芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(映画:国内10)

[映画(国内10)] 1980年代前半



明比正行『サイボーグ009 超銀河伝説』(1980年)
飯田譲治『休憩』(1980年)
池田敏春『セックスハンター 性狩人』(1980年)
石井聰亙狂い咲きサンダーロード』(1980年)
石井聰亙『シャッフル』(1980年)
石田周『花咲くオトメ』(1980年)
WINK『幻色志向のためのプレリュード』(1980年)
碓水明『ブランキック公水』(1980年)
浦山桐郎『太陽の子 てだのふあ』(1980年)
大森一樹ヒポクラテスたち』(1980年)
大森健次郎『地震列島』(1980年)
緒方明『東京白菜関K者』(1980年)
小原宏裕『後ろから前から』(1980年)
小原宏裕『愛の白昼夢』(1980年)
小原宏裕『桃尻娘 プロポーズ大作戦』(1980年)
帯谷有理『毛髪歌劇』(1980年)
恩地日出夫『地球(テラ)へ…』(1980年)
加藤哲『愛していると言ってくれ』(1980年)
喜島克明『水の中のねこ』(1980年)
神代辰巳『少女娼婦 けものみち』(1980年)
倉田恵子『放課後』(1980年)
黒澤明『影武者』(1980年)
黒沢清『しがらみ学園』(1980年)
小沼勝『妻たちの性体験 夫の眼の前で、今…』(1980年)
小林浩道『まほろば』(1980年)
斉藤光正『ニッポン警視庁の恥といわれた二人組 刑事珍道中』(1980年)
笹平剛(利重剛)『教訓 I』(1980年)
沢田幸弘『レイプハンター 狙われた女』(1980年)
芝山努がんばれ!!タブチくん!! 激闘ペナントレース』(1980年)
芝山努がんばれ!!タブチくん!! あゝツッパリ人生』(1980年)
白井伸明『修道女 黒衣の中のうずき』(1980年)
鈴木清順ツィゴイネルワイゼン』(1980年)
鈴木則文『忍者武芸帖 百地三太夫』(1980年)
芹沢洋一郎『まじかよ?』(1980年)
相米慎二翔んだカップル』(1980年)
高橋伴明『人妻拷問』(1980年)
高見雅計『'79・11〜'80・3』(1980年)
武田一成『おんなの細道 濡れた海峡』(1980年)
宝保喜良『送春記』(1980年)
堤章男『夜明けの晩に』(1980年)
中島貞夫『さらば、わが友 実録大物死刑囚たち』(1980年)
中村幻児『人妻・OL・女子学生 狙って襲う』(1980年)
野村芳太郎震える舌』(1980年)
長谷川久『ねんねこりんりん』(1980年)
深作欣二復活の日』(1980年)
福富博『ドラえもん のび太の恐竜』(1980年)
藤原章『人糞作戦』(1980年)
松岡錠司『三月』(1980年)
松本零士曽根中生『元祖四畳半大物語』(1980年)
村川透『薔薇の標的』(1980年)
村川透野獣死すべし』(1980年)
森谷司郎『動乱』(1980年)
矢崎仁司『風たちの午後』(1980年)
山下欣宏『上海航路』(1980年)
山下耕作『徳川一族の崩壊』(1980年)
山田典吾『はだしのゲン PART3 ヒロシマのたたかい』(1980年)
山田洋次男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』(1980年)
山田洋次男はつらいよ 寅次郎かもめ歌』(1980年)
山田洋次『遥かなる山の呼び声』(1980年)
山根成之『五番町夕霧楼』(1980年)
湯浅憲明『宇宙怪獣ガメラ』(1980年)
和田圭一『メキシカン・マウンテン』(1980年)
荒木経惟『女高生偽日記』(1981年)
飯島修司『愛の生活』(1981年)
池田敏春『天使のはらわた 赤い淫画』(1981年)
板谷紀之『巣立ちのとき 教育は死なず』(1981年)
市川崑『幸福』(1981年)
井筒和幸『ガキ帝国』(1981年)
井筒和幸『ガキ帝国 悪たれ戦争』(1981年)
伊藤高志『SPACY』(1981年)
今村昌平『ええじゃないか』(1981年)
内川毅『屋根の上のピエロ』(1981年)
大城孝幸『虐愛』(1981年)
