自己紹介やら目次やら

 投稿日付を未来に設定して常にブログのトップに表示されるようにする、というのは説明するまでもないことのような気もしていたのだけれど、わざわざコメントで突っ込みを入れている人を見かけたこともあるので、念のため、先にその旨を書き記しておきます。(随時編集)

 

美月雨竜(みづき うりゅう)

 1986年、北海道十勝地方生まれ。綺麗な字面に荒んだ心(当然偽名)。永遠の求職者。心に大風邪をひいて静養の日々。

 高校卒業後は札幌、そして神奈川で色々と勉強に励むも、湿度や人の群れに耐えられず、また十勝に帰ってきた(逃げてきたとも言う)。

 ザ・ビートルズ『マジカル・ミステリー・ツアー』、竹村延和『ソングブック』、DOOPEES『DOOPEE TIME』、デレク・ジャーマン『ザ・ラスト・オブ・イングランド』、『水曜どうでしょう』、さまぁ~ず、これらを定期的に摂取しないと生命が維持できない。

 ブログは基本的に毎週日曜と水曜に更新しています。

 略歴:総合学園ヒューマンアカデミー札幌校 ゲームカレッジ ゲームプランナー専攻

 日本映画学校(現・日本映画大学) 21期脚本ゼミ

 Twitter:@miumizuki

 

 

 

リスト系記事の目次

 

芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト

 様々な人・媒体で紹介された各ジャンルの必見・必読・必聴作品のリスト(私が個人的に選んだ作品も含む)。私自身がこれから観たり聴いたり読んだりするためのメモ代わりである。ようするに、備忘録。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130814/1376392193

 

「作家=俳優」映画リスト(海外編)

 異業種監督の中でも、俳優またはコメディアン、ミュージシャンなど演じることを生業とする人たちの監督した映像作品リスト。本業は映画作家だが、特に役者としての活躍も多い作家も加えてある(誕生順)。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131027/1382876094

「作家=俳優」映画リスト(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131023/1382485847

 

映画についての映画リスト

 映画についての映画のリスト。
 映画がテーマのものや、劇中で映画に関することが描かれていたりするもの、あるいは主要人物が映画に関連していたりするもの。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131009/1381271421

 

アーティスト映画リスト

 実在のアーティストを描いた映画(ドキュメンタリー含む)のリスト。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130929/1388903697

 

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(海外編)

 暇で奇特な知人たちと共に集計した名曲ベスト。好み、後世への影響、偉大さ、完成度、ヘンテコ度、普及率など様々な要素を踏まえて、あくまで私の狭い交友関係の中でも特に偏った十数名によって選ばれた500曲です。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130310/1362871182

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130313/1362872307

 

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(海外編)

 最初に掲載したのは2013年の7月ですが、後に発表された作品や知った作品、あるいは気分の変化によって加えたり上下させたりしたくなったものは随時、加筆・修正しています。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130721/1374406859

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130717/1374018287

 

好きな映画

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514963

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514916

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514850

 

挨拶代わりの小話

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20000101/1490921224

 

 

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

 
ソングブック

ソングブック

 
DOOPEE TIME

DOOPEE TIME

 
ラスト・オブ・イングランド [DVD]

ラスト・オブ・イングランド [DVD]

 
さまぁ~ずライブ11 通常版 [DVD]
 

僕らはみんな加害者として生きている

 オリンピック関係者が開催を強行したがる理由が利権/カネであるのならば、もちろん賛同はしないものの、理解できないこともない。儲けられなくさえすれば、あっさり撤回するであろうという意味でも、反対する側としては何かやりようがあると思えるからだ。

 しかし、本気で「スポーツの力」とやらを信じているがゆえの強行なのだとしたら、理屈が通じない分、より厄介である。盲信と言って良い。だったらダークなカネをめぐった恐ろしい陰謀が渦巻いている方が私にはマシに思える。お金は私だって欲しい。

 もっとも、スポーツに限らず「○○の力」などと言いたがる者には、おおむね至上主義的な傲慢さや気持ち悪さを感じる。音楽や文学といった、私が好む世界の話であっても同様である。せいぜい、彼らの言うような「力」が発揮される場合もあるというだけであり、時としては災厄にもなり得る。「平和」「友情」「思いやり」的なワードが散りばめられた楽曲が選ばれ易いクラス対抗の合唱によって、いったいどれだけの人間関係が崩壊したことだろう(例:「もっと声を出せ!」「口をしっかり開けろ!」「どうして真面目にやってくれないの(泣)!」など)。

