芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(映画:国内8)

[映画(国内8)] 1970年代前半



石井輝男監獄人別帳』(1970年)
石井輝男殺し屋人別帳』(1970年)
伊藤大輔『幕末』(1970年)
井上芳夫『太陽は見た』(1970年)
岩内克己『ブラボー!若大将』(1970年)
臼坂礼次郎『おさな妻』(1970年)
大島渚『東京戦争戦後秘話』(1970年)
大林宣彦『海の記憶=さびしんぼう・序』(1970年)
岡本喜八座頭市と用心棒』(1970年)
小川紳介『日本解放戦線三里塚』(1970年)
小川紳介『第三次強制測量阻止闘争』(1970年)
帯盛迪彦『高校生ブルース』(1970年)
帯盛迪彦『新・高校生ブルース』(1970年)
加藤泰『緋牡丹博徒 お竜参上』(1970年)
熊井啓『地の群れ』(1970年)
黒澤明どですかでん』(1970年)
小谷承靖俺の空だぜ!若大将』(1970年)
小林俊一『新・男はつらいよ』(1970年)
澤田幸弘『反逆のメロディー』(1970年)
実相寺昭雄『無常』(1970年)
新藤兼人『裸の十九歳』(1970年)
鈴木則文『関東テキヤ一家 喧嘩仁義(ごろめんつう)』(1970年)
鈴木則文『関東テキヤ一家 天王寺の決斗』(1970年)
芹川有吾『ちびっ子レミと名犬カピ』(1970年)
高林陽一『すばらしい蒸気機関車』(1970年)
鷹森立一『経験』(1970年)
田宮武『海底3万マイル』(1970年)
丹野雄二『ハレンチ学園』(1970年)
丹野雄二『ハレンチ学園 身体検査の巻』(1970年)
手塚治虫、山本瑛一『クレオパトラ』(1970年)
鳥居元宏『三匹の牝蜂』(1970年)
中島貞夫『温泉こんにゃく芸者』(1970年)
中本達男、野村光由『だからここに来た!』(1970年)
西村潔『豹は走った』(1970年)
長谷部安春あしたのジョー』(1970年)
長谷部安春『女番長 野良猫ロック』(1970年)
東陽一『やさしいにっぽん人』(1970年)
深作欣二『血染の代紋』(1970年)
福田純『野獣都市』(1970年)
藤田敏八『新宿アウトロー ぶっ飛ばせ』(1970年)
藤田敏八野良猫ロック ワイルド・ジャンボ』(1970年)
降旗康男『新網走番外地 大森林の決斗』(1970年)
降旗康男『新網走番外地 吹雪のはぐれ狼』(1970年)
降旗康男『捨て身のならず者』(1970年)
降旗康男『任侠興亡史 組長と代償』(1970年)
堀川弘通『激動の昭和史 軍閥』(1970年)
本多猪四郎『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣』(1970年)
マキノ雅弘『昭和残侠伝 死んで貰います』(1970年)
増村保造『でんきくらげ』(1970年)
増村保造しびれくらげ』(1970年)
増村保造『やくざ絶唱』(1970年)
松林宗恵『社長学ABC』(1970年)
松林宗恵『続・社長学ABC』(1970年)
三隅研次座頭市あばれ火祭り』(1970年)
三隈研次『兇状流れドス』(1970年)
森川時久『若者の旗』(1970年)
森崎東男はつらいよ フーテンの寅』(1970年)
森谷司郎『赤頭巾ちゃん気をつけて』(1970年)
山口和彦『ずべ公番長 夢は夜ひらく』(1970年)
山口和彦『ずべ公番長 東京流れ者』(1970年)
山下耕作『日本侠客伝 昇り龍』(1970年)
山田洋次男はつらいよ 望郷篇』(1970年)
山田洋次『家族』(1970年)