大林宣彦ねらわれた学園』(1981年)
大森一樹『風の詩を聴け』(1981年)
岡本喜八『近頃なぜかチャールストン』(1981年)
小口詩子『雨』(1981年)
笠原幸一『気狂いフィルム99』(1981年)
加藤泰『炎のごとく』(1981年)
加藤泰『ざ・鬼太鼓座』(1981年)
川島潤子『J-WALK』(1981年)
菅野隆『密猟妻 奥のうずき』(1981年)
岸野雄一『おまけのいちにち』(1981年)
工藤栄一『ヨコハマBJブルース』(1981年)
神代辰巳『嗚呼!おんなたち猥歌』(1981年)
小谷承靖『帰ってきた若大将』(1981年)
坂口一直『RARE-TSU』(1981年)
佐藤東弥『ドリーム・マスター』(1981年)
佐藤洋『クリームぬったら』(1981年)
島田元『リトル・ウィング』(1981年)
清水弘和『菩薩の仮想』(1981年)
進藤丈夫『MARK』(1981年)
鈴木清順陽炎座』(1981年)
鈴木則文『吼えろ鉄拳』(1981年)
関顕嗣『レモン色の恋』(1981年)
関根博之『少年たちの夢』(1981年)
相米慎二セーラー服と機関銃』(1981年)
大工富明『なあ、耳かんでええ!?』(1981年)
高城千昭『どてらワルツ'81』(1981年)
高畑勲じゃりン子チエ 劇場版』(1981年)
高林陽一『蔵の中』(1981年)
鷹森立一『冒険者カミカゼ』(1981年)
武智鉄二『白日夢'81』(1981年)
田中登『もっと激しくもっとつよく』(1981年)
九十九良造『オカルト寛平』(1981年)
土本典昭水俣の図・物語』(1981年)
寺山修司『さらば箱舟』(1981年)
寺山修司『上海偉人娼館 チャイナドール』(1981年)
出渕亮一朗『静止空間2』(1981年)
東条昭平『太陽戦隊サンバルカン』(1981年)
土橋亭『燃える勇者』(1981年)
富野喜幸藤原良二機動戦士ガンダム』(1981年)
富野喜幸機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』(1981年)
中島哲也『はの字忘れて』(1981年)
中村幻児『痴漢電車 発射オーライ』(1981年)
西牧秀夫『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』(1981年)
西村昭五郎『情婦はセーラー服』(1981年)
根岸吉太郎狂った果実』(1981年)
根岸吉太郎『遠雷』(1981年)
波多正美『シリウスの伝説』(1981年)
東陽一『マノン MANON』(1981年)
東陽一『ラブレター』(1981年)
平田敏夫『ユニコ』(1981年)
藤井克彦『女教師のめざめ』(1981年)
藤田敏八『スローなブギにしてくれ』(1981年)
降旗康男『駅 Station』(1981年)
真崎守『夏への扉』(1981年)
松井良彦『豚鶏心中』(1981年)
松林宗恵連合艦隊』(1981年)
松山善三典子は、今』(1981年)
宮崎巌『いつか見た楽園』(1981年)
森谷司郎『漂流』(1981年)
森永憲彦『爆 BACK』(1981年)
山田洋次男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』(1981年)
山田洋次男はつらいよ 寅次郎紙風船』(1981年)
りんたろうさよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅‐』(1981年)
渡辺正憲『モーニング・ムーンは粗雑に』(1981年)
渡剛敏『胸さわぎの放課後』(1981年)
浅井慎平『キッドナップ・ブルース』(1982年)
浅野秀二『この道はいつか来た道』(1982年)
飯島義博『拳法狂時代』(1982年)
池田満寿夫『窓からローマが見える』(1982年)
石井聰互『爆裂都市/BURST CITY』(1982年)
石井満生『ニヒル』(1982年)
和泉聖治オン・ザ・ロード』(1982年)
伊藤高志『THUNDER』(1982年)
今関あきよし『フルーツ・バスケット』(1982年)
