アーティスト映画リスト(3)

 必要があって、実在のアーティストを描いた映画(ドキュメンタリー含む)について調べているので、ブログにリストを載せてみる。
 必見・必読・必聴作品リスト同様、載せ忘れや表記ミス等は随時加筆・修正していきます。

 描かれたアーティストの誕生順。一部、アーティストと呼んでいいのか迷う人物も混じっていますが、そこは私の個人的な判断で加えておきました。


(目次) https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130929/1388903697

 ―――――――――――――――――――――――――――――― 

(3)1900年から1950年までの生まれのアーティスト



アレクサンドル・メドヴェトキン
(Александр Иванович Медведкин/1900年〜1989年)
 『アレクサンドルの墓』(1995年/クリス・マルケル


小林ハル
(こばやし はる/1900年~2005年)
 『瞽女 GOZE』(2020年/瀧澤正治


トマス・ウルフ
(Thomas Clayton Wolfe/1900年〜1938年)
 『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』(2015年/マイケル・グランデージ)


アルベルト・ジャコメッティ
(Alberto Giacometti/1901年〜1966年)
 『ジャコメッティ 最後の肖像』(2017年/スタンリー・トゥッチ


ウォルト・ディズニー
(Walt Disney/1901年〜1966年)
 『ウォルト・ディズニーの約束』(2013年/ジョン・リー・ハンコック


マレーネ・ディートリッヒ
(Marlene Dietrich/1901年〜1992年)
 『マレーネ』(1986年/マクシミリアン・シェル)
 『真実のマレーネ・ディートリッヒ』(2001年/J・デビット・ライバ)


ルイス・カーン
(Louis Isadore Kahn/1901年〜1974年)
 『マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して』(2003年/ナサニエル・カーン)


アントニア・ブリコ
(Antonia Louisa Brico/1902年~1989年)
 『レディ・マエストロ』(2018年/マリア・ペータース)


スキップ・ジェイムス
(Nehemiah Curtis "Skip" James/1902年〜1969年)
 『ソウル・オブ・マン』(2003年/ヴィム・ヴェンダース


ラングストン・ヒューズ
(Langston Hughes/1902年~1967年)
 『ラングストンを探して』(1989年/アイザック・ジュリアン)


レニ・リーフェンシュタール
Leni Riefenstahl/1902年〜2003年)
 『レ二』(1995年/レイ・ミュラー


アナイス・ニン
Anaïs Nin1903年〜1977年)
 『アナイス・ニン、自己を語る』(1974年/ロバート・スナイダー)


アラム・ハチャトゥリアン
(Արամ Խաչատրյան/1903年~1978年)
 『剣の舞 我が心の旋律』(2019年/ユスプ・ラジコフ)


金子文子
(かねこ ふみこ/1903年~1926年)
 『金子文子と朴烈(パクヨル)』(2017年/イ・ジュンイク)


金子みすゞ
(かねこ みすず/1903年〜1930年)
 『みすゞ』(2001年/五十嵐匠)


小林多喜二
(こばやし たきじ/1903年〜1933年)
 『小林多喜二』(1974年/今井正
 『時代を撃て・多喜二』(2005年/池田博穂)


ダイアナ・ヴリーランド
(Diana Vreeland/1903年〜1989年)
 『ダイアナ・ヴリーランドの伝説 伝説のファッショニスタ』(2011年/リサ・インモルディーノ・ヴリーランド


武原はん
(たけはら はん/1903年〜1998年)
 『書かれた顔』(1995年/ダニエル・シュミット


ビックス・バイダーベック
Bix Beiderbecke1903年〜1931年)
 『情熱の狂想曲』(1950年/マイケル・カーティス
 『ジャズ・ミー・ブルース』(1991年/プピ・アバティ)


モード・ルイス
(Maud Lewis/1903年〜1970年)
 『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』(2016年/アシュリング・ウォルシュ


アーシェル・ゴーキー
(Arshile Gorky/1904年~1948年)
 『アララトの聖母』(2002年/アトム・エゴヤン


グレン・ミラー
(Alton Glenn Miller/1904年〜1944年)
 『グレン・ミラー物語』(1954年/アンソニー・マン


サルヴァドール・ダリ
(Salvador Dalí/1904年〜1989年)
 『ダリ 天才日記』(1990年/アントニー・リバス)
 『天才画家ダリ 愛と激情の青春』(2008年/ポール・モリソン)


ジミー・ドーシー(ドーシー兄弟)
(Jimmy Dorsey/1904年〜1957年)
トミー・ドーシー(ドーシー兄弟)
(Tommy Dorsey/1905年〜1956年)
 『ドーシー兄弟物語』(1947年/アルフレッド・グリーン)


ジャン・ヴィゴ
(Jean Vigo/1905年〜1934年)
 『ヴィゴ』(1998年/ジュリアン・テンプル)


ジャン=ポール・サルトル
(Jean-Paul Charles Aymard Sartre/1905年〜1980年)
 『サルトル 自身を語る』(1976年/アレクサンドル・アストリュック、ミシェル・コンタ)
 『サルトルボーヴォワール 哲学と愛』(2006年/イラン・デュラン・コーエン)


ジョーン・クロフォード
(Joan Crawford/1905年〜1977年)
 『愛と憎しみの伝説』(1981年/フランク・ペリー


ダルトン・トランボ
(Dalton Trumbo/1905年〜1976年)
 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(2016年/ジェイ・ローチ)


ハワード・ヒューズ
(Howard Robard Hughes, Jr/1905年〜1976年)
 『アビエイター』(2004年/マーティン・スコセッシ


ピエール・クロソウスキー
(Pierre Klossowski/1905年〜2001年)
 『ピエール・クロソウスキー イマージュの作家』(1996年/アラン・フレッシャー)


レッド・ニコルズ
(Ernest Loring "Red" Nichols/1905年〜1965年)
 『5つの銅貨』(1959年/メルヴィル・シェイブルソン)


大野一雄
(おおの かずお/1906年〜2010年)
 『書かれた顔』(1995年/ダニエル・シュミット
 『大野一雄 ひとりごとのように』(2005年/大津幸四郎


ジョン・ヒューストン
(John Huston/1906年〜1987年)
 『ホワイトハンター・ブラックハート』(1990年/クリント・イーストウッド


杉村春子
(すぎむら はるこ/1906年〜1997年)
 『書かれた顔』(1995年/ダニエル・シュミット


ドミトリー・ショスタコーヴィチ
(Дмитрий Дмитриевич Шостакович/1906年〜1975年)
 『ヴィオラソナタ ドミトリー・ショスタコーヴィチ』(1981年/アレクサンドル・ソク―ロフ)


ハンナ・アーレント
(Hannah Arendt/1906年〜1975年)
 『ハンナ・アーレント』(2012年/マルガレーテ・フォン・トロッタ


ベンジャミン・シーゲル
(Benjamin Siegel/1906年〜1947年)
 『バグジー』(1991年/バリー・レビンソン


アストリッド・リンドグレーン
(Astrid Lindgren/1907年~2002年)
 『リンドグレーン』(2018年/ペアニル・フィシャー・クリステンセン)


ヴィオレット・ルデュック
(Violette Leduc/1907年〜1972年)
 『ヴィオレット ある作家の肖像』(2013年/マルタン・プロヴォ


エルジェ
(Hergé/1907年〜1983年)
 『タンタンと私』(2003年/アンダース・オステルガルド)


ジェーン・フローマン
(Jane Froman/1907年〜1980年)
 『わが心に歌えば』(1952年/ウォルター・ラング


チャールズ・イームズ
(Charles Ormond Eames, Jr/1907年〜1978年)
 『ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ』(2011年/ジェイソン・コーン、ビル・ジャージー


フリーダ・カーロ
(Magdalena Carmen Frida Kahlo y Calderón/1907年〜1954年)
 『フリーダ・カーロ』(1984年/ポール・ルデュク)
 『フリーダ』(2002年/ジュリー・テイモア
 『フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように』(2015年/小谷忠典)
 『アート・オン・スクリーン/フリーダ・カーロに魅せられて』(2019年/アリ・レイ)


アンリ・カルティエ=ブレッソン
(Henri Cartier-Bresson/1908年〜2004年)
 『アンリ・カルティエ=ブレッソン 疑問符』(1994年/サラ・ムーン)
 『アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶』(2003年/ハインツ・バトラー)


エドワード・R・マロー
(Edward Roscoe Murrow/1908年〜1965年)
 『グッドナイト&グッドラック』(2005年/ジョージ・クルーニー


カルトーラ(アンジェノール・ヂ・オリヴェイラ
(Cartola/1908年〜1980年)
 『カルトーラ サンビスタの物語』(2007年/リリオ・フェヘイラ)


シモーヌ・ド・ボーヴォワール
Simone de Beauvoir/1908年〜1986年)
 『サルトルボーヴォワール 哲学と愛』(2006年/イラン・デュラン・コーエン)


田中一村
(たなか いっそん/1908年〜1977年)
 『アダン』(2006年/五十嵐匠)


西岡常一
(にしおか つねかず/1908年〜1995年)
 『鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言』(2011年/山崎佑次)


バルテュス
(Balthus/1908年~2001年)
バルテュス』(1996年/マーク・カイデル)


ブロニスワヴァ・ヴァイ(パプーシャ)
(Bronisława Wajs/1908年〜1987年)
 『パプーシャの黒い瞳』(2013年/ヨアンナ・コス・クラウゼ、クシシュトフ・クラウゼ)


マックス・ビル
(Max Bill/1908年~1994年)
 『マックス・ビル 絶対的な視点』(2008年/エーリヒ・シュミット)


エディ・デューチン
(Eddy Duchin/1909年〜1951年)
 『愛情物語』(1956年/ジョージ・シドニー


ジョセフ・ロージー
(Joseph Losey/1909年〜1984年)
 『ジョセフ・ロージー ハリウッドの灯は遠く』(1996年/中田秀夫
 『ジョセフ・ロージー:四つの名を持つ男』(1998年/中田秀夫


太宰治
(だざい おさむ/1909年〜1948年)
 『ピカレスク 人間失格』(2002年/伊藤秀裕
 『太宰』(2009年/ジル・シオネ、マリー=フランシーヌ・ル・ジャリュ)
 『人間失格 太宰治と3人の女たち』(2019年/蜷川実花


田中絹代
(たなか きぬよ/1909年〜1977年)
 『映画女優』(1987年/市川崑


鶴彬
(つる あきら/1909年〜1938年)
 『鶴彬 こころの軌跡』(2009年/神山征二郎


フランシス・ベーコン
(Francis Bacon/1909年〜1992年)
 『愛の悪魔』(1998年/ジョン・メイブリィ)


ベニー・グッドマン
Benny Goodman/1909年〜1986年)
 『ベニイ・グッドマン物語』(1955年/バレンタイン・デイビス


淀川長治
(よどがわ ながはる/1909年〜1998年)
 『淀川長治物語・神戸篇 サイナラ』(2000年/大林宣彦


ジャック=イヴ・クストー
(Jacques-Yves Cousteau/1910年~1997年)
 『海へのオデッセイ ジャック・クストー物語』(2016年/ジェローム・サル)


ジャンゴ・ラインハルト
Django Reinhardt/1910年〜1953年)
 『永遠のジャンゴ』(2017年/エチエンヌ・コマール


ジュゼップ・バルトリ
(Josep Bartoli/1910年~1995年)
 『ジュゼップ 戦場の画家』(2020年/オーレル)


高橋竹山
(たかはし ちくざん/1910年〜1998年)
 『竹山ひとり旅』(1977年/新藤兼人
 『津軽のカマリ』(2018年/大西功一)


ポール・ボウルズ
(Paul Frederic Bowles/1910年〜1999年)
 『ポール・ボウルズの告白 シェルタリング・スカイを書いた男』(1998年/ジェニファー・ベイチウォル)


