自己紹介やら目次やら

 投稿日付を未来に設定して常にブログのトップに表示されるようにする、というのは説明するまでもないことのような気もしていたのだけれど、わざわざコメントで突っ込みを入れている人を見かけたこともあるので、念のため、先にその旨を書き記しておきます。(随時編集)

 

美月雨竜(みづき うりゅう)

 1986年、北海道十勝地方生まれ。永遠の求職者。心に大風邪をひいて静養の日々。

 高校卒業後は札幌、そして神奈川で色々と勉強に励むも、湿度や人の群れに耐えられず、また十勝に帰ってきた(逃げてきたとも言う)。

 ザ・ビートルズ『マジカル・ミステリー・ツアー』、竹村延和『ソングブック』、DOOPEES『DOOPEE TIME』、デレク・ジャーマン『ザ・ラスト・オブ・イングランド』、『水曜どうでしょう』、さまぁ~ず、これらを定期的に摂取しないと生命が維持できない。

 ブログは基本的に毎週日曜と水曜に更新しています。

 略歴:総合学園ヒューマンアカデミー札幌校 ゲームカレッジ ゲームプランナー専攻

 日本映画学校(現・日本映画大学) 21期脚本ゼミ

 Twitter:@miumizuki

 

 

 

リスト系記事の目次

 

芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト

 様々な人・媒体で紹介された各ジャンルの必見・必読・必聴作品のリスト(私が個人的に選んだ作品も含む)。私自身がこれから観たり聴いたり読んだりするためのメモ代わりである。ようするに、備忘録。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130814/1376392193

 

「作家=俳優」映画リスト(海外編)

 異業種監督の中でも、俳優またはコメディアン、ミュージシャンなど演じることを生業とする人たちの監督した映像作品リスト。本業は映画作家だが、特に役者としての活躍も多い作家も加えてある(誕生順)。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131027/1382876094

「作家=俳優」映画リスト(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131023/1382485847

 

映画についての映画リスト

 映画についての映画のリスト。
 映画がテーマのものや、劇中で映画に関することが描かれていたりするもの、あるいは主要人物が映画に関連していたりするもの。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131009/1381271421

 

アーティスト映画リスト

 実在のアーティストを描いた映画(ドキュメンタリー含む)のリスト。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130929/1388903697

 

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(海外編)

 暇で奇特な知人たちと共に集計した名曲ベスト。好み、後世への影響、偉大さ、完成度、ヘンテコ度、普及率など様々な要素を踏まえて、あくまで私の狭い交友関係の中でも特に偏った十数名によって選ばれた500曲です。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130310/1362871182

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130313/1362872307

 

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(海外編)

 最初に掲載したのは2013年の7月ですが、後に発表された作品や知った作品、あるいは気分の変化によって加えたり上下させたりしたくなったものは随時、加筆・修正しています。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130721/1374406859

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130717/1374018287

 

好きな映画

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514963

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514916

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514850

 

挨拶代わりの小話

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20000101/1490921224

 

 

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

 
ソングブック

ソングブック

 
DOOPEE TIME

DOOPEE TIME

 
ラスト・オブ・イングランド [DVD]

ラスト・オブ・イングランド [DVD]

 
さまぁ~ずライブ11 通常版 [DVD]
 

入院生活義務教育化

 母によると私が最初に発した言葉は「痛い」だったらしい。赤子の頃から病院通いが多かったので、親や医療関係者から「痛くないから大丈夫だよ」「ちょっとチクっとするけど我慢してね」「痛かった? ごめんね」といった言葉を繰り返し聞かされ続けたのが原因だろう。おかげですっかり注射には慣れてしまったが、両親を指す言葉より先に「痛い」と発したことに対するちょっとした申し訳なさはある。

 味の濃いものが苦手なのも入院が多かったからだろう。不味いの代名詞にもなっている病院食を不味いと感じた記憶がない。あまり魚を得意としない私が、病院では喜んで魚を食していたのも、院外で提供される魚料理に比べて脂気や生臭さが少なかったからだと思われる。食後に嘔吐したことはあるが、それは不味かったからではなく元々具合が悪かったからである。

