芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(その他書籍:国内6)

[その他書籍(国内6)] 1930年代



違星北斗『コタン 違星北斗遺稿』(1930年)
大仏次郎ドレフュス事件』(1930年)
岡田紅陽『写真の知識』(1930年)
九鬼周造『「いき」の構造』(1930年)
前川佐美雄『植物祭』(1930年)
三好達治『測量船』(1930年)
柳田國男『蝸牛考』(1930年)
柳田國男『木綿以前の事』(1930年)
吉野作造『現代憲政の運用』(1930年)
庄司浅水『書物の話』(1931年)
バチェラー八重子『若き同族(ウタリ)に』(1931年)
北園克衛『若いコロニイ』(1932年)
藤沢衛彦『日本民謡研究』(1932年)
内田百閒『百鬼園随筆』(1933年)
川端康成『末期の眼』(1933年)
西脇順三郎『Ambarvalia』(1933年)
藤沢衛彦『鳥の生活と談叢』(1933年)
藤沢衛彦『日本艶歌考』(1933年)
谷崎潤一郎『陰翳礼讃』(1933年〜1934年)
谷崎潤一郎文章読本』(1934年)
中原中也『山羊の歌』(1934年)
藤沢衛彦『日本民謡の流』(1934年)
名取洋之助、他『NIPPON』(1934年~1944年)
小林秀雄私小説論』(1935年)
西野元章『海の生命線 我が南洋の姿(南洋群島寫眞帖)』(1935年)
波多野精一宗教哲学』(1935年)
吉野源三郎君たちはどう生きるか』(1935年)
和辻哲郎『風土』(1935年)
赤松啓介『東洋古代史講話』(1936年)
岡田紅陽『国立公園写真集』(1936年)
斎藤隆夫『軍部に告ぐ ―二・二六事件―』(1936年)
田豊『演劇酔談』(1936年)
保田與重郎『日本の橋』(1936年)
川瀬一馬『古活字版の研究』(1937年)
今和次郎『日本の民家』(1937年)
立原道造『萱草に寄す』(1937年)
立原道造『暁と夕の詩』(1937年)
知里真志保アイヌ民譚集』(1937年)
森竹竹市『若きアイヌの詩集原始林』(1937年)
山根キク『光は東方より』(1937年)
萩原實(編)『北海道晩成社 十勝開発史』(1937年)
赤松啓介民俗学』(1938年)
高木貞治『解析概論』(1938年)
中谷宇吉郎『雪』(1938年)
中谷宇吉郎『冬の華』(1938年)
中原中也『在りし日の歌』(1938年)
原田道寛『日本刀私談(日本刀大全)』(1938年)
赤松啓介『東洋古代民族史』(1939年)
芥川龍之介侏儒の言葉』(1939年)
大川周明『日本二千六百年史』(1939年)