自己紹介やら目次やら

 投稿日付を未来に設定して常にブログのトップに表示されるようにする、というのは説明するまでもないことのような気もしていたのだけれど、わざわざコメントで突っ込みを入れている人を見かけたこともあるので、念のため、先にその旨を書き記しておきます。(随時編集)

 

美月雨竜(みづき うりゅう)

 1986年、北海道十勝地方生まれ。永遠の求職者。心に大風邪をひいて静養の日々。

 高校卒業後は札幌、そして神奈川で色々と勉強に励むも、湿度や人の群れに耐えられず、また十勝に帰ってきた(逃げてきたとも言う)。

 ザ・ビートルズ『マジカル・ミステリー・ツアー』、竹村延和『ソングブック』、DOOPEES『DOOPEE TIME』、デレク・ジャーマン『ザ・ラスト・オブ・イングランド』、『水曜どうでしょう』、さまぁ~ず、これらを定期的に摂取しないと生命が維持できない。

 ブログは基本的に毎週日曜と水曜に更新しています。

 略歴:総合学園ヒューマンアカデミー札幌校 ゲームカレッジ ゲームプランナー専攻

 日本映画学校(現・日本映画大学) 21期脚本ゼミ

 Twitter:@miumizuki

 

 

 

リスト系記事の目次

 

芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト

 様々な人・媒体で紹介された各ジャンルの必見・必読・必聴作品のリスト(私が個人的に選んだ作品も含む)。私自身がこれから観たり聴いたり読んだりするためのメモ代わりである。ようするに、備忘録。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130814/1376392193

 

「作家=俳優」映画リスト(海外編)

 異業種監督の中でも、俳優またはコメディアン、ミュージシャンなど演じることを生業とする人たちの監督作リスト。本業は映画作家だが、特に役者としての活躍も多い作家も加えてある(誕生順)。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131027/1382876094

「作家=俳優」映画リスト(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131023/1382485847

 

映画についての映画リスト

 映画についての映画のリスト。
 映画がテーマのものや、劇中で映画に関することが描かれていたりするもの、あるいは主要人物が映画に関連していたりするもの。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131009/1381271421

 

アーティスト映画リスト

 実在のアーティストを描いた映画(ドキュメンタリー含む)のリスト。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130929/1388903697

 

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(海外編)

 暇で奇特な知人たちと共に集計した名曲ベスト。好み、後世への影響、偉大さ、完成度、ヘンテコ度、普及率など様々な要素を踏まえて、あくまで私の狭い交友関係の中でも特に偏った十数名によって選ばれた500曲です。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130310/1362871182

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130313/1362872307

 

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(海外編)

 最初に掲載したのは2013年の7月ですが、後に発表された作品や知った作品、あるいは気分の変化によって加えたり上下させたりしたくなったものは随時、加筆・修正しています。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130721/1374406859

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130717/1374018287

 

好きな映画

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514963

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514916

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514850

 

挨拶代わりの小話

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20000101/1490921224

 

 

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

 
ソングブック

ソングブック

 
DOOPEE TIME

DOOPEE TIME

 
ラスト・オブ・イングランド [DVD]

ラスト・オブ・イングランド [DVD]

 
さまぁ~ずライブ11 通常版 [DVD]
 

『空にかたつむりを見たかい?』 第12回

「絵?」

「うん。っていうか、アユムの家にもあるよ」

「えっ?」

「二回も同じ音出すと、馬鹿みたいに見えるよ」

 マリサからその話を聞いたのは、中学一年の夏休み直前、ちょうど今から一年前のことだった。

 マリサの言う「絵」とは何か。

 その「絵」は、知悦部地区や、その他周辺地域のあちこちにこっそり描かれていた。

 民家や廃屋などの壁、看板、あるいは道路に描かれた「絵」は、ほとんどが注意深い人間でなければ気づかない場所が選択されていて、サイズも小さく、まさに「こっそり」という感じだ。

 実際、僕は自分の家の壁に、その「絵」が描かれていることをマリサに指摘されるまで気付かなかった。僕の住む家は、僕が生まれてすぐに引っ越してきたもので、母さんによると、その数年前から空き家だったらしい。おそらく、空き家のころから、あの絵は描かれたままになっていたのだと思う。