 是非はまた別の話になるが、教育の一環として僧侶の生活を体験させたり、あるいは学校の制度自体を古い軍隊のような規律で縛るといった話はたまに見聞きするが、ならば入院生活の体験をカリキュラムに組み込む動きがあっても良さそうな気がする。

 この「入院生活義務教育化案」は、以前にもブログに書いたし、知人等に話したこともあるのだが、今のところ賛同も批判も特には得られていない。ろくなアイデアではない証拠かもしれないが、個人的には一般的な幼稚園で3~4年過ごすより有意義ではないかと思っている。少なくとも、成人病の予防効果はありそうである。

保育園義務教育化

保育園義務教育化

  • 作者:古市 憲寿
  • 発売日: 2015/07/01
  • メディア: 単行本
 

 

諦めなければ叶っていなくても叶ったと錯覚し易くなる

 「異星人は存在する」と強く信じている者は、たとえそれが実際にはただの鳥だったとしても、何かよくわからないものが飛んでいるのを目にすれば異星人の乗り物としてのUFOだと確信し易くなる。

 NHKの『最後の講義』でみうらじゅんが説いた「走馬灯を盛る」という話にも繋がるが、誇大妄想や幻覚でも構わないのであれば、たしかに「信じ続けること/諦めないこと」によって夢が叶う確率はぐんと上昇するだろう。

 眠っている間に見る夢の中の1時間は実際には数分程度というのもよく聞く話で、もし今際の際に一生分の幻覚を見ることができるのなら、生きている間に理想の自分史をしっかり構築しておくことで、みすぼらしい現世への執着など綺麗に捨て去り、最高の気分で逝くことも可能かもしれない。エンディングノートよりも早い段階から、この偽自分史の制作には着手しておくべきだろう。なるべく精巧に書き上げ、熟読し、脳みその奥底まで染み込ませなければならない。理想の走馬灯のためには現実での努力など二の次である。

 問題は死ぬまでの間に何度も我に返って虚しい気分に陥らねばならないことだろうか。その度に死にたくもなるだろうが、刷り込みの中途半端な状態では現実だけでなく走馬灯もみすぼらしいものになってしまうだろう。理想の走馬灯への道は険しい。

 そう考えると、理想的な(架空の)走馬灯を見るのにも、それなりに現実を楽しく生きなければならない気がしてくる。もしくは、生きている段階から架空の自分史を信じ込むかだが、それはさすがに危険であろう。じゃあ結局、八方塞がりじゃねえかと言いたくなるような状況にある者も少なくないだろうし、それこそ死んでしまいたくもなるだろうが、やはりそれでは現実も走馬灯も惨たらしいものになってしまう。

 さて、どうしたものか。結局、死ぬまで考え続けて、走馬灯すら「理想の走馬灯を見るための方法を考え続ける自分」で埋め尽くされているかもしれない。

 

そのままでいいよ

 チーズとマヨネーズは調子に乗り過ぎだという話は前にもした。別に好きな人がいるのは構わないし、ブームになるのも構わない。しかし、「俺たちのこと嫌いな人なんているわけないじゃん」とばかりに、断りもせずあちこちに割り込んで来るのは不愉快である。抹殺してやろうかとさえ思う。権限があるのなら抹殺している。

 この2つのいけすかない奴らは少々極端な例だとしても、考えてみれば私は基本的に食品における「ちょい足し」と呼ばれる文化が苦手で、もちろんそれが好きなら好きで構わないのだが、もし勝手に「ちょい足し」などされれば、感情に任せて法を破りかねない。今まで法を破っていないのは、単に私が他人と食事を共にすること自体が苦手なうえに、頻繁に食事に誘われるほどの人望がないからである。

 人望のなさゆえに食事の席で揉め事を起こす心配は低そうだが、食品に限らず様々な場で見受けられる「コラボ」というものも苦手な場合が多く、こちらの精神状態が切羽詰まっていた際、楽しみにしていたものが余計な「コラボ」で台無しになりでもすれば、ヤケになって何かとんでもないことをしでかすのではないかと若干の不安を持っている。

 不思議なもので、「ハイブリッド」や「ミックス」、あるいは「融合」などと評されるものには感心することも多い気がするのだが、どうも「コラボ」と称されるものとは相性が悪い。別のもの同士の掛け合わせという意味では同じことのはずなのだが、「夢のコラボ」が夢だった試しがない。悪夢だったことはあるが。

 今後も「コラボ」という単語には、なるべく近づかないよう心掛けたいのだが、同じ「かけあわせ」的な意味の言葉でも、「コラボ」の奴は特に巷に溢れているような気がして、油断するとチーズやマヨネーズと共に私に喧嘩を売ってくるのである。しびれを切らして買ってしまないよう注意したい。

成り立つかな?

