芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(その他映像作品2)

[その他映像作品2] 1970年代




アイアン・バタフライ『ガダ・ダ・ビダ』(1970年)
エマーソン、レイク&パーマー『展覧会の絵』(1970年)
ジェスロ・タル『ナッシング・イージー ライヴ・アット・アイル・オブ・ワイト1970』(1970年)
ジミ・ヘンドリックス『ライブ・アット・ザ・フィルモア・イースト』(1970年)
ジミ・ヘンドリックス『ラスト・コンサート ワイト島1970』(1970年)
ドアーズ『ワイト島のドアーズ 1970』(1970年)
八代目 桂文楽『八代目 桂文楽』(1970年)
ザ・フー『ワイト島ライヴ1970』(1970年)
フォー・トップス『ライヴ・イン・パリ1970』(1970年)
ムーディ・ブルース『ワイト島のムーディ・ブルース 1970』(1970年)
ルイ・アームストロング『この素晴らしき世界』(1970年)
レナード・コーエン『1970年、ワイト島で歌う。』(1970年)
『歌劇「ホフマン物語」全5幕』(1970年)
『スタンピング・グラウンド』(1970年)
『1970グレイトフル・デッドサンタナ、ジェファーソン・エアプレインの夜』(1970年)
『ワイト島1970 輝かしきロックの残像』(1970年)
アイク&ティナ・ターナー『ライヴ・イン’71』(1971年)
エミール・ギレリスエミール・ギレリス リサイタル』(1971年)
ジョージ・ハリスン&フレンズ『コンサート・フォー・バングラデシュ』(1971年)
マディ・ウォーターズ『伝説の'71ヴィンテージライヴ』(1971年)
ザ・ローリング・ストーンズ『ザ・マーキー・クラブ ライヴ・イン』(1971年)
ジンジャー・ベイカー/イン・アフリカ』(1971年)
『ソウル・トゥ・ソウル〜魂の詩』(1971年)
モーツァルト:「魔笛」全2幕(ハンブルク国立歌劇場)』(1971年)
リヒャルト・ワーグナー:「ニュルベルクのマイスタージンガー」全3幕』(1971年)
クラウディオ・アバド『イン・コンサート』(1971年〜1986年)
グラインド・ボーン・オペラ『ヴェルディ:歌劇「マクベス」全曲』(1972年)
スタン・ゲッツ・カルテット『ライヴ・アット・モントルー1972』(1972年)
ディープ・パープル『マシンヘッド・ライヴ1972』(1972年)
ビル・エヴァンス・トリオ『ヴィンテージ・ジャズ・コレクション ワルツ・フォー・デビー(ジャズセット'72)』(1972年)
ピンク・フロイド『ライブ・アット・ボンベイ』(1972年)
ロイ・オービソン『ライヴ・フロム・オーストラリア』(1972年)
『オールスター・スウィング・フェスティヴァル'72』(1972年)
エマーソン、レイク&パーマー『マンティコアスペシャル'73』(1973年)
デヴィッド・ボウイ『ジギー・スターダスト』(1973年)
ヘルベルト・フォン・カラヤンチャイコフスキー:後期交響曲集』(1973年)
ヘルベルト・フォン・カラヤンブラームス交響曲全集』(1973年)
グラインドボーン音楽祭 モンテヴェルディ:歌劇「ウリッセの帰還」全曲』(1973年)
フレディ・キング『ライヴ・イン・ヨーロッパ』(1973年〜1974年)
ヘルベルト・フォン・カラヤンカラヤン・イン・コンサート』(1973年〜1978年)
ヴァン・モリソン『ライヴ・アット・モントルー1974』(1974年)
ヴラディミール・アシュケナージベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集』(1974年)
クイーン『ライヴ・アット・ザ・レインボー'74』(1974年)
B.B.キングB.B.キング・ライブ・イン・アフリカ』(1974年)
ファニア・オールスターズ&セリア・クルーズ『ライブ・イン・アフリカ』(1974年)
マディ・ウォーターズモントルー1974〜メッシン・ウィズ・ザ・ブルーズ・ウィズ・バディ・ガイ・ジュニア・ウェルズ』(1974年)
マリア・カラスマリア・カラス 伝説の東京コンサート 1974』(1974年)
ロッド・スチュワート&フェイセズ『ラスト・コンサート』(1974年)
ジャック・オッフェンバック:美しきヘレナ』(1974年)
アルトゥール・ルービンシュタイン『ピアノ協奏曲集』(1975年)
エス『ライヴ1975』(1975年)
ウィーン交響楽団『ウィーンの春(1975)』(1975年)
カール・ベームウィーン・フィルハーモニー管弦楽団『1975年日本公演』(1975年)
キャロル『燃えつきる=キャロル・ラスト・ライブ』(1975年)
ジョー・パスノーマン・グランツ・ジャズ・イン・モントルー』(1975年)
チャールズ・ミンガス『ライヴ・アット・モントルー1975』(1975年)
リック・ウェイクマン『地底探検〜ライヴ1975』(1975年)