山本迪夫『幽霊屋敷の恐怖 血を吸う箱』(1970年)
湯浅憲明ガメラ対大魔獣ジャイガー』(1970年)
吉田喜重『エロス+虐殺』(1970年)
若松孝二『新宿マッド』(1970年)
若松孝二『性賊/セックスジャック』(1970年)
和田嘉訓銭ゲバ』(1970年)
池田宏『どうぶつ宝島』(1971年)
岩内克己『若大将対青大将』(1971年)
梅沢薫『変態指圧師 色欲の狂宴』(1971年)
江崎実生『谷岡ヤスジのメッタメタガキ道講座』(1971年)
大島渚『儀式』(1971年)
小川紳介三里塚・第二砦の人々』(1971年)
岡本喜八『激動の昭和史 沖縄決戦』(1971年)
帯盛迪彦『高校生心中 純愛』(1971年)
帯盛迪彦『夜の診療室』(1971年)
勝新太郎『顔役』(1971年)
加藤泰『緋牡丹博徒 お命戴きます』(1971年)
蔵原惟二『不良少女 魔子』(1971年)
蔵原惟二『セックス・ライダー 濡れたハイウェイ』(1971年)
神山征二郎『鯉のいる村』(1971年)
五社英雄『出所祝い』(1971年)
小林正樹『いのちぼうにふろう』(1971年)
佐伯清『昭和残侠伝 吼えろ唐獅子』(1971年)
近藤幸彦『女高生レポート 夕子の白い胸』(1971年)
坂野義光ゴジラ対へドラ』(1971年)
佐藤純彌暴力団再武装』(1971年)
設楽博『アリババと40匹の盗賊』(1971年)
実相寺昭雄曼陀羅』(1971年)
鈴木則文『温泉みみず芸者』(1971年)
鈴木則文『女番長(スケバン)ブルース 牝蜂の逆襲』(1971年)
谷口千吉『公式長編記録映画 日本万国博』(1971年)
田原総一朗清水邦夫『あらかじめ失われた恋人たちよ』(1971年)
土本典昭水俣 患者さんとその世界』(1971年)
寺山修司『書を捨てよ町へ出よう』(1971年)
寺山修司『トマトケチャップ皇帝』(1971年)
中島貞夫『驚異のドキュメント 日本浴場物語』(1971年)
中島貞夫『セックスドキュメント 性倒錯の世界』(1971年)
中島貞夫『懲役太郎 まむしの兄弟』(1971年)
中平康『闇の中の魑魅魍魎』(1971年)
長谷部安春『流血の抗争』(1971年)
深作欣二博徒外人部隊』(1971年)
福田純『3000キロの罠』(1971年)
藤田敏八八月の濡れた砂』(1971年)
降旗康男『ごろつき無宿』(1971年)
降旗康男『新網走番外地 嵐を呼ぶ知床岬』(1971年)
降旗康男『新網走番外地 吹雪の大脱走』(1971年)
本田達男『まむしの兄弟 お礼参り』(1971年)
増村保造『遊び』(1971年)
松本俊夫『修羅』(1971年)
三輪輝、高桑慎一郎『ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!』(1971年)
安田公義『新座頭市・破れ!唐人剣』(1971年)
山口和彦『ずべ公番長 はまぐれ数え唄』(1971年)
山口和彦『ずべ公番長 ざんげの値打ちもない』(1971年)
山田洋次男はつらいよ 純情篇』(1971年)
山田洋次男はつらいよ 奮闘篇』(1971年)
山田洋次男はつらいよ 寅次郎恋歌』(1971年)
山本迪夫『呪いの館 血を吸う箱』(1971年)
湯浅憲明ガメラ対深海怪獣グジラ』(1971年)
若松孝二足立正生赤軍‐P.F.L.P. 世界戦争宣言』(1971年)
飯島敏宏『怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス』(1972年)
石井輝男『緋ぢりめん博徒』(1972年)
