芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(その他映像作品4)

[その他映像作品4] 1980年代後半




アストル・ピアソラ『ライヴwithオーケストラ1985』(1985年)
アート・ブレイキー『ライヴ・アット・ロニー・スコッツ』(1985年)
ヴェノム『悪魔教典:ライヴ・アット・ハマースミス・オデオン1985』(1985年)
オスカー・ピーターソン・トリオ『ベルリン・コンサート1985』(1985年)
キース・ジャレット・トリオ『スタンダード?』(1985年)
クイーン『WE ARE THE CHAMPIONS FINAL LIVE IN JAPAN』(1985年)
小曽根真『クリスタル・ラブ』(1985年)
西城秀樹『’85 HIDEKI SPECIAL IN BUDOHKAN‐For 50 Songs‐』(1985年)
シネマジック『シスターL 菊池えり』(1985年)
シャカタク『イン・コンサート』(1985年)
ティーヴ・マリオット『ライヴ・フロム・ロンドン』(1985年)
竹中直人竹中直人の放送禁止テレビ』(1985年)
チェット・ベイカー『キャンディ 1985年、美しきスウェーデンの記憶』(1985年)
チャック・ベリー&ボ・ディドリー『ロックン・ロール・オールスター・ジャム』(1985年)
ニーナ・シモン『ライヴ・アット・ロニー・スコッツ』(1985年)
松田聖子『SEIKO CALL~松田聖子ライヴ’85~』(1985年)
UFO『ミスディミーナ―・ライヴ1985 アトミック・トミー・M登場!』(1985年)
ウィ・アー・ザ・ワールド』(1985年)
チャイコフスキー交響曲全集BOX』(1985年)
『超暴走軍団 ロードウォリアーズ』(1985年)
『問題盗撮6』(1985年)
ライヴ・エイド』(1985年)
『ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノート』(1985年)
ミッシャ・マイスキーハイドン&シェーマン:チェロ協奏曲集』(1985年、1987年)
アリス・クーパー『ザ・ナイトメア・リターンズ』(1986年)
アルフレッド・ブレンデル『リスト:巡礼の年』(1986年)
YBO2Blackbox in a Whiteroom』(1986年)
ヴァン・ヘイレン『ライヴ・ウィズアウト・ア・ネット』(1986年)
ウィリアム・バロウズ『路上の司祭』(1986年)
宇宙企画『渡瀬ミク トワイライトゲームス2』(1986年)
エリック・クラプトン&フレンズ『ライヴ・アット・モントルー1986』(1986年)
大沢誉志幸『LIFE』(1986年)
岡村孝子Noel』(1986年)
おニャン子クラブおニャン子PANIC 卒業記念コンサート』(1986年)
キース・ジャレット・トリオ『スタンダード?』(1986年)
クイーン『クイーンライブ!! ウェンブリー1986』(1986年)
サラ・ヴォーンサラ・ヴォーンwithハービー・ハンコック&フレンズ』(1986年)
シブがき隊『5TH ANNIVERSARY 読売ランドEAST LIVE!』(1986年)
JAGATARA『み・ん・な』(1986年)
ジャパンホームビデオ『セクシーバイオレンス 竹下ゆかり』(1986年)
ジョージ・ベンソン『ライヴ・アット・モントルー1986』(1986年)
白井貴子&Crazy Boys『NEXT GATE LIVE』(1986年)
スラッシャーマガジン『A BLAST FROM THE PAST』(1986年)
ソニー・ロリンズサキソフォン・コロッサス』(1986年)
チェット・ベイカー『ライヴ・アット・ロニー・スコッツ』(1986年)
チック・コリアチック・コリア・アコースティック・バンド』(1986年)
