自己紹介やら目次やら

 投稿日付を未来に設定して常にブログのトップに表示されるようにする、というのは説明するまでもないことのような気もしていたのだけれど、わざわざコメントで突っ込みを入れている人を見かけたこともあるので、念のため、先にその旨を書き記しておきます。(随時編集)

 

美月雨竜(みづき うりゅう)

 1986年、北海道十勝地方生まれ。綺麗な字面に荒んだ心(当然偽名)。永遠の求職者。心に大風邪をひいて静養の日々。

 高校卒業後は札幌、そして神奈川で色々と勉強に励むも、湿度や人の群れに耐えられず、また十勝に帰ってきた(逃げてきたとも言う)。

 ザ・ビートルズ『マジカル・ミステリー・ツアー』、竹村延和『ソングブック』、DOOPEES『DOOPEE TIME』、デレク・ジャーマン『ザ・ラスト・オブ・イングランド』、『水曜どうでしょう』、さまぁ~ず、これらを定期的に摂取しないと生命が維持できない。

 ブログは基本的に毎週日曜と水曜に更新しています。

 略歴:総合学園ヒューマンアカデミー札幌校 ゲームカレッジ ゲームプランナー専攻

 日本映画学校(現・日本映画大学) 21期脚本ゼミ

 Twitter:@miumizuki

 

 

 

リスト系記事の目次

 

芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト

 様々な人・媒体で紹介された各ジャンルの必見・必読・必聴作品のリスト(私が個人的に選んだ作品も含む)。私自身がこれから観たり聴いたり読んだりするためのメモ代わりである。ようするに、備忘録。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130814/1376392193

 

「作家=俳優」映画リスト(海外編)

 異業種監督の中でも、俳優またはコメディアン、ミュージシャンなど演じることを生業とする人たちの監督した映画を中心とした映像作品リスト。本業は映画作家だが、特に役者としての活躍も多い作家も加えてある(誕生順)。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131027/1382876094

「作家=俳優」映画リスト(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131023/1382485847

 

映画についての映画リスト

 映画についての映画のリスト。
 映画がテーマのものや、劇中で映画に関することが描かれていたりするもの、あるいは主要人物が映画に関連していたりするもの。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131009/1381271421

 

アーティスト映画リスト

 実在のアーティストを描いた映画(ドキュメンタリー含む)のリスト。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130929/1388903697

 

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(海外編)

 暇で奇特な知人たちと共に集計した名曲ベスト。好み、後世への影響、偉大さ、完成度、ヘンテコ度、普及率など様々な要素を踏まえて、あくまで私の狭い交友関係の中でも特に偏った十数名によって選ばれた500曲です。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130310/1362871182

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130313/1362872307

 

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(海外編)

 最初に掲載したのは2013年の7月ですが、後に発表された作品や知った作品、あるいは気分の変化によって加えたり上下させたりしたくなったものは随時、加筆・修正しています。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130721/1374406859

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130717/1374018287

 

好きな映画

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514963

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514916

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514850

 

挨拶代わりの小話

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20000101/1490921224

 

 

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

 
ソングブック

ソングブック

 
DOOPEE TIME

DOOPEE TIME

 
ラスト・オブ・イングランド [DVD]

ラスト・オブ・イングランド [DVD]

 
さまぁ~ずライブ11 通常版 [DVD]
 

不適切にも「その後」がある

 かつては職場で「鬼」と呼ばれていたという人物が、近年になって新人に対しても「さん」付けの対応をするようになってから効率が上がったと語る文章を読んだ。それは良かった。この件については変われないより変われた方が良いと思う。しかし、良かったのは本人と今後の新人だけである。「鬼」時代の対応によって傷ついた者、傷ついただけでなく職を辞した者、辞した後の人生が悲惨な者、そういった者たちに対して「元鬼」は何を思うのだろう。

 いや、そこまでの目に遭った者がいないのなら構わない。しかし、どうしてもいないとは思えない。元号が令和になってはや6年、徐々にではあるが、かつては理不尽でありながらも「そういうもの」として存在していた制度や価値観が是正され、全てではないものの、確かに暮らし易くなった面は多い。それは歓迎すべきことだ。しかし、この変化に間に合わず、苦しい思いをし続けた者はどうすれば良いのだろう。過去は過去として割り切れる程度ならば良いが、後遺症とでも呼ぶべき状態に苦しんでいるのだとすれば、誰がその責任をとってくれるのだろう。

 令和の基準を当たり前と思う世代の中には、かつての理不尽な世界の存在すら想像できず、これほど生き易い世界で落ちこぼれるなど余程の無能なのだと考えてしまう者もいるかもしれない。上からも下からも救いどころか虐げられることしかないのだとすれば、もう呼吸すらままならない。「元鬼」の自覚があるのなら、せめてかつての犠牲者に対する謝罪の気持ちが文章にもう少し感じられても良いと思う。

 

