芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(小説:海外2)

[小説(海外2)](戯曲含む) 1800年〜1899年



ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテファウスト』(1808年、1833年
ハインリヒ・フォン・クライスト『ミヒャエル・コールハース』(1810年
ハインリヒ・フォン・クライスト『O公爵夫人』(1810年
パーシー・ビッシュ・シェリー『ザストロッツィ』(1810年
ジェーン・オースティン『分別と多感』(1811年)
パーシー・ビッシュ・シェリー『聖アーヴィン、或いは薔薇十字団員』(1811年)
ジェーン・オースティン高慢と偏見』(1813年)
E.T.A.ホフマン『カロ風幻想曲』(1814年)
E.T.A.ホフマン『悪魔の霊液』(1815年)
ジェーン・オースティン『エマ』(1815年)
E.T.A.ホフマン『砂男(夜曲集)』(1817年)
ジェーン・オースティン『ノーサンガー僧院』(1817年)
ジェーン・オースティン『説得』(1818年)
メアリー・シェリー『フランケンシュタイン』(1818年)
E.T.A.ホフマン『劇場監督の奇妙な苦しみ』(1819年)
E.T.A.ホフマン『ちびのツァヒェスまたの俗称をツィノーバー』(1819年)
E.T.A.ホフマン『ゼラピオン同人集』(1819年)
E.T.A.ホフマン『ブランビラ女王』(1820年
E.T.A.ホフマン『牡猫ムルの人生観』(1820年
E.T.A.ホフマン『誤謬』(1820年
E.T.A.ホフマン『秘密』(1821年)
E.T.A.ホフマンドッペルゲンガー』(1821年)
E.T.A.ホフマン『蚤の親方』(1822年)
E.T.A.ホフマン『隅の窓』(1822年)
プロスペル・メリメ『スペインの女優、クララ・ガズル戯曲集』(1825年)
アレクサンドル・プーシキン『エヴゲーニイ・オネーギン』(1825年〜1832年
メアリー・シェリー『最後の人間』(1826年)
プロスペル・メリメ『ラ・グスラ』(1827年
プロスペル・メリメ『シャルル九世治世年代記』(1829年
スタンダール赤と黒』(1830年
プロスペル・メリメ『コロンバ』(1830年1840年
オノレ・ド・バルザック『ツールの司祭』(1831年
オノレ・ド・バルザック『ルイ・ランベール』(1832年
オノレ・ド・バルザック『ウージェニー・グランデ』(1833年
イワン・ゴンチャロフ『平凡な話(平凡物語)』(1834年
エドワード・ブルワー=リットンポンペイ最後の日』(1834年
オノレ・ド・バルザック『絶対の探究』(1834年〜1835年)
オノレ・ド・バルザックゴリオ爺さん』(1834年〜1835年)
オノレ・ド・バルザック『谷間のゆり』(1835年)
チャールズ・ディケンズオリバー・ツイスト』(1838年
スタンダールパルムの僧院』(1839年
エドガー・アラン・ポー『モルグ街の殺人』(1841年)
チャールズ・ディケンズ『骨董屋』(1841年)
ニコライ・ゴーゴリ『外套』(1842年)
ニコライ・ゴーゴリ『死せる魂』(1842年〜1855年
エドガー・アラン・ポー『マリー・ロジェの謎』(1843年)
チャールズ・ディケンズクリスマス・キャロル』(1843年)
アレクサンドル・デュマ・ペール『三銃士』(1844年)
アレクサンドル・デュマ・ペール『二十年後』(1845年)
アレクサンドル・デュマ・ペール王妃マルゴ』(1845年)
エドガー・アラン・ポー『盗まれた手紙』(1845年)
アレクサンドル・デュマ・ペールモンテ・クリスト伯(岩窟王)』(1845年〜1846年)
オノレ・ド・バルザック『従妹ベット』(1846年)
フョードル・ドストエフスキー貧しき人びと』(1846年)
エミリー・ブロンテ嵐が丘』(1847年)
オノレ・ド・バルザック『従兄ポンス』(1847年)
シャルル・ボードレール『ラ・ファンファルロ』(1847年)
プロスペル・メリメカルメン』(1847年)
イワン・ゴンチャロフ『イワン・サヴィチ・ポジャブリン』(1848年)
フョードル・ドストエフスキー『白夜』(1848年)
チャールズ・ディケンズ『デイヴィッド・コパフィールド』(1849年〜1950年)
アンリ・ミュルジェール『ラ・ボエームボヘミアン生活の情景)』(1849年、1851年)
アレクサンドル・デュマ・ペール『ブラジュロンヌ子爵(鉄仮面)』(1850年
ハーマン・メルヴィル『白鯨』(1851年)
ハリエット・ビーチャー・ストウ『アンクル・トムの小屋』(1852年)
チャールズ・ディケンズ『荒涼館』(1852年〜1853年)
ハインリヒ・ハイネ『流刑の神々』(1853年)
パウル・ハイゼ『アラビアータ』(1853年)
パウル・ハイゼ『高嶺の乙女』(1855年
ギュスターヴ・フローベールボヴァリー夫人』(1856年)