成り立つかな?

 

 

荒野と化したザナドゥにて父はジャガーと遭遇した。

 デイヴ・ディー・グループが1968年に発表した「キサナドゥーの伝説(The Legend of Xanadu)」。私が初めてタイトルを目にした時は原題が添えられていなかったうえに本格的な英語の学習も始まっていない小学生時代だったため、「キサナドゥー」という言葉が既に知っていたビデオゲームの『ザナドゥ』と同義であると気づいたのは随分後になってからのことだった。

 父はジャガーズによる日本語カバーを先に聴いてしまい、それがあまりにも肌に合わず、オリジナルを知ってから半世紀以上経った今なおこの曲が好きになれずにいるらしい。私が最初に聴いたのは幸いにもオリジナルの方だったので、大好きとまではいかないものの、それなりに心地良く聴くことのできる楽曲である(逆に「好きさ好きさ好きさ(I Love You)」は、カーナビーツの日本語カバーを先に聴いてしまったため、ゾンビーズのオリジナルを知った今なお苦手な曲である。そして、羨ましいことに父はオリジナルを先に聴けている)。

 「Xanaduザナドゥ/キサナドゥー)」は、おおむね幻想的な理想郷といった意味で用いられる語だが、「キサナドゥーの伝説」の歌詞からは幻想的ではあっても理想郷といった風情は感じられない。意味もわからず「Xanadu=理想郷」という知識のみで聴けばそれっぽく聞こえないこともないが、わかったうえで聴けばマカロニ・ウエスタン的とも言えるハイブリッドなメロディとアレンジは荒野を想起させる気もする。はたして、ジャガーズはどこまでオリジナルの世界観を理解していたのだろう。

 1960年代は、ロックやポップスの世界でアルバム文化が盛んになりはじめた頃だった。シングルでは表現し切れなかったものを追及するアーティストが増え、西洋的なものと東洋的なものの融合も多く試みられた。ロックが「芸術」になった時代と言えるのだろう。2005年にNHKで放送された『ロック誕生50年』において、司会を務めた萩原健太氏はこれを「ロックのアンパン化現象」と呼んでいた。ジャガーズはともかく、「キサナドゥーの伝説」もその一端なのだろうと思う。

キサナドゥの伝説

キサナドゥの伝説

  • 発売日: 2012/02/22
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

秋茄子に嫁を食わすな

 「秋茄子は嫁に食わすな」を「秋茄子に嫁を食わすな」と言い間違えた小学校時代の同級生をたまたま薬局で見かけたのだが、そういえば茄子をモデルにした怪獣を見かけた記憶がない。RPGのモンスターにまで範囲を拡げれば『ドラゴンクエスト7』に初登場したナスビナーラがいるが、ドラクエのモンスターのほとんどがそうであるように、こいつは怪物というよりは「ゆるキャラ」に近い。嫁を食ってしまいそうな(卑猥な意味ではなく)ほど恐ろしい怪物のモデルとして茄子はふさわしくないのだろう(「茄子/妖怪」で検索してみると「茄子婆」という妖怪がヒットしたが、これは茄子のような顔色をした老婆の妖怪であって、妖怪化した茄子というわけではないらしい)。まあ、野菜をモデルにした怪獣自体が多くはないのだろうけれど、なんとなく茄子には、たとえ食品として苦手だったとしても悪者として描くのを躊躇ってしまうような愛嬌があるように思う。

 かつて『ポンキッキーズ』で「なぞのやさい星人あらわる」というミニコーナーがあった。動揺作家かねこひろゆき氏の歌をバックに、着ぐるみの「やさい星人」たちが特に意味もなく街中などに現れるだけのシュールなコーナーである。『ポンキッキーズ』で放送されていたことからも分かるとおり、「星人」と言いつつ彼らもまた「ゆるキャラ」的な存在であり、なかでもナス星人はひときわ間抜けな風貌に感じた(ニンジン星人の右腕だけは、なんだかウルトラマンあたりが戦った怪獣のパーツに見えないこともなかった)。