由来は知らない、自信もない。だけれど許せる気もしない。

 出版不況、活字離れ、雑誌の廃刊等々、読書好きなのか蔵書好きなのかは判断し難いものの、とにかく紙の本を買いたがる私のような人間にとっては暗い未来ばかり想起させられる話題が嫌でも耳に侵入してくるようになって久しい。愛読している紙の雑誌は今も多くあるが、外に出る機会を減らさないためにも、なるべく書店にて購入するようにしている。しかし、私の健康寿命が尽きるのが先か、活動地域の書店の寿命が尽きるのが先か、いずれにせよ、これもまた暗く痛ましい未来ばかりが頭に浮かぶ。

 敢えて世の中の流れに抗ってばかりいるつもりはないし、紙でも電子でも文化として残り続けてさえくれれば御の字という面もあるのだが、より一層気が滅入るのは、どうして意地でも金を出したくないような書物ばかり消える様子もなく目立つ場所に並べられているのかということだ。もちろん、私の感覚が正しいという証拠などないし、単純に好みの問題というだけなら、それほど悲観することもない。しかし、どうにもそれだけでは気持ちを割り切れない類のものが目に入る。たとえば、雑誌「女性自身」が、あの内容で「女性自身」などと名乗り続けているのは、女性蔑視と言えるのではないかと知人数名を巻き込んで議論になったのは20年近く前のことなのに、書店だけでなくネットのニュース一覧にまで、この誌名が添えられた品性の感じられない見出しが多く垂れ流されている。詐欺や悪徳宗教のような自己啓発本も批判的な資料としてなら古書店仕入れることはあるが、姿勢そのものに疑問を感じるような雑誌の場合は、100円以下で叩き売られていても購入する気にならない。

 しかし、目につくということは、おそらく売れているということであり、これらの書物の売り上げによって出版社や書店が生き長らえている面があるのだとすれば、こちらとしてはどのように声をあげたら良いものか悩まされ、より一層暗い未来ばかり想像させられるのである。

 

鈍感なのか馬鹿者なのか無神経か前向きなのか

 明るく前向きな人間は、案外他人を苦しめている。

 その仕組みの一つの要因として、明るく前向きな人間は、明るく前向きであるがゆえに、失敗や過ちを犯しても、基本的にはそれを自分の中で「良い経験」として先に進もうとすることが挙げられる。

 もちろん、それ自体は大切なことでもあるし必要なことだとも言える。そして、反省の上で成り立っているとも思うのだが、問題は本人ではなく、明るく前向きな人間の失敗や過ちによって実害を被った他者のほうである。失敗や過ちを犯した本人が立ち直っても、巻き込まれた側は立ち直るどころか、元凶だけが明るく前向きに生きる姿を見せつけられるだけで、それでは憎しみなどの負の感情が増大するばかりである。酷い場合には、元凶である明るく前向きな人間が被害者に対して「過去にとらわれていては駄目だ」などと、悪気なく叱咤激励という名の無神経な加害言動を起こしたりもする。そして、最悪の場合、被害者は殺人という罪の加害者になってしまう。

 「明るく前向き」は、どちらかと言えば確かに良いことなのだとは思う。だが、結局は時と場合によるし、自分だけが勝手に何事にも明るく前向きに生きているだけなのは、むしろ害悪なのではないかと思う。少なくとも私には、そう感じさせられて殺意さえ芽生えた人物が何人も存在している。奴らのせいで自分が殺人犯になるような、さらなる不幸を引き寄せるのは癪どころでないので、どうにかその衝動を抑え込んでいるに過ぎない。幸か不幸か、簡単に危害を加えられるような相手は少ないという点も助かっている。奴らは往々にして、陽向の大舞台に立っているものなのだ。

 

「みんなみんな生きているんだ友達なんだ」

 動物が死ぬと虫が湧く。もちろん、人間も例外ではなく、蝿(および蛆)、ゴキブリ、シデムシといった、特殊清掃に携わる方の話を伺うまでもなく嫌でも想像できてしまう類の虫たちが大量に湧く。腐敗臭と並んで、孤独死が発覚する主なきっかけでもある。

 前回の記事にも記した通り、年齢ゆえか健康状態ゆえか日陰の人生ゆえか、スピリチュアル的なものとは別の意味での「死後の苦労」に関して考えることが増えてしまっているのだが、上記したような遺体に湧くような虫以外にも、各々の居住地に普段から姿を見せがちな虫たちも、おそらく多く発生するのだろうと思う。住人が元気に生活している間ならば、追い出されたり殺虫剤をかけられたり、それ以前に侵入や発生の防止措置がとられていた虫たちが、遺体に引き寄せられるわけでもなく、単に出入りし易くなったという理由で蠢きまわるわけだ。

