芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(その他書籍:国内17)

[その他書籍(国内17)] 2000年〜2001年



青木淳『住宅論 12のダイアローグ』(2000年)
青木淳『Atmospherics』(2000年)
青柳いづみこ『青柳瑞穂の生涯 真贋のあわいに』(2000年)
赤坂憲雄『東西/南北考 いくつもの日本へ』(2000年)
赤坂憲雄『海の精神史 柳田国男の発生』(2000年)
朝倉喬司『怪盗疾る 型破り!明治侠骨伝』(2000年)
朝倉喬司『電子・少女・犯罪』(2000年)
浅田彰『20世紀文化の臨界』(2000年)
浅田彰『映画の世紀末』(2000年)
浅羽通明『教養論ノート』(2000年)
浅羽通明『野望としての教養 大学講義』(2000年)
足立倫行『海洋ニッポン 未知の領域に挑む人びと』(2000年)
安達正勝『二十世紀を変えた女たち キュリー夫人・シャネル・ボーヴォワールシモーヌ・ヴェイユ』(2000年)
阿部嘉昭『日本映画が存在する』(2000年)
阿部和重アブストラクトなゆーわく』(2000年)
天沼春樹 『夢みる飛行船 イカロスからツェッペリンまで』(2000年)
網野善彦『「日本」とは何か』(2000年)
網野善彦『歴史としての戦後史学』(2000年)
網野善彦石井進『米・百姓・天皇 日本史の虚像のゆくえ』(2000年)
網野善彦笠松宏至『中世の裁判を読み解く』(2000年)
網野善彦、森浩一『この国のすがたを歴史に読む(この国のすがたと歴史)』(2000年)
荒俣宏『髪の文化史』(2000年)
飯島愛プラトニック・セックス』(2000年)
池内了『私のエネルギー論』(2000年)
池田智、松本利秋『早わかりアメリカ』(2000年)
いしいしんじ『グレートピープル。ストレンジ。』(2000年)
泉麻人『僕の昭和歌謡曲史』(2000年)
一橋文哉『オウム帝国の正体』(2000年)
伊藤一男『新考 伊能忠敬』(2000年)
伊藤雅俊、斎藤善之、網野善彦『「商い」から見た日本史 市場経済の奔流をつかむ』(2000年)
今井むつみ『心の生得性 言語・概念獲得に生得的制約は必要か』(2000年)
植田正治『私の写真作法』(2000年)
宇佐美ミサ子『宿場と飯盛女』(2000年)
梅棹忠夫『近代世界における日本文明 比較文明学序説』(2000年)
梅本洋一『映画=日誌  ロードムーヴィーのように』(2000年)
江沢洋・鈴木増雄・渡辺敬二・田崎晴明『くりこみ群の方法』(2000年)
遠藤勝勧『見る測る建築』(2000年)
大石学『多摩と江戸 鷹場・新田・街道・上水』(2000年)
大崎善生『聖の青春』(2000年)
大塚英志『物語の体操』(2000年)
大山友之『都子 聞こえますか  オウム坂本一家殺害事件・父親の手記』(2000年)
奥富敬之『時頼と時宗』(2000年)
押井守『犬の気持ちは、わからない 〜熱海バセット通信〜』(2000年)
小田嶋隆『人はなぜ学歴にこだわるのか。』(2000年)
梶尾真治『カジシンの躁宇宙+馬刺し編』(2000年)
鹿島茂『衝動買い日記』(2000年)
鹿島茂『セーラー服とエッフェル塔』(2000年)
春日武彦『不幸になりたがる人たち 自虐指向と破滅願望』(2000年)
加藤鷹『秘技伝授』(2000年)
金井美恵子『ページをめくる指』(2000年)
金子郁容鈴木寛、渋谷恭子『コミュニティ・スクール構想 学校を変革するために』(2000年)
