芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(小説:海外19)

[小説(海外19)](戯曲含む) 2010年代前半



アダム・ロス『ミスター・ピーナッツ』(2010年)
アリス・ラプラント『忘却の声』(2010年)
アレクサンダー・マクラウド『煉瓦を運ぶ』(2010年)
アンドリュー・オヘイガン『マルチーズ犬マフとその友人マリリン・モンローの生活と意見』(2010年)
イアン・マキューアン『ソーラー』(2010年)
イアン・マクドナルド『旋舞の千年都市』(2010年)
イーユン・リー『黄金の少年、エメラルドの少女』(2010年)
ヴィクトル・ペレーヴィン『宇宙飛行士オモン・ラー』(2010年)
ウィリアム・トレヴァーアイルランド・ストーリーズ』(2010年)
ウィリアム・ピーター・ブラッティ『ディミター』(2010年)
ウンベルト・エーコプラハの墓地』(2010年)
エイミー・ソーン『プロスペクトパーク・ウエスト』(2010年)
伊格言(エゴヤン)『夢を噛む者』(2010年)
エドゥアルド・ハルフォン『ピルエット』(2010年)
エマ・ドナヒュー『部屋』(2010年)
エレナー・アップデール『天才ジョニーの秘密』(2010年)
カール・ハイアセン『これ誘拐だよね?』(2010年)
キャスリン・アースキン『モッキンバード』(2010年)
キャンデス・フレミング『ぼくが死んだ日』(2010年)
クライブ・カッスラージャスティン・スコット『大諜報』(2010年)
グレッグ・イーガン『ゼンデギ』(2010年)
クレール・カスティヨン『だから、ひとりだけって言ったのに』(2010年)
サルバドール・プランセシア『紙の民』(2010年)
ジェニファー・イーガン『ならずものがやってくる』(2010年)
ジークフリート・レンツ『黙祷の時間』(2010年)
ジャイルズ・ブランドレス『オスカー・ワイルドとキャンドルライト殺人事件』(2010年)
ジャスパー・フォード『最後の竜殺し』(2010年)
ジョナサン・フランゼン『フリーダム』(2010年)
ジョー・ヒルホーンズ 角』(2010年)
ジョン・ヴァードン『数字を一つ思い浮かべろ』(2010年)
シンシア・カドハタ『象使いティンの戦争』(2010年)
スティーヴン・キング『1922』(2010年)
ティーヴン・ホール『ロールシャッハの鮫』(2010年)
セバスチャン・フィツェック『アイ・コレクター』(2010年)
ダイ・シージエ『孔子の空中曲芸』(2010年)
タナ・フレンチ『葬送の庭』(2010年)
チャイナ・ミエヴィル『クラーケン』(2010年)
チャールズ・ユウ『SF的な宇宙で安全に暮らすっていうこと』(2010年)
デイヴィッド・アンプローズ『リックの量子世界』(2010年)
デイヴィッド・ゴードン『二流小説家』(2010年)
デイヴィッド・ミッチェルヤコブ・デ・ゾートの千の秋(出島の千の秋)』(2010年)
デイヴィッド・ロッジ『ベイツ教授の受難』(2010年)
デイヴ・エガーズ『ザイトゥーン』(2010年)
テリー・ビッスン『平ら山を越えて』(2010年)
ドゥーガル・ディクソン『グリーンワールド』(2010年)
トム・マッカーシー『C』(2010年)
ドン・ウィンズロウ野蛮なやつら』(2010年)
パオロ・バチガルピ『シップブレイカー』(2010年)
パク・ミンギュ『短篇集ダブル サイドA』(2010年)
パク・ミンギュ『短篇集ダブル サイドB』(2010年)
パトリック・シャモワゾー『カリブ海偽典 最期の身ぶりによる聖書的物語』(2010年)
ハンヌ・ライアニエミ『量子怪盗』(2010年)
ピエール・ルメートル『監禁面接』(2010年)
フェリクス・J・パルマ『時の地図』(2010年)
フェルディナント・フォン・シーラッハ『罪悪』(2010年)
ブライアン・エヴンソン『遁走状態』(2010年)
ブレット・イーストン・エリス『帝国のベッドルーム』(2010年)
ベリンダ・バウアー『ブラックランズ』(2010年)
ボストン・テラン『暴力の教義』(2010年)
ポール・オースター『サンセット・パーク』(2010年)
マイケル・カニンガム『日暮れまでに』(2010年)
マーギー・プロイス『ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂』(2010年)