 他人にまったく迷惑をかけずに生きることなど到底不可能であるし、どれだけ支持する者が大勢いるようなものであっても、どこかにきっと犠牲になっている者がいる。もちろん、だからといって全てを規制することは望まないし、法として定めるべき範囲というのも、個々の問題をそれぞれ議論していくほかない。だが、自分が加害者である可能性というものを全く考慮しない者がいるのであれば、それだけで充分な重罪だと私は思う。

 

(追記)ニュースなどでよく聞く「日本中が熱狂!」といった言葉だが、「日本中」というのは、人口の何%が該当すれば使用して良いとされているのだろう。明確な基準などないのはわかっているが、大抵「日本中」から外れているため、ずっと気にはなっている。

生きない [DVD]

 

ジャック・ザ・リッパーは是非ともスポーツ憎悪党

 そもそもスポーツに対しての憎悪が深い私は、コロナ禍にかかわらずともオリンピックなど鬱陶しい催しとしか思っておらず、それでも東京がオリンピックを招致したことで良かったと思えることを挙げろと問われれば、「スポーツ界への社会全体の不信や憎悪が増してくれたこと」という皮肉以外の何物でもない回答をするほかない。しかし、なんやかんやでIOC組織委員会等の体質的問題が公になっただけであればともかく、その背景にあるのが「コロナ禍」という状況だけに、既に払った犠牲が大きすぎる。そして、オリンピック決行後にスポーツ不信/憎悪の仲間が増えたことを喜べるだけの余裕が社会全体に残されているかどうかのほうが不安になってしまう(勿論、大きな被害が出ないことが最も望ましいが、その「成功」によって専門家軽視/スポーツ重視な連中が図に乗ってしまうような気がするのも頭が痛い)。

 まあ、『いだてん~東京オリムピック噺~』という絶品ドラマを鑑賞することができたのは確かに幸福なことだったが、今となってはピエール瀧の登場シーンをカットしてしまうくらいなら、JOC会長・山下泰裕のインタビュー場面を抹消してほしかったと思う。

 そういえば、このところ東京オリンピック決定時の歓喜に沸く関係者や滝川クリステルの「お・も・て・な・し」の映像が流れていない気がする。私自身がなるべくオリンピック関連のニュースを目にしないよう気をつけているからなのだろうけれど、ひょっとしたら国民の感情を逆撫でしないための配慮なのかもしれない。東日本大震災時の「ぽぽぽぽーん」的配慮(かえって気が滅入ってしまったという声もあったが)と似たようなものだろうか。だったら、大会に向けて前向きなコメントをする選手の姿を放送するのも自粛したほうが良い気がする。すでに池江璃花子の件があるわけで、これ以上選手たちに無用の葛藤を負わせたくないと思っているのなら、そっとしておくべきだろう。スポーツへの憎悪が激しい私が言っているのだから、応援する気でいる方々はもっと気を配る必要があるはずだ。決して応援している選手が良い成績を出したからといって、街に繰り出して飲み騒ぎ、感染状況を悪化させるようなことをしてはいけない。

 

グリム童話を読んでも眠くはならないが「グリム」という名の導眠剤はありそうだ。

 新型コロナウイルスの流行以降、行きつけのドラッグストアに並ぶようになったプロ用の除菌ウェットシートを使って掃除をしているのだが、これであちこち拭くと部屋全体がほのかに病室の匂いになり、幼少期に入院生活の多かった私は懐かしき小児病棟を思い出して妙に落ち着いた気分になる。

 しかし、それでも寝つきが良くならないのは何故だろう。世界が私に冷た過ぎるせいか、あるいは眠る体力すら足りなくなっているのか。そもそも、懐かしくはあっても、病室の記憶というのは具合の悪さとも同義であり、具合が悪いことと眠り易いこととは別の話なのではないかという疑念も沸いてくる。そんなことをあれこれ考え出すと、また安眠からは遠のいてゆく。

