芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(映画:海外16)

[映画(海外16)] 2004年〜2005年



アピチャッポン・ウィーラセタクン『トロピカル・マラディ』(2004年)
アルノー・デプレシャンキングス&クイーン』(2004年)
アルフォンソ・キュアロンハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)
アレクサンダー・ウィットバイオハザードⅡ アポカリプス』(2004年)
アレクサンダー・ペインサイドウェイ』(2004年)
アンデルス・ルノウ・クラウン『STRINGS 愛と絆の旅路』(2004年)
アンドリュー・アダムソン、ケリー・アズベリー、コンラッド・ヴァ―ノン『シュレック2』(2004年)
ヴィッキー・シュガーズ『口ひげ』(2004年)
ウェス・アンダーソンライフ・アクアティック』(2004年)
ウォン・カーウァイ『2046』(2004年)
ウスマン・センベーヌ『母たちの村』(2004年)
ウディ・アレンメリンダとメリンダ』(2004年)
エドガー・ライトショーン・オブ・ザ・デッド』(2004年)
エミール・クストリッツァライフ・イズ・ミラクル』(2004年)
エラン・リクリス『シリアの花嫁』(2004年)
エリック・カベラ『記憶の守人たち』(2004年)
オリヴァー・ヒルシュヴィーゲル『ヒトラー~最期の12日間~』(2004年)
オンディ・ティモナー『DIG!』(2004年)
ガエーレ・デニス『シティパラダイス』(2004年)
キム・ギドクサマリア』(2004年)
ギャヴィン・オコナー『ミラクル』(2004年)
グーカ・オマロヴァ『スキゾ』(2004年)
クリスティアン・パイシー『オレンジ』(2004年)
クリストフ・バラティエ『コーラス』(2004年)
クリント・イーストウッドミリオンダラー・ベイビー』(2004年)
クロード・ニュリザニー、マリー・プレンヌー『グレート・ビギン』(2004年)
ケン・ローチ『やさしくキスをして』(2004年)
ジェシカ・ユー非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎』(2004年)
ジェームズ・L・ブルックススパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと』(2004年)
ジェームズ・ワン『ソウ』(2004年)
シェーン・カルース『プライマー』(2004年)
シージョン・パーク『バースデイ・ボーイ』(2004年)
ジム・フィールズ、マイケル・グラマグリア『エンド・オブ・ザ・センチュリー』(2004年)
ジャ・ジャンクー『世界』(2004年)
ジャスティン・リン『Better Luck Tomorrow』(2004年)
ジャンルイジ・トッカフォンド『小さなロシア』(2004年)
ジョエル・シュマッカーオペラ座の怪人』(2004年)
ジョナサン・カウエットターネーション』(2004年)
ジョナサン・ズール、マーシャ・ズール『マギヤ・ルスカ ロシア・アニメの世界』(2004年)
ジョナサン・ノシター『モンドヴィーノ ワインの世界』(2004年)
ジョナス・メカス『グリーンポイントからの手紙』(2004年)
ジョー・バーリンジャー、ブルース・シノフスキー『メタリカ:真実の瞬間』(2004年)
シルヴァン・ショメベルヴィル・ランデブー』(2004年)
ジル・ルルーシュ、トリスタン・オリエ『ナルコ!』(2004年)
スティーヴン・スピルバーグ『ターミナル』(2004年)
スティーヴン・ソマーズヴァン・ヘルシング』(2004年)
ソフィア・コッポラロスト・イン・トランスレーション』(2004年)
ダニエル・アンカー『オーケストラの向こう側 フィラデルフィア管弦楽団の秘密』(2004年)
チャウ・シンチーカンフー・ハッスル』(2004年)
ティムール・ベクマンベトフナイト・ウォッチ』(2004年)
デヴィッド・O・ラッセルハッカビーズ』(2004年)
テリー・ジョージホテル・ルワンダ』(2004年)
トッド・ソロンズおわらない物語 アビバの場合』(2004年)
トニー・アーバン『怪奇!兎男』(2004年)
トレイ・パーカー『チーム★アメリカ ワールドポリス』(2004年)
ニコラス・トゥオッツォ『今夜、列車は走る』(2004年)
ニコラス・バニエ『狩人と犬、最後の旅』(2004年)
パク・キョンヒ、ポン・ジュノ、他『20のアイデンティティ』(2004年)
パスカル・プリッソン『MASAI マサイ』(2004年)
パトリス・ルコントパトリス・ルコントのドゴラ』(2004年)
バフマン・ゴバディ亀も空を飛ぶ』(2004年)
ピーター・シーガル50回目のファースト・キス』(2004年)
ピトフキャットウーマン』(2004年)
ファイト・ヘルマー『Hundeleben』(2004年)
