芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(小説:海外4)

[小説(海外4)](戯曲含む) 1910年代



E・M・フォースター『ハワーズ・エンド』(1910年)
ステファン・グラビンスキ『動きの悪魔』(1910年)
H.G.ウェルズ『ポーリー氏の生涯』(1910年)
ヘルマン・ヘッセ春の嵐(ゲルトルート)』(1910年)
マルグリット・オードゥー『孤児マリー』(1910年)
ミハイル・アルツィバーシェフ『最後の一線』(1910年〜1912年)
ギルバート・ケイス・チェスタトン『ブラウン神父の童心』(1911年)
ネール・ドフ『飢えと窮乏の日々』(1911年)
H.G.ウェルズ『ニュー・マキャベリ』(1911年)
サキ『レジノルド』(1911年)
サキ『クローヴィス年代記』(1911年)
フランシス・ホジソン・バーネット『秘密の花園』(1911年)
ヘルマン・ヘッセクジャクヤママユ』(1911年)
マックス・ビアボーム『ズリイカ・ドブソン』(1911年)
ローズ・マコーリー『谷間の捕らわれびと』(1911年)
アーサー・コナン・ドイル『失われた世界』(1912年)
アナトール・フランス『神々は渇く』(1912年)
E.F.ベンスン『塔の中の部屋』(1912年)
H.G.ウェルズ『結婚』(1912年)
ギルバート・ケイス・チェスタートン『マンアライヴ』(1912年)
ジーン・ウェブスターあしながおじさん』(1912年)
トーマス・マンヴェニスに死す』(1912年)
フランツ・カフカ『観察』(1912年)
フランツ・カフカ『失踪者』(1912年)
リチャード・ミドルトン『幽霊船』(1912年)
H.G.ウェルズ『情熱的な友人たち』(1913年)
フランツ・カフカ『火夫』(1913年)
ベルンハルト・ケラーマン『トンネル』(1913年)
モーリス・バレス『精霊の息吹く丘』(1913年)
ロジェ・マルタン・デュ・ガール『ジャン・バロワ』(1913年)
ロジェ・マルタン・デュ・ガール『ルルー爺さんの遺言』(1913年)
ロマン・ロラン『コラ・ブルニョン』(1913年)
エリス・パーカー・バトラー『通信教育探偵ファイロ・ガッブ』(1913年〜1915年)
マルセル・プルースト失われた時を求めて』(1913年〜1927年)
アナトール・フランス『天使の反逆』(1914年)
ギルバート・ケイス・チェスタートン『ブラウン神父の知恵』(1914年)
サキ『けだものと超けだもの』(1914年)
H.G.ウェルズ『解放された世界』(1914年)
H.G.ウェルズアイザック・ハーマン卿の妻』(1914年)
メイ・シンクレア『三人姉妹』(1914年)
フランツ・カフカ『審判』(1914年〜1915年)
P・Gウッドハウス『ゴルフシリーズ』(1914年〜1966年)
サマセット・モーム『人間の絆』(1915年)
H.G.ウェルズ『崇高な研究』(1915年)
フランツ・カフカ『変身』(1915年)
ヘルマン・ヘッセ『クヌルプ(漂泊の魂)』(1915年)
レオ・ペルッツ『第三の魔弾』(1915年)
P・Gウッドハウス『エムズワース卿&ブランディングス城シリーズ』(1915年〜1977年)
フランツ・カフカ『判決』(1916年)
ヘルマン・ヘッセ『青春は美わし』(1916年)
マーク・トウェイン不思議な少年』(1916年)
カレル・チャペック『受難像』(1917年)
ジェイムズ・ブランチ・キャベル『夢想の秘密』(1917年)
ローベルト・ヴァルザー『詩人の生』(1917年)
P・Gウッドハウスジーヴスシリーズ』(1917年〜1974年)
レオ・ペルッツ『九時から九時の闇』(1918年)
ローズ・マコーリー『その他もろもろ ある予言譚』(1918年)
ロマン・ロラン『リリュリ』(1918年)
アンドレ・ジッド『田園交響楽』(1919年)
サキ『平和の玩具』(1919年)
サマセット・モーム『月と六ペンス』(1919年)
ジェイムズ・ブランチ・キャベル『ジャーゲン』(1919年)
シャーウッド・アンダーソン『ワインズバーグ・オハイオ』(1919年)
ジャン・コクトーポトマック』(1919年)
ステファン・グラビンスキ『動きの悪魔』(1919年)
ネール・ドフ『ケーチェ』(1919年)
フランツ・カフカ流刑地にて』(1919年)
ヘルマン・ヘッセデミアン』(1919年)
ヘルマン・ヘッセ『メルヒェン』(1919年)
マルセル・プルースト『模作と雑録』(1919年)