自己紹介やら目次やら

 投稿日付を未来に設定して常にブログのトップに表示されるようにする、というのは説明するまでもないことのような気もしていたのだけれど、わざわざコメントで突っ込みを入れている人を見かけたこともあるので、念のため、先にその旨を書き記しておきます。(随時編集)

 

美月雨竜(みづき うりゅう)

 1986年、北海道十勝地方生まれ。綺麗な字面に荒んだ心(当然偽名)。永遠の求職者。心に大風邪をひいて静養の日々。

 高校卒業後は札幌、そして神奈川で色々と勉強に励むも、湿度や人の群れに耐えられず、また十勝に帰ってきた(逃げてきたとも言う)。

 ザ・ビートルズ『マジカル・ミステリー・ツアー』、竹村延和『ソングブック』、DOOPEES『DOOPEE TIME』、デレク・ジャーマン『ザ・ラスト・オブ・イングランド』、『水曜どうでしょう』、さまぁ~ず、これらを定期的に摂取しないと生命が維持できない。

 ブログは基本的に毎週日曜と水曜に更新しています。

 略歴:総合学園ヒューマンアカデミー札幌校 ゲームカレッジ ゲームプランナー専攻

 日本映画学校(現・日本映画大学) 21期脚本ゼミ

 Twitter:@miumizuki

 

 

 

リスト系記事の目次

 

芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト

 様々な人・媒体で紹介された各ジャンルの必見・必読・必聴作品のリスト(私が個人的に選んだ作品も含む)。私自身がこれから観たり聴いたり読んだりするためのメモ代わりである。ようするに、備忘録。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130814/1376392193

 

「作家=俳優」映画リスト(海外編)

 異業種監督の中でも、俳優またはコメディアン、ミュージシャンなど演じることを生業とする人たちの監督した映画を中心とした映像作品リスト。本業は映画作家だが、特に役者としての活躍も多い作家も加えてある(誕生順)。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131027/1382876094

「作家=俳優」映画リスト(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131023/1382485847

 

映画についての映画リスト

 映画についての映画のリスト。
 映画がテーマのものや、劇中で映画に関することが描かれていたりするもの、あるいは主要人物が映画に関連していたりするもの。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131009/1381271421

 

アーティスト映画リスト

 実在のアーティストを描いた映画(ドキュメンタリー含む)のリスト。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130929/1388903697

 

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(海外編)

 暇で奇特な知人たちと共に集計した名曲ベスト。好み、後世への影響、偉大さ、完成度、ヘンテコ度、普及率など様々な要素を踏まえて、あくまで私の狭い交友関係の中でも特に偏った十数名によって選ばれた500曲です。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130310/1362871182

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130313/1362872307

 

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(海外編)

 最初に掲載したのは2013年の7月ですが、後に発表された作品や知った作品、あるいは気分の変化によって加えたり上下させたりしたくなったものは随時、加筆・修正しています。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130721/1374406859

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130717/1374018287

 

好きな映画

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514963

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514916

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514850

 

挨拶代わりの小話

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20000101/1490921224

 

 

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

 
ソングブック

ソングブック

 
DOOPEE TIME

DOOPEE TIME

 
ラスト・オブ・イングランド [DVD]

ラスト・オブ・イングランド [DVD]

 
さまぁ~ずライブ11 通常版 [DVD]
 

丈夫なのか鈍感なのか、勇気があるのか無知なのか

 いまだに「コロナはただの風邪」と主張する者も多いが、つい先日、4度目のワクチン接種を終えた私の身体に限って言えば、「ただの風邪」だったのはワクチンの副反応の方である。幼き頃から「ただの風邪」も含め、幾度となく寝込んでいたため、具合の悪さの差異には多少敏感になっており、その経験から導き出した結論である。副反応の具合の悪さは「ただの風邪」の時の具合の悪さに酷似している(あくまで私の身体においては)。

 ワクチンの副反応によって引き起こされた体調不良は、実際にコロナに感染した際の半分以下の辛さだという話を聞いたことがある。だとすれば、これもまた私の身体に限っていえば、やはりコロナは「ただの風邪」なんかではないだろう。副反応は「ただの風邪」だったが、その倍以上の辛さとなれば、当然の話である。今現在も37.5度ほどの発熱が続いており、頭痛もある。「ただの風邪」でも充分に辛いのに、抗体ゼロでの感染などもってのほかである。

 さて、反ワクチンの方々の主張に倣えば、4度も摂取した私など、元来の貧弱さも相俟って、とっくに亡き者になっているはずなのだが、いっこうにくたばる気配はない。喘息やうつ病の症状が重かった時期の方が死にかけているし、そもそも過剰とも思える車社会では、道路の近くに居るだけで常に死の危険と隣り合わせだとも言える。だいたい、「ただの風邪」であっても死の危険は充分にあるわけで、すべてが怖くて八方塞となってしまうのなら分かるが、ワクチンのみを過剰に恐れる理由が分からない。少なくとも、私はワクチンに対し可能な限り怖い面だけに目を向けても、ワクチンと偽って食塩水を注射するような医者と関わる方が怖い。

