自己紹介やら目次やら

 投稿日付を未来に設定して常にブログのトップに表示されるようにする、というのは説明するまでもないことのような気もしていたのだけれど、わざわざコメントで突っ込みを入れている人を見かけたこともあるので、念のため、先にその旨を書き記しておきます。(随時編集)

 

美月雨竜(みづき うりゅう)

 1986年、北海道十勝地方生まれ。綺麗な字面に荒んだ心(当然偽名)。永遠の求職者。心に大風邪をひいて静養の日々。

 高校卒業後は札幌、そして神奈川で色々と勉強に励むも、湿度や人の群れに耐えられず、また十勝に帰ってきた(逃げてきたとも言う)。

 ザ・ビートルズ『マジカル・ミステリー・ツアー』、竹村延和『ソングブック』、DOOPEES『DOOPEE TIME』、デレク・ジャーマン『ザ・ラスト・オブ・イングランド』、『水曜どうでしょう』、さまぁ~ず、これらを定期的に摂取しないと生命が維持できない。

 ブログは基本的に毎週日曜と水曜に更新しています。

 略歴:総合学園ヒューマンアカデミー札幌校 ゲームカレッジ ゲームプランナー専攻

 日本映画学校(現・日本映画大学) 21期脚本ゼミ

 Twitter:@miumizuki

 

 

 

リスト系記事の目次

 

芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト

 様々な人・媒体で紹介された各ジャンルの必見・必読・必聴作品のリスト(私が個人的に選んだ作品も含む)。私自身がこれから観たり聴いたり読んだりするためのメモ代わりである。ようするに、備忘録。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130814/1376392193

 

「作家=俳優」映画リスト(海外編)

 異業種監督の中でも、俳優またはコメディアン、ミュージシャンなど演じることを生業とする人たちの監督した映画を中心とした映像作品リスト。本業は映画作家だが、特に役者としての活躍も多い作家も加えてある(誕生順)。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131027/1382876094

「作家=俳優」映画リスト(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131023/1382485847

 

映画についての映画リスト

 映画についての映画のリスト。
 映画がテーマのものや、劇中で映画に関することが描かれていたりするもの、あるいは主要人物が映画に関連していたりするもの。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131009/1381271421

 

アーティスト映画リスト

 実在のアーティストを描いた映画(ドキュメンタリー含む)のリスト。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130929/1388903697

 

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(海外編)

 暇で奇特な知人たちと共に集計した名曲ベスト。好み、後世への影響、偉大さ、完成度、ヘンテコ度、普及率など様々な要素を踏まえて、あくまで私の狭い交友関係の中でも特に偏った十数名によって選ばれた500曲です。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130310/1362871182

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130313/1362872307

 

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(海外編)

 最初に掲載したのは2013年の7月ですが、後に発表された作品や知った作品、あるいは気分の変化によって加えたり上下させたりしたくなったものは随時、加筆・修正しています。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130721/1374406859

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130717/1374018287

 

好きな映画

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514963

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514916

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514850

 

挨拶代わりの小話

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20000101/1490921224

 

 

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

 
ソングブック

ソングブック

 
DOOPEE TIME

DOOPEE TIME

 
ラスト・オブ・イングランド [DVD]

ラスト・オブ・イングランド [DVD]

 
さまぁ~ずライブ11 通常版 [DVD]
 

『今日までの夜に見た夢に彩られた走馬灯にも似た自分史』(51)

