芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(その他書籍:海外8)

[その他書籍(海外8)] 1950年代



アーサー・C・クラーク『惑星へ飛ぶ』(1950年)
エルンスト・ユンガー『文明について』(1950年)
カール・シュミット『大地のノモス』(1950年)
グレアム・グリーン『小さなしょうぼうしゃ』(1950年)
ドナルド・キーホー『空飛ぶ円盤は実在する』(1950年)
バートランド・ラッセル『人類の将来 反俗評論集』(1950年)
バーナード・ルイス『アラブの歴史』(1950年)
ハーバート・リード『平和のための教育』(1950年)
パール・S・バック『母よ嘆くなかれ』(1950年)
マルグリート・セシュエー(編)『分裂病の少女の手記 心理療法による分裂病の回復過程』(1950年)
アーサー・C・クラーク『宇宙の探検』(1951年)
アルベール・カミュ『反抗的人間』(1951年)
ウラジーミル・ナボコフ『記憶よ、語れ』(1951年)
E・A・ナイダー『神声人語 各国語になった聖書の信仰』(1951年)
エリック・ホッファー『大衆運動』(1951年)
エルヴィン・パノフスキーゴシック建築とスコラ哲学』(1951年)
オクタビオ・パス『鷲か太陽か?』(1951年)
カール・ケレーニイ、カール・グスタフユング『神話学入門』(1951年)
グレアム・グリーン『失われた幼年時代』(1951年)
グレゴリー・ベイトソン、J.ロイシュ『コミュニケーション 精神医学の社会的マトリックス(精神のコミュニケーション)』(1951年)
サマセット・モーム『人生と文学』(1951年)
C・S・フォード、F・A・ビーチ『性行動の世界』(1951年)
ジャック・プレヴェール『スペクタクル』(1951年)
ジャン=C・フィルー『精神力とは何か 心的緊張力とその異常』(1951年)
タルコット・パーソンズ『社会体系論』(1951年)
バートランド・ラッセル原子時代に住みて 変わりゆく世界への新しい希望』(1951年)
ハンス・J・モーゲンソー『世界政治と國家理性』(1951年)
ハンナ・アレント全体主義の起源』(1951年)
ヘルマン・ヘッセ『晩年の散文』(1951年)
マーガレット・ワイズ・ブラウン(作)/ガース・ウィリアムズ(絵)『キツネがコッホン』(1951年)
ミルチャ・エリアーデシャーマニズム 古代的エクスタシー技術』(1951年)
ロジェ・カイヨワ『聖なるものの社会学』(1951年)
アンリ・カルティエ=ブレッソン『The decisive moment(決定的瞬間)』(1952年)
ウォルト・ロストウ『経済成長の過程』(1952年)
A・アル・サダット『ナイルの叛乱 エジプト革命の記録』(1952年)
グレアム・グリーン『小さな乗り合い馬車』(1952年)
ジャン・コクトー『数字7』(1952年)
ジャン=ポール・サルトル『聖ジュネ 殉教者と反抗』(1952年)
バージニア・リー・バートン『ちいさいケーブルカーのメーベル』(1952年)
バートランド・ラッセル『科学は社会を震撼した』(1952年)
ハーバート・リード『モダン・アートの哲学』(1952年)
フリードリヒ・ハイエク『感覚秩序』(1952年)
フリードリヒ・ハイエク『科学の反革命』(1952年)
マーガレット・ワイズ・ブラウン(作)/ガース・ウィリアムズ(絵)『ミスタードッグ ぼくはぼくだけのぼく』(1952年)
マリー・ホール・エッツ『どうぶつたちのナンセンス絵本』(1952年)
ミルチャ・エリアーデ『イメージとシンボル』(1952年)
ルース・クラウス、モーリス・センダック『あなはほるもの おっこちるとこ―ちいちゃいこどもたちのせつめい』(1952年)
アメリカ精神医学会『精神障害の診断と統計マニュアル』(1952年~)