 

「目には目を」と言われても、相手の目がどこにあるのかわからない

 画像生成AIで作られた水害のフェイク画像がTwitterで拡散され、見抜くのが困難になってきたと恐れる声があるかと思えば、「この程度のフェイク画像が見抜けないでどうする」などとマウントを取りたがる者も現れ、毎度のごとく色々な意味でうんざりとさせられる光景が繰り広げられていたのだけれど、そもそもどれほど真実味のある情報であっても、万が一誤りであった場合に責任がとれそうにないものはリツイートしなければ良いだけの話ではないかと感じる。

 リツイートや「いいね」を押すことで生じる責任というものを軽く考えているだけなのかもしれないが、いずれにせよ、好きなアイドルなどのちょっとした自撮り画像や、アーティストや作家の新作情報といったものならばともかく、やたらとリツイートの多いアカウントというのは、その時点で危うさに満ちていて、なるべく関わらないようにしている。

 とは言っても、自分の目にそれほど自信があるわけではないし、ちょっとした気の緩みによっておかしな世界に引きずり込まれる心配をし過ぎて、その疲れによってかえって気が緩みがちになっているのではないかとまた心配になるような性格の私は、デマだったところで問題にならないような話にさえ必要以上に警戒するようになり、ただでさえ底値の更新に歯止めがかからなくなっている社交性がますます損なわれていくような気がする。それもこれも、デマを生む者と拡散する者たちのせいである。連中だけが不幸になるようなデマならば、いくら拡散されても構わないのだが、デマを広める側が不利になるようなデマというものは拡がりにくいようである。

 

日本でいちばん長く感じる日

 MLBで試合時間短縮のためのルール改善があるらしい。日本野球よりは見ていられるとはいえ、基本的にスポーツ全般に詳しくないため、これまでにも試合時間を短くするようなルール改定が行われてきたのかどうかは知らないし、日本とアメリカそれぞれの平均試合時間というのも少し調べてはみたけれど、はっきりした情報に辿りつくまでに野球好きたちの正直言って鬱陶しいコメントが沢山目に入ってきてしまって、早々に力尽きてしまった。

 いずれにせよ、日本においてMLBのテレビ中継は、基本的にNHK-BS1で放送されるため、延長の場合はサブチャンネルへの切り替えられるし、そもそも前後の番組編成もMLBに限らず、天候等にも左右され易いスポーツ中継を前提としたものであることが多い。ゆえに、仮にMLBの方が平均試合時間が長かったとしても、主たる放送局がBS1である限り、野球ファン以外の人間にとってはあまり影響はないように思う。

 やはり、問題は民放で放送される日本プロ野球中継の方で、野球離れが叫ばれ、是非は別としても映画やテレビドラマ/アニメでさえ倍速で視聴するほど「長さ」を避ける者が増えているというのに、中途半端な放送延長で他の番組ファンの顰蹙を買う仕組みは変わっていない(懸念していた通り、北海道ではBIG BOSS就任によって、ファイターズ関連の番組も増えてしまった感がある)。

 そんな折、村田兆治が空港の保安検査場での暴行容疑で逮捕という、あえてネット的な悪意に満ちた言い方をすれば“老害感溢れる”ニュースを目にした。勿論、野球関係者が過去に起こした事件を参照すらせず、この一件のみで日本野球界全体を蔑むのは、あまりに短絡的なのだけれど、空港職員の態度が悪かったのではないかなどと邪推したり、頓珍漢と言っても差し支えないような論法で無理やり村田兆治を庇うようなコメントも散見され、ただでさえ日本野球界を快く思っていない者にとっては、更に憎悪が募ってしまう(余談になるが、空港での著名人の不祥事としては、2015年に俳優の隆大介が台湾の空港で入境審査官に暴力を振るい逮捕されている。酒に酔った状態だったようだが、この時は隆大介が韓国籍であると台湾メディアで報じられたため、その点に関するヘイト的な声がネットニュースのコメント欄等で目立つようになり、交流のある映画監督が怒りの声をツイートしたりもしていた。しかし、どちらも肝心の「酒に酔って暴力を振るった」ことの悪質性は重要視していないようで、酒呑みへの甘さに憤りを感じることの多い飲まない私としては、そろって鉛の弾をぶち込みたくなったのを覚えている)。

 

「0○さん、たぶん私はあなたが嫌いだ」

 私はたぶん“あなた”が嫌いです。 

 “あなた”が私の暮らしにずかずかと入り込んで来てからというもの、私的なことまで含めると数えきれないほど、いや、数えるのが嫌になるほどの頻度で“あなた”を見聞きしなくてもすむ世界へ逃げ出したくなる衝動に見舞われています。