リー・ティエンルー
(李天禄/1910年〜1998年)
 『戯夢人生』(1993年/ホウ・シャオシェン


ロアン・リンユィ
(阮玲玉/1910年〜1935年)
 『ロアン・リンユィ阮玲玉』(1991年/スタンリー・クワン


ウワディスワフ・シュピルマン
(Władysław Szpilman/1911年〜2000年)
 『戦場のピアニスト』(2002年/ロマン・ポランスキー


岡本太郎
(おかもと たろう/1911年〜1996年)
 『岡本太郎 マルセル・モースの肖像』(1975年/ジャン・ルーシュ
 『太陽の塔』(2018年/関根光才


崔承喜
(さい しょうき/1911年〜1969年)
 『伝説の舞姫 崔承喜』(2000年/藤原智子


柴田トヨ
(しばた とよ/1911年〜2013年)
 『くじけないで』(2013年/深川栄洋


ニコラス・レイ
(Nicholas Ray/1911年〜1979年)
 『ニックス・ムービー/水上の稲妻』(1979年/ヴィム・ヴェンダースニコラス・レイ
 『あまり期待するな』(2011年/スーザン・レイ)


アルミ・ラティア
(Armi Ratia/1912年〜1979年)
 『ファブリックの女王』(2015年/ヨールン・ドンネル)


ウディ・ガスリー
(Woodrow Wilson "Woody" Guthrie/1912年〜1967年)
 『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』(1976年/ハル・アシュビー


マックス・エプステイン(エプステイン兄弟)
(Max Epstein/1912年〜)
 『キングス・オブ・クレズマー』(1996年/シュテファン・シュヴィーテルト)


木下恵介
(きのした けいすけ/1912年〜1998年)
 『はじまりのみち』(2013年/原恵一


ジャクソン・ポロック
(Jackson Pollock/1912年〜1956年)
 『ポロック 2人だけのアトリエ』(2000年/エド・ハリス


新藤兼人
(しんどう かねと/1912年〜2012年)
 『陸(おか)に上がった軍艦』(2007年/山本保博)


セルジュ・チェリビダッケ
(Sergiu Celibidache/1912年〜1996年)
 『チェリビダッケの庭』(1996年/セルジュ・チェリビダッケ


ロベール・ドアノー
Robert Doisneau/1912年〜1994年)
 『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー〈永遠の3秒〉』(2016年/クレモンティーヌ・ドルディル)


ヴィニシウス・ヂ・モライス
(Marcus Vinícius da Cruz e Mello Moraes/1913年〜1980年)
 『ヴィニシウス 愛とボサノヴァの日々』(2005年/ミゲル・ファリアJr.)


カルメン・アマジャ
(Carmen Amaya/1913年〜1963年)
 『ジプシー・フラメンコ』(2013年/エビ・バラ)


ソニア・ヴィーゲット
(Sonja Wigert/1913年~1980年)
 『ソニア ナチスの女スパイ』(2019年/イェンス・ヨンソン)


パイントップ・パーキンス
(Joe Willie "Pinetop" Perkins/1913年~2011年)
 『サイドマン:スターを輝かせた男たち』(2016年/スコット・ローゼンバウム)


フランシス・ファーマー
(Frances Elena Farmer/1913年〜1970年)
 『女優フランシス』(1982年/グレーム・クリフォード


ロバート・キャパ
Robert Capa/1913年〜1954年)
 『CAPA in Love&War』(2003年/アン・メーク・ピース)
 『メキシカン・スーツケース〈ロバート・キャパ〉とスペイン内戦の真実』(2011年/トリーシャ・ジフ)


ウィリアム・バロウズ
(William Seward Burroughs II/1914年〜1997年)
 『バロウズ』(1984年)
 『ビートニク』(1999年/チャック・ワークマン)
 『バロウズの妻』(2000年/ゲイリー・ウォルコウ)


笹本恒子
(ささもと つねこ/1914年〜)
 『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』(2016年/河邑厚徳


ジョージ・リーブス
(George Reeves/1914年〜1959年)
 『ハリウッドランド』(2006年/アレン・コールター


トーベ・ヤンソン
(Tove Jansson/1914年~2001年)
 『TOVE/トーベ』(2020年/ザイダ・バリルート)


マルグリッド・デュラス
(Marguerite Duras/1914年〜1996年)
 『デュラス 愛の最終章』(2001年/ジョゼ・ダヤン)


ロマン・ガリ
(Romain Gary/1914年~1980年)
 『母との約束、250通の手紙』(2017年/エリック・バルビエ)


市川崑
(いちかわ こん/1915年〜2008年)
 『市川崑物語』(2006年/岩井俊二


イングリッド・バーグマン
(Ingrid Bergman/1915年〜1982年)
 『イングリッド・バーグマン〜愛に生きた女優〜』(2015年/スティーグ・ビョークマン)


ウォルター・キーン
(Walter Stanley Keane/1915年〜2000年)
 『ビッグ・アイズ』(2014年/ティム・バートン


エディット・ピアフ
(Édith Piaf/1915年〜1963年)
 『愛の讃歌 エディット・ピアフの生涯』(1974年/ギイ・カザリル)
 『エディット・ピアフ〜愛の賛歌〜』(2007年/オリヴィエ・ダアン


オーソン・ウェルズ
Orson Welles/1915年〜1985年)
 『ザ・ディレクター [市民ケーン]の真実』(1999年/ベンジャミン・ロス)
 『オーソン・ウェルズが遺したもの』(2018年/モーガン・ネヴィル)


ターシャ・テューダー
Tasha Tudor/1915年〜2008年)
 『ターシャ・テューダー 静かな水の物語』(2017年/松谷光絵)


タデウシュ・カントル
(Tadeusz Kantor/1915年~1990年)
 『タデウシュ・カントルの劇「死の教室」の劇』(1976年/アンジェイ・ワイダ


殿山泰司
(とのやま たいじ/1915年〜1989年)
 『三文役者』(2000年/新藤兼人


ビリー・ホリデイ
Billie Holiday/1915年〜1959年)
 『ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実』(1972年/シドニー・J・フューリー


フランク・シナトラ
(Francis Albert "Frank" Sinatra/1915年〜1998年)
 『フランク・シナトラ ザ・グレイテスト・ストーリー』(1992年/ジェイムズ・スティーヴン・サドウイズ


むのたけじ
むのたけじ/1915年〜)
 『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』(2016年/河邑厚徳


レス・ポール
(Les Paul/1915年〜2009年)
 『レス・ポールの伝説』(2007年/ジョン・ポールソン)


ジェイン・ジェイコブズ
(Jane Butzner Jacobs/1916年〜2006年)
 『ジェイン・ジェイコブズ:ニューヨーク都市計画革命』(2016年/マット・ターナウアー)


ムーンドッグ
(Moondog/1916年〜1999年)
 『The Viking of 6th Avenue』


セロニアス・モンク
(Thelonious Sphere Monk/1917年〜1982年)
 『セロニアス・モンク/ストレート・ノー・チェイサー』(1988年/シャーロット・ズウェリン)


マヤ・デレン
(Maya Deren/1917年〜1961年)
 『鏡の中のマヤ・デレン』(2001年/マルティナ・クドゥラーチェク)


宮崎康平
(みやざき こうへい/1917年〜1980年)
 『まぼろしの邪馬台国』(2008年/堤幸彦


ユン・ドンジュ
尹東柱/1917年〜1945年)
 『空と風と星の詩人〜尹東柱ユン・ドンジュ)の生涯〜』(2016年/イ・ジュニク)


イングマル・ベルイマン
(Ernst Ingmar Bergman/1918年〜2007年)
 『リヴ&イングマール ある愛の風景』(2012年/ディーラージ・アコルカール)


ヘンリ・ミトワ
(Henry Mittwer/1918年〜2012年)
 『禅と骨』(2016年/中村高寛


ユージン・スミス
(Eugene Smith/1918年~1978年)
 『ジャズ・ロフト』(2015年/サラ・フィシュコ)
 『MINAMATA‐ミナマタ‐』(2020年/アンドリュー・レヴィタス)


アイリス・マードッグ
(Jean Iris Murdoch/1919年〜1999年)
 『アイリス』(2001年/リチャード・エアー)


ウィリー・エプステイン(エプステイン兄弟)
(William Epstein/1919年〜)
 『キングス・オブ・クレズマー』(1996年/シュテファン・シュヴィーテルト)


加藤周一
(かとう しゅういち/1919年〜2008年)
 『しかし それだけではない。加藤周一 幽霊と語る』(2009年/鎌倉英也)


J・D・サリンジャー
(Jerome David Salinger/1919年~2010年)
 『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』(2017年/ダニー・ストロング)


島尾ミホ
(しまお みほ1919年〜2007年)
 『ドルチェ 優しく』(1999年/アレクサンドル・ソクーロフ


田端義夫
(たばた よしお/1919年〜2013年)
 『オース!バタヤン』(2013年/田村孟太雲)


プリーモ・レーヴィ
(Primo Michele Levi/1919年〜1987年)
 『遥かなる帰郷』(1996年/フランチェスコ・ロージ


リベラーチェ
(Liberace/1919年〜1987年)
 『恋するリベラーチェ』(2013年/スティーヴン・ソダーバーグ


アリシアアロンソ
Alicia Alonso/1920年〜2019年)
 『ホライズン』(2015年/アイリーン・ホーファー)


嘉手苅林昌
(かでかる りんしょう/1920年〜1999年)
 『嘉手苅林昌「唄と語り」』(1994年/高嶺剛


ジミー・ミリキタニ
(Jimmy Tsutomu Mirikitani/1920年〜2012年)
 『ミリキタニの猫』(2006年/リンダ・ハッテンドーフ)


チャーリー・パーカー
Charlie Parker Jr./1920年〜1955年)
 『バード』(1988年/クリント・イーストウッド


チャールズ・ブコウスキー
(Henry Charles Bukowski/1920年〜1994年)
 『ブコウスキー:オールドパンク』(2002年/ジョン・ダラガン)
 『酔いどれ詩人になるまえに』(2005年/ベント・ハーメル


ティモシー・リアリー
(Timothy Francis Leary/1920年〜1996年)
 『ティモシー・リアリー』(1996年/ポール・デイビズ)


トム・オブ・フィンランド(トウコ・ラークソネン)
(Tom of Finland/1920年~1991年)
 『トム・オブ・フィンランド』(2017年/ドメ・カルコスキ)


ハロルド・マイケルソン
(Harold Michelson/1920年〜2007年)
 『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』(2015年/ダニエル・レイム)


フェデリコ・フェリーニ
(Federico Fellini/1920年〜1993年)
 『フェリーニ 大いなる嘘つき』(2002年/ダミアン・ペティグリュー)
 『フェデリコという不思議な存在』(2013年/エットレ・スコーラ


ヘルムート・ニュートン
(Helmut Newton/1920年~2004年)
 『ヘルムート・ニュートンと12人の女たち』(2020年/ゲロ・フォン・ベーム


レイ・ハリーハウゼン
(Ray Harryhausen/1920年〜2013年)
 『レイ・ハリーハウゼン 特殊効果の巨人』(2011年/)


アイリス・アプフェル
(Iris Apfel/1921年〜)
 『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』(2015年/アルバート・メイズルス)


アストル・ピアソラ
(Astor Piazzolla/1921年~1992年)
 『ピアソラ 永遠のリベルタンゴ』(2017年/ダニエル・ローゼンフェルド)


新城浪
(あらしろ なみ/1921年〜2017年)
 『ナミイと唄えば』(2006年/本橋成一


キャンディド
(Cándido de Guerra Camero/1921年~)
 『キャンディド 炎のパーカッション』(2005年/イバン・アコスタ)


サム・ワグスタッフ
(Sam Wagstaff/1921年~1987年)
 『メイプルソープとコレクター』(2007年/ジェームズ・クランプ)


福島菊次郎
(ふくしま きくじろう/1921年〜2015年)
 『ニッポンの嘘〜報道写真家 福島菊次郎90歳〜』(2012年/長谷川三郎)


ヨーゼフ・ボイス
(Joseph Beuys/1921年~1986年)
 『ヨーゼフ・ボイスは挑発する』(2017年/アンドレス・ファイエル)


池田早梅
(いけだ はやめ/1922年〜)
 『は・や・め』(2012年/塩屋俊)


イリノイ・ジャケー
Illinois Jacquet/1922年〜2004年)
 『テキサステナー:イリノイ・ジャケー・ストーリー』(1992年/アーサー・エルゴート)