イワン・ゴンチャロフオブローモフ』(1859年)
ウィルキー・コリンズ『白衣の女』(1860年
チャールズ・ディケンズ『大いなる遺産』(1860年1861年
アレクセイ・コンスタンチノヴィッチ・トルストイ『白銀侯爵』(1862年
ヴィクトル・ユーゴーレ・ミゼラブル』(1862年
ジュール・ヴェルヌ『気球に乗って五週間』(1863年
ニコライ・チェルヌイシェフスキー『何をなすべきか』(1863年
ジュール・ベルヌ『地底探検』(1864年
フョードル・ドストエフスキー地下室の手記』(1864年
エドモン・ド・ゴンクール、ジュール・ゴンクール『ジェルミニー・ラセルトゥー』(1865年)
ジュール・ベルヌ月世界旅行』(1865年)
ルイス・キャロル不思議の国のアリス』(1865年)
レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ戦争と平和』(1865年〜1869年)
エミール・ガボリオ『ルルージュ事件』(1866年)
フョードル・ドストエフスキー罪と罰』(1866年)
イワン・ツルゲーネフ『けむり』(1967年)
フョードル・ドストエフスキー『白痴』(1868年)
ルイーザ・メイ・オルコット『若草物語』(1868年~1869年)
イワン・ゴンチャロフ『断崖』(1869年)
ギュスターヴ・フローベール感情教育』(1869年)
ジュール・ベルヌ海底二万里』(1870年)
ジュール・ヴェルヌ月世界へ行く』(1870年)
エドワード・ブルワー=リットン『来るべき種族』(1871年
フョードル・ドストエフスキー『悪霊』(1871年
ブルワー・リットン『来たるべき民族』(1871年
シェリダン・レ・ファニュ『吸血鬼カーミラ』(1872年)
ジュール・ベルヌ80日間世界一周』(1873年
マーク・トウェイン、チャールズ・ウォーナー『金ぴか時代』(1873年
ヴィクトル・ユーゴー『九十三年』(1874年)
ジュール・ヴェルヌ神秘の島』(1875年)
フョードル・ドストエフスキー『未成年』(1875年)
エミール・ゾラ『居酒屋』(1876年)
マーク・トウェイントム・ソーヤーの冒険』(1876年)
パウル・ハイゼ『星を覗く人』(1877年)
コンラート・フェルディナント・マイヤー『聖者』(1878年
エミール・ゾラ『ナナ』(1879年)
ヘンリー・ジェイムズ『国際挿話』(1879年)
ギ・ド・モーパッサン『脂肪の塊』(1880年
フョードル・ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟』(1880年
ヘンリー・ジェイムズ『ワシントン・スクエア(女相続人)』(1880年
アナトール・フランスシルヴェストル・ボナールの罪』(1881年
ギュマターヴ・フローベール『ブヴァールとペキュシュ』(1881年
マーク・トウェイン『王子と乞食』(1881年
アナトール・フランス『ジャン・セルヴィヤンの願い』(1882年)
ヘンリック・イプセン民衆の敵』(1882年)
ロバート・ルイス・スティーヴンソン『新アラビア夜話』(1882年)
アナトール・フランス『蜜蜂姫』(1883年)
オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン『残酷物語』(1883年)
カルロ・コッローディ『ピノッキオの冒険』(1883年)
ギ・ド・モーパッサン女の一生』(1883年)
ロバート・ルイス・スティーヴンソン『宝島』(1883年)
J・K・ユイスマンス『さかしま』(1884年
エミール・ゾラ『ジェルミナール』(1885年)
ギ・ド・モーパッサン『ベラミ』(1885年)
マーク・トウェインハックルベリー・フィンの冒険』(1885年)
リチャード・ジェフリーズ『After London』(1885年)
レフ・トルストイ『愛あるところに神あり』(1885年)
ロバート・ルイス・スティーヴンソン『プリンス・オットー』(1885年)
エドモンド・デ・アミーチス『クオーレ(母をたずねて三千里)』(1886年
オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン未来のイヴ』(1886年
ロバート・ルイス・スティーヴンソン『ジーキル博士とハイド氏』(1886年
ロバート・ルイス・スティーヴンソン『誘拐されて』(1886年
アナトール・フランス『少年少女』(1887年)
ギ・ド・モーパッサン『モントリオル』(1887年)
ギ・ド・モーパッサン『ピエールとジャン』(1887年〜1888年
アーサー・マッケン『クレメンディー年代記』(1888年
ウィリアム・モリス『ジョン・ボールの夢』(1888年
ジュール・ベルヌ十五少年漂流記』(1888年
ジュール・ルナール『村の犯罪』(1888年
ヘンリー・ジェイムズ『アスパンの恋文』(1888年
モーリス・バレス『蛮族の目の前で』(1888年
ロバート・ルイス・スティーヴンソン『二つの薔薇』(1888年