 それもこれも“あなた”があの手この手で私を苛立たせ傷つけ、しまいには命まで狙ってくるからです。俗物にも劣る最低の汚物のようなものまで繰り返し見せつけてきて、いったい何がしたいのでしょう。せめて、一思いにやってくれるのであればまだしも、こちらに許された逃走手段さえも長い苦痛を伴うものばかりで、“あなた”という存在の厭らしさは際立つばかりです。

 “あなた”の名付け親たちも、さすがにこのようなことを望んでいたとは思えません。この僅かな期間に、負の面ばかりを目立たせ過ぎに感じます。当然、聞く耳など文字通り持っていないのでしょうけれど。

 似て非なる三十年ほど前、「お元気ですか」という問いを撤回せざるを得なくなったことがありましたが、“あなた”の名前が広げられた時には、「お元気ですか」という問いを撤回する必要などなかったはずです。なのに、なぜ元気であろうはずのない者たちが大勢生まれてしまっているのでしょうか。

 私はたぶん“あなた”が嫌いです。

 

『今日までの夜に見た夢に彩られた走馬灯にも似た自分史』(73)(完)

 Tの亡骸を過ぎると、ひび割れたアスファルトの道路に潰れた柿の実が点々と転がっていた。この土地には柿の木などないはずだが、海を挟んだ土地の柿を吸い寄せてしまうほどの事態だったということだろうか。柿は苦手なので勿体ないとは思わないが、Tの家の白い犬が実と間違えてTの一部を齧っていた。何に怯えていたのか、私はやむを得ず学校を辞めなけれならなくなる夢を何度も見たが、自分の思う以上に人恋しかったのか、Tにまで理由を打ち明けていたこともある。夢の中のTは生返事をしただけで、転校してきた今は20代半ばの女優との接触の機会ばかり窺い、2人が目立たぬ場所へ向かう場面もあった。ゆえに飼犬に餌になるTの姿は、生涯最高の光景とも思えたが、それが生涯最高となり得てしまう自分の人生に気づくと泣かずにはおれず、他人とはぐれて以来避けていた海岸まで疲れることもなく辿り着いてしまった。1500ヘルツほどのさざ波が5分おきに聞こえるだけの海岸は何を諦めるにも最適だった。

 アインシュタインに似た老人が砂浜に古めかしい木製の椅子を置いて思索に耽っていたので、そっと近づいてみると8までの数字で挨拶してくれたので、私も8までの数字だけを使って会話した。2、3、4は必ず使用し、1のない会話には驚き、8までが使用された時には静かに高揚した。最後の会話に相応しい。

 薄暗い倉庫のような部屋の中心に置かれた木製テーブルの周縁に左脇腹を押し付けながら何回転ほどしたことだろう。3歳頃に見始めた景色に戻ってきた私は、これまでに見た夢なのか未来なのか過去なのか判然としない光景から考えるに、このまま脇腹に血が滲もうと歩みを止める必要はないだろうと判断した。走馬灯にも似た光景が途絶えてから3分以上、そのまま周縁を廻り続ければ命を終えられる仕組みらしいが、「やめるなら今だ」という声も聞こえず、3歳頃までは傍にいたはずの両親も、諦めてしまったのか姿が見えない。眠りと似たものだと誰かが言っていた。そういえば、なんだか眠くなってきた気もした。

『今日までの夜に見た夢に彩られた走馬灯にも似た自分史』(72)

 人間よりも食物を重視した設計なのか、身体を押し込めた地下収納では、外部の音がほとんど聞こえず、竜巻はおろか家がどんな状態にあるかさえ把握できなかった。Steve Reichの「DIFFERENT TRAINS:America‐before the war」ならば脳内で正しく再生できるので、3度繰り返してから様子を探ることにした。自分の呼吸音だけが雑音となり得る場所は、居心地の良さゆえに生きていることを実感し過ぎ、いずれ必ず訪れる死の恐怖に意識が収斂し、気が狂いそうになるあの感覚へと陥り易くもあるのだが、目を瞑ることで少しは恐怖を軽減できる。そこで生じる誤差を考慮すれば、30分程の時間は計測できるだろう。小学4年から日常生活においても目を凝らす必要性が生じていたが、聴力のほうは病によって一時的に低音を感知しづらくなった時でさえ、些細な物音に神経を刺激されるほど敏感で、声の大きな者の噛み合わない会話ほど吐き気を催すものはなく、我が家の地下収納の優秀さは早く知っておくべきだった。

 30分の時間が経過した地上は、地下収納ほどではないものの、庭で幼児の空想ができた頃を思い出す程には静かだった。我が家は木の葉や枝が沢山引っかかってはいたが、大きな破損もなく、電気が戻る頃には暮らしを取り戻せるだろう。バス停傍の電柱には、Tのものと思われる腹部だけが張り付いている。Tは中学に入った途端、性欲を持て余すタイプの男子になっていたが、あの様子ではジーニアの少年のように、宙に舞った少女のスカートを覗く余裕もなかったことだろう。人生を終える直前だけは、罪を犯さずに済んだわけであり、せめてもの労いとして清潔なタオルで身体を覆っておいてやることにした。