ジャック・ケルアック
(Jack Kerouac/1922年〜1969年)
 『ジャック・ケルアック キング・オブ・ザ・ビート』(1985年/ジョン・アントネッリ)
 『ビートニク』(1999年/チャック・ワークマン)


ジュディ・ガーランド
(Judy Garland/1922年~1969年)
 『ジュディ 虹の彼方に』(2019年/ルパート・グールド)


ドロシー・ダンドリッジ
(Dorothy Dandridge/1922年〜1965年)
 『アカデミー 栄光と悲劇』(1999年/マーサ・クーリッジ


ハーバート・ヴォーゲル
(Herbert Vogel/1922年〜2012年)
 『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』(2008年/佐々木芽生
 『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』(2013年/佐々木芽生


ピエール・カルダン
(Pierre Cardin/1922年~2020年)
 『ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン』(2019年/P・デヴィッド・エバソール、トッド・ヒューズ)


ピエル・パオロ・パゾリーニ
(Pier Paolo Pasolini/1922年〜1975年)
 『パゾリーニ・スキャンダル』(1996年/アウレリオ・グリマルディ)


水木しげる
(みずき しげる/1922年〜2015年)
 『ゲゲゲの女房』(2010年/鈴木卓爾


山下清
(やました きよし/1922年〜1971年)
 『裸の大将』(1958年/堀川弘通
 『裸の大将放浪記』(1981年/山田典吾)


ラス・メイヤー
(Russ Meyer/1922年〜2004年)
 『パンドラ・ピークス』(2001年/ラス・メイヤー


レイ・イームズ
(Ray-Bernice Alexandra Kaiser Eames/1922年〜1988年)
 『ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ』(2011年/ジェイソン・コーン、ビル・ジャージー


グロリア・グレアム
(Gloria Grahame/1923年~1981年)
 『リヴァプール、最後の恋』(2017年/ポール・マクギガン)


スヴェトラーナ・ガイヤー
(Svetlana Geier/1923年〜2010年)
 『ドストエフスキーと愛に生きる』(2009年/ヴァディム・イェンドレイコ)


ソール・ライター
(Saul Leiter/1923年〜2013年)
 『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』(2014年/トーマス・リーチ)


ダイアン・アーバス
(Diane Arbus/1923年〜1971年)
 『毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』(2006年/スティーブン・シャインバーグ)


ハンク・ウィリアムズ
(Hank Williams/1923年〜1953年)
 『アイ・ソー・ザ・ライト』(2014年/マーク・エイブラハム)


ベティ・ペイジ
(Bettie Mae Page/1923年〜2008年)
 『ベティ・ペイジ』(2005年/メアリー・ハロン


マリア・カラス
Maria Callas/1923年〜1977年)
 『永遠のマリア・カラス』(2002年/フランコ・ゼフィレッリ
 『マリア・カラス 最後の恋』(2005年/ジョルジョ・カピターニ)
 『マリア・カラスの真実』(2007年/フィリップ・コーリー)
 『私は、マリア・カラス』(2017年/トム・ヴォルフ)


マルセル・マルソー
(Marcel Marceau/1923年~2007年)
 『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』(2020年/ジョナタン・ヤクボウィッツ)


リチャード・アヴェドン
(Richard Avedon/1923年〜2004年)
 『リチャード・アヴェドン:闇と光』(1996年/ヘレン・ホイットニー)


荒木栄
(あらき さかえ/1924年〜1962年)
 『荒木栄の歌が聞こえる』(2009年/港健二郎)


石井輝男
(いしい てるお/1924年〜2005年)
 『石井輝男FAN CLUB』(2006年/矢口将樹)
 『石井輝男映画魂』(2010年/ダーティ工藤


エドワード・D・ウッドJr.
(Ed Wood、Edward Davis Wood, Junior/1924年〜1978年)
 『エド・ウッド』(1994年/ティム・バートン


大中恩
(おおなか めぐみ/1924年〜2018年)
 『サッちゃん 作曲家・大中恩の世界』(2006年/渋谷昶子)


金井紀年
(かない のりとし/1924年〜2017年)
 『和食ドリーム』(2014年/すずきじゅんいち)


辰巳芳子
(たつみ よしこ/1924年〜)
 『天のしずく 辰巳芳子 “いのちのスープ”』(2012年/河邑厚徳


トルーマン・カポーティ
(Truman Garcia Capote/1924年1984年)
 『カポーティ』(2005年/ベネット・ミラー
 『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』(2019年/イーブス・バーノー)


フレディ・ビュアシュ
(Freddy Buache/1924年〜2019年)
 『フレディ・ビュアシュへの手紙』(1981年/ジャン=リュック・ゴダール


マルチェロ・マストロヤンニ
(Marcello Vincenzo Domenico Mastroianni/1924年〜1996年)
 『マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶』(2006年/マリオ・カナーレ、アンナローザ・モッリ)


マーロン・ブランド
(Marlon Brando/1924年〜2004年)
 『マーロン・ブランドの肉声』(2015年/スティーヴン・ライリー)


ロバート・フランク
(Robert Frank/1924年〜2019年)
 『Don't Blink ロバート・フランクの写した時代』(2015年/ローラ・イスラエル


小野二郎
(おの じろう/1925年〜)
 『二郎は鮨の夢を見る』(2011年/デビッド・ゲルブ)


カルロ・ディ・パルマ
(Carlo Di Palma/1925年~2004年)
 『水と砂糖のように』(2016年/ファリボルツ・カムカリ)


サム・ペキンパー
(Sam Peckinpah/1925年〜1984年)
 『サム・ペキンパー 情熱と美学』(2005年/マイク・シーゲル)


ジョン・デロリアン
(John Zachary DeLorean/1925年~2005年)
 『ジョン・デロリアン』(2018年/ニック・ハム)


トム・ダヴド
(Tom Dowd/1925年〜2002年)
 『トム・ダヴド いとしのレイラをミックスした男』(2003年/マイク・モーマン)


針生一郎
(はりう いちろう/1925年~2010年)
 『日本心中 針生一郎・日本を丸ごと抱え込んでしまった男。』(2001年/大浦信行)
 『9.11‐8.15 日本心中』(2005年/大浦信行)


ピーター・セラーズ
(Peter Sellers/1925年〜1980年)
 『ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方』(2004年/スティーヴン・ホプキンス)


ピーター・ブルック
(Peter Stephen Paul Brook/1925年〜)
 『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』(2012年/サイモン・ブルック)


ポール・レイモンド
(Paul Raymond/1925年〜2008年)
 『ミスター・スキャンダル』(2013年/マイケル・ウィンターボトム


三島由紀夫
(みしま ゆきお/1925年〜1970年
 『Mishima』(1985年/ポール・シュレーダー
 『みやび 三島由紀夫』(2005年/田中千世子)
 『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(2012年/若松孝二
 『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』(/豊島圭介


レニー・ブルース
(Lenny Bruce/1925年〜1966年)
 『レニー・ブルース』(1970年/ボブ・フォッシー


ロバート・アルトマン
(Robert Altman/1925年〜2006年)
 『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』(2014年/ロン・マン)


ロバート・シャーマン
(Robert Bernard Sherman/1925年〜2012年)
 『ディズニー映画の名曲を作った兄弟:シャーマン・ブラザーズ』(2009年/ジェフリー・C・シャーマン、グレゴリー・V・シャーマン)


アレン・ギンズバーグ
(Irwin Allen Ginsberg/1926年〜1997年)
 『ビートニク』(1999年/チャック・ワークマン)


井上光晴
(いのうえ みつはる/1926年〜1992年)
 『全身小説家』(1994年/原一男


井山計一
(いやま けいいち/1926年~)
 『YUKIGUNI』(2018年/渡辺智史)


ヴィヴィアン・マイヤー
(Vivian Dorothy Maier/1926年〜2009年)
 『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』(2013年/ジョン・マルーフ、チャーリー・シスケル)


クラウス・キンスキー
(Klaus Kinski/1926年〜1991年)
 『キンスキー 我が最愛の敵』(1999年/ヴェルナー・ヘルツォーク


ケネス・ハリウェル
(Kenneth Halliwell/1926年~1967年)
 『プリック・アップ』(1987年/スティーヴン・フリアーズ


ジュリー・エプステイン(エプステイン兄弟)
(Julius Epstein/1926年〜)
 『キングス・オブ・クレズマー』(1996年/シュテファン・シュヴィーテルト)


ジョージ・マーティン
(George Henry Martin/1926年〜2016年)
 『プロデューサー ジョージ・マーティン ビートルズを完成させた男』(2011年/フランシス・ハンリー)


チャック・ベリー
Chuck Berry/1926年〜2017年)
 『チャック・ベリー へイル・へイル・ロックンロール』(1987年/テイラー・ハックフォード


ニール・キャサディ
(Neal Cassady/1926年〜1968年)
 『死にたいほどの夜』(1997年/スティーブン・ケイ)


ハスケル・ウェクスラー
Haskell Wexler/1926年〜2015年)
 『マイ・シネマトグラファー』(2004年/マーク・S・ウェクスラー)


マイルス・デイヴィス
(Miles Dewey Davis III/1926年〜1991年)
 『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』(2015年/ドン・チードル
 『マイルス・デイヴィス クールの誕生』(2019年/スタンリー・ネルソン)


マリリン・モンロー
(Marilyn Monroe/1926年〜1962年)
 『マリリン・モンロー:ライフ・アフター・デス』(1994年/ゴードン・フリーマン)
 『ノーマ・ジーンとマリリン』(1996年/ティム・フェイウェル)
 『MARILYN'S MAN マリリン・モンローの真実』(2004年/スキャニ―・クラッグ)
 『マリリン 7日間の恋』(2011年/サイモン・カーティス
 『マリリン・モンロー 瞳の中の秘密』(2013年/リズ・ガルバス)


ロジャー・コーマン
(Roger Corman/1926年〜)
 『コーマン帝国』(2011年/アレックス・ステイプルトン)


アントニオ・カルロス・ジョビン
(Antônio Carlos Brasileiro de Almeida Jobim/1927年〜1994年)
 『アントニオ・カルロス・ジョビン 素晴らしきボサノヴァの世界』(2012年/ネルソン・ペレイラ・ドス・サントス


ウィリアム・クラクストン
(William Claxton/1927年〜2008年)
 『Jazz Seen/カメラが聴いたジャズ』(2001年/ジュリアン・ベネディクト)


シーモアバーンスタイン
(Seymour Bernstein/1927年〜)
 『シーモアさんと、大人のための人生入門』(2014年/イーサン・ホーク


ジャック・マイヨール
(Jacques Mayol/1927年〜2001年)
 『グラン・ブルー』(1988年/リュック・ベッソン
 『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』(2017年/レフトリス・ハリートス)


ボブ・フォッシー
(Bob Fosse/1927年〜1987年)
 『オール・ザット・ジャズ』(1979年/ボブ・フォッシー


マーガレット・キーン
(Margaret D. H. Keane/1927年〜)
 『ビッグ・アイズ』(2014年/ティム・バートン


ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ
(Мстислав Леопольдович Ростропович/1927年〜2007年)
 『ロストロポーヴィチ 人生の祭典』(2006年/アレクサンドル・ソクーロフ


モーリス・ベジャール
(Maurice Béjart/1927年〜2007年)
 『ベジャール、バレエ、リュミエール』(2002年/マルセル・シューバッハ)
 『ベジャール、そしてバレエはつづく』(2009年/アランチャ・アギーレ


ルディ・レイ・ムーア
(Rudy Ray Moore/1927年~2008年)
 『ルディ・レイ・ムーア』(2019年/クレイグ・ブリュワー


アニエス・ヴァルダ
(Agnès Varda/1928年〜2019年)
 『アニエスの浜辺』(2008年/アニエス・ヴァルダ
 『アニエスによるヴァルダ』(2019年/アニエス・ヴァルダ


アンディ・ウォーホル
Andy Warhol/1928年〜1987年)
 『ライフ・オブ・ウォーホル』(1990年/ジョナス・メカス
 『アンディ・ウォーホル/スーパースター』(1990年/チャック・ワーマン)
 『ザ・コンプリート・ピクチャー』(2000年/クリス・ロドニー)
 『アンディ・ウォーホル 生と死』(2005年/ジャン=ミシェル・ヴェチエ)