金子正臣『セクハラ防止完全マニュアル』(2000年)
華原朋美『未来を信じて』(2000年)
上笙一郎文化学院児童文学史 稿』(2000年)
萱野茂アイヌ歳時記 二風谷のくらしと心』(2000年)
柄谷行人『倫理21』(2000年)
河合敦『[図解]知ってるようで知らない昭和史』(2000年)
川崎ぶらいとうせいこう『禅繪魂 是は何ぞ。』(2000年)
河邑厚徳+グループ現代『エンデの遺言 根源からお金を問うこと』(2000年)
河本英夫オートポイエーシスの拡張』(2000年)
木下長宏『大学生のためのレポート・小論文の書きかた』(2000年)
工藤律子、篠田有史『家族と生きる意味 フィリピン・マニラのストリートチルドレン』(2000年)
倉本一宏『摂関政治と王朝貴族』(2000年)
黒田龍之助『外国語の水曜日 学習法としての言語学入門』(2000年)
五木田智央『ランジェリー・レスリング』(2000年)
小沼純一『アライヴ・イン・ジャパン 日本で音楽する外国人たち』(2000年)
小沼純一サウンドエシックス これからの「音楽文化論」入門』(2000年)
小浜逸郎『なぜ人を殺してはいけないのか 新しい倫理学のために』(2000年)
小林信也『カツラーの秘密』(2000年)
駒形克己『なみだ』(2000年)
小谷野敦『新編八犬伝綺想』(2000年)
小谷野敦『恋愛の超克』(2000年)
斎藤貴男『機会不平等』(2000年)
斉藤環戦闘美少女の精神分析』(2000年)
佐伯啓思『貨幣・欲望・資本主義(貨幣と欲望 資本主義の精神解剖学)』(2000年)
酒井シヅ『医学史への誘い 医療の原点から現代まで』(2000年)
鷺沢萠『サギサワ@オフィスめめ』(2000年)
鷺沢萠『ナグネ・旅の途中 場所とモノと人のエッセイ集(ありがとう。)』(2000年)
佐藤貞樹『高橋竹山に聴く 津軽から世界へ』(2000年)
佐藤直樹『どんづまりの時代の眠らない思想 エジンバラの不思議な記憶と現象学』(2000年)
佐藤秀夫『学校教育うらおもて事典』(2000年)
佐藤雅彦『プチ哲学』(2000年)
佐藤雅彦『キノの本』(2000年)
佐藤雅彦竹中平蔵『経済ってそういうことだったのか会議』(2000年)
佐藤道夫『「不祥事続出警察」に告ぐ』(2000年)
椹木野依『平坦な戦場でぼくらが生き延びること 岡崎京子論』(2000年)
清水潔『遺言 桶川ストーカー事件の深層』(2000年)
白石顕二『アフリカ映画紀行』(2000年)
白倉敬彦早川聞多、他『浮世絵春画を読む』(2000年)
新谷尚紀『神々の原像 祭祀の小宇宙』(2000年)
陣野俊史じゃがたら』(2000年)
杉岡幸徳『ゲオルク・トラークル、詩人の誕生』(2000年)
鈴木登美『語られた自己 日本近代の私小説言説』(2000年)
諏訪春雄『安倍晴明伝説』(2000年)
千石保『「普通の子」が壊れてゆく』(2000年)
高野秀行『極楽タイ暮らし「微笑みの国」のとんでもないヒミツ』(2000年)
高橋順子『川から来た人』(2000年)
高橋順子『貧乏な椅子』(2000年)
高山文彦『愚か者の伝説 大仁田厚という男』(2000年)
高山文彦『運命(アクシデント)』(2000年)
多木浩二ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」精読』(2000年)
立川談志『談志百選』(2000年)
巽孝之『日本SF論争史』(2000年)
巽孝之『メタファーはなぜ殺される 現在批評講義』(2000年)
巽孝之アメリカ文学史のキーワード』(2000年)
