芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(小説:海外10)

[小説(海外10)](戯曲含む) 1960年代後半



アラン・シリトー『ウィリアム・ポスターズの死』(1965年)
アラン・ロブ=グリエ『快楽の館』(1965年)
イェジ・ニコデム・コシンスキ(ジャージ・コジンスキー)『ペインティッド・バード(異端の鳥)』(1965年)
イタロ・カルヴィーノレ・コスミコミケ』(1965年)
A・E・ヴァン・ヴォークト『目的地アルファ・ケンタウリ』(1965年)
A・E・ヴァン・ヴォークト『モンスターブック』(1965年)
エリザベス・テイラー『ミスタ・ウォートン』(1965年)
L・P・デイヴィス『虚構の男』(1965年)
カート・ヴォネガット・ジュニア『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』(1965年)
サミュエル・R・ディレイニー『ベータ2のバラッド』(1965年)
J.G.バラード『燃える世界』(1965年)
ジェイムズ・ボールドウィン『Going to Meet the Man』(1965年)
ジャック・ヴァンススペース・オペラ』(1965年)
ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ『発熱』(1965年)
ジョルジュ・ペレック『物の時代』(1965年)
ジョン・アップダイク『農場』(1965年)
ジョン・アップダイク『一人称単数』(1965年)
ジョン・ディクスン・カー『悪魔のひじの家』(1965年)
ジョン・ブラックバーン『薔薇の環』(1965年)
ジョン・ル・カレ『鎖の国の戦争』(1965年)
ストルガツキー兄弟『月曜日は土曜日に始まる 若い科学者のための物語』(1965年)
ストルガツキー兄弟『そろそろ登れカタツムリ』(1965年)
チョ・セヒ『帆柱のない葬船』(1965年)
デイヴィッド・ロッジ大英博物館が倒れる』(1965年)
トマス・M・ディッシュ『人類皆殺し』(1965年)
トンケ・ドラフト『白い盾の少年騎士』(1965年)
ナターリヤ・ソコローワ『旅に出る時ほほえみを』(1965年)
ナターリヤ・ソコローワ『幸福なる千歩』(1965年)
ハリイ・ハリスン『宇宙兵ブルース』(1965年)
ハリー・クレッシング『料理人』(1965年)
ピエール・クロソウスキー『肉の影(バフォメット)』(1965年)
ピエール・クロソウスキー『歓待の掟』(1965年)
フィリップ・K・ディック『ドクター・ブラッドマネー』(1965年)
フィリップ・K・ディック『パーマー・エルドリッチの三つの聖痕』(1965年)
ブライアン・オールディス『虚構の大地』(1965年)
ブライアン・オールディス『ありえざる星』(1965年)
フラナリー・オコナー『すべて上昇するものは一点に集まる』(1965年)
マーガレット・ドラブル『碾臼』(1965年)
ミュリエル・スパーク『マンデルバウム・ゲイト』(1965年)
L・P・デイヴィス『虚構の男』(1965年)
レイ・ブラッドベリ『万華鏡 ブラッドベリ自選SF傑作選』(1965年)
ロジャー・ゼラズニイ『わが名はコンラッド』(1965年)
ロバート・A・ハインライン月は無慈悲な夜の女王』(1965年〜1966年)
フランク・ハーバート『《デューン》』シリーズ(1965年〜1985年)
アイザック・アシモフミクロの決死圏』(1966年)
ウィリアム・ペン・デュボア『ものぐさトミー』(1966年)
ウラジーミル・ナボコフ『四重奏』(1966年)
ガッサーン・カナファーニー『君たちに残されたもの』(1966年)
グレアム・グリーン『喜劇役者』(1966年)
クロード・シモン『女たち』(1966年)
コリン・ウィルソン『ガラスの檻』(1966年)
サミュエル・R・ディレイニー『エンパイア・スター』(1966年)
サミュエル・R・ディレイニー『バベル−17』(1966年)
J.G.バラード『結晶世界』(1966年)
J.G.バラード『溺れた巨人』(1966年)
ジャンニ・ロダーリ『空にうかんだ大きなケーキ』(1966年)
ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ『大洪水』(1966年)
ジョン・アップダイク『ミュージック・スクール』(1966年)
ジョン・ディクスン・カー『仮面劇場の殺人』(1966年)
ジーン・リース『サルガッソーの広い海(広い藻の海 ジェイン・エア異聞)』(1966年)
セバスチャン・ジャプリゾ『新車の中の女』(1966年)
ジョン・バース『やぎ少年ジャイルズ』(1966年)
ダニエル・キイスアルジャーノンに花束を』(1966年)
ディーノ・ブッツァーティ海獣コロンブレ』(1966年)
トマス・ピンチョン『競売ナンバー49の叫び』(1966年)
ナターリヤ・ソコローワ『愛の戦略』(1966年)