 小鬼に怯える生活は6年ほど続き、注意力も損なわれ、最寄のスーパーが不衛生な原因がそのような環境によるものだと気づくのすら遅れた。傷んだバナナや惣菜も返品する気力を失い、真夜中に土のある場所を求め彷徨い、秘かに埋めることしかできなかった。そして、南瓜はさらに香草に圧力をかけていた。その頃、地元ではタケチ兄ちゃんが違法な薬草に手を出して3度目の法的反省期間に入っていたが、キョウスケ君の弟から意識を奪った者や9年かけて同級生を何人も窒息させた連中は無神経さゆえに順調に仕事をこなしており、大きな保健室に並ぶ大量のベッドが傷んだ野菜で埋まっていくのを幻視した。それはヘンリー・ワイアットのファンであった留学先の青年の家で観たビデオアートにそっくりな光景だと気づくのにも数カ月を要し、自分の身体がより憎らしく思えて、風呂場で今まで以上に皮膚を削り落としはじめることのきっかけでもあった。老化以外の理由で身体が縮んでゆく感覚にも苛まれた。

 顔を見かけることもなくなった同級生たちのように、大半の過去を思い出せなくなっていれば、ここまで皮膚を削り落とすこともなかっただろうと悔しく思うも、すぐに4歳の頃、一度だけ親に連れて行ってもらった食品売り場に隣接したアイスクリームショップを思い出してうずくまることになる。隙をついて蘇ってくる記憶には、強めに頭を振って抵抗する他ないが、そのたびに寿命と必要な知識を失っている気がしてならない。かと言って、記憶に無抵抗でいれば、二日ともたないであろうことは明白で、せめてもの腹いせに思いつく限りの憎い相手の名を叫びながらパセリ畑を荒地に変えていた。

 

『今日までの夜に見た夢に彩られた走馬灯にも似た自分史』(50)

 「枝が台無しじゃん!」と新聞局の女子生徒が半泣きで教頭の身体から記念樹の枝を引き抜こうとするも、無理に抜けば教頭の肉や骨に邪魔されて折れてしまうであろうと周りも理解していた。冷静さを失った女子生徒を数名がなだめつつ、バスケ部の当時の主将が尖った石で教頭の肉を慎重に削り始めた。しばらくすると、事務のサキモリさんが家庭科室から果物ナイフなどの役立ちそうな調理器具を持ってきたので、多少の責任も感じていたらしいキックの弟が率先して教頭の解体に着手した。教頭の身体を残す必要はなかったので、枝から離れた部分から削ぎ落としてゆくだけの簡単な解体なのが幸いした。キックの弟が削り取った教頭の身体は、保健委員のマリンさんが半透明のごみ袋に詰め込んでいて、傍で誰かが「『生きてこそ』で見たことある」と言った。わざわざ図書室から『アンデスの聖餐』のタイトルで映画化された作品が紹介されている本を持ってきたヤスヒロは小学3年生のように嬉しそうだった。 

 教頭の身体を詰め込んだごみ袋とは、私が神奈川で独り暮らしをしている頃、アパート前のごみ置き場で再会した。マリンさんが吸水性の高いタオルや保冷剤を一緒に詰めていたおかげで新鮮なままだったが、すぐ横に捨てられていた卓上サイズのオートバイのインテリアは、さすがに拾う気になれなかった。このごみ置き場には、よく役者や演劇関係の書籍も捨てられていて、どうやらその道を目指している住人がいるようだった。その見知らぬ役者志望者宛てと思われる郵便物が何度か私の部屋に誤配され、しかも私が長期不在時に限って誤配されるため、気付いた時には手渡すのを躊躇するほど日が経っていた。役者志望者に渡しそびれた郵便物には、やけに社会風刺コント集団ザ・ニュースペーパーの公演案内が含まれていて、何かしら関わりがあったのだろうと推察できたが、だからといってどうする気にもならなかった。小鬼たちの遊び声が響く場所で妙な揉め事の種を撒きたくないと考えるのは自然だろう。実際、駐車されていた赤い乗用車の上を小鬼がふざけて歩いてみせた時には、近くで恋人と喧嘩中だった男が空気に耐えきれず叱りつけてしまい、家屋や電柱の陰から仲間の小鬼たちが一斉に集まってきて、恋人もろとも男の身体を雑に食したトウモロコシのように食い荒らしてしまうのを目にしていた。私はせめてもの対策に、小鬼が苦手としていそうな香草をアパートの敷地にこっそり植えていたが、どこからか紛れこんで育ちはじめた南瓜の勢いに押され気味で、どうにも心許なかった。ゆえに、懐いてくれたカナヘビやハエトリグモと共に、なるべく小鬼たちとは鉢合わせないように生活していたのだ。