上垣保朗『ピンクのカーテン』(1982年)
大林宣彦『転校生』(1982年)
小川紳介ニッポン国古屋敷村』(1982年)
小原宏裕『OH!タカラヅカ』(1982年)
小原宏裕『ズームアップ 聖子の太股』(1982年)
香川まさひと『青春』(1982年)
角川春樹汚れた英雄』(1982年)
勝間田具治『わが青春のアルカディア』(1982年)
河田白郎『ハイジが密猟するとき』(1982年)
神田裕司『Fade in』(1982年)
木村淳『Wee Relation −ちゃちな関係−』(1982年)
工藤栄一『野獣刑事』(1982年)
五社英雄『鬼龍院花子の生涯』(1982年)
後藤俊夫マタギ』(1982年)
小沼勝『軽井沢夫人』(1982年)
小松進『INITIATION』(1982年)
斉藤信幸『黒い下着の女』(1982年)
佐々木明広『SEIJO,ダンシング・フェローズ〈卒業篇〉』(1982年)
佐藤純彌、ドゥアン・ジーシュン『未完の対局』(1982年)
佐野和宏『ミミズのうた』(1982年)
澤井俊明『現世(うつしみ)』(1982年)
重久直子『grey's』(1982年)
杉山王郎『犬喰い○レゲンデ』(1982年)
杉森秀則『Grey』(1982年)
鈴木潤一『宇能鴻一郎の濡れて騎る』(1982年)
曾根中生『悪魔の部屋』(1982年)
高木和臣『素人助役奮闘記』(1982年)
高橋伴明『TATOO(刺青)あり』(1982年)
高畑勲セロ弾きのゴーシュ』(1982年)
高邑鉄生『SCENE 105』(1982年)
竹藤恵一郎『サメロメ』(1982年)
暉峻創三『革命前夜』(1982年)
土本典昭原発切抜帖』(1982年)
富野喜幸機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』(1982年)
富野喜幸伝説巨神イデオン 接触篇 THE IDEON;A CONTACT』(1982年)
富野喜幸伝説巨神イデオン 発動篇 THE IDEON;Be INVOKED』(1982年)
鳥居聖美『パイナップル消えた』(1982年)
都立芸術高校アニメーションクラブ『ある個人の場合』(1982年)
内藤誠『俗物図鑑』(1982年)
永桶宏樹『自界見聞録』(1982年)
中川信夫『怪異談 生きてゐる小平次』(1982年)
長崎俊一『九月の冗談クラブバンド』(1982年)
長崎俊一『闇打つ心臓』(1982年)
中島貞夫『制覇』(1982年)
中島吾郎『SEARCH』(1982年)
中西健二『真理子へ』(1982年)
長嶺高文『ヘリウッド』(1982年)
中村幻児『ウィークエンド・シャッフル』(1982年)
西牧秀夫『ドラえもん のび太の大魔境』(1982年)
西村昭五郎『マダム・スキャンダル 10秒死なせて』(1982年)
根岸吉太郎『キャバレー日記』(1982年)
野村芳太郎『疑惑』(1982年)
橋本忍『幻の湖』(1982年)
長谷部安春化石の荒野』(1982年)
葉山陽一郎『幻想』(1982年)
東山充裕『The story of “CARROT FIELD”』(1982年)
東陽一『ジェラシー・ゲーム』(1982年)
樋口尚文『ファントム(DES FANTÔMES)』(1982年)
深作欣二蒲田行進曲』(1982年)
福山圭二『Morning Dew』(1982年)
牧野健吾、松井歩、旗手重雅『timeless time』(1982年)
舛田利雄大日本帝国』(1982年)
増村保造『この子の七つのお祝いに』(1982年)
松本貴子『チャコのアパトル物語』(1982年)
水民健一郎『Une Enfant〜ある女性への想い』(1982年)
村川透『凶弾』(1982年)
森田芳光『(本)噂のストリッパー』(1982年)
森永規丕児『PATINKO』(1982年)
柳町光男さらば愛しき大地』(1982年)
山崎幹夫『海辺の記憶』(1982年)
山田勇男銀河鉄道の夜』(1982年)
山田洋次男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』(1982年)