マティアス・エナール『話してあげて、戦や王さま、象の話を』(2010年)
マリオ・バルガス=リョサ『つつましい英雄』(2010年)
ミシェル・ウエルベック『地図と領土』(2010年)
モー・ヘイダー『喪失』(2010年)
ヨハン・テオリン『赤く微笑む春』(2010年)
ライフ・ラーセン『T・S・スピヴェット君 傑作選』(2010年)
ラッタウット・ラープチャルーンサップ『観光』(2010年)
劉慈欣『三体Ⅲ:死神永生』(2010年)
レイ・ブラッドベリ『永遠の夢』(2010年)
ロバート・クーヴァーノワール』(2010年)
ロバート・B・パーカー『暁に立つ』(2010年)
ローラン・ビネ『HHhH プラハ、1942年』(2010年)
アナベル・ピッチャー『さよならスパイダーマン』(2011年)
アンディ・ウィアー『火星の人』(2011年)
アントニー・マン『フランクを始末するには』(2011年)
アンドリュー・カウフマン『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』(2011年)
イーディス・パールマン『双眼鏡からの眺め』(2011年)
ヴァネッサ・ディフェンバー『花言葉をさがして』(2011年)
ヴォルフガング・ヘルンドルフ『砂』(2011年)
エイモア・トールズ『賢者たちの街』(2011年)
エリン・モーゲンスターン『夜のサーカス』(2011年)
オラシオ・カステジャーノス・モヤ『女中とレスラー』(2011年)
カルロス・ルイス・サフォン『天国の囚人』(2011年)
カレン・ラッセル『スワンプランディア!』(2011年)
金薫『黒山』(2011年)
クリストファー・プリースト『夢幻諸島から』(2011年)
グレッグ・イーガン『クロックワーク・ロケット』(2011年)
ケヴィン・ウィルソン『ファング一家の奇想天外な謎めいた生活』(2011年)
ケン・リュウ『紙の動物園』(2011年)
ジーモン・ウルバン『プランD』(2011年)
ジャン=クリストフ・グランジェ『通過者』(2011年)
ジャン=ルイ・フルニエ『どこ行くの、パパ?』(2011年)
ジュリアン・バーンズ『終わりの感覚』(2011年)
ジュリー・オオツカ『屋根裏の仏さま』(2011年)
ジョー・ウォルトン『図書室の魔法』(2011年)
ジョージ・ソーンダーズ『短くて恐ろしいフィルの時代』(2011年)
スティーヴン・キング『11/22/63』(2011年)
セス・フリード『大いなる不満』(2011年)
ダニエル・アラルコン『ロスト・シティ・レディオ』(2011年)
ダニー・ラフェリエール『ハイチ震災日記 私のまわりのすべてが揺れる』(2011年)
チャイナ・ミエヴィル『言語都市』(2011年)
陳浩基『倖存者』(2011年)
陳浩基『氣球人』(2011年)
陳浩基『魔蟲人間』(2011年)
陳浩基『遺忘・刑警』(2011年)
陳浩基『世界を売った男』(2011年)
デイヴィッド・ロッジ『絶倫の人 小説H・G・ウェルズ』(2011年)
デイヴィッド・ロブレスキー『エドガー・ソーテル物語』(2011年)
テオ・オブレヒト『タイガーズ・ワイフ』(2011年)
テジュ・コール『オープン・シティ』(2011年)
トニ・ヒル『死んだ人形たちの季節』(2011年)
ドン・ウィンズロウ『サトリ』(2011年)
ドン・デリーロ『天使エスメラルダ 』(2011年)
パウロ・コエーリョ『アリフ』(2011年)
パトリック・デウィット『シスターズ・ブラザーズ』(2011年)
パトリック・ネス(原案:シヴォーン・ダウド)『怪物はささやく』(2011年)
パメラ・ウェルズ『ハートブレイカーズ』(2011年)
ハリ・クンズル『民のいない神』(2011年)
ハン・ガン『ギリシャ語の時間』(2011年)
ピエール・ルメートル『その女アレックス』(2011年)
フアン・ガブリエル・バスケス『物が落ちる音』(2011年)
フェルディナント・フォン・シーラッハ『コリーニ事件』(2011年)
ベリンダ・バウアー『ダークサイド』(2011年)
ポーラ・マクレイン『ヘミングウェイの妻』(2011年)
マイケル・オンダーチェ『名もなき人たちのテーブル』(2011年)
マックス・バリー『機械男』(2011年)
