芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(その他書籍:国内28)

[その他書籍:国内28] 2021年

 

朝日新聞取材班『分極社会アメリカ 2020年米国大統領選を追って』(2021年)

朝日新聞特別取材班『老後レス社会 死ぬまで働かないと生活できない時代』(2021年)

アバンティーズ『1/4の風景』(2021年)

安彦幸枝『庭猫スンスンと家猫くまの日日』(2021年)

飯田洋介『グローバル・ヒストリーとしての独仏戦争 ビスマルク外交を海から捉えなおす』(2021年)

五十嵐大『ろうの両親から生まれたぼくが聴こえる世界と聴こえない世界を行き来して考えた30のこと』(2021年)

池内了宇宙研究のつれづれに 「惰性」と「摩擦」のはざまで』(2021年)

石牟礼道子池澤夏樹『みっちんの声』(2021年)

ISHIYA『ISHIYA私観 ジャパニーズ・ハードコア30年史』(2021年)

磯部涼『令和元年のテロリズム』(2021年)

市川顕、髙林喜久生『EUの規範とパワー』(2021年)

いとうせいこう『福島モノローグ』(2021年)

伊藤羊一『1行書くだけ日記』(2021年)

岩井孝、児玉一八、舘野淳、野口邦和『福島第一原発事故10年の再検証』(2021年)

岩瀬達哉『キツネ目 グリコ森永事件全真相』(2021年)

岩本憲児『黒澤明の映画 喧々囂々』(2021年)

内田真美『私の家庭菓子』(2021年)

宇根寛『地図づくりの現在形 地球を測り、図を描く』(2021年)

江永泉、木澤佐登志、他『闇の自己啓発』(2021年)

NHK「FACES」プロジェクト『FACES いじめをこえて』(2021年)

円満字二郎『難読漢字の奥義書』(2021年)

岡本裕一朗『哲学と人類 ソクラテスからカント、21世紀の思想家まで』(2021年)

小川束『和算 江戸の数学文化』(2021年)

小川洋子『そこに工場がある限り』(2021年)

小野一光『冷酷 座間9人殺害事件』(2021年)

鹿毛敏夫『大友義鎮 国君、以道愛人、施仁発政』(2021年)

鹿毛敏夫『硫黄と銀の室町・戦国』(2021年)

片野優、須貝典子『ヨーロッパの都市伝説 歴史と伝承が息づく13話』(2021年)

片山喜康『北斎さんぽ 江戸の名所を巡る』(2021年)

加藤一陽『音楽メディア・アップデート考 批評からビジネスまでを巡る8つの談話』(2021年)

加藤幸治『津波とクジラとペンギンと 東日本大震災10年、牡鹿半島・鮎川の地域文化』(2021年)

香取照幸『民主主義のための社会保障』(2021年)

金子晴勇『ヨーロッパ思想史 理性と信仰のダイナミズム』(2021年)

金田諦應『東日本大震災 3・11 生と死のはざまで』(2021年)

株式会社往来『未来ビジネス図解 仮想空間とVR』(2021年)

鎌田浩毅『首都直下地震南海トラフ』(2021年)

河江肖剰、佐藤悦夫、他『世界のピラミッド Wonderland』(2021年)

乾き亭げそ太郎『我が師・志村けん 僕が「笑いの王様」から学んだこと』(2021年)

川添愛『ふだん使いの言語学 「ことばの基礎力」を鍛えるヒント』(2021年)

河野哲也『問う方法・考える方法 「探究型の学習」のために』(2021年)

岸政彦、柴崎友香『大阪』(2021年)

岸本葉子、岸本尚毅『NHK俳句 あるある!お悩み相談室「名句の学び方」』(2021年)

木俣正剛『文春の流儀』(2021年)

清武雄二『アワビと古代国家 『延喜式』にみる食材の生産と管理』(2021年)

工藤ノリコ『ノラネコぐんだんと金色の魔法使い』(2021年)

倉地克直『江戸時代の瀬戸内海交通』(2021年)

暮沢剛巳『拡張するキュレーション 価値を生み出す技術』(2021年)

黒星紅白黒星紅白画集 blanc』(2021年)

小塩海平『花粉症と人類』(2021年)

小島庸平『サラ金の歴史 消費者金融と日本社会』(2021年)

小林泉美『エイト・オー・エイト 声と手拍子で遊ぶリズムの絵本』(2021年)

