自己紹介やら目次やら(編集中)

 投稿日付を未来に設定して常にブログのトップに表示されるようにする、というのは説明するまでもないことのような気もしていたのだけれど、わざわざコメントで突っ込みを入れている人を見かけたこともあるので、念のため、先にその旨を書き記しておきます。

 

美月雨竜(みづき うりゅう)

 1986年、北海道十勝地方生まれ。永遠の求職者。心に大風邪をひいて静養の日々。

 高校卒業後は札幌、そして神奈川で色々と勉強に励むも、湿度や人の群れに耐えられず、また十勝に帰ってきた(逃げてきたとも言う)。

 ザ・ビートルズ『マジカル・ミステリー・ツアー』、竹村延和『ソングブック』、DOOPEES『DOOPEE TIME』、デレク・ジャーマン『ザ・ラスト・オブ・イングランド』、『水曜どうでしょう』、さまぁ~ず、これらを定期的に摂取しないと生命が維持できない。

 ブログは基本的に毎週日曜と水曜に更新しています。

 略歴:総合学園ヒューマンアカデミー札幌校 ゲームカレッジ ゲームプランナー専攻

 日本映画学校(現・日本映画大学) 21期脚本ゼミ

 Twitter:@miumizuki

 

 

 

リスト系記事の目次

 

芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト

 様々な人・媒体で紹介された各ジャンルの必見・必読・必聴作品のリスト(私が個人的に選んだ作品も含む)。私自身がこれから観たり聴いたり読んだりするためのメモ代わりである。ようするに、備忘録。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130814/1376392193

 

「作家=俳優」映画リスト(海外編)

 異業種監督の中でも、俳優またはコメディアン、ミュージシャンなど演じることを生業とする人たちの監督作リスト。本業は映画作家だが、特に役者としての活躍も多い作家も加えてある(誕生順)。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131027/1382876094

「作家=俳優」映画リスト(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131023/1382485847

 

映画についての映画リスト

 映画についての映画のリスト。
 映画がテーマのものや、劇中で映画に関することが描かれていたりするもの、あるいは主要人物が映画に関連していたりするもの。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131009/1381271421

 

アーティスト映画リスト

 実在のアーティストを描いた映画(ドキュメンタリー含む)のリスト。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130929/1388903697

 

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(海外編)

 暇で奇特な知人たちと共に集計した名曲ベスト。好み、後世への影響、偉大さ、完成度、ヘンテコ度、普及率など様々な要素を踏まえて、あくまで私の狭い交友関係の中でも特に偏った十数名によって選ばれた500曲です。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130310/1362871182

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130313/1362872307

 

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(海外編)

 最初に掲載したのは2013年の7月ですが、後に発表された作品や知った作品、あるいは気分の変化によって加えたり上下させたりしたくなったものは随時、加筆・修正しています。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130721/1374406859

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130717/1374018287

 

好きな映画

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514963

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514916

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514850

 

挨拶代わりの小話

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20000101/1490921224

 

 

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

 
ソングブック

ソングブック

 
DOOPEE TIME

DOOPEE TIME

 
ラスト・オブ・イングランド [DVD]

ラスト・オブ・イングランド [DVD]

 
さまぁ~ずライブ11 通常版 [DVD]
 

「宇宙は生命の数だけ存在する」

 「平成のゲーム最高の1本」の第1位を『クロノ・トリガー』が獲得したらしく、これを機に映画化なんて話も出てきたりするかもしれないけれど好きな作品だけに不安のほうが大きく、でもたつき監督だったら観てみたいな、なんて思うものの、たつき監督には『クロノ・トリガー』よりも『ジーンダイバー』のリメイクを先に手掛けてほしく、その際はエンドクレジットにすかんちの「YOUYOUYOU」は有りだけれどクリマカーユの「がんばってダーリン!」は無しの方向でお願いしたいです(劇中で誰かが聴いていてイヤホンから少し漏れてる、とかなら大丈夫)。

 鳥山明先生の描くキャラクターがあまり好きではないと知人等に何度か話したことがあるのだけれど、ゲームとしての『ドラゴンクエスト』は好きだし、『Dr.スランプ』と『クロノ・トリガー』に関しては絵も気にならず(「クロノ」に至っては、気にならないどころか鳥山先生の絵だから良いのだろうと普通に思える)、つまり自分は『ドラゴンボール』(および筋肉の強調されたタイプの鳥山先生の描くキャラクター)が苦手なだけなのではないかと気づくまでに結構な時間を要してしまい、そうこうしている間に色々あって心を病んで実家に逃げ帰ってきてしまったものだから、精神を更に疲弊させるような人間から遠ざかることはできたものの、数少ない楽しく会話できる方々とも遠く離れてしまったため、誰が聞いてくれるわけでもないのにこうしてブログに書き散らかしているうちに平成も終わろうとしているようである。大きな環境の変化というものは、精神衛生上好ましくない場合のほうが多く、なるべく世間の動向は気にしないよう心掛けているものの、気になるくらいに「平成が終わる、平成が終わる」と世間様が騒ぐものだから、意思の弱い私には目を背け続けることもできず気になってしょうがない。いっそ、自らお祭り騒ぎに加わってやろうかとも考えたが、お祭り騒ぎへの参加だけは強い意思をもって拒み続けること約30年、今となっては参加する方法の見当すらつかない。