田中明彦『ワード・ポリティクス グローバリゼーションの中の日本外交』(2000年)
田中聡『地図から消えた東京遺産 人物探訪』(2000年)
田中伸介『しあわせのはね』(2000年)
たむらしげる『星の旅行記 Mr.Q’s Travel』(2000年)
たむらしげる『虹のコレクション Mr.Q’s Collection』(2000年)
たむらしげる『ひいらぎはかせとフロストマン』(2000年)
近角聡信『続・日常の物理事典』(2000年)
塚越恵美『自衛隊官舎若妻日記』(2000年)
釣崎清隆『世界残酷紀行 死体に目が眩んで』(2000年)
所功『国旗・国歌と日本の教育』(2000年)
土佐正道明和電機ショートストーリー』(2000年)
戸田山和久『論理学をつくる』(2000年)
富田三樹生『東大病院精神科の30年』(2000年)
豊田正義『壊れかけていた私から壊れそうなあなたへ』(2000年)
内藤正人『色競 未公開肉筆画帖』(2000年)
中島義道『私の嫌いな10の言葉』(2000年)
長島有里枝『PASTIME PARADISE』(2000年)
中島らも、ミスター・ヒト『クマと闘ったヒト』(2000年)
中野正貴『東京窓景』(2000年)
中村好文『住宅巡礼』(2000年)
夏野剛iモード・ストラテジー 世界はなぜ追いつけないか』(2000年)
生井英考『負けた戦争の記憶 歴史のなかのヴェトナム戦争』(2000年)
並木恵司、並木浩一『腕時計雑学ノート 文字盤の裏側にあるのはムーヴメントだけじゃない』(2000年)
ナンシー関ナンシー関の記憶スケッチアカデミー』(2000年)
難波功士『「広告」への社会学』(2000年)
早川聞多春画のなかの子供たち』(2000年)
林茂『基本 イタリアンワイン』(2000年)
原武史大正天皇』(2000年
ビートたけし『偽善の爆発 初級人間学講座 時事問題講義(私ばかりがなぜもてる たけしの初級賢者学講座)』(2000年)
ビートたけし『ニッポン文化大革命 初級人間学講座 基礎常識講義(そのバカがとまらない たけしの中級賢者学講座)』(2000年)
ビートたけし『僕は馬鹿になった。ビートたけし詩集』(2000年)
姫野カオルコ『すべての女は痩せすぎである』(2000年)
広末涼子藤代冥砂ヒロスエ、ハタチ。』(2000年)
廣瀬裕子『ハッピーライフ』(2000年)
福留功男ウルトラクイズ伝説』(2000年)
藤島大ラグビーの世紀』(2000年)
藤本正行『鎧をまとう人びと』(2000年)
本多勝一『マスコミかジャーナリズムか』(2000年)
町田忍『ザ・チョコレート大博覧会』(2000年)
町田忍『散歩のすすめ ウの目タカの目マチダの眼』(2000年)
町田康耳そぎ饅頭』(2000年)
町山智浩アメリカ横断TVガイド』(2000年)
松尾光『万葉集101の謎』(2000年)
松島駿二郎タスマニア最後の「女王」トルカニニ』(2000年)
松原研二『じゃがたら写真集』(2000年)
松本健一竹内好「日本のアジア主義」精読』(2000年)
松本健一『評伝佐久間象山』(2000年)
真鍋祐子『光州事件で読む現代韓国』(2000年)
みうらじゅんとんまつりJapan』(2000年)
三浦俊彦『論理学入門 推論のセンスとテクニックのために』(2000年)
宮子あずさ『気持ちのいい看護』(2000年)
宮崎哲弥『新世紀の美徳 ヴァーチャス・リアリティ』(2000年)
宮崎哲弥『人権を疑え』(2000年)