ミシェル・ビュッシ『黒い睡蓮』(2011年)
ミロスラフ・ペンコフ『西欧の東』(2011年)
ヨアブ・ブルーム『偶然仕掛け人』(2011年)
リシャール・コラス『旅人は死なない』(2011年)
ルーシー&スティーヴン・ホーキング『宇宙の誕生・ビッグバンへの旅』(2011年)
ルー・バーニー『ガットショット・ストレート』(2011年)
レベッカ・ステッド『きみに出会うとき』(2011年)
ヒュー・ハウイー『ウール』(2011年〜2012年)
アーヴィン・ウェルシュトレインスポッティング0 スキャグボーイズ』(2012年)
アーシュラ・K・ル=グウィン『現想と幻実 ル=グウィン短篇選集』(2012年)
アダム・ロバーツ『ジャック・グラス伝 宇宙的殺人者』(2012年)
アナ・ファン・プラーハ『シタとロット ふたりの秘密』(2012年)
アリス・マンローディア・ライフ』(2012年)
アンドレアス・セシェ『囀る魚』(2012年)
アンヌ・ヴィアゼムスキー『彼女のひたむきな12カ月』(2012年)
イアン・マキューアン『甘美なる作戦』(2012年)
ウティット・ヘーマムーン『追憶の形象』(2012年)
エトガル・ケレット『突然ノックの音が』(2012年)
エドワード・ホーガン『バイバイ、サマータイム』(2012年)
エリオット・シュレーファー『ボノボとともに 密林の闇をこえて』(2012年)
エリザベス・ウェイン『コードネーム・ヴェリティ』(2012年)
エレン・ウルマン『血の探求』(2012年)
カルミネ・アバーテ『風の丘』(2012年)
ガレス・L・パウエル『ガンメタル・ゴースト』(2012年)
キジ・ジョンスン『霧に橋を架ける』(2012年)
グスタボ・マラホビッチ『ブエノスアイレスに消えた』(2012年)
ケイト・モートン『秘密』(2012年)
ケン・リュウもののあはれ』(2012年)
呉明益『歩道橋の魔術師』(2012年)
コリン・コッタリル『渚の忘れ物』(2012年)
コルム・トビーン『マリアが語り遺したこと』(2012年)
サイモン・フレンチ『ひとりじゃないよ、ぼくがいる』(2012年)
G・ウィロー・ウィルソン『無限の書』(2012年)
ジェシー・ケラーマン『駄作』(2012年)
ジェフリー・ディーヴァー『シャドウ・ストーカー』(2012年)
ジグムント・ミウォシェフスキ『怒り』(2012年)
ジャナ・デリオン『ワニの町へ来たスパイ』(2012年)
ジョゼ・エドゥアルド・アグアルーザ『忘却についての一般論』(2012年)
ジョン・アーヴィング『ひとりの体で』(2012年)
ジョン・グリーン『さよならを待つふたりのために』(2012年)
ジョン・バンヴィル『いにしえの光』(2012年)
スザンヌ・ジョインソン『カシュガルの道』(2012年)
チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『明日は遠すぎて』(2012年)
陳浩基『大魔法捜査線』(2012年)
デイヴィッド・レヴィサン『エヴリデイ』(2012年)
ティムール・ヴェルメシュ『帰ってきたヒトラー』(2012年)
テジュ・コール『オープン・シティ』(2012年)
ドン・ウィンズロウ『キング・オブ・クール』(2012年)
菫啓章(トン・カイチョン)『地図集』(2012年)
トーン・テレヘン『リスからアリへの手紙』(2012年)
ニック・ダイベック『フリント船長がまだいい人だったころ』(2012年)
ニック・ハーカウェイ『エンジェルメイカー』(2012年)
ハンス=ヨアヒム・シェートリヒ『ヴォルテール、ただいま参上!』(2012年)
ピエール・ルメートル『傷だらけのカミーユ』(2012年)
ピーター・ヘラー『いつかぼくが帰る場所』(2012年)
フェリクス・J・パルマ『宙の地図』(2012年)
フェルディナント・フォン・シーラッハ『カールの降誕祭』(2012年)
ブライアン・エヴンソン『ウインドアイ』(2012年)
ベリンダ・バウアー『ハンティング』(2012年)
ベン・ファウンテン『ビリー・リンの永遠の一日』(2012年)
ホルヘ・ミゲル・ココム・ペッチ『言葉の守り人』(2012年)
マデリン・アシュビー『vN』(2012年)
ミシェル・ビュッシ『彼女のいない飛行機』(2012年)
ミハイル・シーシキン『手紙』(2012年)
レアード・ハント『優しい鬼』(2012年)
