映画について描いた映画について私が知っている二、三どころではないが全てでもない映画のリスト(1)

 映画についての映画のリスト。
 映画がテーマのものや、劇中で映画に関することが描かれていたりするもの、あるいは主要人物が映画に関連していたりするもの。

(目次)https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131009/1381271421

 ―――――――――――――――――――――――――――――― 

(1)1950年以前



ボリシェヴィキの国におけるウェスト氏の異常な冒険』(1924年/クレショフ集団)
『活動狂』(1928年/斎藤寅次郎
『カメラを持った男』(1929年/ジガ・ヴェルトフ)
チャップリンよなぜ泣くか』(1932年/斉藤寅次郎)
『ダンシング・レディ』(1933年/ロバート・Z・レナード
『特急二十世紀』(1934年/ハワード・ホークス
『ハリウッド・パーティー』(1934年/リチャード・ボレスラウスキー
サボタージュ』(1935年/アルフレッド・ヒッチコック
スタア誕生』(1937年/ウィリアム・A・ウェルマン
『旅路の果て』(1939年/ジュリアン・デュビビエ)
サリヴァンの旅』(1941年/プレストン・スタージェス
『ハリウッド玉手箱』(1944年/デルマー・デイブス)
錨を上げて』(1945年/ジョージ・シドニー
『ポーリンの冒険』(1947年/ジョージ・マーシャル
『沈黙は金』(1947年/ルネ・クレール
『すべての道はローマへ』(1948年/ジャン・ボワイエ)
『火の接吻』(1949年/アンドレ・カイヤット)
『ちょっとフランス風』(1949年/ダグラス・サーク
『孤独な場所で』(1950年/ニコラス・レイ
サンセット大通り』(1950年/ビリー・ワイルダー
『港のマリー』(1950年/マルセル・カルネ