芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(演劇:国内5)

[演劇(国内5)] 1990年代



OOPARTS『LIFE』(1990年)
第三舞台『ビー・ヒア・ナウ』(1990年)
三谷幸喜サンシャインボーイズ『12人の優しい日本人』(1990年)
夢の遊民社『三代目、りちゃあど』(1990年)
鈴井貴之『LUNA-CY』(1991年)
市川猿之助リヒャルト・シュトラウス 歌劇「影のない女バイエルン国立歌劇場』(1992年)
演劇集団キャラメルボックスカレッジ・オブ・ザ・ウィンド』(1992年)
シティボーイズ『鍵のないトイレ』(1992年)
東京ヴォードヴィルショー『その場しのぎの男たち』(1992年)
三谷幸喜『ヴァンプショウ』(1992年)
岩松了『異常の人々』(1993年)
シティボーイズ『愚者の代弁者、西へ』(1993年)
少女童話『オカルト』(1993年)
東京サンシャインボーイズラヂオの時間』(1993年)
シティボーイズ『ゴム脳市場』(1994年)
東京サンシャインボーイズ『ショウ・マスト・ゴー・オン 幕を降ろすな』(1994年)
坂東玉三郎京鹿子娘道成寺』(1994年)
伊東四朗&小松政夫『エニシングゴーズ』(1995年)
シティボーイズ『愚者の代弁者、うっかり東京へ』(1995年)
ジョビジョバジョビジョバ大ピンチ』(1995年)
第三舞台『パレード旅団』(1995年)
東京サンシャインボーイズ東京サンシャインボーイズの罠』(1995年)
松本人志『寸止め海峡(仮)』(1995年)
シティボーイズ『丈夫な足場』(1996年)
千原兄弟『はじめTOUR 金龍飛戦』(1996年)
TEAM‐NACS『LETTER〜変わり続けるベクトルの障壁』(1996年)
東京ヴォードヴィルショー『「アパッチ砦の攻防」より 戸惑いの日曜日』(1996年)
三谷幸喜笑の大学』(1996年)
遊◎機械/全自動シアター『ムーンライト 夏の夜の不思議な夢の物語』(1996年)
伊東四朗三宅裕司『いい加減にしてみました』(1997年)
シティボーイズ『NOT FOUND』(1997年)
少女童話『ザ・ゴールデンアングラ』(1997年)
TEAM‐NACS『RECOVER〜描き続けるもうひとつの結論』(1997年)
ネプチューンネプチューン』(1997年)
バカルディ『サラダで白飯くえねーよ!』(1997年)
遊◎機械/全自動シアター『こわれた玩具』(1997年)
リリパットアーミー白いメリーさん 人体模型の夜』(1997年)
リリパットアーミー『秘天閣』(1997年)
イッセー尾形桃井かおり『ふたり芝居』(1998年)
演劇集団キャラメルボックス『さよならノーチラス号』(1998年)
劇団四季『CATS』(1998年)
千原兄弟『PINK』(1998年)
TEAM‐NACS『FEVER〜眺め続けた展望の行方』(1998年)
TEAM‐NACS『再演DOOR〜在り続けるためのプロセス』(1998年)
九十九一『ひとり芝居ライブ 大都会の独り言』(1998年)
土田英生『その鉄塔に男たちはいるという』(1998年)
バカルディなまたまごかけ御飯』(1998年)
フォークダンスDE成子坂『自縛』(1998年)
よゐこ『LIVE’98 今夜はあなたを酔わせます。ほろ酔い気分でご覧あれ…』(1998年)
TEAM‐NACS『ESCAPER〜探し続けていた場所』(1999年)
バカルディ『少年と犬と公園と私』(1999年)
爆笑問題『タイタンライブ合同コントスペシャル 七福人』(1999年)
三谷幸喜マトリョーシカ』(1999年)