 

『今日までの夜に見た夢に彩られた走馬灯にも似た自分史』(49)

「肝臓に溜まったガソリンが朝まで燃えた 残飯に混ぜて犬に喰わせたあいつの目ん玉 どうやら今日は厄日のようだ どうやらこれは殺しのようだ」

 札束だけでなく、自らの身体まで燃やしてしまった担任への追悼なのか、1年G組の教室には、誰かが黒板に赤いチョークで書き殴った詩が残されていた。詩ではなく絵だったが、赤いチョークによる書き残しは中学卒業間際のB組教室にも現れ、それは清潔感の欠如ゆえに嫌われていた男子生徒を揶揄するものだった。しかし、教員が問題にすることはなく、誰かが大事になる前に消したのだろうと考えたが、担任の蒸発も含めて、真相は今もわかっていない。

 入学した当初の教頭が複数の罪によって秘かに埋葬されたことは色白の体育教師の話から察することができ、そのおかげで私は部活動から抜け出すことができたのだが、担任は教頭の方針には反対していたはずなので、2年も経ってから姿を消す理由とは結びつかないだろうとチャボやクリハラも考えていた。キックは立入禁止の屋上に忍び込み、教頭が運動部だけを存続させていた理由は見つけ出したものの、やはりそれも担任の蒸発との関連性を疑えるものではなかった。教頭の埋まった記念樹には、キックの弟が毎日少しずつのこぎりを入れ、彼が卒業する前日に倒木し、大きな枝が教頭の胸部を貫いた。

 

『今日までの夜に見た夢に彩られた走馬灯にも似た自分史』(48)

 事実、キックの管理下から外れた後の廃棄物置場は、後任の元野球指導者の無知によってチャタテ虫が蔓延るほどに荒廃し、10年と経たぬうちに会話する樹木以外の植物は枯死した。遠い未来のキックの子供が、会話する樹木の前にしゃがみ、祖先の過ちの贖罪のために貴重な水を注ぎ続けるのを私は見た。キックに子供ができる頃、私は私の理想とする姿の親友を得て、彼が人形屋のドールを妹として静かに暮らす姿を眺めていられることを望むが、それが老齢のなせる靄がかった風景だったのかは今も当時もわからない。幸い、暮らすための土地だけは確保されいるため、食べ終えた林檎は全て庭に埋めていた。

 年に二度の不必要な球技大会は全校応援の3か月後に催され、タイナカの協力を得て堂々と正門から抜け出した私は、町内唯一の映画館となった太陽門で、特に観たいわけでもなかった王家衛の『2046』を眺めていた。ほぼ貸切状態の館内は、仮に観る価値のない出来だったとしても充分な価値があった。私が太陽門で孤立を謳歌している時、校舎2階の男子便所では、試合のいざこざから学生同士の暴行騒動が起きていたらしく、名前と顔の一致しないクラスメイトがこの件で退学処分となったが、授業態度に問題がありながら球技大会には参加するような人間がどうなろうと知ったことではなかった。もちろん、教師による授業ではなく教科書そのものに集中するようになってからは、一時は深刻なまでに低下した学力も回復し、教師も学生も教科書の黙読を邪魔する存在でしかなくなっていたため、障害物の除去は喜ばしいことだった。礼儀として黒鳥の絵を注文し、彼の机に忍ばせたのはそのためである。数日後に黒鳥は彼の机の表面に浮き出て、清掃時間の雑巾がけでは拭い取れなくなり、そこでようやく私は彼の名前がタニヤミズだと認識したが、すでに顔を確認することはできなくなっていた。結局、進級までに男女合わせて5名の退学者を出し、担任は宝くじで当選した札束を校門前で燃やしてみせた。