伊藤俊也『女囚701号 さそり』(1972年)
江崎実守『高校生無頼控』(1972年)
大島渚『夏の妹』(1972年)
小川紳介『若山に鉄塔が出来た』(1972年)
勝新太郎『新座頭市物語・折れた杖』(1972年)
勝間田具治ながぐつ三銃士』(1972年)
加藤彰『恍惚の朝』(1972年)
加藤泰『昭和おんな博徒』(1972年)
加藤泰『人生劇場 青春篇、愛欲篇、残侠篇』(1972年)
神代辰巳『一条さゆり 濡れた欲情』(1972年)
小沼勝『妻三人 狂乱の夜』(1972年)
齋藤耕一『約束』(1972年)
齋藤耕一『旅の重さ』(1972年)
佐伯清『昭和残侠伝 破れ傘』(1972年)
笹塚稔『夜這い虫』(1972年)
佐藤純彌『やくざと抗争』(1972年)
沢田幸弘『セックス・ハンター 濡れた標的』(1972年)
実相寺昭雄『哥』(1972年)
篠田正浩札幌オリンピック』(1972年)
新藤兼人『讃歌』(1972年)
新藤兼人『鉄輪(かなわ)』(1972年)
鈴木則文『温泉スッポン芸者』(1972年)
鈴木則文『女番長(スケバン)ブルース 牝蜂の挑戦』(1972年)
鈴木則文『女番長(スケバン)ゲリラ』(1972年)
鈴木則文『恐怖女子高校 女暴力教室』(1972年)
鈴木則文『徳川セックス禁止令 色情大名』(1972年)
曽根中生『性盗ねずみ小僧』(1972年)
高畑勲パンダコパンダ』(1972年)
武田一成『順子わななく』(1972年)
田中登『好色家族 狐と狸』(1972年)
中島貞夫木枯し紋次郎』(1972年)
中島貞夫木枯し紋次郎 関わりござんせん』(1972年)
中島貞夫『まむしの兄弟 懲役十三回』(1972年)
中島貞夫『まむしの兄弟 障害恐喝十八犯』(1972年)
中平康『混血児リカ』(1972年)
西村潔『ヘアピン・サーカス』(1972年)
西村昭五郎『昼下りの情事 裏窓』(1972年)
西村昭五郎『闇に浮かぶ白い肌』(1972年)
長谷部安春『戦国ロック 疾風(はやて)の女たち』(1972年)
羽仁進『午前中の時間割り』(1972年)
林功『性豪列伝 死んで貰います』(1972年)
原一男『さようならCP』(1972年)
深作欣二『軍旗はためく下に』(1972年)
福田純『地球攻撃命令 ゴジラガイガン』(1972年)
藤田敏八『エロスの誘惑』(1972年)
降旗康男『新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義』(1972年)
増村保造『新・兵隊やくざ 火線』(1972年)
三隈研次『子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる』(1972年)
三隈研次『子連れ狼 三途の川の乳母車』(1972年)
三隈研次『子連れ狼 死に風に向う乳母車』(1972年)
三隈研次『御用牙』(1972年)
村川透『白い指の戯れ』(1972年)
村川透『哀愁のサーキット』(1972年)
森一生座頭市御用旅』(1972年)
山口和彦『銀蝶渡り鳥』(1972年)
山口和彦『銀蝶流れ者 牝猫博奕』(1972年)
山田実『仮面ライダー対ショッカー』(1972年)
山田洋次男はつらいよ 柴又慕情』(1972年)
山田洋次男はつらいよ 寅次郎夢枕』(1972年)
山田洋次『故郷』(1972年)
吉田喜重『告白的女優論』(1972年)
若松孝二『天使の恍惚』(1972年)
石井輝男『現代任侠史』(1973年)
石井輝男『やさぐれ姐御伝 総括リンチ』(1973年)
