ・アルジェントフェノミナ』(1984年)
ダン・ニャット・ミン『十月になれば』(1984年)
チェン・カイコー黄色い大地』(1984年)
チャン・チュンチャオ『一人と八人』(1984年)
デヴィッド・リンチデューン砂の惑星』(1984年)
テオ・アンゲロプロス『シテール島への脱出』(1984年)
デズモンド・デイヴィス『ドーバー海峡殺人事件』(1984年)
テンギズ・アブラーゼ『懺悔』(1984年)
トニー・ヒル『Downside Up』(1984年)
トム・エバーハード『ナイト・オブ・ザ・コメット』(1984年)
ニール・ジョーダン狼の血族』(1984年)
バコ・サディコフ『ジョズス』(1984年)
バディ・ジョヴィナッツォ『コンバット・ショック ベトナム帰還兵残酷物語』(1984年)
ハーバート・ロスフットルース』(1984年)
ハル・ハートリー『キッド』(1984年)
ハワード・ジーフ『殺したいほど愛されて』(1984年)
ピーター・ウェーバー『ヤァ!ブロード・ストリート』(1984年)
ピーター・ハイアムズ『2010年』(1984年)
ヒュー・ウィルソンポリスアカデミー』(1984年)
フアン・カルロス=タビオ『家の交換』(1984年)
フィリップ・ノイス、クリス・ヌーナン『大脱走!カウラ日本兵捕虜収容所』(1984年)
フランシス・F・コッポラ『コットンクラブ』(1984年)
フランチェスコ・ロージカルメン』(1984年)
フレッド・スケピシ『アイスマン』(1984年)
ペ・チャンホ『鯨とり』(1984年)
ペ・チャンホ『ディープ・ブルー・ナイト』(1984年)
ベルトラン・タベルニエ『田舎の日曜日』(1984年)
ベルトラン・ブリエ『真夜中のミラージュ』(1984年)
ホウ・シャオシェン『冬冬の夏休み』(1984年)
ホセ・ルイス・ゲリンベルタのモチーフ』(1984年)
ポール・コックス『私の最初の妻』(1984年)
ポール・マザースキー『ハドソン河のモスコー』(1984年)
ポール・ルデュク『フリーダ・カーロ』(1984年)
マーク・L・レスター『ファイヤースターター/炎の少女チャーリー』(1984年)
マーチン・ブレスト『ビバリーヒルズ・コップ』(1984年)
マリア・ルイサ・ベンベルグ『カミラ』(1984年)
マルグリット・デュラス『子供たち』(1984年)
マルコ・ベロッキオ『エンリコ四世』(1984年)
マレク・カニエフスカ『アナザー・カントリー』(1984年)
ミロシュ・フォアマンアマデウス』(1984年)
ユエン・ウーピン『ドラゴン酔太極拳』(1984年)
ラース・フォン・トリアーエレメント・オブ・クライム』(1984年)
リチャード・ベンジャミン『シティヒート』(1984年)
リュック・ベッソン『サブウェイ』(1984年)
ルチオ・フルチルチオ・フルチのマーダロック』(1984年)
René Jodoin『Rectangle&Rectangles』(1984年)
ロイド・カウフマン、マイケル・ハーツ『悪魔の毒々モンスター』(1984年)
ロジャー・ドナルドソン『バウンティ/愛と反乱の航海』(1984年)
ロバート・エプスタイン『ハーヴェイ・ミルク』(1984年)
ロバート・L・ローゼン『殺走!鉄人ランナー』(1984年)
ロバート・バトラー『史上最悪のボートレース ウハウハザブーン』(1984年)
ロブ・ライナースパイナル・タップ』(1984年)
ローランド・ジョフィ『キリング・フィールド』(1984年)
ロランド・ディアス『主格転倒』(1984年)
ロン・ハワード『スプラッシュ』(1984年)
W・D・リクター『バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー』(1984年)