さようなら、ミスター・アメリカン・ライダー


映画『ラストムービー』予告編

 

 

 

 遠い遠い昔の話 映画が始まると皆が微笑んだ時代があった

 僕にもそんな機会があって 皆を驚かすことができるかなと

 ちょっとは感銘を与えられるかなと思った

 

 でも71年に大きな衝撃があった 僕が知ったのは天国の門も開いた後

 あまりの衝撃に連中が犯したことまで知った

 家から出るのも嫌になるような話

 ビリーとキャプテンが撃たれた時 泣いたかどうかは覚えていない

 でもその時何かが変わり何かが終わった 映画が終わる時が来たんだ

 

 じゃあさようなら、ミスター・アメリカン・ライダー

 僕はひとりで歩いて映画館へ行った この作品なら館内も静かなはず

 でも誰かがビールを飲んでコーンを頬張っていた

 映画が終わるなんてありえない 映画が終わるなんてありえないと

 

 幻のライオンのことは覚えている? 血の流れるフィルムなんか信じてる?

 もし霊媒師の言う通り あの校舎に神様がいたらの話だけど

 ねえ椰子の木の縫いぐるみなら信じてる?

 神様の理念は人を目覚めさせることができるかな?

 じっくり考えるにはどうしたらいいか彼らにも教えてくれる?

 

 君がシネフィルだってことはわかってた なぜって先生を招いたから

 君たち二人とも時計は捨てていたけどね あのサウンドトラックは最高だった

 僕が観たのは10にもなる前 カマドウマみたいな体勢で

 ヒッピーのヒッチハイカーやおかしな弁護士なんかを乗せたりして

 でも清らかな水が歌ったように運がなかったことはわかってる

 最後の映画はとっくに終わっていたんだ

 

 僕らは歌いだす さようなら、ミスター・アメリカン・ライダー

 僕はひとりで歩いて映画館へ行った この作品なら館内も静かなはず

 でも誰かがビールを飲んでコーンを頬張っていた

 映画が終わるなんてありえない 映画が終わるなんてありえないと

 

 何十年も好きにやってきた 怒鳴り散らしても許された

 でももう昔とは違うんだ 王や女王のために召使が民家を壊した

 ジェームス・ディーンを車ごとへこませて カメラを止めるなと叫ぶ声

 

 王が息切れを起こした隙に 茶色い缶詰が王冠を盗んだ

 今頃は缶詰の中身を網で救い取った連中を 王や女王が罵っている

 ゴジラが蒲田を泳いでいるとき 芸術村の老人が漫画ごと掃き捨てた

 僕たちは競輪場の傍で葬送曲を歌った とうに終わった映画のために

 

 僕たちは歌う さようなら、ミスター・アメリカン・ライダー

 僕はひとりで歩いて映画館へ行った この作品なら館内も静かなはず

 でも誰かがビールを飲んでコーンを頬張っていた

 映画が終わるなんてありえない 映画が終わるなんてありえないと

 

 ランナーも北へ行くような夏の日の滑り台から

 網目の住人たちは子供たちとともに向かい 天空高く昇って急降下

 かつての缶詰の前で茫然とした

 すぐに屈強な青年たちがKマートにパスを出した

 夜の街にいる最初の道化師もボールを受け取る距離にいた

 

 僅かな時間、館内は活気に満ち 軍曹の偽物もあの曲を演奏してくれる

 僕たちも急いで駆け付けようとしたけれど その場所には辿りつけない

 見飽きた奴らが劇場を1人占めしているからだ

 大衆と老人は広場を譲ろうとしない

 さて話をもどそう 何が終わったか知っている?

 明後日は最後の映画の日じゃないか!

 

 僕たちは歌い始める さようなら、ミスター・アメリカン・ライダー

 僕はひとりで歩いて映画館へ行った この作品なら館内も静かなはず

 でも誰かがビールを飲んでコーンを頬張っていた

 映画が終わるなんてありえない 映画が終わるなんてありえないと

 

 そう僕たちは幸運な息子ではない アヒルと戯れるビリーを見た世代だ

 アヒルの村の漁師が覗き仲間と一緒に去った今

 もう“俺たちの世代”なんか聴くつもりはない

 満足できないと叫んでスクリーンに突進する

 昼の迷子の声を聞き違えた奴まで突進する

 なぜか僕たちとは別の場所に向かって進んでいった

 

 思い込みが舞台を壊す様を見てたら 怒りさえ虚しく溶けてしまった

 近所で育まれた自由たちも 紅い布きれを解くことができずにいた

 かりそめの儀式を賑やかすため 霧が街中を湿らせたとき

 ジャック・オ・ランタンだけが笑うのを見た 映画はとうに終わっていた

 

 あいつは歌っていた さようなら、ミスター・アメリカン・ライダー

 僕はひとりで歩いて映画館へ行った この作品なら館内も静かなはず

 でも誰かがビールを飲んでコーンを頬張っていた

 映画が終わるなんてありえない 映画が終わるなんてありえないと

 

 「ヘイ・ジュード」が好きな女の子に会った

 彼女の後ろのピエロに楽しい報せを期待した

 でもどこか悲しそうに微笑むと階段を下りて行ってしまった

 僕にとっても大事な館に入って行った ここで昔、映画を観た

 でもオーナーは期待に沿えるものはもうかからないと言った

 

 館内では子供達が歌っていた 恋人達も声を上げていた 老人は夢を見ていた

 僕は凍りついてしまって言葉もない 座席は全部埋まっていて

 せっかく黒い水が消えてオレンジの陽光が射してきたはずなのに

 ジョナスは2019年に旅の追憶からロスト・ロスト・ロスト……

 映画が終わった日

 

 そして皆歌っていた さようなら、ミスター・アメリカン・ライダー

 僕はひとりで歩いて映画館へ行った この作品なら館内も静かなはず

 でも誰もがビールを飲んで手元を光らせていた

 映画が終わるなんてありえない 映画が終わるなんてありえないと


Don McLean performs American Pie live at BBC in 1972 - Newsnight archives

 上記拙文の元ネタ ドン・マクリーン「アメリカン・パイ」