ルフレッド・キンゼイ『人間における女性の性行動(キンゼイ報告)』(1953年)
ヴァージニア・ウルフ『ある作家の日記』(1953年)
エルヴィン・パノフスキー『初期ネーデルラント絵画』(1953年)
エルンスト・ユンガー『東西文明の対決 ゴルディウスの結び玉』(1953年)
カール・ヤスパース『ストリンドベルクとファン・ゴッホ 芸術作品と精神分裂病との関聯の哲学的考察』(1953年)
クレア・キップス『ある小さなスズメの記録』(1953年)
グレアム・グリーン『小さなローラー』(1953年)
ジャン・コクトー『知られざる者の日記』(1953年)
ジャン・コクトー『一詩人の歩み』(1953年)
ジル・ドゥルーズ『ヒュームあるいは人間的自然 経験論と主体性』(1953年)
ティーヴン・トゥールミン『科学哲学 メタ・サイエンス入門』(1953年)
ドクター・スース『おばけたまごのいりたまご』(1953年)
ドナルド・キーホー『外宇宙からの空飛ぶ円盤』(1953年)
ヘルマン・ヘッセ『晩年の散文』(1953年)
マーガレット・ワイズ・ブラウン(作)/ガース・ウィリアムズ(絵)『キャプテンうみへいく』(1953年)
マルティン・ハイデッガー『技術への問い』(1953年)
ラダビノード・パール『パール博士の「平和の宣言」』(1953年)
ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン哲学探究』(1953年)
レナード・コットレル『エーゲ文明への道 シュリーマンエヴァンズの発掘物語』(1953年)
ロラン・バルトエクリチュールの零度』(1953年)
ジャック・デリダフッサール哲学における発生の問題』(1953年〜1954年)
アンリ・ルフェーヴル『美学入門』(1954年)
ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ『砂漠の音楽とその他の誌』(1954年)
エルンスト・ユンガー『砂時計の書』(1954年)
オルダス・ハクスリー『知覚の扉』(1954年)
サマセット・モーム『世界の十大小説』(1954年)
ジャン・ヴァール『実存主義入門』(1954年)
ジャン・コクトー『幽明抄』(1954年)
ジャン=フランソワ・リオタール現象学』(1954年)
ドクター・スース『ぞうのホートンひとだすけ』(1954年)
バートランド・ラッセル『ヒューマン・ソサエティ 倫理学から政治学へ』(1954年)
バーバラ・クーニー『ちいさなもみのき』(1954年)
ハンス・アウグスト・レイ(H.A.レイ)『星座を見つけよう』(1954年)
ピーター・F・ドラッカー『現代の経営』(1954年)
ヘルベルト・ヴェント『物語 世界動物史』(1954年)
マーガレット・ワイズ・ブラウン(作)/フェリシア・ボンド(絵)『おおきなあかいなや』(1954年)
ミシェル・フーコー精神疾患とパーソナリティ』(1954年)
L・スプレイグ・ディ・キャンプ『プラトンアトランティス』(1954年)
ル・コルビュジエ『小さな家』(1954年)
ルース・クラウス(作)/モーリス・センダック(絵)『ぼくはきみできみはぼく』(1954年)
ロラン・バルトミシュレ』(1954年)
ロラン・バルトロラン・バルト映画論集』(1954年〜1970年)
アルベール・ソブール『フランス革命と民衆 共和暦2年(1793‐94年)のパリのサン=キュロット』(1955年)
ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ『愛への旅』(1955年)
ウィリアム・ペン・デュボア『ライオン』(1955年)
ウォルト・ロストウ『近代ソ連社会史』(1955年)
エド・ファン・デル・エルスケン『セーヌ左岸の恋』(1955年)