宮下久夫『分ければ見つかる知ってる漢字 白川静先生に学んで漢字の学習システムをつくる 宮下久夫遺稿集』(2000年)
ムラマツエリコ、なかがわみどり『k.m.pの金もーけプロジェクト。』(2000年)
森達也放送禁止歌』(2000年)
森雅裕『鐵のある風景 日本刀をいつくしむ男たち』(2000年)
安冨歩『貨幣の複雑性 生成と崩壊の理論』(2000年)
柳田邦男『脳治療革命の朝』(2000年)
山尾三省アニミズムという希望 講演録・琉球大学の五日間』(2000年)
山川出版社『地域の世界史』(2000年)
山口昌男『敗者学のすすめ』(2000年)
山口昌男『独断的大学論』(2000年)
山粼努『俳優のノート』(2000年)
山下裕二岡本太郎宣言』(2000年)
山下裕二『室町絵画の残像』(2000年)
柚木沙弥郎『魔法のことば エスキモーに伝わる詩』(2000年)
吉岡忍『M/世界の、憂鬱な先端』(2000年)
吉谷桂子『吉谷桂子のガーデンライフ12カ月』(2000年)
吉増剛造『ことばの古里、ふるさと福生』(2000年)
吉見俊哉カルチュラル・スタディーズ』(2000年)
吉見俊哉『メディア・スタディーズ』(2000年)
米田雄介『正倉院宝物と平安時代』(2000年)
米原万里『ガセネッタ&シモネッタ(ガセネッタとシモネッタ)』(2000年)
若桑みどり『象徴としての女性像 ジェンダー史から見た家父長制社会における女性表象』(2000年)
若桑みどり『イメージの歴史』(2000年)
若林幹夫『都市の比較社会学 都市はなぜ都市であるのか』(2000年)
若林幹夫、三浦展、他『「郊外」と現代社会』(2000年)
渡辺貞夫『One in the same:笑顔つなげて』(2000年)
渡邊恒雄『渡邊恒雄回顧録』(2000年)
渡邉義浩『図解雑学三国志』(2000年)
和田誠和田誠 時間旅行』(2000年)
青山真治阿部和重、他/稲川方人、篠原一(編)『ロスト・イン・アメリカ』(2000年)
荒このみ、谷川道子(編)『境界の「言語」 地球化/地域化のダイナミクス』(2000年)
内海愛子徐京植高橋哲哉(編)『石原都知事三国人」発言の何が問題なのか』(2000年)
梅本洋一、木下長宏、大里俊晴(編)『現代フランスを知るための36章』(2000年)
SD編集部(編)『モダンデザインの秀作135 白陶磁器・透明ガラスのプロダクツ』(2000年)
大石学(編)『江戸時代への接近』(2000年)
鬼塚大輔(編)『ザ・ビークル・ムービーズ 映画狂スピード主義』(2000年)
川北稔、木畑洋一(編)『イギリスの歴史 帝国=コモンウェルスのあゆみ』(2000年)
川北稔、指昭博(編)『周縁からのまなざし もうひとつのイギリス近代』(2000年)
小幡貴一、小幡友貴(編)『不死蝶 岸田森』(2000年)
富田虎男、鵜飼裕典、佐藤円(編)『アメリカの歴史を知るための63章』(2000年)
東京大学出版会『越境する知』(2000年~2001年)
鴨志田穣西原理恵子『アジアパー伝』(2000年〜2004年)
永田泰大『ゲームの話をしよう』(2000年〜2005年)
朝倉喬司『誰が私を殺したの 三大未解決殺人事件の迷宮(女性未解決事件ファイル 東電OL殺人事件・女医殺人事件・スチュワーデス殺人事件)』(2001年)
東浩紀動物化するポストモダン オタクから見た日本社会』(2001年)
安達正勝『ナポレオンを創った女たち』(2001年)
アダム・カバット『妖怪草紙 くずし字入門』(2001年)
阿部嘉昭『精解サブカルチャー講義』(2001年)