 読書が苦手な人のなかには、本を開いて眺めるだけで眠くなるという人もいるらしい。入院中、病院にあった子供向けの本を手にしているうちに割と早めに読書に親しむようになれた私は、よほどつまらない内容でない限り書物自体のせいで眠気に襲われることもない。私が4歳になろうかという頃、父が読み聞かせ用として購入してくれた『世界おはなし名作全集』(小学館)は、私の入院が頻繁過ぎたことと、両親共に朗読に対する自信が低かったため、「読み聞かせ」という本来の目的を成就することはほぼできなかったものの、巻末に中沢新一による各童話作家の誕生した背景等に関する解説が収録されていたこともあり、今なお時折読み返すことがある。結果的には良い買い物だったと言って良いだろう。しかし、これもまた懐かしさに浸ることはできても、導眠効果は得られない。

 厄介なことに、昔の記憶というものは良いものも悪いものも、どういうわけか眠気を遠ざけてしまう。懐かしい思い出は哀しみを伴って結果的に気分を沈め、眠れなくなってしまうし、嫌な記憶は恐怖やら羞恥やらに苛まれてしまう。だったら、昔のことなんか思い出さなければ良いのだが、思い出さずにいる方法がわからない。わかるまで考えるなり調べるなりすべきなのかもしれないが、その行為自体がまた安眠を遠ざけるのだった。

 

手元にあれば私はきっと撃ってしまうので規制しておいてください。

 天気予報をいまひとつ信用できないような気候がつづいた。布団を干すタイミングも掴めず、乾燥機殿を酷使している。洗濯物を外干しする勇気も持てない。

 元凶は気圧様がご機嫌斜めであるからだろうが、そもそも人格のない相手では為す術もない。気圧様が不機嫌だと頭痛は襲う、思考は鈍るで、何をなすにも下手に決断を急ぐとろくなことにならない。ゆえに、なるべく何もしないでおく。そして、「何もしない」という決断に後悔したりする。

 こんな時でも近所のバカが運転するジープはやかましく、怨みが募り過ぎたせいでマイカーを自慢するような言動の者全てが憎く思え、そんな連中の頭部を片っ端から大きめのハンマーかなにかで叩き潰したいという衝動が煮えたぎり、煽り運転や酒酔い運転のニュースを見聞きするたびに、そんな輩を低速の車に縛り付けてゆっくりと身体を削り落とす妄想を繰り返す。健全ではないが、実行してしまわないためにも、こうして公にすることでせめてものガス抜きをおこなう。幸い、ここにはあまり人が訪れない。

 ところで、歯医者から定期健診の時期が近づいたことを報せる葉書が届いたが、新型コロナウイルスの感染状況が気になって、なかなか予約を行う気にはなれない。このところストレスのせいか、睡眠中に強く歯を食いしばっているようなので、検診に行けた時には深刻なほどすり減っていたり、あるいは欠けているかもしれない。

 その際の治療費くらいは、どうにかジープのバカからふんだくってやりたいのだが、なにか良い方法を思いついた方はご一報ください。

激突! [Blu-ray]

激突! [Blu-ray]

  • 発売日: 2015/09/02
  • メディア: Blu-ray
 

 

知っているけれど知らない人たち

 「知り合いのなかにコロナの感染者はまだいない」と公言する者の交友関係とは、どの程度の広さなのだろう。もちろん、ただ事実を述べているだけで、発言の中に「ゆえにコロナウイルスの感染が広がっているというのは嘘である」などという陰謀論的主張が含まれているとは限らない。しかし、特に「感染拡大などたいしたことではない」と暗に主張したがっていそうなタイプの発言者の交友関係というものは、少し詳しくお聞かせ願えませんかと問いたくなる。

 たとえば、私も知人の内にはまだコロナの感染者は出ていない。しかし、私は極端に交友関係の範囲が狭い方であるし、その狭い交友関係の中においても、わざわざ私に感染した旨を伝えるとも思えない。交友関係が狭いがゆえに、周囲に感染者がいないから大丈夫などという短絡的楽観論にも陥りにくくなっている。世界は見えるところまでしかない、でも私に見えているのが世界の全てのはずがない。