アナトール・フランス『バルタザアル』(1889年)
ジェローム・K・ジェローム『ボートの三人男』(1889年)
マーク・トウェインアーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』(1889年)
ロバート・ルイス・スティーヴンソン『バラントレーの若殿』(1889年)
ロバート・ルイス・スティーヴンソン、ロイド・オズボーン『箱ちがい』(1889年)
アナトール・フランス舞姫タイス』(1890年)
イグネイシャス・ロヨラ・ドネリー『Caesar's Column』(1890年)
ウィリアム・モリスユートピアだより』(1890年)
オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン『アクセル』(1890年)
オスカー・ワイルド『ドリアン・グレイの肖像』(1890年)
レフ・トルストイ『光あるうち光の中を歩め』(1890年)
ロマン・ロラン『オルシーノ』(1890年)
ロマン・ロラン『バリオーニ一族』(1891年)
ロマン・ロラン『ニオベ』(1891年)
アナトール・フランス『鳥料理レエヌ・ペドオク亭』(1892年)
アナトール・フランス螺鈿の手箱』(1892年)
コナン・ドイルシャーロック・ホームズの冒険』(1892年)
ジョルジュ・ローデンバック『死都ブリュージュ』(1892年)
マクシム・ゴーリキー『マカル・チュドラ』(1892年)
モーリス・メーテルリンクペレアスとメリザンド』(1892年)
ロバート・ルイス・スティーヴンソン、ロイド・オズボーン『難破船』(1892年)
アナトール・フランス『ジェローム・コワニヤールの意見』(1893年
アンブローズ・ビアス『妖物』(1893年
ロバート・ルイス・スティーヴンソン『南海千一夜物語』(1893年
ロバート・ルイス・スティーヴンソン『海を渡る恋』(1893年
ロマン・ロラン『カリグラ』(1893年
アーサー・マッケン『パンの大神』(1894年)
アーサー・マッケン『内奥の光』(1894年)
アナトール・フランス『赤い百合』(1894年)
ジュール・ルナール『にんじん』(1894年)
マーク・トウェイン『ノータリン・ウィルソンの悲劇』(1894年)
ロバート・ルイス・スティーヴンソン、ロイド・オズボーン『引き潮』(1894年)
ロマン・ロラン『マントーヴァの包囲』(1894年)
アーサー・マッケン『三人の詐欺師(怪奇クラブ)』(1895年)
ジュール・ヴェルヌ動く人工島』(1895年)
H.G.ウェルズ『驚異の訪れ』(1895年)
ヘンリク・シェンキェヴィチ『クオ・ワディス』(1895年)
マクシム・ゴーリキー『チェルカシュ』(1895年)
マーク・トウェインジャンヌ・ダルクについての個人的回想』(1895年)
ロマン・ロラン『聖王ルイ』(1895年)
マルセル・プルースト『ジャン・サントゥイユ』(1895年〜1899年頃)
アルフレッド・ジャリ『ユビュ王』(1896年)
アントン・チェーホフ『かもめ』(1896年)
ジュール・ヴェルヌ悪魔の発明』(1896年)
H.G.ウェルズタイム・マシン』(1896年)
H.G.ウェルズ『モロー博士の島』(1896年)
マーク・トウェイン『トム・ソーヤーの探偵』(1896年)
マルセル・プルースト『楽しみと日々』(1896年)
ロマン・ロラン『ジャンヌ・ド・ピエンヌ』(1896年)
アナトール・フランス『散歩道の楡の樹』(1897年)
アナトール・フランス『柳のひとがた』(1897年)
H.G.ウェルズ『透明人間』(1897年)
グラント・アレン『テムズ・ヴァレイの大災害』(1897年)
サマセット・モーム『ランペスのライザ』(1897年)
ブラム・ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』(1897年)
ロマン・ロランアエルト』(1897年)
ロマン・ロラン『敗れし人々』(1897年)
H.G.ウェルズ宇宙戦争』(1898年)
ヘンリー・ジェイムズ『ねじの回転』(1898年)
ロマン・ロラン『狼』(1898年)
ロマン・ロラン『理性の勝利』(1898年)
ロマン・ロラン『ダントン』(1898年)
アーネスト・T・シートンシートン動物記』(1898年~1937年)
アナトール・フランス紫水晶の指輪』(1899年)
アルフレッド・ジャリ『フォーストロール博士言行録』(1899年)
アーサー・マッケン『白魔』(1899年)
アントン・チェーホフ『犬を連れた奥さん』(1899年)
H.G.ウェルズ『今より三百年後の社会』(1899年)
マクシム・ゴーリキーフォマ・ゴルデーエフ』(1899年)
パウル・ハイゼ『カプリ島の婚礼』(1899年)
ロマン・ロラン『三人の恋する女』(1899年)
ロマン・ロラン『モンテスパン夫人』(1899年)
アントン・チェーホフ『ワーニャ伯父さん』(1899年〜1990年)