バーナード・マラマッド『修理屋』(1966年)
ハリイ・ハリスン『人間がいっぱい』(1966年)
フィリップ・K・ディック『去年を待ちながら』(1966年)
フィリップ・K・ディック『ライズ民間警察機構(テレポートされざる者)』(1966年)
フィリップ・K・ディック『空間亀裂』(1966年)
フランク・ハーバート『ボイド‐星の方舟』(1966年)
フリオ・コルタサル『すべての火は火』(1966年)
ホセ・ドノソ『この日曜日』(1966年)
ホセ・ドノソ『境界なき土地』(1966年)
ボリス・ヴィアン『アンダンの騒乱』(1966年)
マリオ・バルガス=リョサ『緑の家』(1966年)
ミュリエル・スパーク『立去れ鳥』(1966年)
リチャード・ファリーナ『ビーン・ダウン・ソー・ロング』(1966年)
レイ・ブラッドベリ『スは宇宙のス』(1966年)
ロジャー・ゼラズニイ『ドリーム・マスター』(1966年)
ロバート・エイクマン『救出の試み』(1966年)
ロバート・クーヴァー『ブルーノ教団の起源』(1966年)
アーシュラ・K・ル=グウィン『ハイニッシュ・サイクル』(1966年~2000年)
アイスバーグ・スリム『トリック・ベイビー 罠』(1967年)
アイラ・レヴィンローズマリーの赤ちゃん』(1967年)
アラン・ガーナー『ふくろう模様の皿』(1967年)
アラン・シリトー『燃える樹』(1967年)
アラン・シリトーマーマレード・ジムのぼうけん』(1967年)
アンナ・カヴァン『氷』(1967年)
E・L・カニグズバーグ『クロ―ディアの秘密』(1967年)
E・L・カニグズバーグ『魔女ジェニファとわたし』(1967年)
イタロ・カルヴィーノ『柔かい月』(1967年)
ウィリアム・ゴールディング『ピラミッド(我が町、ぼくを呼ぶ声)』(1967年)
ガブリエル・ガルシア=マルケス百年の孤独』(1967年)
クリフォード・D・シマック『なぜ天国から呼び戻すのか?』(1967年)
クリフォード・D・シマック人狼原理』(1967年)
グレアム・グリーン『旦那さまを拝借 性生活喜劇十二篇』(1967年)
クロード・シモン『歴史』(1967年)
コリン・ウィルソン『精神寄生体』(1967年)
サミュエル・R・ディレイニーアインシュタイン交点』(1967年)
ジム・トンプスン『天国の南』(1967年)
ジム・トンプスン『鬼警部アイアンサイド』(1967年)
ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ『愛する大地』(1967年)
ジョン・ディクスン・カー『月明かりの闇』(1967年)
ジョン・D・マクドナルド『生き残った一人』(1967年)
ジョーン・リンジー『ピクニック・アット・ハンギングロック』(1967年)
スーザン・ソンタグ『死の装具』(1967年)
ストルガツキー兄弟『みにくい白鳥』(1967年)
ゼナ・ヘンダースン『血は異ならず』(1967年)
チャールズ・ブコウスキー『町でいちばんの美女』(1967年)
ドナルド・バーセルミ『雪白姫』(1967年)
トマス・M・ディッシュ『虚像のエコー』(1967年)
トム・ストッパード『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』(1967年)
ハリイ・ハリスンテクニカラー・タイムマシン』(1967年)
フィリップ・K・ディック『逆まわりの世界』(1967年)
フィリップ・K・ディック『ザップ・ガン』(1967年)
フィリップ・K・ディック、レイ・ネルソン『ガニメデ支配』(1967年)
フィリップ・ロス『ルーシイの哀しみ』(1967年)
ブライアン・オールディス『隠生代』(1967年)
ポール・セロー『ウオルドウ』(1967年)
マーガレット・ドラブル『黄金のイェルサレム』(1967年)
ミラン・クンデラ『冗談』(1967年)
ラジスラフ・フクス『火葬人』(1967年)
リチャード・ブローティガンアメリカの鱒釣り』(1967年)
ロジャー・ゼラズニイ『光の王』(1967年)
ロジャー・ゼラズニイ『地獄のハイウェイ』(1967年)
ジョン・クリストファー『トリポッド(三本足シリーズ)』(1967年〜1968年)
アガサ・クリスティ『親指のうずき』(1968年)
アーサー・C・クラーク2001年宇宙の旅』(1968年)
アラン・シリトー『グスマン帰れ』(1968年)
アリス・マンローピアノ・レッスン』(1968年)
アルベール・コーエン『選ばれた女』(1968年)
イェジ・ニコデム・コシンスキ(ジャージ・コジンスキー)『異境』(1968年)
エリザベス・ボウエン『エヴァ・トラウト』(1968年)
ガッサーン・カナファーニー『太陽の男たち』(1968年)
カート・ヴォネガット・ジュニア『モンキーハウスへようこそ』(1968年)
クリフォード・D・シマック『小鬼の居留地』(1968年)
サミュエル・R・ディレイニー『ノヴァ』(1968年)
ジェイムズ・ボールドウィン『列車はどのくらい前に出たか教えて』(1968年)