山田洋次男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』(1982年)
山本英行『ボーダーライン』(1982年)
山本政志『闇のカーニバル』(1982年)
若松孝二『水のないプール』(1982年)
鷲見不二夫『夢に散る情熱(パトス)』(1982年)
渡辺護『セーラー服色情飼育』(1982年)
渡邉祐介『刑事物語』(1982年)
青木隆幸『Last Festa』(1983年)
安彦良和クラッシャージョウ』(1983年)
石井聰互『アジアの逆襲』(1983年)
市川崑細雪』(1983年)
井出情児『フィルム・ノー・ダメージ』(1983年)
伊藤高志『DRILL』(1983年)
伊藤徳彦『New Impersonation(Facial Fantasy)』(1983年)
今関あきよし『アイコ十六歳』(1983年)
今村昌平楢山節考』(1983年)
碓田清司『太陽を待ちながら』(1983年)
浦山桐郎『暗室』(1983年)
大島渚戦場のメリークリスマス』(1983年)
大林宣彦時をかける少女』(1983年)
押井守うる星やつら オンリー・ユー』(1983年)
香川まさひとバスクリンナイト』(1983年)
風間志織『0×0(ゼロカケルコトノゼロ)』(1983年)
柏木秋海『Marges de l'imarge』(1983年)
川島透『竜二』(1983年)
木下恵介『この子を残して』(1983年)
工藤栄一『逃がれの街』(1983年)
神代辰巳『もどり川』(1983年)
蔵原惟繕南極物語』(1983年)
栗原千絵子『キラパン』(1983年)
黒沢清神田川淫乱戦争』(1983年)
神山征二郎『ふるさと』(1983年)
五社英雄『陽暉楼』(1983年)
小沼勝『ファイナルスキャンダル 奥さまはお固いのがお好き』(1983年)
小林正樹東京裁判』(1983年)
斉藤信幸『襲われる女教師』(1983年)
崔洋一『十階のモスキート』(1983年)
塩田明彦『ファララ』(1983年)
芝山努ドラえもん のび太の海底鬼岩城』(1983年)
清水利光『何事もない、夜』(1983年)
杉村六郎刑事物語2 りんごの詩』(1983年)
相米慎二ションベン・ライダー』(1983年)
相米慎二『魚影の群れ』(1983年)
曾根中生『“BLOW THE NIGHT!”夜をぶっとばせ』(1983年)
曾根中生『唐獅子株式会社』(1983年)
竹平時夫『デッド・エンドレス』(1983年)
田中登丑三つの村』(1983年)
辻豊史『下流』(1983年)
坪井宏『美少女地獄絵図』(1983年)
寺山修司『ビデオ・レター』(1983年)
仲倉重郎『きつね』(1983年)
長島徳秋『8マン眠らず』(1983年)
那須博之『セーラー服 百合族』(1983年)
那須博之『セーラー服 百合族2』(1983年)
西河克己『スパルタの海』(1983年)
西尻幸嗣、内田勇治『肉体労働者が空を飛ぶ時、窓ぎわのコーちゃんに恐怖の暗躍団が迫る!!』(1983年)
西林延峰『冷蔵庫の中の憂鬱』(1983年)
西村昭五郎『火照る姫』(1983年)
根岸吉太郎探偵物語』(1983年)
東陽一『セカンド・ラブ』(1983年)
平田敏夫『ユニコ 魔法の島へ』(1983年)
深作欣二里見八犬伝』(1983年)
深作欣二佐藤純彌中島貞夫『人生劇場』(1983年)
藤田敏八『ダブルベッド』(1983年)
降旗康男『居酒屋兆治』(1983年)
松岡錠司『田舎の法則』(1983年)
松林宗恵『ふしぎな國・日本』(1983年)
森谷司郎小説吉田学校』(1983年)
森田芳光家族ゲーム』(1983年)
森田芳光『ピンクカット 太く愛して深く愛して』(1983年)
矢澤正『俺の影にも声をくれ』(1983年)
安田潤司『ちょっとの雨ならがまん』(1983年)
山川直人『100%の女の子』(1983年)
山崎幹夫『ゴーストタウンの朝』(1983年)
山城新伍『女猫』(1983年)
山田洋次男はつらいよ 旅と女と寅次郎』(1983年)