ヴィダル・サスーン
(Vidal Sassoon/1928年〜2012年)
 『ヴィダル・サスーン』(2010年/クレイグ・ティパー)


ウィリアム・クライン
(William Klein/1928年〜)
 『イン&アウト・オブ・ファッション』(1993年/ウィリアム・クライン


エンニオ・モリコーネ
(Ennio Morricone/1928年~2020年)
 『エンニオ・モリコーネを称えて:その才能の裏に隠された秘密』(2020年)


熊谷秀夫
(くまがい ひでお/1928年〜2013年)
 『照明熊谷学校』(2004年/和田誠


ジョン・ナッシュ
(John Forbes Nash, Jr./1928年〜2015年)
 『ビューティフル・マインド』(2001年/ロン・ハワード


スタンリー・キューブリック
(Stanley Kubrick/1928年~1999年)
 『キューブリックに愛された男』(2016年/アレックス・インファセリ)


セルジュ・ゲンスブール
Serge Gainsbourg/1928年〜1991年)
 『ゲンスブールと女たち』(2010年/ジョアン・スファール)
 『ノーコメント by ゲンスブール』(2011年/ピエール=アンリ・サルファティ)


土本典昭
(つちもと のりあき/1928年〜2008年)
 『映画は生きものの記録である 土本典昭の仕事』(2006年/藤原敏史
 『インタビュー 1996年7月14日記録映画作家土本典昭』(2011年/山上徹二郎


ノーム・チョムスキー
(Avram Noam Chomsky/1928年〜)
 『チョムスキーとメディア マニュファクチャリング・コンセント』(1992年/マーク・アクバー、ピーター・ウィントニック)


土方巽
(ひじかた たつみ/1928年〜1986年)
 『土方巽 夏の嵐2003〜1973 燔犠大踏鑑』(2003年/荒井美三雄)


フレッド・ロジャース
(Fred Rogers/1928年~2003年)
 『ミスター・ロジャースのご近所さんになろう』(2018年/モーガン・ネヴィル)
 『幸せへのまわり道』(2019年/マリエル・ヘラー)


ボブ・クレイン
(Bob Crane/1928年〜1978年)
 『ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター』(2002年/ポール・シュレーダー


モーリス・センダック
(Maurice Sendak/1928年〜2012年)
 『みんなのしらないセンダック』(2009年/スパイク・ジョーンズ


リチャード・シャーマン
(Richard M. Sherman/1928年〜)
 『ディズニー映画の名曲を作った兄弟:シャーマン・ブラザーズ』(2009年/ジェフリー・C・シャーマン、グレゴリー・V・シャーマン)


リリアン・マイケルソン
(Lillian Michelson/1928年〜)
 『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』(2015年/ダニエル・レイム)


ルース・K・ウエストハイマー
(Karola Ruth Westheimer/1928年~)
 『おしえて!ドクター・ルース』(2019年/ライアン・ホワイト)


アレハンドロ・ホドロフスキー
(Alexandro Jodorowsky Prullansky/1929年〜)
 『ホドロフスキーの惑星』(1994年/ルイ・ムーシェ)
 『ホドロフスキーのDUNE』(2013年/フランク・パビッチ)


草間彌生
(くさま やよい/1929年〜)
 『≒(ニアイコール)草間彌生 わたし大好き』(2008年/松本貴子)
 『草間彌生∞INFINITY』(2018年/ヘザー・レンツ)


グレース・ケリー
(Grace Patricia Kelly/1929年〜1982年)
 『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』(2013年/オリビエ・ダアン)


J.B.ルノアー
(J. B. Lenoir/1929年〜1967年)
 『ソウル・オブ・マン』(2003年/ヴィム・ヴェンダース


ジョー・ミーク
(Joe Meek/1929年〜1967年)
 『Telstar:The Joe Meek Story』(2008年/ニック・モラン)


スクリーミン・ジェイ・ホーキンス
(Screamin' Jay Hawkins/1929年〜2000年)
 『スクリーミン・ジェイ・ホーキンス伝説 I Put a Spell On Me』(2001年/ニコラス・トライアンダフィリティー


チェット・ベイカー
Chet Baker/1929年〜1988年)
 『レッツ・ゲット・ロスト』(1988年/ブルース・ウェーバー
 『ブルーに生まれついて』(2015年/ロバート・バドロー)
 『マイ・フーリッシュ・ハート』(2018年/ロルフ・ヴァン・アイク)


チャック・バリス
(Chuck Barris/1929年〜2017年)
 『コンフェッション』(2002年/ジョージ・クルーニー


ハーシェル・ゴードン・ルイス
(Herschell Gordon Lewis/1929年〜2016年)
 『ゴッドファーザー・オブ・ゴア』(2010年/フランク・ヘネンロッター)


バニー・イーガー
(Bunny Yeager/1929年〜2014年)
 『ヌード・カメラ』(1964年/バリー・メイホン)
 『ヌード・ラスベガス』(1964年/バリー・メイホン)


ビル・エヴァンス
Bill Evans/1929年~1980年)
 『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』(2015年/ブルース・スピーゲル)


ビル・カニンガム
(Bill Cunningham/1929年〜2016年)
 『ビル・カニンガム&ニューヨーク』(2010年/リチャード・プレス)


フランク・ゲーリー
(Frank Owen Gehry/1929年〜)
 『スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー』(2005年/シドニー・ポラック


メナヘム・ゴーラン
(Menahem Golan/1929年〜2014年)
 『キャノンフィルムズ爆走風雲録』(2014年/ヒラ・メダリア)


山岸達児
(やまぎし たつじ/1929年〜2009年)
 『半身反義』(2007年/竹藤佳世)


大野松雄
(おおの まつお/1930年〜)
 『アトムの足音が聞こえる』(2011年/冨永昌敬


クリフォード・アーヴィング
(Clifford Michael Irving/1930年〜2017年)
 『ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男』(2006年/ラッセ・ハルストレム


黒木和雄
(くろき かずお/1930年〜2006年)
 『映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い』(2016年/後藤幸一)


ジャン=リュック・ゴダール
Jean-Luc Godard/1930年〜)
 『JLG/自画像』(1995年/ジャン=リュック・ゴダール
 『ふたりのヌーヴェルバーグ ゴダールトリュフォー』(2010年/エマニュエル・ローラン)
 『グッバイ・ゴダール!』(2017年/ミシェル・アザナヴィシウス


スティーヴ・マックィーン
(Terence Steven "Steve" McQueen/1930年〜1980年)
 『スティーヴ・マックィーン その男とル・マン』(2015年/ジョン・マッケンナ)


関根祥六
(せきね しょうろく/1930年〜2017年)
 『能楽師』(2002年/田中千世子)
 『能楽師 伝承』(2010年/田中千世子)


ニキ・ド・サンファル
(Niki de Saint Phalle/1930年〜2002年)
 『ニキ・ド・サンファル 美しい獣』(1995年/ペーター・シャモーニ)


ニール・アームストロング
(Neil Alden Armstrong/1930年~2012年)
 『ファースト・マン』(2018年/デイミアン・チャゼル


バルバラ
(Barbara/1930年~1997年)
 『バルバラ、~セーヌの黒いバラ~』(2017年/マチュー・アマルリック


レイ・チャールズ
Ray Charles Robinson/1930年〜2004年)
 『Ray/レイ』(2004年/テイラー・ハックフォード


ロバート・エヴァンズ
(Robert Evans/1930年〜2019年)
 『くたばれ!ハリウッド』(2002年/ブレット・モーゲン、ナネット・バースタイン)


ジェームズ・ディーン
(James Byron Dean/1931年〜1955年)
 『ジェームズ・ディーン物語/コケインの魂』(1957年/ロバート・アルトマン、ジョージ・W・ジョージ)
 『ジェームズ・ディーンのすべて 青春よ永遠に』(1975年/レイ・コノリー)
 『傷心 ジェイムズ・ディーン 愛の伝説』(1997年/マルディ・ラスタム)
 『DEAN/ディーン』(2001年/マーク・ライデル)
 『ディーン、君がいた瞬間』(2015年/アントン・コービン


ジョアン・ジルベルト
(João Gilberto Prado Pereira de Oliveira/1931年~2019年)
 『ジョアン・ジルベルトを探して』(2018年/ジョルジュ・ガショ)
 『ジョアン・ジルベルト ライブ・イン・トーキョー』(2019年/三室雄太郎)


高倉健
(たかくら けん/1931年〜2014年)
 『健さん』(2016年/日比遊一


高林陽一
(たかばやし よういち/1931年〜2012年)
 『T氏の午後』(1962年/大林宣彦


谷川俊太郎
(たにかわ しゅんたろう/1931年〜)
 『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』(2014年/杉本信昭)


チェン・シーホァン
(陳錫煌/1931年~)
 『台湾、街かどの人形劇』(2018年/ヤン・リージョウ)


ヒューバート・サムリン
(Hubert Sumlin/1931年~2011年)
 『サイドマン:スターを輝かせた男たち』(2016年/スコット・ローゼンバウム)


フアン・カルロス・コペス
(Juan Carlos Copes/1931年〜)
 『ラスト・タンゴ』(2015年/ヘルマン・クラル)


ブルース・ハーク
(Bruce Clinton Haack/1931年〜1988年)
 『ブルース・ハーク ザ・キング・オブ・テクノ』(2004年/フィリップ・アナグノス)


渡辺護
(わたなべ まもる/1931年〜2013年)
 『渡辺護自伝的ドキュメンタリー第1部 糸の切れた凧 渡辺護が語る渡辺護』(2012年/井川耕一郎)
 『渡辺護自伝的ドキュメンタリー第2部 つわものどもが遊びのあと 渡辺護が語るピンク映画史』(2012年/井川耕一郎)


アンドレイ・タルコフスキー
(Андрей Арсеньевич Тарковский/1932年〜1986年)
 『鏡』(1975年/アンドレイ・タルコフスキー


エド・ロス
(Ed "Big Daddy" Roth/1932年〜2001年)
 『ラット・フィンク ボクのビッグ・ダディ』(2006年/ロン・マン)


遠藤実
(えんどう みのる/1932年〜2008年)
 『太陽に突っ走れ』(1966年/鷹森立一)


大島渚
(おおしま なぎさ/1932年〜2013年)
 『KYOTO,MY MOTHER'S PLACE』(1991年/大島渚


カルロス・サウラ
(Carlos Saura/1932年~)
 『サウラ家の人々』(2017年/フェリックス・ビスカレット)


クリスティ・ブラウン
(Christy Brown/1932年〜1981年)
 『マイ・レフトフット』(1989年/ジム・シェリダン


グレン・グールド
(Glenn Herbert Gould/1932年〜1982年)
 『グレン・グールド 27歳の記憶』(1959年/ロマン・クロイター)
 『グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独』(2009年/ミシェル・オゼ、ピーター・レイモント)


ゲルハルト・リヒター
(Gerhard Richter/1932年~)
 『ゲルハルト・リヒター・ペインティング』(2011年/コリーナ・ベルツ)
 『ある画家の数奇な運命』(2018年/フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク


篠原有司男
(しのはら うしお/1932年〜)
 『キューティー&ボクサー』(2013年/ザッカリー・ハインザーリング)


ジョニー・キャッシュ
(John R. "Johnny" Cash/1932年〜2003年)
 『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(2005年/ジェームズ・マンゴールド


シルヴィア・プラス
(Sylvia Plath/1932年〜1963年)
 『シルヴィア』(2003年/クリスティン・ジェフズ)


ドナルド・クローハースト
(Donald Charles Alfred Crowhurst/1932年~1969年7月1日頃)
 『喜望峰の風に乗せて』(2018年/ジェームズ・マーシュ


仲代達矢
(なかだい たつや/1932年〜)
 『仲代達矢「役者」を生きる』(2015年/稲塚秀孝)


フジコ・ヘミング
(ふじこ へみんぐ/1932年〜)
 『フジコ・ヘミングの時間』(2018年/小松莊一良


フランソワ・トリュフォー
(François Roland Truffaut/1932年〜1984年)
 『ふたりのヌーヴェルバーグ ゴダールトリュフォー』(2010年/エマニュエル・ローラン)