バービーボーイズBARBEE BOYS IN 武道館 Sexy Beat Magic』(1986年)
フリードリッヒ・グルダモーツァルト ピアノ コンサート』(1986年)
マンハッタン・トランスファー『ヴォーカリーズ・ライヴ』(1986年)
ミッシャ・マイスキーJ.S.バッハ無伴奏チェロ組曲』(1986年)
村西とおる『SMぽいの好き 黒木香』(1986年)
『メトロポリタン・オペラ/ワーグナー:歌劇「ローエングリン」全曲』(1986年)
浅香唯『ONLY YUI』(1987年)
アル・ディ・メオラ『ライヴ・アット・モントルー1987』(1987年)
宇宙企画『ぼくの太陽 かわいさとみ』(1987年)
オスカー・ピーターソンジョー・パスオスカー・ピーターソンwithジョー・パス・ライヴ』(1987年)
カーティス・メイフィールド『ライヴ・アット・モントルー1987』(1987年)
ジェームス・ブラウン『ソウルセッション1987』(1987年)
JAGATARA『例のヤツ』(1987年)
ジョー・コッカー『ライヴ・アット・モントルー1987』(1987年)
スタイル・カウンシルフルハウス・ライブ』(1987年)
スタジオ418『大露出』(1987年)
スタニスラフ・ブーニンスタニスラフ・ブーニン・プレイズ・ショパン&ドビュッシー』(1987年)
タワー・オブ・パワー『ライヴ・アット・アイオワ・ステイト・ユニヴァーシティ1987』(1987年)
チック・コリア・エレクトリック・バンド『ライヴ・アット・アイオワ・ステイト・ユニヴァーシティ1987』(1987年)
TM NETWORK『FANKS CRY‐MAX』(1987年)
パブリック・エナミー『イット・テイクス・ア・ネイション ライブ・イン・ロンドン1987』(1987年)
B.B.キングB.B.キング&フレンズ』(1987年)
プリンス『サイン・オブ・ザ・タイムス』(1987年)
BOØWY『1224』(1987年)
ポール・サイモン『グレイスランド:アフリカン・コンサート』(1987年)
ボーンズ・ブリゲイド『アニマル・チンを探して』(1987年)
マイルス・デイヴィス『マイルス・イン・ミュンヘン 1987』(1987年)
マドンナ『チャオ・イタリア ライブ・フロム・イタリー』(1987年)
Maher Shalal Hash Baz with 篠田昌已『腰くだけの犬』(1987年)
モダン・ジャズ・カルテット『アニバーサリー・コンサート』(1987年)
ローザ・ルクセンブルグ『ラストツアー! 昭和62年8月5日渋谷エッグマン』(1987年)
『ザ・ショックスⅡ 20世紀の憂鬱』(1987年)
『ザ・ショックスⅢ アメリカの憂鬱』(1987年)
『トリビュート・ジョン・コルトレーン』(1987年)
『スーパー・ドラミング』(1987年、1988年)
赤井孝美(監)、岡田斗司夫(企)『ドラゴンクエスト ファンタジア・ビデオ』(1988年)
浅香唯『Candid Girl』(1988年)
アル・ディメオラ『ライブ・アット・モントリオール・ジャズ・フェスティバル'88』(1988年)
アルバート・コリンズ『イン・コンサート』(1988年)
YBO2『Heavymetal Master』(1988年)
エリック・クラプトン『クロスロード・ライヴ1988』(1988年)
尾崎豊『“LIVE CORE” YUTAKA OZAKI IN TOKYO DOME』(1988年)
GASTUNK『GIG DVD 1988』(1988年)
カーティス・メイフィールド『ライヴ・アット・ロニー・スコッツ』(1988年)
クリスティアン・ツァハリアス『モーツァルト:ピアノ四重奏曲第1、2番』(1988年)
シブがき隊『88.11.2 シブがき隊解隊コンサート』(1988年)
JAGATARA『HEY!GOGGLE』(1988年)
杉本彩『MERMAID』(1988年)
ザ・ダムド『ファイナル・ダムネーション』(1988年)