 さて、私とは違って自分の交友関係が広いと思っている者、あるいは「広い」とは思っていなくとも「狭くはない」と思っている者に関してだが、まず第一にその交友関係は本当に「広い」もしくは「狭くはない」と言える規模のものなのかという疑問がある。なんとなく、「うちのクラスはキャラが濃い」並みに信憑性の低い主張に思える。だが、それ以上に、仮に「広い」ないし「狭くはない」のだとしても、その範囲内の人間の細かな近況をどれだけ把握できているのかという疑問が強く湧き上がる。素性は知っているが近況は知らない相手でも、どちらかが存在すら忘れ去っていない限り「知り合い」には変わらないだろう。そんな相手のことも含めた「交友関係」であるのなら、そうそう情報が伝わってこなくても不思議ではない。

 私ならば「知り合いに感染者はいない」と陰謀論的主張を含みつつ発言できるような者が知り合いにいたならば、とっくに距離を置いているだろうし、もし自分が感染して自宅療養となった時、そいつから電話がかかってきても面倒なのでわざわざ伝えたりもしないだろう。そもそも、電話にも出ない。もっとも、何度も申しているように極端に交友関係が狭いので、はなからそんな心配はいらないのである。

凹村戦争 (ハヤカワ文庫 JA ニ 2-1)

凹村戦争 (ハヤカワ文庫 JA ニ 2-1)

  • 作者:西島 大介
  • 発売日: 2010/03/10
  • メディア: 文庫
 

 

「パンがなければ奇跡を起こせばいいじゃない」

「子供というのは、食べるシーンのある物語が本能的に好きである」(清水義範『独断流「読書」必勝法』より)

 

 『ロビンソン・クルーソー』の解説において、清水義範はこのように書いている。続けて「特に私の世代などは、幼い頃にまだ世の中が貧しくて、好きなものを好きなだけ食べられるというふうではなかったから、物語の中の食べるシーンに憧れたものだ」とある。

 1947年生まれの清水義範先生は私の父と同世代になるが、父は私の同級生の親のなかでは年長者にあたり、すなわち1986年生まれである私自身の世代となると、誕生から数年はバブル真っ只中で、バブル崩壊を迎えても基本的にはまだまだ子供、幾多の暗い事件や風潮に漂う世紀末感をなんとなく感じつつも、もはや「飽食の時代」という言葉すら聞き飽きていた世代かもしれない(もちろん、その後自分たちが長引く不況の煽りに直面したり、直面せずとも関連事象の報道により貧困というものを間近に意識せざるを得なくなるわけだが、それはまた別の話)。斉藤和義がデビュー曲『僕の見たビートルズはTVの中』で「僕は食うことに困ったことなどない」と歌った1993年は、ちょうど私が小学校に入学した年でもある。

 それでも「子供は食べるシーンのある物語が本能的に好き」という説は、断言することはできなくとも共感できるものではあり、「食べるシーン」が特徴の一つとして挙げられる宮崎駿作品を大半のクラスメイトが鑑賞していた(無論、国民的アニメ作家であるため、私のクラスメイトに限った話ではない)のも無関係ではないのだろう。思い返してみれば、カリキュラムとしてはもはや“悪名高き”と言っても良いかもしれない読書感想文にて、物語の「食べるシーン」に触れている級友は少なくなかったように思う。

 なかでも思い出深いのは、小学校の図書室に揃っていたポプラ社の『子どもの伝記全集』から『キリスト』(『キリスト』の巻が第13巻だったのは敢えてなのだろうか)を選んで読み、「パンがたくさん出てきて美味しそうでした」と読書感想文に綴ったユウタ君(仮名)である。ユウタ君(仮名)の名誉のために、小学校何年生の時の出来事だったのかは伏せておくが、ユウタ君(仮名)は他にも道徳の教科書に載っていた「収容所で食べた黒パンの味が忘れられない男性の話」を気に入ったりしていたので、たぶんパンがお好きだったのだろう。そんなユウタ君(仮名)のために私は「『ナポレオン』(第12巻)もお勧めだよ」と伝えておいたのだった。しかし、今なお読んでくれたのかどうかは知らない。

独断流「読書」必勝法 (講談社文庫)

独断流「読書」必勝法 (講談社文庫)

 
子どもの伝記全集セット (児童書古書セット)

子どもの伝記全集セット (児童書古書セット)

  • 発売日: 2016/07/01
  • メディア:
 
ロビンソン・クルーソー (岩波少年文庫)

ロビンソン・クルーソー (岩波少年文庫)