自己紹介やら目次やら(編集中)

 投稿日付を未来に設定して常にブログのトップに表示されるようにする、というのは説明するまでもないことのような気もしていたのだけれど、わざわざコメントで突っ込みを入れている人を見かけたこともあるので、念のため、先にその旨を書き記しておきます。

 

美月雨竜(みづき うりゅう)

 1986年、北海道十勝地方生まれ。永遠の求職者。心に大風邪をひいて静養の日々。

 高校卒業後は札幌、そして神奈川で色々と勉強に励むも、湿度や人の群れに耐えられず、また十勝に帰ってきた(逃げてきたとも言う)。

 ザ・ビートルズ『マジカル・ミステリー・ツアー』、竹村延和『ソングブック』、DOOPEES『DOOPEE TIME』、デレク・ジャーマン『ザ・ラスト・オブ・イングランド』、『水曜どうでしょう』、さまぁ~ず、これらを定期的に摂取しないと生命が維持できない。

 ブログは基本的に毎週日曜と水曜に更新しています。

 略歴:総合学園ヒューマンアカデミー札幌校 ゲームカレッジ ゲームプランナー専攻

 日本映画学校(現・日本映画大学) 21期脚本ゼミ

 Twitter:@miumizuki

 

 

 

リスト系記事の目次

 

芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト

 様々な人・媒体で紹介された各ジャンルの必見・必読・必聴作品のリスト(私が個人的に選んだ作品も含む)。私自身がこれから観たり聴いたり読んだりするためのメモ代わりである。ようするに、備忘録。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130814/1376392193

 

「作家=俳優」映画リスト(海外編)

 異業種監督の中でも、俳優またはコメディアン、ミュージシャンなど演じることを生業とする人たちの監督作リスト。本業は映画作家だが、特に役者としての活躍も多い作家も加えてある(誕生順)。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131027/1382876094

「作家=俳優」映画リスト(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131023/1382485847

 

映画についての映画リスト

 映画についての映画のリスト。
 映画がテーマのものや、劇中で映画に関することが描かれていたりするもの、あるいは主要人物が映画に関連していたりするもの。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131009/1381271421

 

アーティスト映画リスト

 実在のアーティストを描いた映画(ドキュメンタリー含む)のリスト。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130929/1388903697

 

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(海外編)

 暇で奇特な知人たちと共に集計した名曲ベスト。好み、後世への影響、偉大さ、完成度、ヘンテコ度、普及率など様々な要素を踏まえて、あくまで私の狭い交友関係の中でも特に偏った十数名によって選ばれた500曲です。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130310/1362871182

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130313/1362872307

 

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(海外編)

 最初に掲載したのは2013年の7月ですが、後に発表された作品や知った作品、あるいは気分の変化によって加えたり上下させたりしたくなったものは随時、加筆・修正しています。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130721/1374406859

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130717/1374018287

 

好きな映画

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514963

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514916

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514850

 

挨拶代わりの小話

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20000101/1490921224

 

 

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

 
ソングブック

ソングブック

 
DOOPEE TIME

DOOPEE TIME

 
ラスト・オブ・イングランド [DVD]

ラスト・オブ・イングランド [DVD]

 
さまぁ~ずライブ11 通常版 [DVD]
 

水銀とも呼ばれたヒューパートが血と汗と涙で汚れた水の清らかさを取り戻す話

 