市川崑『股旅』(1973年)
小川紳介三里塚・辺田部落』(1973年)
小原宏裕『怨歌情考 傷だらけの花弁』(1973年)
加藤泰『花と龍 青雲篇、愛憎篇、怒濤篇』(1973年)
加藤泰宮本武蔵』(1973年)
加藤泰『日本侠花伝 第一部:野あざみ』(1973年)
加藤泰『日本侠花伝 第二部:青い牡丹』(1973年)
神代辰巳恋人たちは濡れた』(1973年)
神代辰巳『四畳半襖の裏張り』(1973年)
神代辰巳『女地獄 森は濡れた』(1973年)
小沼勝『昼下がりの情事 古都曼陀羅』(1973年)
斉藤耕一津軽じょんがら節』(1973年)
酒井修『すばらしい松おじさん』(1973年)
佐藤純彌『実録・私設銀座警察』(1973年)
篠田正浩『化石の森』(1973年)
志村正浩『恐怖女子高校 不良悶絶グループ』(1973年)
志村正浩『恐怖女子高校 アニマル同級生』(1973年)
新藤兼人『心』(1973年)
須川栄三野獣狩り』(1973年)
鈴木則文『女番長(スケバン)』(1973年)
鈴木則文『恐怖女子高校 暴行リンチ教室』(1973年)
鈴木則文『まむしの兄弟 恐喝三億円』(1973年)
高畑勲パンダコパンダ 雨ふりサーカス』(1973年)
鷹森立一『温泉おさな芸者』(1973年)
鷹森立一『ボディガード牙 必殺三角飛び』(1973年)
田中登『昼下りの情事 変身』(1973年)
田中登『(秘)女郎責め地獄』(1973年)
土本典昭水俣一揆』(1973年)
中島貞夫『女番長(スケバン)感化院脱走』(1973年)
中島貞夫『鉄砲玉の美学』(1973年)
西村潔『夕映えに明日は消えた』(1973年)
西村昭五郎『おさな妻の告白 衝撃ショック』(1973年)
西村昭五郎『肉体犯罪海岸 ピラニヤの群れ』(1973年)
西村昭五郎『さすらいかもめ 釧路の女』(1973年)
野村芳太郎『ダメおやじ』(1973年)
林功『妻三人 肌くらべ』(1973年)
原将人『初国知所之天皇』(1973年)
東陽一『日本妖怪伝サトリ』(1973年)
深作欣二仁義なき戦い』(1973年)
深作欣二仁義なき戦い 広島死闘篇』(1973年)
深作欣二仁義なき戦い 代理戦争』(1973年)
福田純ゴジラ対メガロ』(1973年)
藤井克彦『OL日記 密猟 あさる』(1973年)
藤田敏八修羅雪姫』(1973年)
舛田利雄『人間革命』(1973年)
増村保造『御用牙 かみそり半蔵地獄責め』(1973年)
松本正志『狼の紋章』(1973年)
三隈研次『桜の代紋』(1973年)
三堀篤『前科おんな殺し節』(1973年)
三堀篤『非情学園ワル 教師狩り』(1973年)
森谷司郎日本沈没』(1973年)
安田公義『新座頭市物語・笠間の血祭り』(1973年)
山下耕作『まむしの兄弟 刑務所(むしょ)暮し四年半』(1973年)
山下耕作山口組三代目』(1973年)
山田洋次男はつらいよ 寅次郎忘れな草』(1973年)
山田洋次男はつらいよ 私の寅さん』(1973年)
大和屋竺『愛欲の罠』(1973年)
山根成之『同棲時代‐今日子と次郎‐』(1973年)
山本瑛一『哀しみのベラドンナ』(1973年)
山本晋也『ドキュメントポルノ 女(ひも)紐』(1973年)
山本晋也『ドキュメントポルノ 続 痴漢』(1973年)
吉田喜重戒厳令』(1973年)
代々木忠『ドキュメントポルノ 痴漢(秘)レポート』(1973年)
代々木忠『ドキュメントポルノ 発情族を剥ぐ』(1973年)
家城巳代治『恋は緑の風の中』(1974年)
石井輝男『直撃地獄拳 大逆転』(1974年)