ローベルト・ゼーターラー『キオスク』(2012年)
ヒュー・ハウイー『シフト』(2012年〜2013年)
ブラッドレー・ボンド、フィリップ・ニンジャ・モーゼズ『ニンジャスレイヤー』(2012年〜)
アンドリ・S・マグナソン『タイムボックス』(2013年)
アンナ・ウォルツ『ぼくとテスの秘密の七日間』(2013年)
ヴァディ・ラトナー『バニヤンの木陰で』(2013年)
ヴィンス・ヴォーター『ペーパーボーイ』(2013年)
伊格言(エゴヤン)『アメ玉おばちゃんをたずねて』(2013年)
伊格言(エゴヤン)『グラウンド・ゼロ 台湾第四原発事故』(2013年)
オラシオ・カステジャーノス・モヤ『我が帰還の夢』(2013年)
カレン・ラッセル『レモン畑の吸血鬼』(2013年)
グラム・シムシオン『ワイフ・プロジェクト』(2013年)
クリストファー・プリースト『隣接界』(2013年)
ケイト・アトキンソン『ライフ・アフター・ライフ』(2013年)
コラム・マッキャン『世界を回せ』(2013年)
コリン・バレット『ヤングスキンズ』(2013年)
シモーナ・スパラコ『誰も知らないわたしたちのこと』(2013年)
ジャナ・デリオン『ミスコン女王が殺された』(2013年)
ジュンパ・ラヒリ『低地』(2013年)
ジョージ・ソーンダーズ『十二月の十日』(2013年)
ジョー・ヒル『NOS4A2-ノスフェラトゥ-』(2013年)
J・M・クッツェー『イエスの幼子時代』(2013年)
シンシア・カドハタ『サマーと幸運の小麦畑』(2013年)
ソフィア・サマター『図書館島』(2013年)
ダニエル・アラルコン『夜、僕らは輪になって歩く』(2013年)
陳楸帆『荒潮』(2013年)
チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『アメリカーナ』(2013年)
チョン・セラン『アンダー、サンダー、テンダー』(2013年)
デイヴィッド・ロッジ『絶倫の人 小説H・G・ウェルズ』(2013年)
デイヴ・エガーズザ・サークル』(2013年)
ティモ・サンドベリ『処刑の丘』(2013年)
ニーナ・ゲオルデ『セーヌ川の書店主』(2013年)
ノヴァイオレット・ブラワヨ『あたらしい名前』(2013年)
バレリア・ルイセリ『俺の歯の話』(2013年)
ハン・ガン『回復する人間』(2013年)
ピエール・ルメートル『天国でまた会おう』(2013年)
ヒュー・ハウイー『ダスト』(2013年)
フェルディナント・フォン・シーラッハ『禁忌』(2013年)
フランツ=オリヴィエ・ジズベール『105歳の料理人ローズの愛と笑いと復讐』(2013年)
ベリンダ・バウアー『ラバーネッカー』(2013年)
ベン・H・ウィンタース『地上最後の刑事』(2013年)
ホリー・ゴールドバーグ・スローン『世界を7で数えたら』(2013年)
籠物先生(ミスターペッツ)『追捕銅鑼衛門:謀殺在雲端』(2013年)
ムア・ラファティ『魔物のためのニューヨーク案内』(2013年)
モー・ヘイダー『人形』(2013年)
余華(ユイ・ホア)『死者たちの七日間』(2013年)
ユーディト・W・タシュラー『国語教師』(2013年)
ヨナス・ヨナソン『国を救った数学少女』(2013年)
ヨハン・テオリン『夏に凍える舟』(2013年)
ランディ・マイヤーズ『殺人者の娘たち』(2013年)
リチャード・カルティ『モンキー・ウォーズ』(2013年)
リチャード・フラナガン『奥のほそ道』(2013年)
ルース・オゼキ『あるときの物語』(2013年)
ロジャー・ホッブズ『ゴーストマン 時限紙幣』(2013年)
ロビン・スローン『はじまりの24時間書店』(2013年)
ロブ・ブイエー『テラプト先生がいるから』(2013年)
ロマン・プエルトラス『IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅』(2013年)
ロン・カリー・ジュニア『Flimsy Little Plastic Miracles』(2013年)
ヒュー・ハウイー『サンド』(2013年〜)
アニエスマルタン・リュガン『縫いながら、紡ぎながら』(2014年)
アーネスト・クライン『ゲームウォーズ』(2014年)
アフマド・サアダーウィー『バグダードフランケンシュタイン』(2014年)
