自己紹介やら目次やら

 投稿日付を未来に設定して常にブログのトップに表示されるようにする、というのは説明するまでもないことのような気もしていたのだけれど、わざわざコメントで突っ込みを入れている人を見かけたこともあるので、念のため、先にその旨を書き記しておきます。(随時編集)

 

美月雨竜(みづき うりゅう)

 1986年、北海道十勝地方生まれ。綺麗な字面に荒んだ心(当然偽名)。永遠の求職者。心に大風邪をひいて静養の日々。

 高校卒業後は札幌、そして神奈川で色々と勉強に励むも、湿度や人の群れに耐えられず、また十勝に帰ってきた(逃げてきたとも言う)。

 ザ・ビートルズ『マジカル・ミステリー・ツアー』、竹村延和『ソングブック』、DOOPEES『DOOPEE TIME』、デレク・ジャーマン『ザ・ラスト・オブ・イングランド』、『水曜どうでしょう』、さまぁ~ず、これらを定期的に摂取しないと生命が維持できない。

 ブログは基本的に毎週日曜と水曜に更新しています。

 略歴:総合学園ヒューマンアカデミー札幌校 ゲームカレッジ ゲームプランナー専攻

 日本映画学校(現・日本映画大学) 21期脚本ゼミ

 Twitter:@miumizuki

 

 

 

リスト系記事の目次

 

芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト

 様々な人・媒体で紹介された各ジャンルの必見・必読・必聴作品のリスト(私が個人的に選んだ作品も含む)。私自身がこれから観たり聴いたり読んだりするためのメモ代わりである。ようするに、備忘録。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130814/1376392193

 

「作家=俳優」映画リスト(海外編)

 異業種監督の中でも、俳優またはコメディアン、ミュージシャンなど演じることを生業とする人たちの監督した映画を中心とした映像作品リスト。本業は映画作家だが、特に役者としての活躍も多い作家も加えてある(誕生順)。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131027/1382876094

「作家=俳優」映画リスト(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131023/1382485847

 

映画についての映画リスト

 映画についての映画のリスト。
 映画がテーマのものや、劇中で映画に関することが描かれていたりするもの、あるいは主要人物が映画に関連していたりするもの。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131009/1381271421

 

アーティスト映画リスト

 実在のアーティストを描いた映画(ドキュメンタリー含む)のリスト。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130929/1388903697

 

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(海外編)

 暇で奇特な知人たちと共に集計した名曲ベスト。好み、後世への影響、偉大さ、完成度、ヘンテコ度、普及率など様々な要素を踏まえて、あくまで私の狭い交友関係の中でも特に偏った十数名によって選ばれた500曲です。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130310/1362871182

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130313/1362872307

 

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(海外編)

 最初に掲載したのは2013年の7月ですが、後に発表された作品や知った作品、あるいは気分の変化によって加えたり上下させたりしたくなったものは随時、加筆・修正しています。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130721/1374406859

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130717/1374018287

 

好きな映画

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514963

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514916

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514850

 

挨拶代わりの小話

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20000101/1490921224

 

 

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

 
ソングブック

ソングブック

 
DOOPEE TIME

DOOPEE TIME

 
ラスト・オブ・イングランド [DVD]

ラスト・オブ・イングランド [DVD]

 
さまぁ~ずライブ11 通常版 [DVD]
 

同情せぬから金をくれ

 かつての教師や上司が「時代とはいえ、あの頃の自分の指導方法は間違っていた」と教え子や部下に謝罪してまわるといった話は一向に聞こえてこない。大半が間違っていたなどと微塵も考えないのだろうし、仮にごくわずかな数、過去の自分の指導法を悔やんでいる者がいたとしても、実際に謝罪行脚をする勇気などないだろう。謝罪行脚で許してもらえると思っているのなら、そもそも悔みが足りない。

 実際、私の目の前に謝罪したいと申し出る者が現れたとしても、反省なんてしなくていいから長く苦しみ抜いてくださいとしか言えない。なんなら、苦しみながら金品等の援助を寿命が尽きるまで続けてくださいとすら言いたい。

 私自身、罪の重さの程度に限らず、あらゆる過ちは謝って済むとは思っていないので、後ろめたい記憶が顔を覗かせるたびに、自分の顔を殴ったり悪夢に苛まれたりし続けているのである。金は払えぬ、だからせめて苦しもう。上司にも教師にもなっていないし、同僚や後輩との付き合いも陽炎程度のものがほとんどだったので、対人的な罪が比較的少なそうなことが不幸中の幸いかもしれない。

 

自分を幸福にしない私というシステム

 読んでくださっている方が存在しているのかどうか怪しい、北海道の僻地でユウレイグモのようにひっそりと呼吸をしている美月なんちゃらという人物が書き散らかしているブログの本日の更新は、本人の精神面の諸事情によりお休みします。

 励ましいという方も存在しないと思われますが、そもそも励ましたところで効果がないどころか、かえって自分の生物失格加減を直視させられて、精神面の諸事情がさらに深刻なものになる可能性も高いため、励ましのお便りなどは御遠慮ください。深刻にさせたい方は、どうぞ奮ってご応募ください。

 

 