 絵の細かい内容は様々だが、必ず三つのキャラクターのうちのいずれかが描かれていた。

 まず、僕の家の壁にも描かれているのが、げっ歯類のような歯を見せて笑うかたつむりのキャラクターだ。このキャラクターの絵の下には、必ず小さく「ミスター・ノーテイスト」というサインがあり、マリサは当初、描き手の名前だと思ったらしい。しかし、他の絵をいくつか発見するうちに、どうやら描き手の名前ではなく、このかたつむりの名前であるらしいことが分かってきた。

 僕の家の壁に描かれたミスター・ノーテイストは、片方の触覚で歯ブラシを持って歯を磨いているが、マリサが中磯瀬の廃墟の壁で見つけたミスター・ノーテイストは、両方の触覚でハンカチらしきものを持ち、自分の殻を拭いていた。

 マリサが確認したミスター・ノーテイストの絵は、今のところ十二あるが、描かれている内容は四通りだけだった。歯磨きミスター・ノーテイストに殻拭きミスター・ノーテイスト、そして携帯電話を持つミスター・ノーテイストとパソコン画面の中で笑うミスター・ノーテイストだ。どうやら、何か元になる型紙があり、その上からカラースプレーを吹き付けて描いているようで、それは、他の二つのキャラクターでも同様だった。

 二つ目のキャラクターは、猫耳をつけた擬人化されたネズミの少女で、名前は「ミス・スネーカー」らしい。知悦部地区内では発見できていないけれど、中学校の体育道具倉庫の壁に消えかかっているものを見つけた。ミスター・ノーテイストに比べて、発見できた数は少なく、中学校のものを合せても五つしかない。どれも同じポーズで踊っているようだ。

 そして、最後の一つが、ツチノコのような、あるいはコブラの首から上部分だけを切り取ったような奇妙なキャラクターで、「ドライ・フライ」という名前が書かれている。ドライ・フライは、特に何をしているわけでもなく、同じポーズのものが九か所で見つかっている。

「一応、調べたんだけど、どれも昔やってたアニメに関係してる言葉なんだよね」

 マリサに言われて僕も調べてみると、たしかにどのキャラクターの名前も、同じアニメ作品に関係していた。そしてマリサは、「たぶん、誰かがバンクシーの真似をしているんだと思う」と言った。

『空にかたつむりを見たかい?』 第11回

 ところで、国島先生の「なにか良くないことの前触れ」という発言だけれど、カマドウマはたくさん出たし、虻や蝶はたしかに例年より少なかったかもしれない。でもそれが、その年に限ったことだったかどうかはわからない。

 実際、ネットで「カマドウマ 大量発生」だとか「虫 少ない」といったワードで検索すると、そういった過去の記事が何件もヒットする。たとえば、二○○五年の夏にも、蜘蛛がやたらと多いように感じた人がいて、ブログで「何かの前触れでは? もうすぐ世界は終わるのかも」と記していた。二○○五年に世界が終わっていたら、今、僕はこうして話をしていない。

 もちろん、二○○五年にも、様々な出来事があった。件のブログを書いた人が、「世界の終わり」と結び付けそうな出来事だけを選んで列挙してみよう。

 

 三月二十日  福岡県西方沖地震

 三月二九日  スマトラ島沖地震

 四月二日  ローマ教皇ヨハネ・パウロ二世死去

 四月二五日  JR福知山線脱線事故

 七月七日  ロンドン同時爆破テロ

 七月二三日  エジプト同時爆破テロ

 

 他にも大きな災害や事故などが色々あった。でも、そんなのは、二○○五年に限った話ではないし、ひょっとしたら、もっとちゃんと調べれば、むしろ二○○五年は重大な事件・事故は少なかった年なのかもしれない。