 とりあえず選挙も終わって清き一票を願う電話やら車内演説の声やらが飛びこんでくることもないので、おとなしく家の中で『ジーンダイバー』を観賞し直したり『クロノ・トリガー』を再プレイしてみたりしながら令和を待つことにする。

クロノ・トリガー(特典なし)

クロノ・トリガー(特典なし)

 
ジーンダイバー DVD-BOX

ジーンダイバー DVD-BOX

 

「自然は一巻の書物であり、その著者は神である」(ウィリアム・ハーヴェイ)

 先日、目覚めてすぐ耳に飛び込んできたノートルダム大聖堂の火災というニュース。日本で平成という時代が終わろうとしている、そんな時のまさかの火災、かつてパリを燃やせと命令したヒトラーだって困惑するかもしれないなどと考えていると、今度は夕張市の石炭博物館でも火災(元夕張市長の鈴木直道氏が次期北海道知事に決まったばかりなのに、なんとも皮肉なものである)。どうも運命の神様は次の時代までに処分すべきものの選択をお間違えになっているのではないかという気もしてくる。しかしながら、神の御心は計り知れないものである。

 私がノートルダム大聖堂を初めて知ったのは、おそらく4歳くらいの頃に観た『カメラが捉えた決定的瞬間』においてのことで、聖堂の先端部分に熱気球が引っかかり宙吊り状態になる映像が紹介されていた。幸い、乗員は無事に救出され、聖堂にも目立った破損はなかったのだけれど、歴史ある貴重な建造物の近くで熱気球を飛ばすというのは、勝手なイメージにはなるが、なんだかフランスらしくないと感じる。熱気球が飛んでいた理由については触れられていなかったので、詳しいことは分からないけれども。

もっとも、番組の情報を信用するならば(当時の衝撃映像特番における事件・事故の発生日時や場所の情報はあまり正確ではなかった)、この事故が起きたのは1986年の7月4日らしいので、まだノートルダム大聖堂世界遺産には登録されていなかった。ノートルダム大聖堂と周辺の文化遺産世界遺産に登録されたのは1991年のことなので、私の観た特番の放送時期でも、まだ登録されるかどうかの瀬戸際くらいだったかもしれない(ちなみに、1988年に発売されたビデオ作品『ザ・ショックスⅣ 禁断の最終楽章』にも事故の映像が収録されている)。とはいえ、随分と大胆な催しだったことには変わりないだろう。

 大聖堂には既に再建のための寄付金が多く集まっているようだし、大聖堂と比べればどうしても規模は小さくなってしまうだろうが(大聖堂のほうは既に「もう一個建てるのか」なんて声があがるほど寄付金が集まっているとか)、石炭博物館でも修復を願う声はあがってくるだろう。しかし、どこまで元の形に戻すことができるのだろう。もしも技術的に修復が不可能であったならば、せっかく集まった寄付金もかえって切なくなってしまう。そうならないことをせめて祈る。祈ったところで事が良い方向へ向かうわけではないこともわかっているけれど、祈らずにおれないという気持ちもまたどうしようもないものである。

パリは燃えているか [DVD]

パリは燃えているか [DVD]

 

僕の見た平成くんは病院のTVの中

 昭和から平成に替わる瞬間は病弱なお子様だったがゆえに入院中だった私であるが、今のところの健康状態であれば、令和へと替わる瞬間を病院のベッドで見知らぬ天井を眺める必要はなさそうである。しかし、大きな環境の変化や世の中が祭りごとのように賑やかになっていく雰囲気というものは、少しずつ、しかし確実に私の精神を蝕んでいるようで、季節柄というだけではなさそうな微細な体調不良がちらちらと顔を出しはじめてもいる。幼稚園や学校よりは病院のほうが居心地が良かったが、さすがに自室より病院のほうが居心地が良いと思ったことはないので、せめてベッドに横になっているのだとしても、自室で見知った天井を眺めるだけにしておきたい。