網野善彦『歴史を考えるヒント』(2001年)
網野善彦『中世民衆の生業と技術』(2001年)
網野善彦『「日本」をめぐって 網野善彦対談集』(2001年)
安藤正純、石田英恒『ワールドカップを100倍楽しむためのフーリガン完全対策読本』(2001年)
飯塚訓『墜落現場 遺された人たち 御巣鷹山日航123便の真実』(2001年)
池田輝政戸田山和久、他『成長するティップス先生 授業デザインのための秘訣集』(2001年)
石丸元章『神風』(2001年)
市川浩『身体論集成』(2001年)
一橋文哉『宮崎勤事件 塗り潰されたシナリオ』(2001年)
糸井重里『インターネット的』(2001年)
糸井重里ほぼ日刊イトイ新聞の本』(2001年)
伊藤文學『薔薇ひらく日を 『薔薇族』と共に歩んだ30年』(2001年)
伊藤文學『編集長「秘話」(『薔薇族』編集長)』(2001年)
今福龍太『フットボールの新世紀 美と快楽の身体』(2001年)
今福龍太『ここではない場所 イマージュの回廊へ』(2001年)
上原善広『28 上原善広詩集』(2001年)
魚住昭『特捜検察の闇』(2001年)
梅棹忠夫『文明の生態史観はいま』(2001年)
梅田望夫シリコンバレーは私をどう変えたか 起業の聖地での知的格闘記』(2001年)
大石学『徳川吉宗・国家再建に挑んだ将軍』(2001年)
大石学『地名で読む江戸の町』(2001年)
大杉漣『現場者(げんばもん) 300の顔をもつ男』(2001年)
大瀧詠一『オール・アバウト・ナイアガラ』(2001年)
大竹まこと宮崎哲弥『これがマコトの日本の大論点』(2001年)
大塚ひかり『太古、ブスは女神だった(ブス論)』(2001年)
岡崎勝『楽しくやろう!「子育て」改革』(2001年)
岡田暁生『オペラの運命 十九世紀を魅了した「一夜の夢」』(2001年)
緒方正人『チッソは私であった 水俣病の思想』(2001年)
岡本太郎『リリカルな自画像』(2001年)
岡本太郎『疾走する自画像』(2001年)
岡本敏子『恋愛芸術家』(2001年)
沖浦和光『幻の漂泊民・サンカ』(2001年)
オバタカズユキ『何のために働くか』(2001年)
加来耕三『宮本武蔵事典』(2001年)
笠井爾示『波珠』(2001年)
鹿島茂『文学は別解で行こう』(2001年)
鹿島茂『人獣戯画の美術史』(2001年)
鹿島茂『解説屋稼業』(2001年)
鹿島茂『背中の黒猫』(2001年)
鹿島茂張競、他『オン・セックス』(2001年)
春日武彦『病んだ家族、散乱した室内 援助者にとっての不全感と困惑について』(2001年)
春日武彦『子供のまま大人になった人たち(残酷な子供とグロテスクな大人)』(2001年)
金井美恵子『ノミ、サーカスへゆく』(2001年)
金子兜太、、いとうせいこう『他流試合 兜太・せいこうの新俳句鑑賞』(2001年)
金子隆一『ゲノム解読がもたらす未来』(2001年)
金子隆一『新世紀未来科学』(2001年)
河合祥一郎ハムレットは太っていた!』(2001年)
川上弘美『なんとなくな日々』(2001年)
川上弘美『ゆっくりさよならをとなえる』(2001年)
川北稔『アメリカは誰のものか ウェールズ王子マドックの神話』(2001年)
川北稔『ウォーラーステイン』(2001年)
川島雄三『花に嵐の映画もあるぞ』(2001年)
河原仁志『筋ジストロフィーってなあに?』(2001年)
神崎宣武『三三九度 日本的契約の民俗誌』(2001年)
姜尚中吉見俊哉グローバル化の遠近法 新しい公共空間を求めて』(2001年)