「何してるんだろうね、国島先生」

「よそでも何か騒動起こしてなけりゃいいけど」

 異動になった先生たちは、数年、あるいはもっと長い間、行事ごとに顔を見せに来たり、電報が送られてきたりしているのだけれど、国島先生はあれきりだった。

「まあ、かたつむりのことは、撮影の合間合間に暇を見つけてって感じでいいよ」

「じゃあ、基本的に、式典の映像以外は、あたしのやりたいことを優先しちゃっていいんだね」

 ちょうど食事を終えたマリサが、今日一番の笑顔で言った。笑顔なのにちょっと怖い、なんてこは当然言えない。

『空にかたつむりを見たかい?』 第10回

「じゃあ、晴れた日を狙って、その川に行くの?」

 パンを食べ終え、浸すものがなくなったマリサは、スープだけを啜ってから言った。

「夏休みになれば、何回か晴れるかなと思ってね」

「でも、晴れるたびに、あの川ばっかりにいたら、さすがに怪しまれるでしょ?」

 ダイチが眠そうな顔で言った。

「まあ、僕だって撮れたら儲けものくらいにしか思ってないから、晴れるたびに、毎回行こうなんて考えてないよ。閉校式用の資料映像の撮影だってことにすれば、言い訳になるなと思ってるだけで」

 閉校式典用映像の撮影に便乗しようとしている理由は、そこにある。僕たち三人の企みは、どれも知悦部地区をうろつきまわったり、嗅ぎまわったりすることになるので、怪しまれたり迷惑がられたりした時の言い訳が必要だった。人が少ないくせに変わり者の比率が高い地域なので、さほど気にする人もいないと思うけれど、面倒な人がいないわけでもない。たとえば飯塚教頭とか堀田副会長とか……。

「あとさ、あの川ってホラ、なんだっけ、国島先生が撒いたナントカ菌で」

「ああ、あの微生物の団子だかなんだかってやつね」

「あんなことになったんだから、たとえ空飛ぶかたつむりがいたんだとしても、今はもういないんじゃないの? おたまじゃくしもいなくなったわけだし」

 僕とダイチの言う「ナントカ菌」や「微生物団子」というのは、僕たちが小学四年生の時、五・六年生(知悦部小学校は、児童数が少ないので、もう何年もの間、一・二年、三・四年、五・六年という複式学級状態が続いている)の担任だった国島先生が、川を元の綺麗な姿に戻すためと言って撒いた謎の物質のことだ。

 どうにも怪しげな環境保護団体に肩入れしていた国島先生は、川を浄化する作用があるというナントカ菌の団子を、授業の一環として川に撒いたのだけれど、川は綺麗になるどころか状態は悪化。僕が母さんと見に行った思い出深いおたまじゃくしたちは姿を消し、どういうわけか付近一帯にカマドウマ(通称・便所コオロギ)が大量発生した。それまで遭遇したこともなかったカマドウマが、校舎内や家の中に頻繁に現われ、虫嫌いの人たちの悲鳴が轟いた。母さんも、この事件の犯人から殺虫剤代をぶんどりたいと憤っていた。

 ナントカ菌団子とカマドウマの因果関係は不明で、同時期に農薬の濃度調整をミスして畑をひとつダメにしてしまった長嶺さんが原因ではないかという声もあったけれど(長嶺さんの畑の傍の林にいたカマドウマたちが逃げてきたのでは、という説だった)、非難は圧倒的に国島先生に向いた。国島先生自身が、「カマドウマの大量発生は、なにかもっと良くないことの前触れではないか。逆に、虻や蝶が例年より少ないとも聞く」などと、火に油を注ぐような発言をしたことで、より国島先生に対する視線は冷たくなり、結局、次の年には異動になった。在任期間、一年。長い知悦部小学校の歴史の中でも、一年しか居なかった教員は、そうそういない。まあ、自業自得だと思う。