 私が二十歳になった時、同じ病院に祖父も入院することになったのだが、御見舞いに行った際は各ベッドに小さなテレビが備え付けられていたのだけれど、私が病弱なお子様だった頃はベッドどころか病室にもテレビは備わっておらず、故・小渕元首相が「平成」の文字を掲げた有名な映像も、おそらく初めて見たのはロビーかどこかのテレビだったように思う。もっとも、3歳の誕生日すら迎えていない頃の話なので、さすがにはっきりした記憶があるわけではない。2歳児に元号の話をする物好きな医師や看護師もいなかったはずである(聴診器の片方のイヤピースを紛失した若い先生のことは覚えている。O先生、あの日のイヤピースは見つかりましたか?)。私が気付いたときには、すでに世間は「平成」に慣れはじめていたことだろう。

 時代が平成に替わって一年が経っても、私はまだ病弱なお子様のままで入退院を繰り返し、他の同級生たちよりも幼稚園への入園が遅れた。まだ見ぬ同級生たちより、同じ病室で出会った子供たちや、連日のように報道されていたコンスタンチン君(1990年8月にサハリンの自宅で大火傷を負い、札幌医科大学附属病院に搬送されて一命をとりとめた当時3歳の幼児)のほうが近い存在に感じられた。まあ、後の同級生たちと良い関係が築けたかと言えば、あまりそうとは言えない気もするので、そのあたりの感覚は当時から変わっていないのかもしれない。しかし、現在のコンスタンチン君がどうやら妻子と共に元気に暮らしているのに対し、当時ほど病弱ではなくなったものの、今度は精神面に大きな問題を抱えて静養状態にある私が元気に令和を迎えられるのかどうかは甚だ疑わしい。

平成くん、さようなら

平成くん、さようなら

 
僕の見たビートルズはTVの中

僕の見たビートルズはTVの中

 

話を聞かない教師、少なくとも症状は聞いてくれる医師

 私の家と通っていた小学校は距離が近く、周囲も大きな畑ばかりなので見通しも良かった。もしも、もっと家が山の中や麓近くにあり、学校との距離も離れていたのなら、きっと私は熊との遭遇に怯えて登校拒否になっていたことだろう。

 しかし、小学校生活で味わわされたあんなことやこんなことを思い返してみると、いっそ登校拒否になって自宅学習に精を出していたほうが、私の脳も精神も健康に育ったのではないかという気もする。教科書以上の指導力を持った教師なんかそうそういない。つまり、大抵の教科書は教師よりは役に立つのだ。学習の速度を速めることも緩めることも自由自在である。

 人間関係に関しても、基本的に教員と児童/生徒しかいない学校で一日の大半を費やすことが有益とはどうしても思えない。入院経験が比較的多めな私は病院のほうが社交的になれたものだが、学校と病院となら病院のほうが世界は広いと思う。医師や看護師はともかく、患者は年齢も職種も多様である(子供は小児科で括られがちだけれど)。それに、米の食事でも牛乳を強要されがちな学校給食よりも、病院の食事のほうが私は好きだった。人望のない私がいくら主張しても説得力に欠けるし、医療従事者の負担が増してしまうというような問題もあるだろうが、3歳~5歳くらいの間に必ず二度以上の入院を経験することを義務化してみたらどうだろう。もっとも、効果があったのだとしても、その後の義務教育生活で性根を捻じ曲げられてしまったら意味はないのだが。

東の空が燃えていて選挙権もまだ持たされていなかった頃の話

 全校児童が30名程度の小学校でも、いちおう児童会というものは存在して、会長や副会長を選ぶための選挙も行われた。その気になれば全児童の筆跡すら記憶できそうな規模の選挙であるが、ごっこ遊びのようなものとは言え、正式な選挙権どころか生命を授かってから10年に満たない段階でも形だけの選挙を経験することができた。

 もっとも、その経験がどれだけ役に立っているのかは、実際に選挙権を得た今なお疑わしいところなのだけれど、選挙どころか児童会というものさえ組織しようのないほど児童数の少ない学校で育った場合、中学校に入るまでは学校内での選挙さえ経験することがないのだろうか。そういった学校での詳しいカリキュラムは知らないのだが、学校の中での選挙を未体験であることが大きなハンデとなったなどという話は聞いたことがないので、なにかしら埋め合わせ的な学習方法があるのかもしれない。もしくは、やはりごっこ遊びの延長のような選挙など経験しようがしまいが大した影響はないということなのだろうか。

 ただし、そんなごっこ遊び的な選挙でも、落選すると泣く者もいるのだということを知ることはできた。候補者2名の副会長選で敗れたルーザーベルト君(仮名)の話である。大差だったならば相当の悔しさがあったかもしれないが、結果は僅差。泣くほどのことだろうかと感じる人もいるだろうが、色々と察するべき事情があった。