 学校の方針で全児童が無理矢理参加させられていたスピードスケート大会で応援に駆り出された決して暇ではないはずの親たちが子供たちのために作った豚汁は冷凍焼けを起こしていた肉を使ってしまったがために豚汁なのに全員が豚肉を除けはじめ味覚が特に敏感な者は豚肉の出汁からさえも冷凍焼けの嫌な味を感じ取り冷えた身体を温めるどころか啜れば啜るほど吐き気が増すばかりでそれもこれも馬鹿の一つ覚えのようにスケートにばかり力を入れる学校と普段は何をしているのか分からない青年団の連中のせいなので連中の顔面に熱々の豚汁を浴びせかけてやりたい気持ちになった者も大勢いたはずなのだが胃の不調を訴える者はいても顔に大火傷を負った者が現れなかったのは憎き連中に限って寒気の舞い込むテントではなく暖気のこもった屋内で無神経な顔を晒しているだけだったことと寒気と冷凍焼けの嫌な味は頭を冷やす効果はあったようでいくら児童が束になってかかっても憎き教師と青年団には敵わないであろうと判断する者がほとんどで児童数の少ない田舎小学校なら尚更のことでかじかみひび割れた手や豆の潰れた足に血を滲ませながら冷えた頭の奥深くに憎悪を溜めこむことで精一杯だった頃から20年も経てば知恵も体力も充分に蓄えられておりそのうえたまたま熱湯が手元にあり目の前に憎き青年団の成れの果てが立っていたとあらば傷害沙汰になるのも無理もないことだと20年前の児童たちならばほとんどが全肯定はせずとも30歳を迎えたヒューパートと同じことを自分もしたかもしれないと考えるのもまた無理もないことであり無関係の者には到底理解し得ぬことではあるけれどもアルバートが20年ぶりにヒューパートのことを「水銀(クイックシルヴァー)」という懐かしいあだ名で呼んだのもそういったことが理由なのであった。

そっちの臓器は美味いぞ

 こちらの精神面の健康状態などお構いなしに次々と舞い込みやがる面倒事のせいでストレス性の胃腸炎を患い、胃が痛くてたまらないものだから、ただでさえ根性と共にひん曲がった背筋が余計にひん曲がり、ただでさえ日本人成人男子の平均身長に届くか届かないか程度の背丈もさらに縮こまって、視線の高さなどはおそらく150センチ台を浮遊する有様で、貧相・貧弱・虚弱、あらゆるみすぼらしさを纏いながらぐえぐえ唸っていたものの、教師の言う事は聞かないが医者の言う事には従うためか、比較的回復は早かった。今ではぐえぐえ唸ることに終始し読まずに放置していた分の地元新聞に目を通すだけの体力も取り戻したわけだが、私がぐえぐえ言っている間、やけにクマの出没情報が報じられていたようで、私がぐえぐえ言っている間も変わらず走っているのか歩いているのか止まっているのかさえ判然としないスピードでランニングを続ける名も知らぬおっちゃんがいつクマに襲われるのだろうかと近所の方々が噂しはじめる始末。一見すると喰われるところなどなさそうに思えるほど痩身のおっちゃんだが、クマは臓物を好んで喰らうようなので、おっちゃんが臓物を全て抜き取られてなお走り続ける生ける屍的な怪異でもない限り、クマの餌食になる可能性は否定できない。クマが虎視眈々とおっちゃんを付け狙っているのだとしたら、おっちゃんのランニングコース付近に住む私をはじめとした近隣住民にとっては迷惑このうえなく、わざわざ二つも三つも町をまたいでランニングすることもなかろうと誰か言ってやるべきなのかもしれないが、いかんせんどこの誰だかわからんので、いかにアウトローな農業従事者の多い地域とはいえ、話しかける勇気のある者はそうそういない。体力も戻ったことなので、「熊出没注意」の看板でもこしらえて家の前に立てておこうかとも考えている。

監獄の外もまた監獄

 面倒事や厄介事が重なり、運動不足を防ぐために長年の習慣としていた微細なる運動もしばらく時間を割くことができず、ようやくあれやこれやが片付いて久方ぶりに身体を動かしてはみたものの、翌日になって腹部と背中を中心とした未曾有の痛みに襲われ、経験したことのないほどの筋肉痛なのだろうかと思っていたら、どうにも痛いのは筋肉ではなく内臓のほうではないかという気がしてきて、医者に診てもらったら案の定ストレス性の胃腸炎的なものらしく、事細かに症状やここ最近の生活環境について伝えた甲斐もあってか、処方された薬はよく効いたようで、数日間、医者に言われたとおりにしていたらみるみる回復し、反復型うつ病性障害に苦しみつつ胃腸までやられた悲惨な状態から反復型うつ病性障害にのみ苦しめられる状態へと返り咲いた。返り咲いた先もまだ谷の底なのが気になるが、厄介事が少なくなるに越したことはない。