ファブリス・ドゥ・ヴェルツ『変態村』(2004年)
フェルッチョ・バレリオ『チェ・ゲバラ 英雄の素顔』(2004年)
フェルナンド・エインビッケ『ダック・シーズン』(2004年)
フォルカー・シュレンドルフ『9日目 ヒトラーに捧げる祈り』(2004年)
フーべルト・ザウパー『ダーウィンの悪夢』(2004年)
ブラッド・アンダーソンマシニスト』(2004年)
フランソワ・オゾンふたりの5つの分かれ路』(2004年)
ブルース・ウェバー『トゥルーへの手紙』(2004年)
ペドロ・コスタヴァンダの部屋』(2004年)
ポール・グリーングラスボーン・スプレマシー』(2004年)
ポール・コックス『ヒューマン・タッチ』(2004年)
ポール・ハギス『クラッシュ』(2004年)
ポン・ジュノ、ユー・リクウァイ、石井聰互『三人三色』(2004年)
マイケル・クラノビックス『100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!訴えた!』(2004年)
マーク・ウォーターズ『ミーン・ガールズ』(2004年)
ミシェル・ゴンドリーエターナル・サンシャイン』(2004年)
モーガン・スパーロックスーパーサイズ・ミー』(2004年)
ヤスミン・アフマド『細い目』(2004年)
リ・イーファン『水没の前に』(2004年)
リチャード・リンクレイタービフォア・サンセット』(2004年)
ルシール・アザリロビック『エコール』(2004年)
ロス・カウフマン、ザナ・ブリスキ『未来を写した子どもたち』(2004年)
ロマノ・スカボリーニチェ・ゲバラ 最期の時』(2004年)
ローランド・エメリッヒデイ・アフター・トゥモロー』(2004年)
ロン・ハワード『ミッシング』(2004年)
アナス・トマス・イェンセン『アダムズ・アップル』(2005年)
アベルフェラーラ『マリー~もうひとりのマリア~』(2005年)
アマンジョル・アイトゥアーロフ『草原の急行列車』(2005年)
アレクサンドル・ソクーロフ『太陽』(2005年)
アレックス・ギブニー『エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?』(2005年)
アンジェイ・バートコウィアク『ドゥーム』(2005年)
アンドレアス・ガイガー『HEAVY METAL IN THE COUNTRY』(2005年)
アンドレイ・クラフチューク『この道は母へとつづく』(2005年)
アン・リーブロークバック・マウンテン』(2005年)
イ・ジュンイク『王の男』(2005年)
イム・ピルソン『南極日誌』(2005年)
イム・ホー『鴛鴦と蝶々』(2005年)
ヴィム・ヴェンダースランド・オブ・プレンティ』(2005年)
ウェイン・ブレア『ジャーン・ジャーンズ』(2005年)
ウェス・アンダーソンライフ・アクアティック』(2005年)
ヴェルナー・ヘルツォーク『グリズリーマン』(2005年)
ウォルター・ベル『ミックステープ』(2005年)
ウディ・アレン『マッチポイント』(2005年)
ウディ・アレンさよなら、さよならハリウッド』(2005年)
エミール・クストリッツァリドリー・スコット、他『それでも生きる子供たちへ』(2005年)
オリヴィエ・アサイヤス『NOISE』(2005年)
ガス・ヴァン・サント『ラストデイズ』(2005年)
ガース・ジェニングス『銀河ヒッチハイク・ガイド』(2005年)
キース・フルトンルイス・ペペブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』(2005年)
キャメロン・クロウエリザベスタウン』(2005年)
クー・チャンウェイ『孔雀 我が家の風景』(2005年)
クリストファー・ノーランバットマン・ビギンズ』(2005年)
クレイグ・ブリュワーハッスル&フロウ』(2005年)
クロスティアーノ・ボルトーネ『ミルコのひかり』(2005年)
ゲラ・バブルアニ『13 ザメッティ』(2005年)
サラ・ワット『ルック・ボース・ウェイズ』(2005年)
ジェイソン・ライトマンサンキュー・スモーキング』(2005年)
ジェイムズ・マクティーグ『Vフォー・ヴァンデッタ』(2005年)
ジェームズ・マーシュキング 罪の王』(2005年)
ジェフ・ジンバリストファヴェーラの丘』(2005年)
ジェフ・フォイヤージーグ『悪魔とダニエル・ジョンストン』(2005年)
シドニー・ポラック『スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー』(2005年)
ジム・ジャームッシュブロークン・フラワーズ』(2005年)
ジャド・アパトー40歳の童貞男』(2005年)
ジャン=リュック・ゴダール『アワーミュージック』(2005年)
ジョージ・クルーニー『グッドナイト&グッドラック』(2005年)
ジョニー・トー『エレクション〜黒社会〜』(2005年)