 まず、当選したカッター君(仮名)は推薦だったのに対し、ルーザーベルト君は立候補だったという点。しかも、カッター君は別に慕われていたわけではなく、たまたま役員の立候補者を募る学級会の日、後に立候補することになるルーザーベルト君が風邪で数日間欠席していたうえ、他に誰も立候補者がおらず、誰もいないのはまずいということになって面倒事を押し付けられただけに過ぎない。ルーザーベルト君が立候補すると「立候補者が現れたのだから、自分は降りてもいいじゃないか」とカッター君は主張したのだが、「一度候補に挙がっておいて急に辞退するのは無責任だ」という無責任なことを言う輩が現れた。そんな連中とこれ以上言い争っても話が噛み合うはずもないと感じたのか、カッター君は諦めてそのまま出馬した。

 おそらく「落選するのは自分だろう」とカッター君も思っていたのだろうが、どういうわけか当選したのはカッター君だった。ルーザーベルト君からすれば、やる気のかけらも見受けられない奴に負けてしまったわけで、そりゃあ泣きたくもなるだろう。なにしろ、カッター君も慕われていたわけではなかったが、ルーザーベルト君は輪をかけて人望がなかったということが投票によって明るみになったのだから。

 いちおうは選挙という公正とされる営みの結果なので、ルーザーベルト君は泣きはしたものの厳粛に受け止めたようだった。少なくとも、自分に投票しなかった者を探し出して血祭りにあげたなんて話は聞かなかったし、成長したルーザーベルト君が人の道を外れたという噂も私の耳には届いていない。どちらかと言えば、勝者であるはずのカッター君の人格がよりねじ曲がってしまったのではないかという指摘が多い。回避できるものなら回避しておいたほうが良かった選挙ではないかと今では思う。

候補者ビル・マッケイ [DVD]

候補者ビル・マッケイ [DVD]

 

桜を赤く染める季節

 例年通り、鼻血の出やすい時期になった。花粉やら砂埃やら黄砂やらで鼻の粘膜が傷つきやすくなるからだろう。起床→歯磨き→洗顔→鼻血→止血→朝食→食休み→歯磨き→シャワー→鼻血→止血……というように、朝の身支度の間に2度も出血することもあり、止血の時間をあらかじめ確保しておくために少し早めに起床したり、行動を急いだりせねばならず、無用なストレスを生じさせてしまう季節でもある。春なんざ、まったく良いものではない。

 幼少期より鼻の粘膜が弱かったようで(弱いのは鼻の粘膜に限った話ではないが)、しょっちゅう鼻血が出た。ポケットティッシュの所持を忘れたことがないのは、忍び寄る鼻血の恐怖に苛まれ続けているからでもある。ティッシュを常備しておくなどという考えが脳の片隅にも存在していなかったであろう、ちびっこ時代の同級生たちから「淫らな妄想に耽っているからだ」的なからかいを受けること数知れず。このような連中は、義務教育の終盤どころか高校生へと成長しても、同じように「鼻血=淫らな妄想」という偏見に囚われたままの者が少なくなく、こいつらの脳のほうがよほど桃色に染まっている気がするのだが、桃色に染まった脳味噌であるがゆえに鼻血を出しただけの者を「淫らな妄想に耽った愚か者」と判断するらしく、そのたびに私の脳内は桃色ではなく真っ赤に染まった。私が耽った妄想は淫らなものではなく、そういった連中を鮮血に染める憎悪に満ちたものである。

 脳味噌が桃色に染まりきった連中には何を言っても無駄であり、「これは透明な軟体人間からおともだちパンチをくらっただけだ」などと弁明しようものなら、余計に馬鹿にされるだけである。それは、貴重な血液を鼻から流出させてしまって多少思考の鈍った状態の私でも理解できた。ゆえに、常にやり過ごしてきたわけだが、あの頃に積み重ねたストレスも、現在の私が精神面の不調によって長い静養生活を余儀なくされていることの遠因となっているはずなので、それなりの謝罪と賠償金を請求しても許されるのではないかと思うのだけれど、実際に請求すればまた馬鹿にされるだけであろうことは、精神面の不調が続く私にも理解できることなので泣き寝入りするほかあるまい。

 少なくとも、静養中の現在の私の周囲には、身支度の間に2度も鼻血を出そうと「淫らな妄想に耽った愚か者」と馬鹿にしてくる連中は存在しない。鼻血自体へのストレスは存在したままだが、あやつらに取り囲まれていた時代よりはましなのである。