 

『今日までの夜に見た夢に彩られた走馬灯にも似た自分史』(47)

 猛暑の中、野球部の全校応援に駆り出され、すっかりぬるま湯と化した紅茶で必死に水分補給をしていた時、唐突に響いた共闘隊の銃声は、どんな歓声よりも私の心を奮わせ、球場に放たれた警備隊の放水を浴びに走るついでに、混乱のどさくさに紛れてサッカー部顧問の両目に誰かの落した鍵を突き刺した。全てをサッカーで例えられる程度の人生しか送ってこなかったらしい顧問はオモイヅカという名で、自分の両目が何によって潰されたのかも理解できずにのたうっていたが、いつもはおとなしいイルカのような顔のハシモトアヤコさんがオモイヅカの眼球くずを抉り取っていつものような笑顔を見せてくれた。共闘隊のアダム・イデオロギーは、かつて私が教えたローリング・ストーンズの「悪魔を憐れむ歌」を大音量で流し、球児と関係者たちを寒水で冷却させ、ハシモトアヤコさんも幸福な結末を迎えたアンヌ・ヴィアゼムスキーのように見えた。建設現場からキックもやって来て、快く残骸を撤去してくれた。

 後日、キックと共に廃棄物置場を消毒しに行くと、対戦校の教員らしき白髪頭が球場の瓦礫に紛れて転がっていた。石灰を振りかけようとすると、耳の穴から身体を伸ばせば拳大はあろうかという羽蟲が這い出てきて、髄液や脂で湿った羽を乾かそうとしているのか、日なたを求めて地面をさまよいはじめた。気持ちの良い蟲ではなかったが、なんとなく責任を感じて無事を見守っていると、サッカー部のタイナカから携帯電話に感謝を伝えるメールが届き、一瞬なんのことだろうと思ったが、すぐにオモイヅカの件だと気づき、球技大会から抜け出す際には彼に協力してもらおうと考え、なるべく丁寧な文で返信した。その間に羽蟲は無理をすれば飛べる程度に身体を乾かせ、虫にさほどの抵抗がない者なら気にとめないほどの姿に戻っていたので、虫を羽蟲にさせていたのは白髪頭の脂のせいだと考えられた。石灰は多めに振りかけておかないと、脂が地面に染み込み、未来の子供たちの遊び場は腐敗した土地になるだろう。

 

『今日までの夜に見た夢に彩られた走馬灯にも似た自分史』(46)

 前衛音楽家が占い師の女と共に住む湿度の高い集合住宅から西に進んだ川辺の人形屋には、私が中学の卒業文集に好みのタイプとして記した球体関節人形に生き写しのドールがいて、金銭で取引することも憚られたので、毎日のように別の商品を購入しつつ、彼女の無事を確認するのが日課となっていた。自分が北村昌士のような姿であれば、連れ帰る自信もできたことだろうが、残念ながら雉間ほどではないものの、出血に耐えながら髭を剃らなければならぬ身体だった。店の主人のほうが、はるかにふさわしい姿をしていたので、そもそも彼女が売り物ではないと知った時は珍しく感涙してしまった。

 地元で最も人形屋に近い雰囲気の店は、おそらく郵便局員たちが駐車場として使っていた川辺の先の古本屋だが、1階部分は半分ほど地下室のような造りであったため、悪い意味での陰気さが隠せなかった。近くには地元で2番目の高校があったものの、学生らしき姿をこの店で見かけることはなかった。地元とは言っても、それは家から最寄の「街」であるというだけで、ある程度の商業施設が存在すること以外に取り得などなく、治安も良いとはいえない。地元新聞の紙面もスポーツに割かれる面ばかりが多く、リトマス試験紙共闘隊でなくとも市民球場を自作の銃器で襲撃したくもなるだろう。