クロード・レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』(1955年)
ジェイムズ・ボールドウィンアメリカの息子のノート』(1955年)
ジャック・プレヴェール『雨と晴天』(1955年)
ジャン・コクトーアカデミー・フランセーズ入会演説』(1955年)
ジュール・シュペルヴィエルシュペルヴィエル詩集』(1955年)
タルコット・パーソンズ、R・F・ベールズ『核家族と子どもの社会化』(1955年)
D.J.ウェスト『同性愛』(1955年)
ドナルド・キーホー『空飛ぶ円盤の陰謀』(1955年)
ハーバート・リード『イコンとイデア 人類史における芸術の発展』(1955年)
ベルトルト・ブレヒト『ブコウの悲歌』(1955年)
ベルナール・ユーヴェルマン『未知の動物の跡を求めて』(1955年)
ポール・ブラントン、ムナガラ・ヴェンヌカタラミア『不滅の意識 ラマナ・マハルシとの会話』(1955年)
ミルトン・マイヤー『彼らは自由だと思っていた 元ナチ党員十人の思想と行動』(1955年)
モーリス・ブランショ『文学空間』(1955年)
ヨハン・ファン・デル・クーケン『wij zijn 17(僕たちは17歳)』(1955年)
レナード・コットレル『古代エジプト人』(1955年)
アレン・ギンズバーグ『吠える』(1956年)
イタロ・カルヴィーノ『イタリア民話集』(1956年)
ウォルト・ロストウ『中共の将来』(1956年)
エドワード・J・ルッペルト『未確認飛行物体に関する報告』(1956年)
エーリッヒ・フロム『愛するということ』(1956年)
オクタビオ・パス『弓と竪琴』(1956年)
オルダス・ハクスリー『天国と地獄』(1956年)
オルダス・ハクスリーアドニスとアルファベット』(1956年)
カール・シュミットハムレットもしくはへカベ』(1956年)
クレア・マッカーデル『わたしの服の見つけかた クレア・マッカーデルのファッション哲学』(1956年)
コリン・ウィルソンアウトサイダー』(1956年)
ジャン・コクトー『オックスフォード大学講演』(1956年)
ジーン・ジオン(文)/マーガレット・ブロイ・グレアム(絵)『はるがきた』(1956年)
タルコット・パーソンズ、N・J・スメルサー『経済と社会 経済学理論と社会学理論の統合についての研究』(1956年)
ドクター・スース『ぼくがサーカスやったなら』(1956年)
バートランド・ラッセル『自伝的回想』(1956年)
ハーバート・リード『彫刻の芸術(彫刻とはなにか)』(1956年)
ピエール・クロソウスキーディアーナの水浴』(1956年)
ビリー・ホリデイ『奇妙な果実 ビリー・ホリデイ自伝』(1956年)
ブルーノ・ムナーリ『闇の夜に』(1956年)
ヘルベルト・ヴェント『世界動物発見史』(1956年)
マーガレット・ワイズ・ブラウン(作)/ガース・ウィリアムズ(絵)『さんびきのちいさいどうぶつ』(1956年)
マーガレット・ワイズ・ブラウン(作)/ガース・ウィリアムズ(絵)『うさぎのおうち』(1956年)
モーリス・ナタンソン『G.H.ミードの動的社会理論』(1956年)
レオン・フェスティンガー『予言がはずれるとき この世の破滅を予知した現代のある集団を解明する』(1956年)
レナード・コットレル『ピラミッドの秘密』(1956年)
ロジェ・カイヨワ『夢の現象学』(1956年)
ロジェ・カイヨワ『詩法』(1956年)
ロバート・キャパ『ちょっとピンぼけ』(1956年)
アレクサンドル・バル『注意とその病態』(1957年)
ウォルト・ロストウ『後進国開発計画の諸問題 新しい国際関係への提案』(1957年)
ウラジミール・ジャンケレヴィッチ『夜の音楽 ショパンフォーレ・サティ、ロマン派から現代へ』(1957年)
エドワード・ゴーリー『うろんな客』(1957年)
オクタビオ・パス『太陽の石』(1957年)