アリ・スミス『両方になる』(2014年)
アンデシュ・ルースルンド、ステファン・トゥンベリ『熊と踊れ』(2014年)
イアン・マキューアン『未成年』(2014年)
イ・ジャンウク『私たち皆のチョン・グィボ』(2014年)
イーユン・リー『独りでいるより優しくて』(2014年)
ウティット・ヘーマムーン『悪、俗』(2014年)
ウティット・ヘーマムーン『残り香を秘めた京都』(2014年)
エドゥアール・ルイ『エディに別れを告げて』(2014年)
エドワード・ケアリー『堆塵館』(2014年)
エドワード・ケアリー『穢れの町』(2014年)
エミール・クストリッツァ『夫婦の中のよそもの』(2014年)
エリック・マコーマック『雲』(2014年)
閻連科『愉楽』(2014年)
オルハン・パムク『僕の違和感』(2014年)
ガブリエル・ゼヴィン『書店主フィクリーのものがたり』(2014年)
キム・ヘジン『中央駅』(2014年)
權汝宣(クォン・ヨソン)『春の宵』(2014年)
クセニヤ・メルニク『五月の雪』(2014年)
グレッグ・キイズ『インターステラー』(2014年)
コルム・トビーン『ノーラ・ウェブスター』(2014年)
サマンタ・シュウェブリン『救える距離』(2014年)
ジェイムズ・エルロイ背信の都』(2014年)
ジェフ・ヴァンダミア『サザーン・リーチ』(2014年)
ジェーン・シェミルト『ナオミ』(2014年)
ジャン=ポール・ディディエローラン『6時27分発の電車に乗って、僕は本を読む』(2014年)
ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ『嵐』(2014年)
ジョー・ウォルトン『わたしの本当の子どもたち』(2014年)
ジョゼ・ルイス・ペイショット『ガルヴェイアスの犬』(2014年)
ジョー・ネスボザ・サン 罪の息子』(2014年)
ジョン・スコルジー『ロックイン-統合捜査-』(2014年)
ジル・ルイス『紅のトキの空』(2014年)
スティーヴン・キング『ミスター・メルセデス』(2014年)
スティーヴン・キング『心霊電流』(2014年)
スミス・ヘンダースン『われらの独立を記念し』(2014年)
セバスチャン・フィツェック『乗客ナンバー23の消失』(2014年)
セレステ・イング『リトル・ファイアーズ・エブリウェア』(2014年)
陳浩基『13・67』(2014年)
蔡崇達(ツァイ・ツォンダ)『皮囊』(2014年)
デイヴィッド・ミッチェル『ボーン・クロックス』(2014年)
デヴィッド・ミッチェル『The Bone Clocks』(2014年)
デボラ・エリス『九時の月』(2014年)
ドナ・タート『ゴールドフィンチ』(2014年)
トム・ヒレンブラント『ドローンランド』(2014年)
ドメニコ・スタルノーネ『靴ひも』(2014年)
ハサン・ブラーシム『死体展覧会』(2014年)
B・J・ノヴァク『愛を返品した男 物語とその他の物語』(2014年)
ピーター・マシーセン『黄泉の河にて』(2014年)
ピーター・ワッツ『エコープラクシア 反響動作』(2014年)
ピョン・ヘヨン『モンスーン』(2014年)
フィル・クレイ『一時帰還』(2014年)
フランク・シェッツィング『緊急速報』(2014年)
フランシス・ハーディング『カッコーの歌』(2014年)
ベルンハルト・シュリンク『階段を下りる女』(2014年)
ヘンドリック・フルーン『83 1/4歳の素晴らしき日々』(2014年)
ベン・ラーナー『10:04』(2014年)
ホルヘ・フランコ『外の世界』(2014年)
マイケル・モーパーゴ『だれにも話さなかった祖父のこと』(2014年)
ミア・シェリダン『世界で一番美しい声』(2014年)
リチャード・パワーズオルフェオ』(2014年)
レアード・ハント『ネバーホーム』(2014年)
レイチェル・ウェルズ『通い猫アルフィーの奇跡』(2014年)
レイラ・スリマニ『アデル 人喰い鬼の庭で』(2014年)
ロジャー・ホッブズ『ゴーストマン 消滅遊戯』(2014年)
ロバート・ロプレスティ『日曜の午後はミステリ作家とお茶を』(2014年)
ローベルト・ゼーターラー『ある一生』(2014年)
ジュディス・ロッセル『ステラ・モンゴメリーの冒険』シリーズ(2014年~)