五味渕典嗣『「国語の時間」と対話する 教室から考える』(2021年)

小谷野敦『大相撲40年史 私のテレビ桟敷』(2021年)

今野真二『日本語の教養100』(2021年)

佐江衆一『野望の屍』(2021年)

酒村ゆっけ、『無職、ときどきハイボール』(2021年)

桜庭一樹桜庭一樹のシネマ桜吹雪』(2021年)

佐藤誠二朗『オフィシャル・サブカルオヤジ・ハンドブック ストリートおじさんの流儀100』(2021年)

佐野洋子佐野洋子とっておき作品集』(2021年)

左巻健男『絶対に面白い化学入門 世界史は化学でできている』(2021年)

さやわか『世界を物語として生きるために』(2021年)

澁谷知美『日本の包茎 男の体の200年史』(2021年)

島村一平『ヒップホップ・モンゴリア 韻がつむぐ人類学』(2021年)

志村真幸『熊楠と幽霊』(2021年)

下山進アルツハイマー征服』(2021年)

少年アヤ『ぼくをくるむ人生から、にげないでみた1年の記録』(2021年)

白戸圭一『はじめてのニュース・リテラシー』(2021年)

鈴木洋仁『「三代目」スタディーズ 世代と系図から読む近代日本』(2021年)

鈴木優作『探偵小説と〈狂気〉』(2021年)

鈴木義幸『理想の自分をつくる セルフトーク・マネジメント入門』(2021年)

千田嘉博『城郭考古学の冒険』(2021年)

高田漣高田渡高田渡の視線の先に 写真擬1972‐1979』(2021年)

高橋久美子『旅を栖とす』(2021年)

たけがみたえ『みたらみられた』(2021年)

橘木俊詔『大学はどこまで「公平」であるべきか 一発試験依存の罪』(2021年)

田中克彦『ことばは国家を超える 日本語、ウラル・アルタイ語、ツラン主義』(2021年)

谷沢明『日本の観光2 昭和初期観光パンフレットに見る《近畿・東海・北陸篇》』(2021年)

多和田葉子多和田葉子の〈演劇〉を読む』(2021年)

趙瑋琳『チャイナテック 中国デジタル革命の衝撃』(2021年)

近田春夫『調子悪くてあたりまえ 近田春夫自伝』(2021年)

辻田真佐憲、西田亮介『新プロパガンダ論』(2021年)

都築響一『IDOL STYLE』(2021年)

坪内祐三『最後の人声天語』(2021年)

爪切男『働きアリに花束を』(2021年)

土井善晴中島岳志『料理と利他』(2021年)

富岡幸一郎『危機の時代の宗教論 ヒューマニズム批判のために』(2021年)

富谷昭夫『これならわかる機械学習入門』(2021年)

長岡美代『多死社会に備える 介護の未来と最期の選択』(2021年)

中島美鈴『あの人はなぜ定年後も会社に来るのか』(2021年)

長田英知『ポスト・コロナ時代 どこに住み、どう働くか』(2021年)

中西嘉宏『ロヒンギャ危機 「民族浄化」の真相』(2021年)

中村敏子『女性差別はどう作られてきたか』(2021年)

中村倫也『THE やんごとなき雑談』(2021年)

長山靖生『日本回帰と文化人 昭和戦前期の理想と悲劇』(2021年)

なぎら健壱高田渡に会いに行く』(2021年)

梨木香歩『物語のものがたり』(2021年)

成馬零一『テレビドラマクロニクル 1990→2020』(2021年)

成毛眞『バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる』(2021年)

西川美和『スクリーンが待っている』(2021年)

西田知己『血の日本思想史 穢れから生命力の象徴へ』(2021年)

にゃんたこ『世界は救えないけど豚の角煮は作れる』(2021年)

納富信留ギリシア哲学史』(2021年)

野上建紀『陶磁器古学入門 やきもののグローバル・ヒストリー』(2021年)

野本寛一『井上靖の原郷 伏流する民俗世界』(2021年)

馬場悠男『「顔」の進化 あなたの顔はどこからきたのか』(2021年)

林千寿『家老の忠義 大名細川家存続の秘訣』(2021年)

早見和真『あの夏の正解』(2021年)

原裕美子『私が欲しかったもの』(2021年)

半田菜摘『ピリカ』(2021年)