ガストン・バシュラール『空間の詩学』(1957年)
ゲオルク・ヴォルフガング・フェリックス・ハルガルデン『独裁者』(1957年)
コリン・ウィルソン『宗教と反抗人/続アウトサイダー(宗教とアウトサイダー)』(1957年)
スタニスワフ・レム『対話』(1957年)
ドクター・スース『いじわるグリンチのクリスマス(グリンチ)』(1957年)
ドクター・スース『キャット イン ザ ハット』(1957年)
トーマス・クーン『コペルニクス革命 科学思想史序説』(1957年)
トミ・ウンゲラー『メロップスのわくわく大冒険』(1957年)
トール・ヘイエルダール『アク・アク(孤島イースター島の地下の世界)』(1957年)
ハーバート・リード『第十のミューズ 批評の芸術』(1957年)
ハンス・ベルメール『イマージュの解剖学』(1957年)
ヘンリー・キッシンジャー『回復された世界平和』(1957年)
ヘンリー・キッシンジャー核兵器外交政策』(1957年)
ムハンマド・ハミードッ=ラー『イスラーム概説』(1957年)
メダルト・ボス『性的倒錯 恋愛の精神病理学』(1957年)
レオン・フェスティンガー『認知的不協和の理論 社会心理学序説』(1957年)
ロバート・トランブル『キノコ雲に追われて』(1957年)
ロラン・バルト『神話作用』(1957年)
アーサー・C・クラーク『宇宙文明論』(1958年)
ルフレッド・メトロー『ヴードゥー』(1958年)
アンリ・ルフェーヴルマルクス主義の現実的諸問題』(1958年)
アンリ・ルフェーヴル『革命的ロマン主義』(1958年)
ヴェルナー・ハイゼンベルク『現代物理学の思想』(1958年)
オルダス・ハクスリーすばらしい新世界再訪記』(1958年)
ガース・ウィリアムズ『しろいうさぎとくろいうさぎ』(1958年)
クロード・レヴィ=ストロース構造人類学』(1958年)
サマセット・モーム『作家の立場から』(1958年)
ジャン・コクトー『パラプロゾディ』(1958年)
ジョン・スタインベック『かつて戦争があった』(1958年)
シーラ・グレアム『愛しき背信者』(1958年)
ティーヴン・トゥールミン『議論の技法 トゥールミンモデルの原点』(1958年)
トーマス・シェーリング『国際経済学』(1958年)
トミー・ウンゲラー『へびのクリクター』(1958年)
バーゴ・パートリッジ『乱交の文化史』(1958年)
バーバラ・W・タックマン『決定的瞬間 暗号が世界を変えた』(1958年)
ミシェル・レリス『ゴンダルのエチオピア人における憑依とその演劇的諸相』(1958年)
ミルチャ・エリアーデ『生と再生 イニシエーションの宗教的意義』(1958年)
ライナー・チムニク『タイコたたきの夢』(1958年)
ロジェ・カイヨワ『遊びと人間』(1958年)
ロバート・フランク『THE AMERICANS』(1958年)
アンドレ・バザン『映画とは何か』(1958〜1962年)
アンリ・ルフェーヴル『総和と余剰』(1959年)
エルンスト・ブロッホ『希望の原理』(1959年)
エルンスト・ユンガー『時代の壁ぎわ 現代の神話的考察』(1959年)
C・G・ユング『空飛ぶ円盤』(1959年)
コリン・ウィルソン『敗北の時代』(1959年)
ジョーゼフ・キャンベル『神の仮面』(1959年)
ドクター・スース『おたんじょう日おめでとう』(1959年)
ハーバート・リード『近代絵画史』(1959年)
ピーター・マシーセン『北米大陸の野生』(1959年)
ミルチャ・エリアーデ『加入礼・儀礼・秘密結社:神秘の誕生 加入礼の型についての試論』(1959年)
モーリス・ブランショ『来るべき書物』(1959年)
リチャード・アヴェドン『Observations』(1959年)
レオ=レオニ『あおくんときいろちゃん』(1959年)
レナード・コットレル『古代の不思議』(1959年)