ピエール・ラコット
(Pierre Lacotte/1932年〜)
 『バレエに生きる パリ・オペラ座のふたり』(2011年/マレーネ・イヨネスコ)


ロレッタ・リン
(Loretta Lynn/1932年〜)
 『歌え!ロレッタ 愛のために』(1980年/マイケル・アプテッド


アイ・ジョージ
(あい・じょーじ/1933年〜)
 『アイ・ジョージ物語 太陽の子』(1962年/近藤節也)


オノ・ヨーコ
(Yoko Ono/1933年~)
 『アバーヴ・アス・オンリー・スカイ』(2019年/マイケル・エプスタイン)


カール・ラガーフェルド
Karl Lagerfeld/1933年〜2019年)
 『ファッションを創る男 カール・ラガーフェルド』(2007年/ロドルフ・マルコーニ)


クインシー・ジョーンズ
(Quincy Delight Jones II/1933年〜)
 『クインシー・ジョーンズ リッスン・アップ!』(1990年/エレン・ワイスブロド)


黒柳徹子
(くろやなぎ てつこ/1933年〜)
 『トットチャンネル』(1987年/大森一樹


ジェームス・ブラウン
(James Joseph Brown, Jr/1933年〜2006年)
 『ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男』(2014年/デイト・テイラー)
 『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』(2014年/アレックス・ギブニー)


ジャン=マリー・ストローブストローブ=ユイレ
(Jean-Marie Straub/1933年〜)
 『あなたの微笑みはどこに隠れたの?』(2001年/ペドロ・コスタ


ジョー・オートン
(John Kingsley Orton/1933年〜1967年)
 『プリック・アップ』(1987年/スティーヴン・フリアーズ


スール・スーリール(ジャンヌ=ポール・マリ・デッケルス)
(La Sœur Sourire、Jeanne-Paule Marie Deckers/1933年〜1985年)
 『シスタースマイル ドミニクの歌』(2009年/ステイン・コニンクス)


ダリダ
(Dalida/1933年~1987年)
 『ダリダ~あまい囁き~』(2017年/リサ・アズエロス


林えいだい
(はやし えいだい/1933年〜2017年)
 『抗い 記録作家 林えいだい』(2016年/西嶋真司)


フランズ・アフマン
(Frans Afman/1933年〜2011年)
 『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』(2014年/ローゼマイン・アフマン)


ロマン・ポランスキー
Roman Polanski/1933年〜)
 『ロマン・ポランスキー 初めての告白』(2012年/ローラン・ブーズロー)


ジョルジオ・アルマーニ
Giorgio Armani/1934年〜)
 『Made in Milan』(1990年/マーティン・スコセッシ
 『アルマーニ』(2002年/ジュリアン・オーザンヌ)


東陽一
(ひがし よういち/1934年~)
 『現在地はいづくなりや 映画監督東陽一』(2020年/小玉憲一)


ヤン・シュヴァンクマイエル
(Jan Švankmajer/1934年〜)
 『シュヴァンクマイエルのキメラ的世界』(2001年/ベルトラン・シュミット、ミシェル・ルクレール


ロバート・モーグ
(Robert Moog/1934年〜2005年)
 『MOOG モーグ』(2004年/ハンス・フェルスタッド)


赤塚不二夫
(あかつか ふじお/1935年〜2008年)
 『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』(2011年/佐藤英明)
 『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』(2016年/冨永昌敬


ウディ・アレン
Woody Allen/1935年〜)
 『ワイルド・マン・ブルース』(1997年/バーバラ・コップル)
 『映画と恋とウディ・アレン』(2011年/ロバート・B・ウィード)


エルヴィス・プレスリー
(Elvis Aron Presley/1935年〜1977年)
 『エルビス・オン・ステージ』(1970年/デニス・サンダース
 『ザ・シンガー』(1979年/ジョン・カーペンター
 『THIS IS ELVIS』(1981年/マルコム・レオ、アンドリュー・ソルト)
 『グレイスランド』(1998年/デビッド・ウィンクラー)
 『ELVIS エルヴィス』(2005年/ジェイムズ・スティーブン・サドウィズ)


エドワード・サイード
(Edward Wadie Said/1935年〜2003年)
 『エドワード・サイード OUT OF PLACE』(2006年/佐藤真)


小川紳介
(おがわ しんすけ/1935年〜1992年)
 『Devotion 小川紳介と生きた人々』(2000年/バーバラ・ハマー)


キット・ランバート
(Kit Lambert/1935年〜1981年)
 『ランバート・アンド・スタンプ』(2015年/ジェームス・D・クーパー)


木村迪夫
(きむら みちお/1935年〜)
 『無音の叫び声』(2015年/原村政樹)


桐かおる
(きり かおる/1935年~)
 『実録 桐かおる にっぽん一のレスビアン』(1974年/藤井克彦)


クリスト
(1935年〜2020年)
 『クリストのヴァレー・カーテン』(1973年/エレン・ジファール)
 『ランニング・フェンス』(1978年/エレン・ジファール)
 『アイランズ』(1987年/アルバート・メイズルス)
 『パリのクリスト』(1990年/アルバート・メイズルス)
 『アンブレラズ』(1994年/アルバート・メイズルス)
 『インタビュー』(2003年/アルバート・メイズルス)
 『クリスト ウォーキング・オン・ウォーター』(2018年/アンドレイ・M・パウノフ)


ジェリー・リー・ルイス
(Jerry Lee Lewis/1935年〜)
 『グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー』(1989年/ジム・マクブライド)


ジャンヌ=クロード
(Jeanne-Claude/1935年〜2009年)
 『クリストのヴァレー・カーテン』(1973年/エレン・ジファール)
 『ランニング・フェンス』(1978年/エレン・ジファール)
 『アイランズ』(1987年/アルバート・メイズルス)
 『パリのクリスト』(1990年/アルバート・メイズルス)
 『アンブレラズ』(1994年/アルバート・メイズルス)
 『インタビュー』(2003年/アルバート・メイズルス)


辰巳ヨシヒロ
(たつみ よしひろ/1935年〜)
 『TASUMI マンガに革命を起こした男』(2011年/エリック・クー)


デヴィッド・プラウ
(David Prowse/1935年〜)
 『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』(2015年/トニ・ベスタルド、マルコス・カボタ)


テオ・アンゲロプロス
(Theo Angelopoulos/1935年〜2012年)
 『Theo on Theo』(2004年/MANAHA)


ドロシー・ヴォーゲル
(Dorothy Vogel/1935年〜)
 『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』(2008年/佐々木芽生
 『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』(2013年/佐々木芽生


ノーマン・フォスター
(Norman Foster/1935年〜)
 『フォスター卿の建築学』(2010年/ノルベルト・ロペス・アマド、カルロス・カルカス)


畑正憲
(はた まさのり/1935年〜)
 『ムツゴロウの結婚記』(1974年/広瀬襄)


ファイルーズ
(Fairuz/1935年〜)
 『愛しきベイルート アラブの歌姫』(2003年/ジャック・ジャンセン)


フランソワーズ・サガン
(Françoise Sagan/1935年〜2004年)
 『サガン悲しみよこんにちは‐』(2008年/ディアーヌ・キュリス)


美輪明宏
(みわ あきひろ/1935年〜)
 『美輪明宏ドキュメンタリー 〜黒蜥蜴を探して〜』(2010年/パスカル=アレックス・ヴァンサン)


ルチアーノ・パヴァロッティ
Luciano Pavarotti/1935年~2007年)
 『パヴァロッティ 太陽のテノール』(2019年/ロン・ハワード


荒川修作
(あらかわ しゅうさく/1936年〜2010年)
 『死なない子供、荒川修作』(2010年/山岡信貴


アントニオ・ロペス=ガルシア
(Antonio López García/1936年〜)
 『マルメロの陽光』(1992年/ヴィクトル・エリセ


イヴ・サン=ローラン
(Yves Saint-Laurent/1936年〜2008年)
 『イヴ・サンローラン』(1994年/ジェローム・ド・ミソルツ、アリメル・ブリュスク)
 『イヴ・サンローラン』(2010年/ピエール・トレトン)
 『イヴ・サンローラン』(2014年/ジャリル・レスペール)
 『SAINT LAURENT/サンローラン』(2014年/ベルトラン・ボネロ)


ウィリー“ビッグ・アイズ”スミス
(Willie Lee "Big Eyes" Smith/1936年~2011年)
 『サイドマン:スターを輝かせた男たち』(2016年/スコット・ローゼンバウム)


楳図かずお
(うめず かずお/1936年〜)
 『グワシ!楳図かずおです』(2009年/伊藤弘二)
 『MOTHER マザー』(2014年/楳図かずお


金木義男
(かなぎ よしお/1936年~)
 『ろまんちっくろーど 金木義男の優雅な人生』(2014年/今井いおり)


神山清子
(こうやま きよこ/1936年〜)
 『火火(ひび)』(2004年/高橋伴明


グレン・キャンベル
(Glen Travis Campbell/1936年~2017年)
 『アルツハイマーと僕~グレン・キャンベル 音楽の奇跡~』(2014年/ジェームズ・キーチ)


ケン・ローチ
(Ken Loach/1936年〜)
 『ヴァーサス/ケン・ローチ映画と人生』(2016年/ルイーズ・オズモンド)


沢田教一
(さわだ きょういち/1936年〜1970年)
 『SAWADA』(1996年/五十嵐匠)


ジョー・バザード
(Joe Bussard/1936年〜)
 『さすらいのレコード・コレクター〜10セントの宝物』(2003年/エドワード・ギラン)


立川談志
(たてかわ だんし/1936年〜2011年)
 『映画 立川談志』(2012年/加藤たけし)


ダニエル・ユイレストローブ=ユイレ
(Danièle Huillet/1936年〜2006年)
 『あなたの微笑みはどこに隠れたの?』(2001年/ペドロ・コスタ


デイヴ・ヴァン・ロンク
(Dave Van Ronk/1936年〜2002年)
 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(2013年/コーエン兄弟


デニス・ホッパー
(Dennis Hopper/1936年~2010年)
 『デニス・ホッパー/狂気の旅路』(2017年/ニック・エベリング)


長嶺ヤス子
(ながみね やすこ/1936年〜)
 『長嶺ヤス子 裸足のフラメンコ』(2013年/大宮浩一)


野田弘志
(のだ ひろし/1936年〜)
 『魂のリアリズム 画家 野田弘志』(2014年/日向寺太郎)


ボビー・ダーリン
(Bobby Darin/1936年〜1973年)
 『ビヨンドtheシー 夢見るように歌えば』(2004年/ケヴィン・スペイシー


ラルフ・ステッドマン
(Ralph Idris Steadman/1936年〜)
 『マンガで世界を変えようとした男 ラルフ・ステッドマン』(2012年/チャーリー・ポール)


ルチャ・レジェス
(Lucha Reyes/1936年〜1973年)
 『夜の女王』(1993年/アルトゥーロ・リプステイン)


若松孝二
(わかまつ こうじ/1936年〜2012年)
 『止められるか、俺たちを』(2018年/白石和彌


ハンター・S・トンプソン
(Hunter Stockton Thompson/1937年〜2005年)
 『ラスベガスをやっつけろ』(テリー・ギリアム/1998年)
 『GONZO〜ならず者ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンのすべて〜』(2008年/アレックス・ギブニー)
 『ラム・ダイアリー』(2011年/ブルース・ロビンソン


美空ひばり
(みそら ひばり/1937年〜1989年)
 『ひばりのすべて』(1971年/井上梅次


モニカ・ゼタールンド
(Monica Zetterlund/1937年〜2005年)
 『ストックホルムでワルツを』(2014年/ペール・フライ)


イヴォン・シュイナード
(Yvon Chouinard/1938年〜)
 『180°SOUTH ワンエイティ・サウス』(2009年/クリス・マロイ)


石川文洋
(いしかわ ぶんよう/1938年〜)
 『石川文洋を旅する』(2014年/大宮浩一)