 スティーヴン・キングの短編『灰色のかたまり』には、腐ったビールを飲んでゼリー状の怪物となった男が登場するが、これに倣って姑に腐敗した茄子を食わされた嫁がルチオ・フルチ的な容貌の怪人となって家族を襲うような映画を制作すれば、さすがの茄子も恐怖度満天となるかもしれない。

 しかし、ナス農家の皆さんに迷惑をかけるわけにもいかないし、そもそも怖いのは茄子ではなく「ルチオ・フルチ的容貌」の方である気もするので、やはり茄子は怪物に向かないと結論づけておこう。

なぞのやさい星人あらわる

なぞのやさい星人あらわる

 
サンゲリア [DVD]

サンゲリア [DVD]

  • 発売日: 2001/01/19
  • メディア: DVD
 

 

野性の証明

 「同性愛に対する差別や偏見は繁殖という生物の根源的目的(と言い切ってしまえるのも充分に短絡的に思えるが)に反していると感じるがゆえに起こるのではないか」といった旨の意見を目にすることがあるが、同性愛であることと繁殖能力がないこととは無関係であるし、同性愛でも子供を持ちたいと願う人も当然存在し、実際に子供を持つ方法はいくらでもある。繁殖/繁栄に反するという理由から差別や偏見が生じるとするのならば、その対象は「同性愛」ではなく「子供を持つことを望まぬ者」になるはずで、事実そういった人たちに対する差別や偏見も根強く、これもまた考えていかなければならない問題なのだけれど、どうにも「同性愛というだけで繁殖/繁栄に反するとは言えない」とは微塵も考えないらしい人たちの思考回路の方が気になってしまう。

 生物の根源的目的(だと発言者が信じるもの)に反しているのが差別や偏見を生む理由だとしたがる者たちの「そう考える理由」とは何だろう。差別する側からの意見としては、根源的目的に反するとしてしまえば大議論的正当性が得られるからだと容易に推察することができるのだが、差別や偏見そのものには反対しつつも、差別者がそのような感情を抱く理由を同じような主旨の意見で説明しようとする者たちは、どのような思考のプロセスを経たのだろう。

 あくまでも推察だが、「根源的目的に反するという理由で差別や偏見を正当化している」と考えれば、すなわち差別する側は「原始的な思考に留まっている」とも言い換えられる。逆に言えば、差別する側を批判的に見ることのできる自分たちは「高度な文明を生きる者」と捉えることもできるだろう。「どっちもどっち」と問題を有耶無耶にするのもまた短絡的な振る舞いだが、少なくとも「根源的目的(とされるもの)に捕われている者たちを批判対象にする」といった思考を邪推されるようなやり口が問題解決の近道だとは思えない。

 人間が文明を発達させてきたのは、単純な弱肉強食の世界(人間以外の生物世界だってそれほど単純ではないはずだが)よりも、そうした方が繁殖/繁栄、そして生存に適していると判断したからだろう。とすれば、文明の発達自体も「根源的目的」とやらに則したものになる。ならば、差別や偏見が生じる理由は、差別する側が原始的であるからというよりは「文明を都合よく解釈した際に生じる副産物のようなもの」と捉えたほうが納得できる気がする(そもそも、単純な捉え方による単純な弱肉強食の世界においては、おそらく弱いものは自然に淘汰されてゆくだけであり、生き残った側が必要以上に弱者を相手にすることもないだろう)。もちろん、これは差別する側とそれを批判する側がそれほど遠い位置にいるわけではないということでもあり、だとすれば批判する側がそういった点から目を逸らしたくなるとしても気持ちはわからないでもない。なにしろ、自分の醜い面と向き合うというのは当然しんどい行為なわけで寿命をも縮めかねない。それは生物の根源的目的とされるものの代表例の一つである「生存」とやらに反する行為といえるだろう。


Every Sperm is Sacred - Monty Python's The Meaning of Life

モンティ・パイソン/人生狂騒曲 [Blu-ray]