ダウン・バイ・ロー [Blu-ray]

ダウン・バイ・ロー [Blu-ray]

 

ストレス性のものらしい

 急病に見舞われた美月雨竜氏は、一部の者は忌々しく思うことであろうが命に別状はなく、ゆるやかに回復しつつある。しかし、いまだに予断を許さぬ状態なので、本日もほとんどの時間を布団と同化することに費やしている。

ある犯人を追っていると近くに潜伏していた別の事件の犯人が銃撃してくることもあるらしい

 新聞を読んでいたら「2017年のブラジルの殺人被害者数が6万5602人に達した」という記事が目に入った。殺人発生率は過去最悪の人口10万人当たり31.6人(世界銀行によると2016年の日本だと0.3人、アメリカでさえ5.4人)、だいたい一時間に7件を超える殺人が発生している計算になるらしい。あくまで殺人被害者数なので、殺された疑いがあるというだけの場合は含まれていないだろうし、当然のことながら事故死は無関係である。警官が犯人を射殺した場合も殺人事件とは言い難いから含まれていないだろう。たとえ、完全降伏状態の犯人を車の裏に引きずっていって射殺したような場合であっても(実際にそういったケースの映像を見たこともある。1995年のブラジル・リオデジャネイロでの事件である)。

 そういえば、かつてはレンタルビデオ店のホラーコーナーの片隅で禍々しいオーラを放っていた悪趣味系ビデオの金字塔である『デスファイル』シリーズも「世界中を取材」などと謳ってはいたが、基本的にはブラジルと東南アジアを行ったり来たりしている印象で、逆に言えばブラジルと東南アジアの事件現場を2~3週取材するだけで90分程の悪趣味ビデオが制作できてしまっていたのかもしれない。まったく誇れることではないし、不謹慎極まりない話でもあるけれど、悪趣味系市場においては、ある意味で「稼ぎどころ」だったのだろう。禍々しさに引き寄せられていた私のような人間がとやかく言えたことでもないけれど。

 さて、ずいぶんと幼い頃からテレビの衝撃映像特番を欠かさずに観てきたわけだが、ブラジルをはじめとした治安の良くない地域での人質籠城事件の映像が大抵犯人射殺(しかも、かなり荒っぽい形で)によって幕引きされていることは、嫌でもすぐに気づいてしまうもので、その理由まで深く考えることは無意識に避けてきたのかもしれないが、ひょっとすれば一つの事件に時間などかけていられないからなのかもしれない。実際、「硬直化を嫌った警察は……」といったナレーションもよく耳にした。上記の通り、おそらくこういったケースで射殺された犯人は「殺人事件被害者数」には含まれていない。

 そんなブラジルのスラム街での銃撃戦を専門に取材しているカメラマンも存在して、かつてTBSで放送されていた『衝撃の映像クラッシュ』シリーズにおいて何度か紹介されたトニー・カストロ氏もその一人である。20年ほど前に紹介された時に20代後半の年齢であったが、やっていることがやっていることなので、30代、40代を迎えることができたのかどうかは怪しい。しかし、存命であっても、何らかの使命感なのかスクープ中毒とでも言うべき精神状態だったのかはわからないけれども、放送当時すでに何度も死にかけていたトニー氏がそう簡単に仕事を辞めているとも思えない。20年の間にブラジルの治安が劇的に改善されていれば良かったのだが、新聞記事の通り、殺人発生率は過去最悪で銃器が使用された割合も72.4%に達するという。トニー氏が取材熱を掻き立てられてしまうような事件は増える一方のようである。