シャーリイ・ジャクスン『こちらへいらっしゃい』(1968年)
ジョン・アーヴィング『熊を放つ』(1968年)
ジョン・アップダイクカップルズ』(1968年)
ジョン・ウィンダム『チョッキー』(1968年)
ジョン・ディクスン・カーヴードゥーの悪魔』(1968年)
ジョン・バース『びっくりハウスの迷子』(1968年)
ジョン・ブラックバーン『リマから来た男』(1968年)
ジョン・ル・カレ『ドイツの小さな町』(1968年)
スタニスワフ・レム『主の声(天の声)』(1968年)
スタニスワフ・レム『宇宙飛行士ピルクス物語』(1968年)
ストルガツキー兄弟トロイカ物語』(1968年)
セバスチャン・ジャプリゾ『さらば友よ』(1968年)
ダニエル・キイス『タッチ』(1968年)
ドナルド・バーセルミ『口に出せない習慣、奇妙な行為』(1968年)
トーベ・ヤンソン『彫刻家の娘』(1968年)
トマス・M・ディッシュ『黒いアリス』(1968年)
トマス・M・ディッシュ『キャンプ・コンセントレーション』(1968年)
ナターリヤ・ソコローワ『特急列車、一三〇三』(1968年)
パトリック・モディアノ『エトワール広場』(1968年)
ハーマン・ウォーク『月で発見された遺書 ロモコメ報告書』(1968年)
ピーター・S・ビーグル『最後のユニコーン』(1968年)
フィリップ・K・ディックアンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(1968年)
ブライアン・オールディス『世界Aの報告書』(1968年)
ベッシー・ヘッド『雨雲のわく時』(1968年)
マイケル・クライトン(ジョン・ラング)『緊急の場合は』(1968年)
マヌエル・プイグリタ・ヘイワース背信』(1968年)
ミラン・クンデラプラハの春』(1968年)
リチャード・ブローティガン『西瓜糖の日々』(1968年)
ロバート・クーヴァー『ユニヴァーサル野球協会』(1968年)
R・A・ラファティ『トマス・モアの大冒険 -パスト・マスター』(1968年)
R・A・ラファティ『地球礁』(1968年)
R・A・ラファティ『宇宙舟歌』(1968年)
レーモン・クノーイカロスの飛行』(1968年)
アレクサンドル・ソルジェニーツィンガン病棟』(1968年~1969年)
ジャック・ヴァンス『「アダム・リース」シリーズ』(1968年〜1970年)
アーシュラ・K・ル=グウィンゲド戦記』(1968年〜2001年)
アーウィン・ショー『夏服を着た女たち』(1969年)
ウィリアム・バロウズ『ダッチ・シュルツ 最期の言葉』(1969年)
ウラジーミル・ナボコフ『アーダ』(1969年)
E・L・カニグズバーグ『ベーグル・チームの作戦』(1969年)
カート・ヴォネガット・ジュニアスローターハウス5』(1969年)
ギュンター・グラス『局部麻酔をかけられて』(1969年)
グレアム・グリーン『叔母との旅』(1969年)
クロード・シモン『ファルサロスの戦い』(1969年)
コリン・ウィルソン『賢者の石』(1969年)
コリン・ウィルソン『迷宮の神』(1969年)
サミュエル・ベケット『息』(1969年)
ジャンニ・ロダーリ『ロダーリのゆかいなお話』(1969年)
ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ『逃亡の書』(1969年)
ジョルジュ・ペレック『煙滅』(1969年)
ジョン・ディクスン・カー『亡霊たちの真昼』(1969年)
ジョン・ブラックバーン『闇に葬れ』(1969年)
スタニスワフ・レム『すばらしきレムの世界』(1969年)
ストルガツキー兄弟『収容所惑星』(1969年)
チャールズ・ブコウスキーブコウスキー・ノート』(1969年)
トマス・M・ディッシュ『プリズナー』(1969年)
トムヤンティ『メナムの残照』(1969年)
パウル・ビーヘル『ドールの庭』(1969年)
パトリシア・ハイスミス『変身の恐怖』(1969年)
パトリック・モディアノ『夜のロンド』(1969年)
バーナード・マラマッド『フィデルマンの絵』(1969年)
ハリイ・ハリスン『囚われの世界』(1969年)
B.S.ジョンソン『トロール』(1969年)
フィリップ・K・ディック『銀河の壺直し』(1969年)
フィリップ・K・ディック『ユービック』(1969年)
フィリップ・ロス『ポートノイの不満』(1969年)
ブライアン・オールディススーパートイズ』(1969年)
マイケル・クライトン(ジョン・ラング)『アンドロメダ病原体』(1969年)
マーガレット・ドラブル『滝』(1969年)
マリオ・バルガス=リョサ『ラ・カテドラルでの対話』(1969年)
レイナルド・アレナス『めくるめく世界』(1969年)
レイ・ブラッドベリ『歌おう、感電するほどの喜びを!(キリマンジャロ・マシーン/ブラッドベリは歌う)』(1969年)
R・A・ラファティ『第四の館』(1969年)