『空にかたつむりを見たかい?』 第9回

「そういえば、かたつむりって蝸牛って書くよね」

 マリサが正面にいる僕を睨むようにして言う。本当に睨んでいるのかどうかはわからないけれど、マリサの目つきは大抵こんな感じだ。

「アユムの言ってる空飛ぶかたつむりと、大竹さんの見た手乗り牛も何か関係あるの?」

「見間違いかもしれないって点では、似たようなものかもしれない」

 僕は、スープの中のジャガイモをスプーンでいじりながら答えた。

 母さんから「誰かに話したら駄目」と言われていた空飛ぶかたつむりの謎だけれど、ダイチとマリサには既に話してある。

 母さんの性格から考えて「横取りされたら困る」というのが、まるきりウソだったわけではないだろうけれど、基本的には「誰かに話してバカにされたら困る」という意味だったのだろう。たしかに、保育園や小学校低学年くらいの時期に、真面目な顔で「かたつむりは飛ぶんだよ」なんて言ったら、バカにされていじめの対象になる可能性は大いにある。それこそ、上野なんかにそんな話をすれば、「ガキくさい」とバカにされるだろうし、正直言って反論もできない。中学二年にもなれば、仮に口を滑らせてしまったとしても「見間違いかもしれないけれど」と但し書きをつけて語る程度の知恵というか処世術は身につけている。処世術、万歳。

「手乗り牛の顔は成牛だったらしいよ」

「成牛か」

「成乳牛だったって」

「成乳牛ね……」

 乳牛の話をしているが、僕もマリサも牛乳には手をつけない。苦手なのだ。二人そろってダイチに押し付けているので、ダイチはいつも一つか二つの牛乳を家に持ち帰るハメになっている。飲み物のない給食は辛いだろうと言う人もいるけれど、唾液の分泌が良いのか、咀嚼能力が高いのか、さほど不便に感じたことはない。

「かたつむりは成蝸牛?」

 窓の外を見ながらダイチが言った。

「かたつむりの顔から年齢は判別できないけど、大きさ的には成蝸牛だったかな」

 成蝸牛という言葉が存在しているかどうかは知らない。「せいかぎゅう」と読むと、どこかのブランド牛肉のようにも思える。そんな余計なことを考えながら、スープの中のジャガイモを崩し続けているけれど、食は進まない。

「何? いらないなら、それもらうよ」

 そう言ってマリサは、こちらが許可を出す前にスープの皿を奪い、僕が既に口をつけたものであることを気にする様子もなく、空きかけていた自分の皿に中身を移した。不味そうに食べているわりに、僕なんかよりはるかに大食いなのだ。。

 もっとも、僕が小食なだけかもしれないので、ここで「その細い身体のどこに、それだけの量が入るのか」なんて手垢のついた言い回しを使う必要はない。僕は既におかずも半分ダイチに譲渡しているのだ。

「で、空飛ぶかたつむりは、いつ撮りにいくの?」

 カメラ担当であるダイチが訊いてくる。

「今年、雨が多くてね」

「何? 雨多いと駄目かい?」

「飛ぶの見た時は、晴れてたからね」

「でも、見たのって一回だけでしょ? 見間違いかもしれないわけだし」

「まあ、そうなんだけど。なんか……勘?」

「アテにならないねえ」

「アテのない話だからね」

 僕の答えに、ダイチはやる気なさそうにため息をつく。だが、ダイチがやる気なさげなのは、いつものことだ。「人一倍、睡魔に襲われやすいだけ」とも言っている。不機嫌顔美人のマリサと、やる気なし顔イケメンなダイチ。まあ、マリサの件はともかく、ダイチをイケメンだと言っているのは、僕が知る限り、僕だけなのだけれど。

『空にかたつむりを見たかい?』 第8回

「そういえば、昔、さまぁ~ずの大竹さんが、手乗り牛を見たって言ってた」

 眉間に皺を寄せながら、ちぎったコッペパンをスープに浸し、マリサは言った。

 食事中のマリサは、いつも不機嫌そうな顔をしている。どうして、そんなに不味そうな顔で食べるのだろう。たしかに、そんなに美味しいものではないが。

 中学に入学した頃は、学年一の美人と評判だったのに、そのとっつきにくい表情と性格が災いして、今では机を寄せるのは僕とダイチだけだ。それでも、恐れられることはあっても、嫌われてはいないらしい。どころか、後輩の女子の間ではファンクラブが存在しているとの噂もある。

「手乗り牛?」

 マリサの隣で既に食事を終え、窓の外の景色をぼんやり眺めていたダイチが訊き返す。

「そう、手乗り牛。なんか、十八歳くらいの時に、川で十五センチくらいの乳牛を見たんだって。まだ十八くらいだったから、そういうものもいるのかあ、くらいのリアクションだったらしいけど」