 つまり、蟻の姿を頻繁に目にするような家であれば、住人の死後には大量の蟻が侵入し定住する。その他、動物の死体に特別多く寄ってくるわけでもない虫たちが、たまたまその家に姿を見せやすい状態にあるだけで、住人の死後、新たな住人として大量に現れることが予想されるのだ。蚊、蜘蛛、カマドウマ、虻、蜂、百足……殺虫・防虫用品売り場でイラスト化されている虫たちがここぞとばかりに集まってくるかもしれない。もちろん、普段から蝿やゴキブリに悩まされているような家であれば、より多くの数が発生するのだろう。

 普段から目にすることの多い虫であれば、たとえ目にしたことのない状況に置かれた場合の姿も想像し易い。当然、私も想像してしまうのである。自分の死体に群がる、あの虫やこの虫を。テントウムシのような、普段ならさほど恐れる必要のない虫でさえ、死後の自分の身体を這い回る様子はおぞましい。しかし、今の私に出来ることといえば、なるべく生活環境を清潔に保ち、少しでも虫たちが発生しにくい状態にしておくことくらいなのである。

 

孤独に生きるにゃ痩せるがマナー、あんたは死ぬには太過ぎる

 特別な知識や経験がなくとも予想できるだろうが、肉付きの良い若い人間よりも年老いて痩せ細った人間の方が、亡くなって放置されてしまった時に発生する腐敗臭や虫の量は少ないという。例えは悪いが、生肉と干肉を同じ場所に同じ時間放置するのを想像すれば、詳しい仕組みは説明できずとも納得はできるはずだ。

 「孤独死」「ひとり社会」といった言葉を頻繁に目にするようになって久しい。私自身、そろそろ40歳という、どうあがいても若いとは言えない年齢に差し掛かろうとしているうえ、現状の交友関係の狭さや経済状況等を考えれば、誰かに看取られ、綺麗な姿(あくまで遺体としての綺麗さだが)のまま葬ってもらうには、今すぐに命を落とす他ないのだろう。しかし、往生際が悪いというか命根性が汚いというか単に臆病というか、いずれにせよ突然の不幸が舞い込まない限り、実行できそうもない。

 ならばせめて残りの人生は、不運にも私の遺体を発見することになった者や現場処理を担当することになった者の精神的負担をなるべく少なくしてあげられるように生きるのがマナーというものだ。すなわち、余分な肉を付けず、可能な限り湿気と温度の低い場所で息を引き取るよう心掛けるべきなのだ。参考にすべきは即身仏か。

 誇って良いかどうかは分からないが、私は生まれてから一度も「肥満」状態にはなっておらず、むしろ「もっと食べなさい」と言われることが多かった。だが、孤独死の可能性を考えれば、マナーの良い生き方だったのである。逆に言えば、独り身でありながら、だらしなく肥え太っているのは、自身の健康に悪いだけでなく、死後の周囲の苦労を全く想像できていないということになる。各々、事情はあるだろうが、どうしても痩せられる自信がないのなら、人一倍家族や友人を大事にし、万が一の際になるべく早く発見してもらえるよう気をつけるべきである。

 

そして僕は「世界」を呪う

 「呪い」と呼ばれる効果を現実的に考えた場合、よく言われるように、他者から向けられた悪意や敵意を敏感に感じ取ってしまう者に生じる身体的・精神的不調、あるいは偶然降りかかった不幸を他者からの悪意・敵意と結び付けて考えてしまう状態がほとんどだろう。しかし、これは呪いの対象となった者が、一定以上の敏感さを持っていなければ意味がないということでもある。無神経で鈍感で自分が他者から悪意や敵意を向けられていることを想像すらできないような人間に対しては、本来の「呪い」が持つ(否、持つであろうと望まれている)超常的な力に期待するほかない。

 多くの忌まわしき人物たちを例に挙げるまでもなく、無神経で鈍感な人間ほど他者から呪われても仕方のないような言動が多い。きっと、実際に様々な方法で呪われていると思われる。だが、無神経で鈍感であるがゆえに、現実的な呪いの効果は全く期待できないのである。直接「お前を呪った」と伝えれば、さすがに悪意や敵意を気づかせることはできると思うが、往々にして気にもとめないことだろう。それを本人たちは「心の強さ」と主張するのだろうし、実際「呪い」に限らず、霊障等の超常的災難に対する最大の防衛策は「心を強く持つこと」だと言われるものの、上記のような者たちに関しては、やはり無神経なだけだと考えた方が納得できる。

 「復讐は何も生まない」という言葉には、いまだに首肯し切れない印象があるのだが、少なくとも復讐の方法として「呪い」に頼る場合は、確かに「何も生まない」可能性が高いと感じる。いや、どころか傷つき憎しみや哀しみに苛まれてしまうだけの感覚を持った「呪う側」にのみ、その精神的影響に伴う諸々の災厄が降りかかることも充分に考えられ、結局のところ、超常的効果を信じるまでもなく、「人を呪わば穴二つ」という言葉だけが実証されてしまうのかもしれない。なんとも救いのない話である。