鬼海弘雄『しあわせ:インド大地の子どもたち』(2001年)
キクチミチタカ『ウルトラマン・イン・ザ・リアル』(2001年)
北野武『余生』(2001年)
木原浩勝、市ヶ谷ハジメ、岡島正晃『都市の穴』(2001年)
京極夏彦、多田克己、村上健司『妖怪旅日記』(2001年)
切通理作『宮﨑駿の〈世界〉』(2001年)
工藤隆雄『山小屋主人の炉端話』(2001年)
工藤雅樹蝦夷の古代史』(2001年)
工藤律子、篠田有史『勇気ある母親になりたい メキシコの幼きシングルマザーの闘い』(2001年)
倉田喜弘『「はやり歌」の考古学 開国から戦後復興まで』(2001年)
クラフト・エヴィング商會『ないもの、あります』(2001年)
黒川修司『ハイテク覇権の攻防 日米技術紛争』(2001年)
ゲッツ板谷板谷バカ三代』(2001年)
小池昌代『屋上への誘惑』(2001年)
小浜逸郎『「男」という不安』(2001年)
小浜逸郎『人生を深く味わう読書』(2001年)
小室直樹『痛快!憲法学 アメージング・スタディ(日本人のための憲法言論)』(2001年)
小谷野敦『バカのための読書術』(2001年)
小谷野敦『軟弱者の言い分』(2001年)
小谷野敦『片思いの発見』(2001年)
斉藤環若者のすべて ひきこもり系VSじぶん探し系』(2001年)
佐伯啓思『国家についての考察』(2001年)
堺憲一『日本経済のドラマ 経済小説で読み解く1945-2000』(2001年)
酒井隆史『自由論 現在性の系譜学』(2001年)
坂崎幸之助『ネコロジー ノラ猫トイとその仲間たちの物語』(2001年)
阪本敏夫『元刑務官が明かす刑務所のすべて』(2001年)
鷺沢萠『サギサワ@オフィスめめ でんでん虫国創立!建国編』(2001年)
佐々木敦『テクノイズ・マテリアリズム』(2001年)
佐々木利和『アイヌ文化誌ノート』(2001年)
佐々木陽子『総力戦と女性兵士』(2001年)
佐藤忠男『いま学校が面白い』(2001年)
佐藤直樹『「世間」の現象学』(2001年)
佐藤弓生『世界が海におおわれるまで』(2001年)
里見実『学ぶことを学ぶ』(2001年)
沢木耕太郎『世界は「使われなかった人生」であふれてる』(2001年)
柴田愛子、伊藤秀男『けんかのきもち』(2001年)
しまおまほ『女子校生ゴリコ』(2001年)
清水勲『日本近代漫画の誕生』(2001年)
村主康瑞『アンデスのサボテン』(2001年)
千石保『新エゴイズムの若者たち 自己決定主義という価値観』(2001年)
大道寺将司『友へ 大道寺将司句集』(2001年)
高杉晋吾『循環型社会の「モデル」がここにある。時代を切り拓く「勇者」の条件』(2001年)
高野秀行『極楽アジア気まぐれ旅行』(2001年)
高橋順子『けったいな連れ合い』(2001年)
高橋順子『富小路禎子』(2001年)
高橋順子、佐藤秀明『雨の名前』(2001年)
高山文彦『水の森』(2001年)
多木浩二『20世紀の精神 書物の伝えるもの』(2001年)
多木浩二『船とともに 科学と芸術クック第二の航海』(2001年)
滝本誠『きれいな猟奇 映画のアウトサイド』(2001年)
巽孝之『「2001年宇宙の旅」講義』(2001年)
巽孝之アメリカン・ソドム』(2001年)
田中肇、正者章子『花と昆虫 不思議なだましあい発見記』(2001年)
田辺聖子『姥ざかり花の旅笠 小田宅子の「東路日記」』(2001年)
谷川俊太郎『ひとり暮らし』(2001年)
種村季弘東海道書遊五十三次』(2001年)