「いや、十八なら、もっと驚くでしょ」

「三村さんにも、そう言われてた」

 給食の時間、クラスメイトたちは、それぞれ仲の良いグループで机をくっつけて食事している。幸い、孤立している者はいない。まあ、担任教師も一緒にいる空間で、あからさまな孤立者を出すようないじめ方をするほどのバカはいないし、あからさまな孤立者の存在を黙認するほどのクズが担任ではないというだけのことかもしれない。

 強いて言えば、僕たち三人が浮いているように見えるだろう。会話内容もいつもこんな感じだし、「浮いているように見える」というか、実際に浮いている。陰で何か言われているのかもしれないけれど、僕たち三人は、あまり他の連中の会話に聞き耳をたてようとは思わないし、LINEもやっていないので、詳しいことはよくわからない。

 別に目立った実害はないし、他のクラスメイトたちとまったく交流がないわけでもない。せいぜい、趣味の映像制作に関して、僕やダイチと同じく知悦部小出身の上野に「ガキくさいことやってんなあ」と言われたことがある程度だ。

 僕には、上野のやっているバスケットボールのほうがガキくさいように思えてしまうのだけれど、これは価値観の違いというやつなのだろうと勝手にこちらで折り合いをつけさせてもらっている。

 気にくわない奴ではあるけれど、先の発言も、そこまでの悪意は感じなかったし、なんというか多少体育会系的な嫌な強引さはあるものの、暴力的であったり、いじめの加害者であったりすることはなく、むしろそういったことに関しては、かなり否定的でもあるようだ。

 ただし、下の名前で呼ばれると機嫌を悪くする。上野の名前は、某人気バスケットボール漫画のキャラクターと同じなのだけれど、小学校低学年のころ、上級生から「女の子の名前みたいだ」とからかわれたことがあったらしい。上野が下の名前で呼ばれるのを嫌うのはそのせいだ。いじめや暴力に手を染めないのも同じ理由なのだろう。だったら、他人の趣味を「ガキくさい」なんて言わないでもらいたいものだ。

 ただ、そんな嫌な思いをしたきっかけでもあるバスケットボール部に入部し、次期主将候補でもあるというのは、大したものだと思う。そんな上野は、クラスの目立つ男子たちと机を並べ、にぎやかに食事している。おかげで、もともと大きな声で話すことのない僕たちの会話が他の連中に漏れてしまうこともない。

『空にかたつむりを見たかい?』 第7回

 ついでに、僕が企んでいることも、こっそり白状しておこう。

 僕が三歳のころのことだ。

 母さんが、家から四百メートルほど離れたところにある川まで散歩に連れていってくれた。よく晴れた日だったけれど、前日までは大雨だった。だから、道路はまだ少し濡れていた。

 川といっても、浅くて汚い川だ。防風林のすぐ脇にあるのだけれど、流れもほとんどない。昔は魚もいて、獲って食べることもできたらしいけれど、このころはもう、ドブと大差ない。でも、おたまじゃくしがたくさんいて、母さんは、それを見せるために僕を連れてきたのだ。おたまじゃくしは水質の悪化に強いと教えてくれた。かたつむりも何匹かいたけれど、汚い水の中で元気に動くおたまじゃくしが妙に面白かった。

 しばらくおたまじゃくしを眺めた後、母さんに「そろそろ帰って晩御飯にしよう」と言われ、手をつないで帰ろうとした時だった。今まであまり気にしていなかった、川の縁にへばりついていた少し大きめのかたつむりが、ふわりと浮かびあがり、そのまま防風林の中へ凄い速さで飛んで行った。

 びっくりして防風林の方を向いて固まっている僕に、母さんが「どうしたの?」と訊いた。僕は、「お母さん、かたつむりって飛ぶの?」と言った。

 母さんは「え? かたつむりが飛んだの?」と言い、「もし、そうなら、すごい発見だね」と笑った。

 そして、「アユムが発見者なんだから、たくさん勉強して、その謎を解いたらいいよ。それまでは他の誰かに話したら駄目。横取りされたら困るでしょ」と言って、僕の頭を撫でた。

 空飛ぶかたつむりの謎。

 僕が今回、閉校記念式典の映像制作に便乗して企んでいるのは、あの日見た空飛ぶかたつむりの姿をカメラに収めることだ。