チープ・トリック『ライヴ・イン・オーストラリア』(1988年)
トーキング・ヘッズストーリーテリングジャイアント』(1988年)
BARBEE BOYS『Fake Band』(1988年)
BARBEE BOYS『STARS ON』(1988年)
パール兄弟パール兄弟 AT HOME』(1988年)
ピンク・フロイド『光~PERFECT LIVE!』(1988年)
BOØWY『LAST GIGS』(1988年)
マイケル・ジャクソン『ライヴ・アット・ウェンブリー 7.16.1988』(1988年)
マイルス・デイヴィスミュンヘン・ライヴ1988』(1988年)
代々木忠『いんらんパフォーマンス 色即是空』(1988年)
リリング『モーツァルト:ミサ曲ハ短調K.427(417a)』(1988年)
h.m.p.『処女宮 うぶ毛のヴィーナス 葉山レイコ』(1988年)
『ザ・ショックスⅣ 禁断の最終楽章』(1988年)
『スーパークラッシュ!激突』(1988年)
ハーダー・ゼイ・カム・スーパーセッション』(1988年)
エス『イエス・ミュージックの夜』(1989年)
宜保愛子宜保愛子・霊視の世界』(1989年)
PSY・S[saiz]『LIVE PSY・S Looking For The “ATLAS”Tour’89』(1989年)
ジーザス&メリー・チェイン『VIDEOS 1985‐1989』(1989年)
柴田恭兵kyohei shibata '89 concert AGAIN〜そしてこの夜に〜』(1989年)
JAGATARA『ベイビー!ごきげんにやってるかい』(1989年)
ジュリー・アンドリュース『イン・コンサート』(1989年)
ステファン・グラッぺリ『ライヴ・イン・ニューオーリンズ』(1989年)
バーツラフ・ノイマン&チェコ・フィル『バーツラフ・ノイマン&チェコ・フィルの「第9」』(1989年)
パール兄弟『LIVE-VOX』(1989年)
フィービ・スノウ『イン・コンサート』(1989年)
ブルース・ブラザース・バンド『ライヴ・イン・モントルー』(1989年)
プレヴィン、ベルリン・フィルドヴォルザーク交響曲第8番ト長調作品88』(1989年)
ボリショイ・バレエロミオとジュリエット』(1989年)
ポール・マッカートニー『プット・イット・ゼア』(1989年)
三上ルカ『迷惑陀仏』(1989年)
望月六郎『逆ソープ天国 庄司みゆき』(1989年)
柳ジョージ『GOOD TIMES』(1989年)
ユッスー・ンドゥール『ライヴ・アット・モントルー1989』(1989年)
リー・リトナーリー・リトナー&フレンズ・ライヴ』(1989年)
レベッカ『BLOND SAURUS TOUR’89 in BIG EGG』(1989年)
ザ・ローリング・ストーンズ『スティール・ホイールズ・ライヴ』(1989年)
ウィーン国立歌劇場 R.シュトラウス:歌劇「エレクトラ」全曲』(1989年)
オッフェンバック/喜歌劇「盗賊」全3幕(リヨン歌劇場)』(1989年)
『ザ・ショックス 悪魔の新世紀 PARTⅠ:ザ・スーパークラッシュ』(1989年)
『ザ・ショックス 悪魔の新世紀 PARTⅡ:ザッツ・ハプニング』(1989年)
『ザ・ショックス 悪魔の新世紀 PARTⅢ:ザ・スポーツ・スペクタクル』(1989年)
『ザ・ショックス 悪魔の新世紀 PARTⅣ:ザ・ワイルド・パニック』(1989年)
『THE 大惨劇』(1989年)
『トリビュート・トゥ・チャーリー・パーカー』(1989年)
『バッハ・アラウンド・ザ・ワールド』(1989年)
プロコフィエフ 歌劇「3つのオレンジへの恋」プロローグと4幕(リヨン国立歌劇場)』(1989年)
レナード・バーンスタイン:セレナード』(1989年)
『ロックン・ロール伝説ライヴ』(1989年)
吉本新喜劇ギャグ100連発』(1989年〜1990年)