種村季弘土方巽の方へ 肉体の60年代』(2001年)
種村季弘『東京迷宮考』(2001年)
田渕義雄『アウトドアライフは終わらない』(2001年)
たむらしげる『すなのおしろ』(2001年)
団鬼六『一期は夢よ、ただ狂え』(2001年)
粒来哲蔵『島幻記』(2001年)
鶴見俊輔夢野久作埴谷雄高』(2001年)
所功『近現代の「女性天皇論」』(2001年)
豊田正義『男たちのED事情』(2001年)
豊田正義『DV 殴らずにはいられない男たち』(2001年)
内藤朝雄『いじめの社会理論 その生態学的秩序の生成と解体』(2001年)
中河伸俊、北澤毅、土井隆義『社会構築主義スペクトラム パースペクティブの現在と可能性』(2001年)
中沢新一『佐久夜』(2001年)
中沢新一『フィロソフィア・ヤポニカ』(2001年)
中島らも『とらちゃん的日常』(2001年)
中島らもチチ松村『らもチチわたしの半生青春篇』(2001年)
永瀬正敏『贅沢な骨 麻生久美子/つぐみ 永瀬正敏写真集』(2001年)
長野陽一『シマノホホエミ』(2001年)
中原昌也『サクセスの秘密 中原昌也対談集』(2001年)
中平卓馬中平卓馬の写真論』(2001年)
中村敏雄『オフサイドはなぜ反則か』(2001年)
中村龍生『華を食らう侠たち』(2001年)
永山彦三郎『サーフィン型学校が子どもを救う!』(2001年)
中山康樹『ペット・サウンズ:ビーチ・ボーイズ』(2001年)
波平恵美子『生きる力をさがす旅』(2001年)
ニュータイプ編集部『円谷THE COMPLETE』(2001年)
爆笑問題『三三七拍子』(2001年)
羽仁礼『超常現象大事典』(2001年)
林一馬『伊勢神宮・大嘗宮建築史論』(2001年)
林葉直子『罪』(2001年)
原武史『可視化された帝国 近代日本の行幸啓』(2001年)
久郷ポンナレット『色のない空』(2001年)
日高敏隆『ネコはどうしてわがままか 不思議な「いきもの博物誌」』(2001年)
日高敏隆『動物の言い分人間の言い分』(2001年)
日高敏隆『春の数え方』(2001年)
ビートたけし『頂上対談』(2001年)
ビートたけし『お前の不幸には、訳がある!(たけしの上級賢者学講座)』(2001年)
ビートたけしビートたけしの黙示録』(2001年)
平野敏右『環境・災害・事故の事典』(2001年)
廣井脩『流言とデマの社会学』(2001年)
福永伸哉邪馬台国から大和政権へ』(2001年)
藤井淑禎『御三家歌謡映画の黄金時代 橋・舟木・西郷の「青春」と「あの頃」の日本』(2001年)
藤木久志『飢餓と戦争の戦国を行く』(2001年)
藤島大『知と熱 日本ラグビーの変革者・大西鉄之祐』(2001年)
藤本義一川島雄三、サヨナラだけが人生だ』(2001年)
藤原正彦天才の栄光と挫折』(2001年)
フローラン・ダバディ『「タンポポの国」の中の私』(2001年)
本郷真紹『白山信仰の源流 泰澄の生涯と古代仏教』(2001年)
本上まなみほんじょの天日干。』(2001年)
前間孝則、岩野裕一『日本のピアノ100年 ピアノづくりに賭けた人々』(2001年)
町田忍『痛快「捨てない!」技術』(2001年)
町田忍『ぶらり散策 懐かしの昭和 消えゆく昭和の建物をたずねて(懐かしの町 散歩術)』(2001年)
町田忍蚊遣り豚の謎 近代日本殺虫史考』(2001年)
町田康土間の四十八滝』(2001年)
町田康人生を救え!』(2001年)
松浦寿輝『表象と倒錯 エティエンヌ=ジュール・マレー』(2001年)