ガヴィーノ・レッダ
(Gavino Ledda/1938年〜)
 『父 パードレ・パドローネ』(1977年/タヴィアーニ兄弟)


こまどり姉妹(並木栄子/並木葉子)
(こまどりしまい/1938年~)
 『こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』(2009年/片岡英子)


佐野洋子
(さの ようこ/1938年〜2010年)
 『ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ』(2012年/小谷忠典)


ジーン・セバーグ
(Jean Seberg/1938年〜1979年)
 『アメリカン・アクトレス』(1995年/ドナテロ・デゥビニ、フォスコ・デゥビニ)
 『ジーン・セバーグの日記』(1999年/メーク・ラパポート)


鋤田正義
(すきた まさよし/1938年〜)
 『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』(2018年/相田裕美)


中平卓馬
(なかひら たくま/1938年〜2015年)
 『きわめてよいふうけい』(2004年/ホンマタカシ
 『カメラになった男 写真家 中平卓馬』(2006年/小原真二)


ニコ
Nico/1938年〜1988年)
 『ニコ・イコン』(1996年/スザンネ・オフテリンガー)


フェラ・クティ
(Fela Anikulapo Kuti/1938年〜1997年)
 『Music Is the Weapon』(1982年)


マリア・ニエベス
(Maria Nieves/1938年〜)
 『ラスト・タンゴ』(2015年/ヘルマン・クラル)


森山大道
(もりやま だいどう/1938年〜)
 『≒(ニアイコール)森山大道』(2001年/藤井謙二郎
 『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』(2021年/岩間玄)


代々木忠
(よよぎ ただし/1938年〜)
 『YOYOCHU SEXと代々木忠の世界』(2010年/石岡正人)


リヴ・ウルマン
(Liv Ullmann/1938年〜)
 『リヴ&イングマール ある愛の風景』(2012年/ディーラージ・アコルカール)


リー・モーガン
(Edward Lee Morgan/1938年〜1972年)
 『私が殺したリー・モーガン』(2016年/カスパー・コリン)


ルドルフ・ヌレエフ
(Rudolf Khametovich Nureyev/1938年〜1993年)
 『ヌレエフ I AM A DANCER』(1972年/ピエール・ジュルダン)
 『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』(2018年/レイフ・ファインズ


クロード・フランソワ
(Claude Antoine Marie François/1939年〜1978年)
 『最後のマイ・ウェイ』(2012年/フローラン・エミリオ・シリ)


ジャン=ピエール・レイノー
(Jean-Pierre Raynaud/1939年〜)
 『ジャン=ピエール・レイノーの家 1969‐1993』(1993年/ミシェールポルト


ジョエル=ピーター・ウィトキン
(Joel-Peter Witkin/1939年〜)
 『ジョエル=ピーター・ウィトキン 消し去れぬ映像』(1993年/ジェローム・ミソルツ)


ティナ・ターナー
(Tina Turner/1939年〜)
 『ティナ』(1993年/ブライアン・ギブソン


バーバラ・ハマー
(Barbara Hammer/1939年〜2019年)
 『テンダー・フィクションズ』(1995年/バーバラ・ハマー)


ハービー・ピーカー
(Harvey Lawrence Pekar/1939年〜2010年)
 『アメリカン・スプレンダー』(2003年/シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ)


柳家小三治
(やなぎや こさんじ/1939年〜)
 『小三治』(2009年/康宇政)


吉増剛造
(よします ごうぞう/1939年〜)
 『島ノ唄』(2004年/伊藤寛)
 『幻を見るひと~京都の吉増剛造~』(2018年/井上春生


リー・イスラエル
(Leonore Carol "Lee" Israel/1939年~2014年)
 『ある女流作家の罪と罰』(2018年/マリエル・ヘラー)


アッバス・キアロスタミ
(Abbas Kiarostami/1940年〜2016年)
 『キアロスタミとの一週間』(1999年/茂原雄二)


荒木経惟
(あらき のぶよし/1940年〜)
 『東京日和』(1997年/竹中直人
 『うつしみ』(2000年/園子温
 『アラキメンタリ』(2004年/トラビス・クローゼ)


アンナ・カリーナ
(Anna Karina/1940年~2019年)
 アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』(2017年/デニス・ペリー)


井上大佑
(いのうえ だいすけ/1940年〜)
 『KARAOKE 人生紙一重』(2005年/辻裕之


H.R.ギーガー
(Hans Ruedi Giger/1940年〜2014年)
 『DARK STAR/H・R・ギーガーの世界』(2014年/ベリンダ・サリン


桂福団治(4代目)
(かつら ふくだんじ/1940年〜)
 『人情噺の福団治』(2015年/伊藤有紀)


唐十郎
(から じゅうろう/1940年〜)
 『シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録』(2007年/大島新)


カリプソ・ローズ
(Calypso Rose/1940年~)
 『カリプソ・ローズ』(2011年/パスカル・オボロ)


ジョアン・カルロスマルティンス
(João Carlos Martins/1940年~)
 『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』(2017年/マウロ・リマ)


ジョージ・A・ロメロ
(George Andrew Romero/1940年〜2017年)
 『ドキュメント・オブ・ザ・デッド』(1985年/ロイ・フランケス)


ジョン・レノン
John Lennon/1940年〜1980年)
 『イマジン』(1988年/アンドリュー・ソルト)
 『僕たちの時間』(1991年/クリストファー・ミュンチ)
 『ジョン・レノン/青春のビートルズ』(/デヴィッド・カーソン)
 『PEACE BED アメリカVSジョン・レノン』(2006年/デビッド・リーフ、ジョン・シャインフェルド)
 『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』(2009年/サム・テイラー=ウッド)
 『ジョン・レノン、ニューヨーク』(2010年/マイケル・エプスタイン)
 『アバーヴ・アス・オンリー・スカイ』(2019年/マイケル・エプスタイン)


杉井ギサブロー
(すぎい ぎさぶろー/1940年〜)
 『アニメ師・杉井ギサブロー』(2012年/石岡正人)


スチュアート・サトクリフ
(Stuart Fergusson Victor Sutcliffe/1940年〜1962年)
 『バック・ビート』(1994年/イアン・ソフトリー)


ブライアン・デ・パルマ
(Brian De Palma/1940年〜)
 『デ・パルマ』(2015年/ジェイク・パルトロウ)


フランク・ザッパ
Frank Zappa/1940年〜1993年)
 『ベイビー・スネイクス』(1979年/フランク・ザッパ
 『フランク・ザッパ/音楽に愛された男』(2016年/トーステン・シュッテ)


ブルース・リー
李小龍/1940年〜1973年)
 『ブルース・リーの生と死』(1973年/ウー・シー)
 『実録 ブルース・リーの死』(1975年/ロー・マ)
 『ブルース・リー物語』(1976年/ウー・スー・ユエン)
 『ブルース・リー 恐怖の鉄拳 死の香り』(1980年/マシュー・マリンソン)
 『ドラゴン/ブルース・リー物語』(1993年/ロブ・コーエン
 『1959某日某』(1996年/スティーヴン・アウ)
 『BRUCE LEE in G.O.D 死亡的遊戯2003』(2003年/ブルース・リー
 『李小龍ブルース・リーマイブラザー』(2010年/マンフレッド・ウォン)
 『アイアム ブルース・リー』(2012年/ピート・マコーミック)


ピナ・バウシュ
Pina Bausch/1940年〜2009年)
 『ピナ・バウシュ 夢の教室』(2010年/アン・リンセル)
 『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』(2011年/ヴィム・ヴェンダース


ヴィヴィアン・ウエストウッド
Vivienne Westwood/1941年〜)
 ヴィヴィアン・ウエストウッド』(1993年/ナターシャ・ドゥフォンティーヌ)
 『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』(2018年/ローナ・タッカー)


河内國平
(かわち くにひら/1941年~)
 『鬼の師匠と最後の弟子』(2014年/松原保)


クシシュトフ・キェシロフスキ
(Krzysztof Kieślowski/1941年〜1996年)
 『スティル・アライヴ』(2005年/マリア・ズマシュ=コチャノヴィチ)


グレアム・チャップマン
(Graham Chapman/1941年〜1989年)
 『モンティ・パイソン ある嘘つきの物語 グレアム・チャップマン自伝』(2012年/ビル・ジョーンズ、ジェフ・シンプソン、ベン・ティムレット)


セルゲイ・ドヴラートフ
(Серге́й Дона́тович Довла́тов/1941年~1990年)
 『ドヴラートフ レニングラードの作家たち』(2018年/アレクセイ・ゲルマン・Jr.)


チャールズ・シューマン
(Charles Schumann/1941年〜)
 『シューマンズ バー ブック』(2017年/マリーケ・シュレーダー


萩本欽一
(はぎもと きんいち/1941年〜)
 『We Love Television?』(2017年/土屋敏男


プラシド・ドミンゴ
(José Plácido Domingo/1941年~)
 『イル・ヴォーロwithプラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ~3大テノールに捧ぐ』(2016年/クリスチャン・ビオンダーニ)


ブルース・ナウマン
(Bruce Nauman/1941年〜)
 『ブルース・ナウマン』(1996年/ハインツ・ペーター・シュベルフェル)


ボブ・ディラン
Bob Dylan/1941年〜)
 『ドント・ルック・バック』(1967年/ドン・アラン・ペンベイカー)
 『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』(2005年/マーティン・スコセッシ
 『アイム・ノット・ゼア』(2007年/トッド・ヘインズ
 『ボブ・ディラン 我が道は変る〜1961‐1965 フォークの時代〜』(2015年/ロブ・ジョンストーン)
 『ローリング・サンダー・レヴュー マーティン・スコセッシが描くボブ・ディラン伝説』(2019年/マーティン・スコセッシ


マルタ・アルゲリッチ
(Maria Martha Argerich/1941年〜)
 『アルゲリッチ 私こそ、音楽!』(2012年/ステファニー・アルゲリッチ


ヤン・レヴァン
(Jan Lewan/1941年~)
 『ポルカ・キング:栄光と没落の物語』(2009年/ジョシュア・ブラウン、ジョン・ミクラク
 『ポルカ・キング』(2017年/マヤ・フォーブス)


ユーリ・ノルシュテイン
(Юрий Борисович Норштейн/1941年~)
 『ユーリ・ノルシュテイン《外套》をつくる』(2018年/才谷遼


ヨーラム・グローバス
(Yoram Globus/1941年〜)
 『キャノンフィルムズ爆走風雲録』(2014年/ヒラ・メダリア)


リッチー・ヴァレンス
(Ritchie Valens/1941年〜1959年)
 『ラ★バンバ』(1987年/ルイス・ヴァルデス)


アイアン・シーク(コシロ・バジリ)
(The Iron Sheik/1942年~)
 『アイアン・シーク』(2015年/イガル・ヘクト)


アレサ・フランクリン
Aretha Franklin/1942年~2018年)
 『アメイジング・グレイスアレサ・フランクリン』(2018年/シドニー・ポラック


イアン・デューリー
Ian Dury/1942年〜2000年)
 『Sex&Drugs&Rock&Roll』(2010年)


エミリオ・ダレッサンドロ
(Emilio D'Alessandro/1942年~)
 『キューブリックに愛された男』(2016年/アレックス・インファセリ)


キャロル・キング
Carole King/1942年〜)
 『グレイス・オブ・マイ・ハート』(1996年/アリソン・アンダース)


クリス・スタンプ
(Chris Stamp/1942年〜2012年)
 『ランバート・アンド・スタンプ』(2015年/ジェームス・D・クーパー)


ジェリー・ガルシア
(Jerome John "Jerry" Garcia/1942年〜1995年)
 『グレイトフル・ドーグ』(2000年/ギリアン・クリスマン)


ジミ・ヘンドリックス
Jimi Hendrix /1942年〜1970年)
 『ジミ・ヘンドリックス』(1973年/ジョー・ボイド、ジョン・ヘッド、ゲイリー・ワイズ)
 『ジミ・ヘンドリックス、伝説のライヴ「1969’ウッドストック・フェスティバル」』(2012年/マイケル・ウォドレー、ボブ・スミートン)
 『JIMI:栄光への軌跡』(2013年/ジョン・リドリー