薬は沢山あるけれど

 とあるドラッグストアが暑い。「熱い」ではなく「暑い」である。さらに正確に言えば、暑さを感じるほどに湿度が高い気がする。それもレジ付近だけ。長い列ができていたり、会計に手間取っている人がいると、非常に辛い。

 ドラッグストアゆえに、医療品も飲料水も豊富に揃っている。いざとなれば、会計前の商品を消費することも不可能ではない(緊急性がないと判断されれば当然罪になるけれど)。だが、どうにも原因不明の蒸し暑さが不快で、利用する店舗を替えようか悩んでいる。

 北海道十勝地方のドラッグストア関係者の方で「ひょっとしてウチかもしれない」と思った方は、もし改善可能な問題なのであれば対応お願い致します。

 

トウモロコシ畑のスノッブたち

 『フィールド・オブ・ドリームス』(1989年/監督:フィル・アルデン・ロビンソン)は、知っていると「映画通」と呼ばれるほどの映画だろうか? 公開から30年以上経つため、世代的には馴染みの薄い層も大きくなっているかもしれないが、主演はケヴィン・コスナーであるし、批評的評価や個人的な好みは別としても興業的成功はしっかり収めた映画である。それゆえに、レスリー・ニールセン主演のコメディ映画『裸の銃を持つ逃亡者』(1998年/監督:パット・プロフト)では、この映画のパロディシーンも登場するのだ(そして、トウモロコシ畑繋がりで『北北西に進路を取れ』のパロディシーンへと突入する)。

 メジャーリーグでは、この映画にちなんだイベントも開催されているため、映画をあまり観ない者でも、メジャーリーグのファンなら知っている可能性がある。野球人気の高い日本でも、特に好評を得たはずだ。野球界に例えれば、大谷翔平とまではいかなくとも、クロマティやオマリーくらいの知名度はあるのではないだろうか。

 

「8月、芽室町内のトウモロコシ畑に8人の男たちが並んだ。全員が野球のユニホーム姿。(中略)この写真だけで既視感を覚えた人はかなりの映画通」(十勝毎日新聞 編集余録 2023.9.7)

 

 しかし、私の地元の新聞には、このように書かれている。しかも、ただの「映画通」ではなく「かなりの映画通」とある。もちろん「この程度の映画知識で映画通を気取るな」などとマウントを取るようなスノッブ的態度が見苦しいのも事実だが、そもそも先に映画通だとのたまったのは、上記編集余録の執筆者である(火種を大きくし、延焼させようとしているのは私だが、このような辺境ブログでは大した成果は得られないだろう)。地方紙とはいえ、新聞というメディアに文章を載せる者として、実際の映画通から冷笑されるかもしれないと少しは思わなかったのだろうか。いや、思ったのであれば「かなりの映画通」などとは書かないし、そもそも芽室町での催しを伝えるのが主な内容なのだから、「映画『フィールド・オブ・ドリームス』を模したイベントが~」と書けば良いだけで、それを察する者が映画通か否かは本来どうでも良いのである。

 おそらく、執筆者自身が映画通を自負していなければ、こうは書けまい。しかしながら、トウモロコシ畑と野球のユニホームで『フィールド・オブ・ドリームス』を想起するくらいは、映画通でなくとも出来る可能性は低くないように思う。都市と呼ぶべきか悩む程度の地方都市とはいえ、TSUTAYAやGEOの店舗を探せば、少ないながらもアート系映画や正真正銘のカルト映画だって見つけることはできる。なんだか、色々な意味でむず痒くさせられる文章であった。

 

喋る馬の名はエド。では、喋る鹿の名は?

 病院から帰宅すると、自宅のすぐ隣にある畑に5頭ほどの鹿がいた。

 我が家が所有する畑ではないし、観察してみると作物には口をつけず、端の方の草ばかり食んでいるので、とりあえず敵意の欠片も脳裏に浮かべず、しばらく眺めていた。

 近隣に鹿が出没することは幼い頃から分かっていたし、抜け落ちた角を拾ったこともあれば、姿も何度か目にしている。しかし、3頭を超える集団に遭遇するのは初めてで、ただのレアケースならば良いが、何かしらの環境変化があったのだとすれば少々心配でもある。

 しかし、いくら作物を避けて食事をする賢そうな鹿とはいえ、「どうしてここに来たのですか?」と日本語で尋ねても答えてくれるはずはないので、動物学や環境学の専門家でもない私には、こうしてそれとなく当時の状況を記しておくことしかできない。

 鹿にも人にも憂慮すべき事態が起こっていなければ幸いだが、今年の夏が気候を司る神的な存在がいれば袋叩きにしてやりたいほど馬鹿みたいに暑かったことだけは事実であり、何もできない身であるがゆえに不安だけはじわじわと精神を蝕んでいる気がする。

 

少し前の行動は覚えていても安心するなと身体の奥の方から声がする。

 どうにも強迫性障害の症状が改善しないので、抗鬱剤よりも強迫症により効果がある薬を処方してもらおうかと考えているのだが、この連日の猛暑を中心とする安定しない気候では副作用も起きやすいだろう。もう少し涼しくなるまで待っておくのが得策のように思う。その前に何かが切れてしまって突発的に取り返しのつかない行動に移らないかも少々心配ではあるけれど。