松尾聰、松尾八州子、松尾光『忘れえぬ女性 松尾聰遺稿拾遺と追憶』(2001年)
幻の名盤解放同盟『幻の名盤百科全書』(2001年)
みうらじゅん『新「親孝行」術』(2001年)
三浦於菟、波平恵美子、福生吉裕、土屋喬『未病息災 成人病予防の生き方ブック』(2001年)
三木卓『When I'm 64 64歳になったら』(2001年)
三木卓、高橋順子、新藤涼子『百八つものがたり 連詩』(2001年)
水谷千秋『謎の大王 継体天皇』(2001年)
皆神龍太郎志水一夫加門正一『新トンデモ超常現象56の真相』(2001年)
南田勝也『ロックミュージックの社会学』(2001年)
宮崎哲弥憂国の方程式』(2001年)
宮崎哲弥藤井誠二『少年の「罪と罰」論(少年をいかに罰するか)』(2001年)
宮崎哲弥金子勝木村剛『日本経済「出口」あり』(2001年)
宮田登『都市空間の怪異』(2001年)
宮本常一『女の民俗誌』(2001年)
宮脇俊三『乗る旅・読む旅』(2001年)
宮脇俊三『七つの廃線跡』(2001年)
三輪裕範『ローズ奨学生 アメリカの超エリートたち』(2001年)
武藤滋夫『ゲーム理論入門』(2001年)
村井章介北条時宗と蒙古襲来』(2001年)
毛利衛『宇宙からの贈りもの』(2001年)
本川達雄『ヒトデ学 棘皮動物のミラクルワールド』(2001年)
本村凌二『馬の世界史』(2001年)
森達也『スプーン 超能力者の日常と憂鬱(職業欄はエスパー)』(2001年)
矢玉四郎矢玉四郎のちゃんとわかるとけい』(2001年)
柳家小三治『落語家論』(2001年)
山口昌男内田魯庵山脈 〈失われた日本人〉発掘』(2001年)
山口昌男『はみ出しの文法 敗者学をめぐって』(2001年)
山田塊也『トワイライト・フリークス 黄昏の対抗文化人たち』(2001年)
山田雄司崇徳院怨霊の研究』(2001年)
山本博文『『葉隠』の武士道 誤解された「死狂ひ」の思想』(2001年)
山本善明『日本航空事故処理担当』(2001年)
吉田菊次郎『洋菓子はじめて物語』(2001年)
吉増剛造『燃えあがる映画小屋』(2001年)
吉増剛造『剥きだしの野の花 詩から世界へ』(2001年)
米原万里『真夜中の太陽』(2001年)
米原万里『ヒトのオスは飼わないの?』(2001年)
米原万里嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(2001年)
リービ英雄『日本語を書く部屋』(2001年)
若桑みどり『皇后の肖像 昭憲皇太后の表象と女性の国民化』(2001年)
鷲田清一『〈弱さ〉のちから ホスピタブルな光景』(2001年)
渡辺貞夫『My Dear Life 渡辺貞夫 音楽生活50年』(2001年)
渡辺智之『インターネットと課税システム』(2001年)
渡辺裕『西洋音楽演奏史論序説 ベートーヴェン ピアノ・ソナタの演奏史研究』(2001年)
浅羽通明(編)『「携帯電話的人間」とは何か "大デフレ時代"の向こうに待つ"ニッポン近未来図"』(2001年)
沖浦和光徳永進(編)『ハンセン病 排除・差別・隔離の歴史』(2001年)
サブカルチャー世界遺産選定委員会(編)『サブカルチャー世界遺産』(2001年)
全国自立生活センター協議会(編)『自立生活運動と障害文化 当事者からの福祉論』(2001年)
芳賀日出男(監)『祝祭 世界の祭り・民俗・文化』(2001年)
松本健一『地の記憶をあるく』(2001年~2002年)
12話会『1/49計画』(2001年~)