菅原正二
(すがわら しょうじ/1942年~)
 『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)』(2019年/星野哲也)


スティーヴン・ホーキング
(Stephen William Hawking/1942年〜2018年)
 『博士と彼女のセオリー』(2014年/ジェイムズ・マーシュ)


デレク・ジャーマン
(Derek Jarman/1942年〜1994年)
 『BLUE』(1993年/デレク・ジャーマン
 『記憶の彼方へ』(1993年/ケン・マクマラン)
 『グリッターバグ』(1994年/デイヴィッド・ルイス)


ブライアン・ウィルソン
(Brian Douglas Wilson/1942年〜)
 『ブライアン・ウィルソン ソングライター ザ・ビーチ・ボーイズの光と影』(2010年/トム・オーディル)
 『ブライアン・ウィルソン ソングライターPart2 孤独な男の話をしよう』(2012年/ロブ・ジョンストーン)
 『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』(2015年/ビル・ポーラッド


ブライアン・ジョーンズ
(Brian Jones/1942年〜1969年)
 『ブライアン・ジョーンズストーンズから消えた男』(2005年/スティーヴン・ウーリー)


ボブ・ロス
(Bob Ross/1942年~1995年)
 『ボブ・ロス:楽しいアクシデント、裏切りと欲』(2021年/ジョシュア・ロフェ)


ポール・マッカートニー
Paul McCartney/1942年〜)
 『ゲット・バック』(1991年/リチャード・レスター


マノロ・ブラニク
(Manolo Blahnik/1942年〜)
 『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』(2017年/マイケル・ロバーツ


ミル・マスカラス
(Mil Máscaras/1942年〜)
 『ミル・マスカラス 愛と宿命のルチャ』(1988年/フェルナンド・ドゥラン・ロハス


ラリー・フリント
(Larry Flynt/1942年〜)
 『ラリー・フリント』(1996年/ミロシュ・フォアマン


ルー・リード
Lou Reed/1942年〜2013年)
 『ルー・リード:ロックンロールハート』(1998年/ティモシー・グリーンフィールド・サンダース)
 『ルー・リード/ベルリン』(2007年/ジュリアン・シュナーベル


レイモン・ドゥパルドン
(Raymond Depardon/1942年〜)
 『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』(2017年/レイモン・ドゥパルドン、クローディーヌ・ヌーガレ)


シクスト・ロドリゲス
(Sixto Diaz Rodriguez/1942年〜)
 『シュガーマン 奇跡に愛された男』(2012年/マリク・ベンジェルール)


イーディ・セジウィック
(Edie Sedgwick/1943年〜1971年)
 『ファクトリー・ガール』(2006年/ジョージ・ヒッケンルーパー)


ウィリアム・ウェグマン
(William Wegman/1943年〜)
 『ウェグマンの世界』(1996年/チェリー・デュインズ)


樹木希林
(きき きりん/1943年〜2018年)
 『神宮希林 わたしの神様』(2014年/伏原健之)
 『“樹木希林”を生きる』(2019年/木寺一孝)


菊地信義
(きくち のぶよし/1943年~)
 『つつんで、ひらいて』(2019年/広瀬奈々子)


ギレーヌ・テスマー
(Ghislaine Thesmar/1943年〜)
 『バレエに生きる パリ・オペラ座のふたり』(2011年/マレーネ・イヨネスコ)


ジム・ミッチェル(ミッチェル・ブラザース)
(James Lloyd "Jim" Mitchell /1943年~2007年)
 『キング・オブ・ポルノ』(2000年/エミリオ・エステベス


ジム・モリソン
(James Douglas "Jim" Morrison/1943年〜1971年)
 『ドアーズ』(1991年/オリバー・ストーン


ジャニス・ジョプリン
Janis Lyn Joplin/1943年〜1970年)
 『ジャニス』(1974年/ハワード・アルクシートン・フィンドレイ)
 『ローズ』(1979年/マーク・ライデル)
 『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』(2015年/エイミー・バーグ)


ジョージ・ハリスン
George Harrison/1943年〜2001年)
 『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』(2011年/マーティン・スコセッシ


ジル・クレマン
(Gilles Clement/1943年〜)
 『動いている庭』(2016年/澤崎賢一)


スライ・ストーン
(Sly Stone1943年〜)
 『スライ・ストーン』(2015年/ウイレム・アルケマ)


田中美津
(たなか みつ/1943年~)
 『この星は、私の星じゃない』(2019年/吉峯美和)


ボビー・フィッシャー
(Bobby Fischer/1943年〜2008年)
 『ボビー・フィッシャー 世界と闘った男』(2011年/リズ・ガーバス)
 『完全なるチェックメイト』(2014年/エドワード・ズウィック


麿赤兒
(まろ あかじ/1943年〜)
 『うつしみ』(2000年/園子温
 『裸の夏』(2007年/岡部憲治


山本耀司
(やまもと ようじ/1943年〜)
 『都市とモードのビデオノート』(1989年/ヴィム・ヴェンダース


ライアン・ラーキン
(Ryan Larkin/1943年〜2007年)
 『ライアン』(2004年/クリス・ランドレス)
 『ライアン・ラーキンの世界』(2004年/ローレンス・グリーン)


レイナルド・アレナス
(Reynaldo Arenas Fuentes/1943年〜1990年)
 『夜になるまえに』(2000年/ジュリアン・シュナーベル


ロバート・クラム
(Robert Crumb/1943年〜)
 『クラム』(1994年/テリー・ズウィゴフ)


クラウス・ノミ
(Klaus Nomi/1944年〜1983年)
 『ノミ・ソング』(2003年/アンドリュー・ホーン)


クリスチャン・ボルタンスキー
(Christian Boltanski/1944年〜)
 『ボルタンスキーを探して』(1990年/アラン・フレッシャー)


クリスティーン・チャバック
(Christine Chubbuck/1944年〜1974年)
 『Christine』(2016年/アントニオ・カンポス
 『ケイト・プレイズ・クリスティーン』(2016年/ロバート・グリーン


ジミー・ペイジ
(James Patrick "Jimmy" Page/1944年〜)
 『ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター』(2009年/デイビス・グッゲンハイム)


セバスチャン・サルガド
(Sebastião Salgado/1944年〜)
 『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』(2014年/ヴィム・ヴェンダース


スコット・ウォーカー
(Scott Walker/1944年〜2019年)
 『スコット・ウォーカー 30世紀の男』(2007年/スティーヴン・キジャク)


タウンズ・ヴァン・ザント
(Towns Van Zandt/1944年〜1997年)
 『タウンズ・ヴァン・ザント/ビー・ヒア・トゥ・ラヴ・ミー』(2004年/マーガレット・ブラウン)


ピーター・トッシュ
(Peter Tosh/1944年〜1987年)
 『STEPPING RAZOR REDX』(1992年/ニコラス・キャンベル)


ピート・アウドルフ
(Piet Oudolf/1944年~)
 『FIVE SEASONS ガーデン・オブ・ピート・アウドルフ』(2017年/トーマス・パイパー)


フリーダ・ケリー
(Freda Kelly/1944年〜)
 『愛しのフリーダ』(2013年/ライアン・ホワイト)


レベッカ・ホルン
Rebecca Horn/1944年〜)
 『レベッカ・ホルン』(1993年/ハインツ・ペーター・シュベルフェル)


アート・ミッチェル(ミッチェル・ブラザース)
(Artie Jay Mitchell/1945年~1991年)
 『キング・オブ・ポルノ』(2000年/エミリオ・エステベス


エリック・クラプトン
(Eric Patrick Clapton/1945年~)
 『エリック・クラプトン~12小節の人生~』(2017年/リリ・フィニー・ザナック


ジャクリーヌ・デュ・プレ
(Jacqueline du Pré/1945年〜1987年)
 『ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ』(1998年/アナンド・タッカー)


ジャンデック(スターリン・リチャード・スミス)
(Jandek、Sterling Richard Smith/1945年〜)
 『ジャンデック〜謎のミュージシャンの正体を追う〜』(2003年/チャド・フライドリッヒ)


田中泯
(たなか みん/1945年〜)
 『ウミヒコヤマヒコマイヒコ』(2007年/油谷勝彦)


タモリ森田一義
(たもり、もりた かずよし/1945年〜)
 『ワラッテイイトモ、』(2003年/K.K.)


トバイアス・ウルフ
(Tobias Wolff/1945年〜)
 『ボーイズ・ライフ』(1993年/マイケル・ケイトン=ジョーンズ)


ニール・ヤング
Neil Young/1945年〜)
 『イヤー・オブ・ザ・ホース』(1997年/ジム・ジャームッシュ
 『ニール・ヤング/ハート・オブ・ゴールド 孤独の旅路』(2006年/ジョナサン・デミ
 『ニール・ヤング ジャーニーズ』(2011年/ジョナサン・デミ


パッチ・アダムス
(Patch Adams/1945年〜)
 『パッチ・アダムス』(1998年/トム・シャドヤック)


ボブ・マーリー
Bob Marley/1945年〜1981年)
 『ボブ・マーリィ「伝説のパフォーマンス」アップライジング・ツアー1980inドルトムント』(1998年/ステファン・ポール)
 『ボブ・マーリー ルーツ・オブ・レジェンド』(2012年/ケビン・マクドナルド)


マーガレット・レン・タン
(Margaret Leng Tan/1945年~)
 『アート・オブ・トイピアノ/マーガレット・レン・タンの世界』(2004年/エヴァンス・チャン)


山崎眞
(やまざき まさゆき/1945年〜2013年)
 『DOQROがぼくの夢をみる前に』(2014年/早川大介)


レミー・キルミスター
(Lemmy Kilmister/1945年〜2015年)
 『極悪レミー』(2010年/グレッグ・オリバー、ウェス・オーショスキー)


間章
(あいだ あきら/1946年〜1978年)
 『AA』(2006年/青山真治


ウシ・オーバーマイヤー
(Uschi Obermaier/1946年〜)
 『愛の涯 私は風になった』(2007年/アキム・ボルナーク)


エクトル・ラボー
(Héctor Lavoe/1946年〜1993年)
 『エル・カンタンテ』(2006年/レオン・イチャソ)


牛腸茂雄
(ごちょう しげお/1946年~1983年)
 『SELF AND OTHERS』(2001年/佐藤真)


シェップ・ゴードン
(Shep Gordon/1946年〜)
 『スーパーメンチ‐時代をプロデュースした男!‐』(2013年/マイク・マイヤーズ


ジェーン・バーキン
Jane Birkin/1946年〜)
 『アニエス・vによるジェーン・b』(1987年/アニエス・ヴァルダ


ジャンニ・ヴェルサーチ
Gianni Versace/1946年〜1997年)
 『ベルサーチ マーダー』(1998年/メナハム・ゴーラン


ダグ・ケニー
(Douglas Clark Francis Kenney/1946年〜1980年)
 『意表をつくアホらしい作戦』(2018年/デヴィッド・ウェイン)


デヴィッド・リンチ
(David Keith Lynch/1946年〜)
 『デヴィッド・リンチ:アートライフ』(2016年/ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ネール・ガード=ホルム)


ドナルド・トランプ
(Donald John Trump/1946年〜)
 『ホール・イン・マネー!〜大富豪トランプのアブない遊び〜』(2014年/アンソニーバクスター


中上健次
(なかがみ けんじ/1946年〜1992年)
 『路地へ 中上健次の残したフィルム』(2001年/青山真治


西井一夫
(にしい かずお/1946年〜2001年)
 『追憶のダンス』(2002年/河瀬直美


野田義治
(のだ よしはる/1946年〜)
 『巨乳をビジネスにした男』(2007年/渡辺武)


パティ・スミス
Patti Smith/1946年〜)
 『パティ・スミス:ドリーム・オブ・ライフ』(2008年/スティーブン・セブリング)


フレディ・マーキュリー
(Freddie Mercury/1946年〜1991年)
 『フレディ・マーキュリー 人生と歌を愛した男』(2000年/ルディ・ドレザル、ハンス・ロサシェル)


ミゲル・ピニェロ
(Miguel Piñero/1946年〜1988年)
 『ピニェロ』(2001年/レオン・イチャソ)


ミック・ロンソン
(Mick Ronson/1946年~1993年)
 『ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡』(2017年/ジョン・ブルーワー)