グラインドボーン音楽祭 ストラヴィンスキー:歌劇「放蕩者のなりゆき」全曲』(1975年)
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ『芸術と人生』(1975年、1976年)
ウェザー・リポート『ライブ・アット・モントルー1976』(1976年)
キッス『ザ・ロスと 1976 コンサート』(1976年)
キャット・スティーヴンス『MAJIKAT アースツアー 1976』(1976年)
ジェーン・バーキンジェーン・バーキン』(1976年)
スヴァトラフ・リヒテル『スヴァトラフ・リヒテル・コンサート モスクワ音楽祭ライヴ1976』(1976年)
パーラメントファンカデリック『ザ・マザーシップ・コネクション・ライブ1976』(1976年)
レーナード・スキナード『フリーバード・ザ・ムービー』(1976年)
スヴャトスラフ・リヒテルモスクワ音楽院ライヴ1976』(1976年)
ニーナ・シモン『ライヴ・アット・モントルー1976』(1976年)
マーヴィン・ゲイ『グレイテスト・ヒッツ ライヴ・イン・'76』(1976年)
『歌劇「シモン・ボッカネグラ」全3幕』(1976年)
グラインドボーン音楽祭 ヴェルディ:歌劇「ファルスタッフ」全曲』(1976年)
エマーソン、レイク&パーマー『LIVE IN MONTREAL STADIUM』(1977年)
カウント・ベイシー・ビッグ・バンド『ノーマン・グランツ・ジャズ・イン・モントルー』(1977年)
カール・ベームウィーン・フィルハーモニー管弦楽団『1977年日本公演』(1977年)
クーべリック『シューマン:交響曲第4番ニ短調、ピアノ協奏曲イ短調』(1977年)
マーク・ボランマーク・ボランTVショウ「MARC」』(1977年)
マルタ・アルゲリッチマルタ・アルゲリッチ』(1977年)
リッチー・ブラックモアズ・レインボウ『ライブ・イン・ミュンヘン1977』(1977年)
リトル・フィート『スキン・イット・パック ライヴ1977』(1977年)
グラインドボーン音楽祭/モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」全2幕』(1977年)
キャンディーズ『CANDIES FOREVER』(1978年)
シン・リジィ『ライヴ・アンド・デンジャラス』(1978年)
スヴャトスラフ・リヒテル『バッハ:ブランデンブルク協奏曲第5番 モスクワ音楽院ライヴ1978』(1978年)
ザ・ストラングラーズ『ライヴ・イン・サンフランシスコ1978』(1978年)
セックス・ピストルズ『ライブ・アット・ザ・ロングホーン』(1978年)
セルジュ・ゲンスブール『セルジュ・ゲンスブール・ショー』(1978年)
チープ・トリック『at 武道館』(1978年)
ニール・ヤング『ラスト・ネヴァー・スリープス』(1978年)
ブラック・サバス『ネバー・セイ・ダイ』(1978年)
ヘルベルト・フォン・カラヤンブラームスドイツ・レクイエム』(1978年)
ボブ・マーリィ『ワン・ラヴ・ピース・コンサート』(1978年)
マディ・ウォーターズ『ライヴ・アット・ロックパラスト1978』(1978年)
ラファエル・クーベリッククーベリック バレンボイム 夢の競演』(1978年)
ザ・ローリング・ストーンズ『サム・ガールズ・ライヴ・イン・テキサス’78』(1978年)
グラインドボーン音楽祭/モーツァルト:歌劇「魔笛」全2幕』(1978年)
CBGB』(1978年)
アメリカ『ライヴ・アット・セントラル・パーク1979』(1979年)
エス『ライブ・イン・フィラデルフィア1979』(1979年)
AC/DC『LET THERE BE ROCK ロック魂』(1979年)
エルトン・ジョン『モスクワライブ1979‐トゥ・ロシア・ウィズ・エルトン』(1979年)
ジェイムス・ブラウン『ボディ・ヒート』(1979年)
ジョニー・ウィンター『灼熱のブルース・ギター!ロック・パラスト1979』(1979年)
ジョニ・ミッチェル『シャドウズ・アンド・ライト』(1979年)
スーパートランプ『ライヴ・イン・パリ』(1979年)
ダスティ・スプリングフィールド『ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール』(1979年)
テディ・ペンダーグラス『ライヴ・イン・'79』(1979年)
デニス・ブラウン『ライブ・アット・モントルー1979』(1979年)
ビル・エヴァンス『ラスト・パフォーマンス』(1979年)
ボブ・マーリィ『ザ・レジェンド・ライブ』(1979年)
吉田拓郎『'79篠島アイランド コンサート』(1979年)
ロキシー・ミュージックオン・ザ・ロード・ライブ1979』(1979年)
YMO『COMPLETE HURRAH』(1979年)
グラインドボーン音楽祭 ベートーヴェン:歌劇「フィラリオ」全曲』(1979年)
ベルリオーズ:テ・デウム(ウィンチェスター大聖堂)』(1979年)