ひらいたかこ『アリス、アリス、アリス!』(2021年)

平田雅博『ブリテン国史のいま グローバル・ヒストリーからポストコロニアルまで』(2021年)

平山亜佐子山田参助『戦前尖端語辞典』(2021年)

平山雄『昭和遺産へ、巡礼1703景 47都道府県108スポットからノスタルジックな佇まいを』(2021年)

弘中綾香弘中綾香の純度100%』(2021年)

不動まゆう『愛しの灯台100』(2021年)

古川日出男『ゼロエフ』(2021年)

穂村弘『図書館の外は嵐 穂村弘の読書日記』(2021年)

前田慎司『遊牧民と村々のラグ キリム&パイルラグの本格ガイド』(2021年)

前田まゆみ『ライオンのプライド 探偵になるクマ 集まると楽しくなる英語の集合名詞えほん』(2021年)

松井茂『虚像培養芸術論 アートとテレビジョンの想像力』(2021年)

松岡圭祐『小説家になって億を稼ごう』(2021年)

松岡正剛『うたかたの国 日本は歌でできている』(2021年)

松里公孝『ポスト社会主義の政治 ポーランドリトアニアアルメニアウクライナモルドヴァの準大統領制』(2021年)

松下慶太『ワークスタイル・アフターコロナ 「働きたいように働ける」社会へ』(2021年)

松田毅『夢と虹の存在論 身体・時間・現実を生きる』(2021年)

松本典久『紙の上のタイムトラベル 鉄道と時刻表の150年』(2021年)

三浦哲哉『LAフード・ダイアリー』(2021年)

三沢典丈『アニメ大国の神様たち 時代を築いたアニメ人 インタビューズ』(2021年)

溝井裕一『動物園・その歴史と冒険』(2021年)

溝呂木一美『私のてきとうなお菓子作り』(2021年)

光嶋裕介『つくるをひらく』(2021年)

宮川禎一『鳥獣戯画のヒミツ』(2021年)

宮崎雅人『地域衰退』(2021年)

宮下紘『プライバシーという権利 個人情報はなぜ守られるべきか』(2021年)

森功『鬼才 伝説の編集人 斎藤十一』(2021年)

森功菅義偉の正体』(2021年)

森下信雄『宝塚歌劇団経営学』(2021年)

柳原一徳『本とみかんと子育てと 農家兼業編集者の周防大島フィールドノート』(2021年)

山形浩生『断言2 あなたを変える本・世界を変える本 新教養主義書評集成 サイエンス・テクノロジー編』(2021年)

山崎怜奈『歴史のじかん』(2021年)

兪炳匡『日本再生のための「プランB」 医療経済学による所得倍増計画』(2021年)

吉村剛史『ソウル25区=東京23区 似ている区を擬えることで土地柄を徹底的に理解する』(2021年)

米本昌平『バイオエピステモロジー序説』(2021年)

暦本純一『妄想する頭 思考する手 想像を超えるアイデアのつくり方』(2021年)

若菜晃子『岩波少年文庫のあゆみ 1950-2020』(2021年)

渡邊大門『関ヶ原合戦全史1582‐1615』(2021年)

あしなが育英会(編)『お空から、ちゃんと見ててね。 作文集・東日本大震災遺児たちの10年』(2021年)

門林岳史、増田展大(編)『クリティカル・ワード メディア論 理論と歴史から〈いま〉が学べる』(2021年)

河出書房新社編集部(編)『恩田陸 白の劇場』(2021年)

グラフィック社編集部(編)『おいしいゼリーブック』(2021年)

グラフィック社編集部(編)『スペースエイジ・インテリア』(2021年)

小西卓三、松本健太郎(編)『メディアとメッセージ 社会のなかのコミュニケーション』(2021年)

都築響一(編)『Neverland Diner 二度と行けないあの店で』(2021年)

福島民報社(編)『ふくしま10年 2011~2021 報道写真集 東日本大震災原発事故』(2021年)

平凡社編集部(編)『作家と猫』(2021年)

山田義裕、岡本亮輔(編)『いま私たちをつなぐもの 拡張現実時代の観光とメディア』(2021年)

LAVENDER RING(編)『自分らしく、生きていく。 がんとともに生きる206人の笑顔と想い』(2021年)

八柳サエ(監)『松井冬子 芸術は覚醒を要求する』(2021年)