ユリ・ゲラー
Uri Geller/1946年~)
 『超能力者ユリ・ゲラー』(1996年/ケン・ラッセル


ラ・チャナ
(La Chana/1946年〜)
 『ラ・チャナ』(2016年/ルツィア・ストイェヴィッチ


ロドニー・ビンゲンハイマー
(Rodney Bingenheimer/1946年〜)
 『メイヤー★オブ★サンセット★ストリップ』(2003年/ジョージ・ビッケンルーパー)


ロニー・レイン
(Ronald Frederick "Ronnie" Lane/1946年〜1997年)
 『ロニー MODSとROCKが恋した男』(2006年/ルパート・ウィリアムズ、ジェイムズ・マッキー)


ロバート・メイプルソープ
(Robert Mapplethorpe/1946年〜1989年)
 『メイプルソープとコレクター』(2007年/ジェームズ・クランプ)


アーノルド・シュワルツェネッガー
(Arnold Alois Schwarzenegger/1947年〜)
 『アーノルド・シュワルツェネッガーの鋼鉄の男』(1977年/ジョージ・バトラー)
 『レジェンド オブ シュワルツネッガー』(2006年/ダン・コックス)


アンヌ・ヴィアゼムスキー
(Anne Wiazemsky/1947年〜2017年)
 『グッバイ・ゴダール!』(2017年/ミシェル・アザナヴィシウス


イギー・ポップ
Iggy Pop/1947年〜)
 『アメリカン・ヴァルハラ』(2017年/ジョシュ・オムアンドレアス・ノイマン


石内都
(いしうち みやこ/1947年〜)
 『フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように』(2015年/小谷忠典)


一ノ瀬泰三
(いちのせ たいぞう/1947年〜1973年)
 『地雷を踏んだらサヨウナラ』(1999年/五十嵐匠)
 『TAIZO〜戦場カメラマン・一ノ瀬泰造の真実〜』(2003年/中島多圭子)


エルトン・ジョン
(Elton Hercules John/1947年~)
 『ロケットマン』(2019年/デクスター・フレッチャー)


遠藤賢司
(えんどう けんじ/1947年〜2017年)
 『不滅の男 エンケン日本武道館』(2005年/遠藤賢司


デヴィッド・ヘルフゴット
David Helfgott/1947年〜)
 『シャイン』(1996年/スコット・ヒックス
 『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』(2015年/コジマ・ランゲ)


デヴィッド・ボウイ
David Bowie/1947年〜2016年)
 『ジギー・スターダスト』(1973年/D・A・ぺネベイカー)
 『スターダスト』(2020年/ガブリエル・レンジ)


パコ・デ・ルシア
(Paco de Lucía/1947年〜2014年)
 『パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト』(2014年/クーロ・サンチェス)


ビートたけし北野武
(びーと たけし、きたの たけし/1947年〜)
 『浅草キッド浅草キッド』(2002年/篠崎誠)
 『TAKESHI'S』(2005年/北野武


細野晴臣
(ほその はるおみ/1947年~)
 『NO SMOKING』(2019年/佐渡岳利)


ローリー・アンダーソン
(Laurie Anderson/1947年〜)
 『ローリー・アンダーソン ゼロ&ワン』(1987年/ローリー・アンダーソン


あがた森魚
(あがた もりお/1948年〜)
 『あがた森魚 ややデラックス』(2009年/竹藤佳世)


ウィリアム・ギブスン
(William Ford Gibson/1948年〜)
 『NO MAPS ウィリアム・ギブスンとの対話』(2000年/マーク・ニール)


柄本明
(えもと あきら/1948年~)
 『柄本家のゴドー』(2017年/山崎裕


オジー・オズボーン
(John Michael "Ozzy" Osbourne/1948年〜)
 『オジー降臨』(2011年/マイク・フレイス、マイク・ピシテリ)


沢田研二
(さわだ けんじ/1948年〜)
 『炎の肖像』(1974年/藤田敏八、加藤彰)


ジェームズ・ナクトウェイ
(James Nachtwey/1948年〜)
 『戦場のフォトグラファー ジェームズ・ナクトウェイの世界』(2001年/クリスチャン・フレイ)


新宿タイガー
(しんじゅく たいがー/1948年~)
 『新宿タイガー』(2019年/佐藤慶紀)


末井昭
(すえい あきら/1948年〜)
 『素敵なダイナマイトスキャンダル』(2018年/冨永昌敬


杉本博司
(すぎもと ひろし/1948年〜)
 『はじまりの記憶 杉本博司』(2011年/中村佑子)


田中哲
(たなか てつろう/1948年〜)
 『田中さんはラジオ体操をしない』(2008年/マリー・デロフスキー)


テリー・フーリー
(Terri Hooley/1948年~)
 『グッド・ヴァイブレーションズ』(2012年/リサ・バロス・ディーサ、グレン・レイバーン)


トッド・ラングレン
Todd Rundgren/1948年〜)
 『TODD』(2013年/JSK)


ミック・ロック
(Mick Rock、Michael David Rock/1948年〜)
 『写真家ミック・ロック ‐ロック・レジェンドの創造主‐』(2017年/バーナビー・クレイ)


村西とおる
(むらにし とおる/1948年~)
 『M/村西とおる狂熱の日々』(/片嶋一貴


雪村春樹
(ゆきむら はるき/1948年〜)
 『縛詩』(2007年/安原伸


レオン・ヴィタリ
(Leon Vitali/1948年~)
 『キューブリックに魅せられた男』(2017年/トニー・ジエラ)


アーサー・ケイン
(Arthur Harold Kane Jr./1949年〜2004年)
 『ニューヨーク・ドール』(2005年/グレッグ・ホワイトリー)


アナ・ウィンター
(Anna Wintour/1949年〜)
 『ファッションが教えてくれること』(2009年/R.J.カトラー)


アニー・リーボヴィッツ
(Annie Leibovitz/1949年〜)
 『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』(2007年/バーバラ・リーボヴィッツ


阿部薫
(あべ かおる/1949年〜1978年)
 『エンドレス・ワルツ』(1995年/若松孝二


アンディ・カウフマン
(Andrew Geoffrey Kaufman/1949年〜1984年)
 『マン・オン・ザ・ムーン』(1999年/ミロス・フォアマン


伊勢英子いせひでこ
(いせ ひでこ/1949年〜)
 『いのちのかたち −画家・絵本作家 いせひでこ−』(2016年/伊勢真一)


ウィリアム・フォーサイス
(William Forsythe/1949年〜)
 『One Flat Thing,reproduced』(2006年/ティエリー・ドゥ・メイ)


金子正次
(かねこ しょうじ/1949年〜1983年)
 『竜二Forever』(2002年/細野辰興)


佐川一政
(さがわ いっせい/1949年~)
 『佐川一政の告白』(中野ムニ)
 『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』(2017年/ヴェレナ・パラヴェル、ルーシァン・キャステーヌ=テイラー)


佐藤泰志
(さとう やすし/1949年〜1990年)
 『書くことの重さ 作家 佐藤泰志』(2013年/稲塚秀孝)


ジョン・カリー
(John Curry/1949年~1994年)
 『氷上の王、ジョン・カリー』(2018年/ジェイムス・エルスキン)


ジョン・ベルーシ
(John Adam Belushi/1949年〜1982年)
 『ベルーシ/ブルースの消えた夜』(1992年/ラリー・ピアース


鈴木いづみ
(すずき いづみ/1949年〜1986年)
 『エンドレス・ワルツ』(1995年/若松孝二


スラヴォイ・ジジェク
(Slavoj Žižek/1949年〜)
 『スラヴォイ・ジジェクによる倒錯的映画ガイド』(2006年/ソフィー・ファインズ)


関野吉晴
(せきの よしはる/1949年〜)
 『カレーライスを一から作る』(2016年/前田亜紀


高田渡
(たかだ わたる/1949年〜2005年)
 『タカダワタル的』(2004年/タナダユキ
 『タカダワタル的ゼロ』(2008年/白石晃士
 『まるでいつもの夜みたいに』(2017年/代島治彦


テリー伊藤
(てりー いとう/1949年〜)
 『10億円稼ぐ』(2010年/テリー伊藤


永山則夫
(ながやま のりお/1949年〜1997年)
 『略称・連続射殺魔』(1969年/足立正生、他)
 『裸の十九歳』(1970年/新藤兼人


林家かん平
(はやしや かんぺい/1949年〜)
 『涙の数だけ笑おうよ−林家かん平奮闘記−』(2016年/竹藤恵一郎)


バンカー・スプレックルス
(Bunker Spreckels/1949年~1977年)
 『バンカー77』(2017年/枡田琢治)


ピエール・コモワ(ピエール・エ・ジル)
(Pierre Commoy(Pierre et Gilles)/1949年〜)
 『ピエール&ジルと仲間たちの愛と芸術の日々』(1997年/マイク・アホ)


フィリップ・プティ
(Philippe Petit/1949年〜)
 『マン・オン・ワイヤー』(2008年/ジェイムズ・マーシュ)
 『ザ・ウォーク』(2015年/ロバート・ゼメキス


ブルース・スプリングスティーン
(Bruce Frederick Joseph Springsteen/1949年~)
 『ウエスタン・スターズ』(2019年)


マーク・オブライエン
(Mark O'Brien/1949年〜1999年)
 『セッションズ』(2012年/ベン・リューイン


松田優作
(まつだ ゆうさく/1949年〜1989年)
 『蘇える優作 「探偵物語」特別編』(1998年/村川透、ほか)
 『SOUL RED 松田優作』(2009年/御法川修


村上春樹
(むらかみ はるき/1949年~)
 『ドリーミング村上春樹』(2017年/ニテーシュ・アンジャーン)


森崎偏陸
(もりさき へんりっく/1949年〜)
 『へんりっく 寺山修司の弟』(2009年/石川淳志)


矢沢永吉
(やざわ えいきち/1949年〜)
 『矢沢永吉/RUN&RUN』(1980年/根本順善)
 『E.YAZAWA ROCK』(2009年/増田久雄)


山口小夜子
(やまぐち さよこ/1949年〜2007年)
 『氷の花火 山口小夜子』(2015年/松本貴子)


山口冨士夫
(やまぐち ふじお/1949年〜2013年)
 『山口冨士夫/皆殺しのバラード』(2014年/川口潤


リンダ・ラヴレース
(Linda Lovelace/1949年〜2002年)
 『ラヴレース』(2012年/ロバート・エプスタイン、ジェフリー・フリードマン


遠藤ミチロウ
(えんどう みちろう/1950年〜2019年)
 『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』(2015年/遠藤ミチロウ
 『SHIDAMYOJIN シダミョウジン』(2017年/遠藤ミチロウ、小沢和史)


ゲルハルト・シュタイデル
(Gerard Steidl/1950年〜)
 『世界一美しい本を作る男 シュタイデルとの旅』(2010年/ゲレオン・ヴェツェル、ヨルグ・アドルフ)


天龍源一郎
(てんりゅう げんいちろう/1950年〜)
 『LIVE FOR TODAY‐天龍源一郎‐』(2016年/川野浩司


トニー・ウィルソン
(Tony Wilson、Anthony Howard Wilson/1950年〜2007年)
 『24アワー・パーティ・ピープル』(2002年/マイケル・ウィンターボトム


友川カズキ
(ともかわ かずき/1950年〜)
 『友川カズキ 花々の過失』(2010年/ヴィンセント・ムーン)
 『どこへ出しても恥かしい人』(2019年/佐々木育野)


坂東玉三郎
(ばんどう たまさぶろう/1950年〜)
 『書かれた顔』(1995年/ダニエル・シュミット


ヘルツォーク&ド・ムーロン(Herzog & de Meuron)
ジャック・ヘルツォーク(Jacques Herzog/1950年~)
ピエール・ド・ムーロン(Pierre de Meuron/1950年~)
 『鳥の巣 北京のヘルツォーク&ド・ムーロン』(2008年/クリストフ・シャウプ、ミヒャエル・シントヘルム)


リービ英雄
(りーび ひでお/1950年~)
 『異境の中の故郷』(2014年/大川景子)