スコット・マクフェイデン『メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー』(2005年)
スーザン・ストローマン『プロデューサーズ』(2005年)
ティーヴ・アンダーソン『FUCK』(2005年)
スティーヴン・スピルバーグ宇宙戦争』(2005年)
スティーヴン・スピルバーグミュンヘン』(2005年)
ステュアート・サミュエルズ『ミッドナイトムービー』(2005年)
セルゲイ・ボドロフ『Nomad』(2005年)
ゾラ・マセコ『ドラム』(2005年)
ソン・イルゴン『マジシャンズ』(2005年)
ダルデンヌ兄弟『ある子供』(2005年)
ダン・アイアランド『クレアモントホテル』(2005年)
チアン・チアルイ『雲南の花嫁』(2005年)
デイブ・ワスカバジ『恐怖!キノコ男』(2005年)
ティム・バートンチャーリーとチョコレート工場』(2005年)
デヴィッド・クローネンバーグヒストリー・オブ・バイオレンス』(2005年)
テリー・ギリアムブラザーズ・グリム』(2005年)
テリー・ギリアムローズ・イン・タイドランド』(2005年)
テレンス・マリックニュー・ワールド』(2005年)
トニー・クラウィッツ『ジューボーイ』(2005年)
トニー・スコット『ドミノ』(2005年)
トーマス・カーター『コーチ・カーター』(2005年)
ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン、ブルーノ・ロミ『アイスバーグ!』(2005年)
トミー・リー・ジョーンズメルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』(2005年)
ニコラス・ゲイハルター『いのちの食べかた』(2005年)」
ノア・バームバックイカとクジラ』(2005年)
パク・クァンヒョントンマッコルへようこそ』(2005年)
ハニ・アブ・アサド『パラダイス・ナウ』(2005年)
ピエール・ヤメオゴ『デルウェンデ』(2005年)
ピーター・カッタネオ『ポビーとディンガン』(2005年)
ピーター・ジャクソンキング・コング』(2005年)
フィリップ・ガレル『恋人たちの失われた革命』(2005年)
フィリップ・グレーニング『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』(2005年)
フェルナンド・メイレレスナイロビの蜂』(2005年)
フョードル・ボンダルチュク『アフガン』(2005年)
ブライアン・クック『アイ・アム・キューブリック!』(2005年)
ブライアン・ハーズリンガー、ジョン・ガン、ブレット・ウィン『デート・ウィズ・ドリュー』(2005年)
ブラザーズ・クウェイ『ピアノチューナー・オブ・アースクエイク』(2005年)
フレッド・スケピシ『追憶の街 エンパイア・フォールズ』(2005年)
ヘンリー・アレックス・ルビン、ダナ・アダム・シャピーロ『マーダーボール』(2005年)
マイク・シーゲル『サム・ペキンパー 情熱と美学』(2005年)
マイク・ニューウェルハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)
マイク・バインダー『ママが泣いた日』(2005年)
マイク・ミルズサムサッカー』(2005年)
マイケル・ベイ『アイランド』(2005年)
マーク・ウォーターズ『ミーン・ガールズ』(2005年)
マーク・クラスフェルド『ザ・L.A.ライオット・ショー』(2005年)
マーク・コーウェン『ウォーキング・オン・ザ・ムーン3D』(2005年)
マーク・フォスター『ステイ』(2005年)
マーティン・スコセッシボブ・ディラン:ノー・ディレクション・ホーム』(2005年)
ミヒャエル・ハネケ『隠された記憶』(2005年)
ヤン・シュヴァンクマイエルLunacy ルナシー』(2005年)
ラウル・ペック『四月の残像』(2005年)
ラデュ・ミヘイレアニュ『約束の旅路』(2005年)
ラリー・クラーク『ワサップ!』(2005年)
リーブ・シュライバー『僕の大事なコレクション』(2005年)
リュック・ジャケ皇帝ペンギン』(2005年)
リュック・ベッソン『アンジェラ』(2005年)
Rustam Khamdamov『Vokaldy paralelder』(2005年)
ロイ・ウッド『モトリー・クルーのディザスター! アルマゲドン危機一髪』(2005年)
ロジャー・ドナルドソン世界最速のインディアン』(2005年)
ロバート・ロドリゲスフランク・ミラークエンティン・タランティーノシン・シティ』(2005年)
ロブ・ゾンビ『デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2』(2005年)
ローレンス・ガターマン『マスク2』(2005年)
ローワン・ウッズ『リトル・フィッシュ』(2005年)