磯見忠彦『SEXハイウェイ 女の駐車場』(1974年)
井出昭『残酷人喰大陸』(1974年)
井上芳夫『御用牙 鬼の半蔵やわ肌小判』(1974年)
今井正小林多喜二』(1974年)
岡本喜八『青葉繁れる』(1974年)
工藤栄一『まむしの兄弟 二人合わせて30犯』(1974年)
熊井啓『サンダカン八番娼館 望郷』(1974年)
神代辰巳『宵待草』(1974年)
神代辰巳『赤線玉の井 ぬけられます』(1974年)
神代辰巳『青春の蹉跌』(1974年)
黒木和雄竜馬暗殺』(1974年)
五社英雄『暴力街』(1974年)
小沼勝『生贄夫人』(1974年)
小沼勝花と蛇』(1974年)
澤田幸弘『あばよダチ公』(1974年)
実相寺昭雄『あさき夢みし』(1974年)
篠田正浩卑弥呼』(1974年)
白井伸明『ふるさとポルノ記 津軽シコシコ節』(1974年)
白井伸明『房総ペコペコ節 おんな万祝』(1974年)
新藤兼人『わが道』(1974年)
杉井ギサブロージャックと豆の木』(1974年)
鈴木則文『聖獣学園』(1974年)
関本郁夫『女番長(スケバン)タイマン勝負』(1974年)
関本郁夫『女番長(スケバン)玉突き遊び』(1974年)
曽根中生『現代娼婦考 制服の下のうずき』(1974年)
田中登『(秘)色情めす市場』(1974年)
寺山修司田園に死す』(1974年)
中島貞夫『安藤組外伝 人斬り舎弟』(1974年)
中島貞夫唐獅子警察』(1974年)
中島貞夫『極道VSまむし』(1974年)
中島貞夫ジーンズ・ブルース 明日なき無頼派』(1974年)
中島貞夫『脱獄広島殺人囚』(1974年)
西河克己伊豆の踊子』(1974年)
西村昭五郎カルーセル麻紀 夜は私を濡らす』(1974年)
野田幸夫『0課の女 赤い手錠』(1974年)
野村芳太郎砂の器』(1974年)
原一男『極私的エロス・恋歌1974』(1974年)
深作欣二仁義なき戦い 頂上作戦』(1974年)
深作欣二仁義なき戦い 完結篇』(1974年)
深作欣二『新仁義なき戦い』(1974年)
福田純エスパイ』(1974年)
福田純ゴジラ対メカゴジラ』(1974年)
藤井克彦『実録 桐かおる にっぽん一のレスビアン』(1974年)
藤田敏八赤ちょうちん』(1974年)
藤田敏八『妹』(1974年)
藤田敏八『バージンブルース』(1974年)
藤田敏八『炎の肖像』(1974年)
藤田敏八修羅雪姫 怨み恋歌』(1974年)
舛田利雄ノストラダムスの大予言』(1974年)
増村保造『悪名 縄張荒らし』(1974年)
村山新治『実録・飛車角 狼どもの仁義』(1974年)
村山三男『樺太1945年夏 氷雪の門』(1974年)
山口和彦『女必殺拳』(1974年)
山口和彦『女必殺拳 危機一発』(1974年)
山田洋次男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』(1974年)
山田洋次男はつらいよ 寅次郎子守唄』(1974年)
山根成之『愛と誠』(1974年)
山本薩夫華麗なる一族』(1974年)
山本晋也『ドキュメントポルノ トルコテクニックダン全集』(1974年)
山本晋也『ドキュメントポルノ ポルノだョ!全員集合(秘)わいせつ集団』(1974年)
山本迪夫『血を吸う薔薇』(1974年)
代々木忠セミドキュメント スケバン用心棒』(1974年)
代々木忠『(秘)追跡レポート 初夜の性態』(1974年)
若松孝二『濡れた賽の目』(1974年)
土本典昭『医学としての水俣病』(1974年〜1975年)