山田洋次男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』(1983年)
りんたろう幻魔大戦』(1983年)
池田敏春『人魚伝説』(1984年)
池田敏春湯殿山麓呪い村』(1984年)
石井聰亙逆噴射家族』(1984年)
石井秀人『家、回帰』(1984年)
石黒昇河森正治超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』(1984年)
石田勝心『東京湾炎上』(1984年)
市川崑『おはん』(1984年)
井筒和幸『晴れ、ときどき殺人』(1984年)
伊藤高志『GHOST』(1984年)
伊丹十三『お葬式』(1984年)
大林宣彦少年ケニヤ』(1984年)
大林宣彦天国にいちばん近い島』(1984年)
大林宣彦『廃市』(1984年)
押井守うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(1984年)
小原宏裕『トロピカルミステリー 青春共和国』(1984年)
角川春樹『愛情物語』(1984年)
金子修介『イヴちゃんの姫』(1984年)
金子修介『OL百合族19歳』(1984年)
川島透『チ・ン・ピ・ラ』(1984年)
クマガイコウキ『吊首姦太郎の青春』(1984年)
神代辰巳『美加マドカ 指を濡らす女』(1984年)
栗栖里衣『無水の泉』(1984年)
黒坂圭太『変形作品第二番』(1984年)
齋藤久志『うしろあたま』(1984年)
崔洋一『いつか誰かが殺される』(1984年)
澤井信一郎Wの悲劇』(1984年)
七里圭『時を駆ける症状 The message from subway』(1984年)
篠田正浩瀬戸内少年野球団』(1984年)
芝山努ドラえもん のび太の魔界大冒険』(1984年)
島宏『朽ちた手押し車』(1984年)
周防正行『変態家族・兄貴の嫁さん』(1984年)
杉村六郎刑事物語3 潮騒の詩』(1984年)
鈴木則文『パンツの穴』(1984年)
須田和博『END、END』(1984年)
諏訪敦彦『はなされるGANG』(1984年)
瀬川昌治『ソープ行進曲 夢の城(トルコ行進曲 夢の城)』(1984年)
曽根中生夕ぐれ族』(1984年)
園子温『LOVE SONG』(1984年)
園子温『俺は園子温だ!』(1984年)
高野宏一『ウルトラマンZOFFY ウルトラの戦士VS大怪獣軍団』(1984年)
高野宏一『ウルトラマン物語』(1984年)
滝田洋二郎『真昼の切り裂き魔』(1984年)
武吉伸治『ヒッチハイク・ブレイク』(1984年)
辻伸一『綿の国星』(1984年)
辻豊史『高校生映画』(1984年)
常本琢招『にっぽにーず・がーる』(1984年)
出目昌伸『天国の駅』(1984年)
寺山修司『さらば箱舟』(1984年)
仲田伊作『曼珠沙華』(1984年)
那須博之『美少女プロレス 失神10秒前』(1984年)
那須博之『ルージュ』(1984年)
橋浦方人『蜜月』(1984年)
橋本幸治、小松左京さよならジュピター』(1984年)
橋本幸治『ゴジラ』(1984年)
平野勝之『狂った触角』(1984年)
深作欣二上海バンスキング』(1984年)
藤井克彦『団鬼六 修道女縄地獄』(1984年)
藤田敏八海燕ジョーの奇跡』(1984年)
保坂延彦『愛しき日々よ』(1984年)
堀耀静『The Beads』(1984年)
麿赤児『性獣のいけにえ』(1984年)
森田芳光ときめきに死す』(1984年)
森田芳光『メイン・テーマ』(1984年)
宮崎駿風の谷のナウシカ』(1984年)
矢作俊彦『AGAIN アゲイン』(1984年)
山下耕作修羅の群れ』(1984年)
山田洋次男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎』(1984年)
山田洋次男はつらいよ 寅次郎真実一路』(1984年)
山根成之『地球物語 テレパス2500』(1984年)
若松孝二『スクラップ・ストーリー ある愛の物語』(1984年)
渡辺研二『下駄』(1984年)
和田誠麻雀放浪記』(1984年)