自己紹介やら目次やら

 投稿日付を未来に設定して常にブログのトップに表示されるようにする、というのは説明するまでもないことのような気もしていたのだけれど、わざわざコメントで突っ込みを入れている人を見かけたこともあるので、念のため、先にその旨を書き記しておきます。(随時編集)

 

美月雨竜(みづき うりゅう)

 1986年、北海道十勝地方生まれ。綺麗な字面に荒んだ心(当然偽名)。永遠の求職者。心に大風邪をひいて静養の日々。

 高校卒業後は札幌、そして神奈川で色々と勉強に励むも、湿度や人の群れに耐えられず、また十勝に帰ってきた(逃げてきたとも言う)。

 ザ・ビートルズ『マジカル・ミステリー・ツアー』、竹村延和『ソングブック』、DOOPEES『DOOPEE TIME』、デレク・ジャーマン『ザ・ラスト・オブ・イングランド』、『水曜どうでしょう』、さまぁ~ず、これらを定期的に摂取しないと生命が維持できない。

 ブログは基本的に毎週日曜と水曜に更新しています。

 略歴:総合学園ヒューマンアカデミー札幌校 ゲームカレッジ ゲームプランナー専攻

 日本映画学校(現・日本映画大学) 21期脚本ゼミ

 Twitter:@miumizuki

 

 

 

リスト系記事の目次

 

芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト

 様々な人・媒体で紹介された各ジャンルの必見・必読・必聴作品のリスト(私が個人的に選んだ作品も含む)。私自身がこれから観たり聴いたり読んだりするためのメモ代わりである。ようするに、備忘録。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130814/1376392193

 

「作家=俳優」映画リスト(海外編)

 異業種監督の中でも、俳優またはコメディアン、ミュージシャンなど演じることを生業とする人たちの監督した映画を中心とした映像作品リスト。本業は映画作家だが、特に役者としての活躍も多い作家も加えてある(誕生順)。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131027/1382876094

「作家=俳優」映画リスト(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131023/1382485847

 

映画についての映画リスト

 映画についての映画のリスト。
 映画がテーマのものや、劇中で映画に関することが描かれていたりするもの、あるいは主要人物が映画に関連していたりするもの。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20131009/1381271421

 

アーティスト映画リスト

 実在のアーティストを描いた映画(ドキュメンタリー含む)のリスト。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130929/1388903697

 

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(海外編)

 暇で奇特な知人たちと共に集計した名曲ベスト。好み、後世への影響、偉大さ、完成度、ヘンテコ度、普及率など様々な要素を踏まえて、あくまで私の狭い交友関係の中でも特に偏った十数名によって選ばれた500曲です。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130310/1362871182

暇な知人たちと共に選んだ名曲ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130313/1362872307

 

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(海外編)

 最初に掲載したのは2013年の7月ですが、後に発表された作品や知った作品、あるいは気分の変化によって加えたり上下させたりしたくなったものは随時、加筆・修正しています。

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130721/1374406859

暇な美月雨竜氏が個人的に選んだ音楽アルバム名盤ベスト500(国内編)

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20130717/1374018287

 

好きな映画

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514963

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514916

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20120427/1335514850

 

挨拶代わりの小話

https://uryuu1969.hatenablog.com/entry/20000101/1490921224

 

 

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

マジカル・ミステリー・ツアー [Blu-ray]

 
ソングブック

ソングブック

 
DOOPEE TIME

DOOPEE TIME

 
ラスト・オブ・イングランド [DVD]

ラスト・オブ・イングランド [DVD]

 
さまぁ~ずライブ11 通常版 [DVD]
 

ぼくらの三十年戦争

 1993年の4月から2002年の3月までが、私にとっての義務教育期間だったわけだが、その間に出会った教師たちの中で、現在の世相から考えると、いわゆる炎上案件、ひょっとすれば逮捕の可能性もあると考えられる言動を目にしたのは、ざっと思い返してみると14名に及ぶ。小・中ともに児童数の少ない田舎学校ということもあり、少ない人数ではないだろう。

 そのうち、あくまで私の目から見て、はっきりと容認はできずとも、場面として仕方ない部分もあったと思える例にしか該当しない教員は2名。だが、おそらく現在になって、当時の言動を反省している可能性が最も高いのは、この2名であろう。仕方なく思えるような場面になって、ようやく行き過ぎとも捉えられる言動をとる教員というのは、基本的には「行き過ぎない教員」なわけで、それゆえに一線を踏み越えてしまった場面のこともきっと覚えているだろう。なんなら、本来筆頭で非難されるべき他の12名を飛び越えて、わざわざ自ら謝罪告白をし、世間からの攻撃を一身に浴びることにもなりかねない。

 12名たちは当時も今も行き過ぎなどとは考えもしないのだろうし、覚えてもいないのだろう。少しでも負い目を感じるのなら、私ならば可能な限り世界から隠れて生活する。間違っても、かつての知人たちが集いそうな場所に堂々と現れたりしないし、自分や身内の活動がなんらかの形で評価されても、新聞やテレビといったメディアに顔や名前を晒したりしない。「殺して欲しい」という願望があるのならば別だが。

 12名のうち3名程が、地元新聞によく顔や名前を晒している。目にするたびに私の中には殺意が沸きあがるが、12名たちより重い罪と罰を負わされるのは我慢ならないので、鋏で写真の顔や身体を強く突き刺すだけで我慢している。

 

キーボードが赤くなる前に

 記録的寒波の影響で、室内でおとなしくしていても、私の貧弱な皮膚はすぐにひび割れてゆく。かといって、生活するうえで手洗いを欠かすこともできず、洗いすぎているらしいことは何度も指摘されているゆえ、控えめを心がけはするものの、おそらくヤケになって手洗いも風呂も放棄したとしても改善するとは思えず、固まった血を洗い流すために、結局また手を洗うという悪循環からも抜け出せそうにない。

 ふと思ったのだが、呪いの儀式というものには、その過程において自分自身の血を使用するのをよく耳にするのだけれど、これだけ手の出血が常態化している私は、知らず知らずのうちに何らかの儀式を完遂させていたりはしないのだろうか。ひょっとして、これまで経験した「ざまあみろ」な体験は、私が偶然にも完遂させた呪いの結果なのだろうか。

 呪いたくなるような人間は沢山存在しているだけに、比較的条件を満たし易いのではないかとも思う。いずれ、とんでもない報いが訪れると困るので、やはりどうにか皮膚を大切にしなければならないだろう。

 

家の中には多分ある

 5回目のワクチン接種(オミクロン株対応)は、これまでで最も副反応が軽く、かえって「まさか、ニュースにもあった生理食塩水を注射されたか?」と不安になるほどで、しかし、すでに2度も担当してくれた病院なので、まさかそんなことはないであろう。一応、ごくごく軽めの発熱などはあったわけであるし。

 さて、5度目ともなると、予約から摂取に至るまでの段取りも慣れたもので、待合室での15分経過観察も余裕がでてくる。そうなると、なんとなく周囲の様子を眺めたりするのだが、どうやら保険証を忘れてくる人間というのは思っていたより多く存在するらしいと感じた。何かと病院に縁のある私からすると、想像し難いことである。

 新型コロナウイルスにおけるワクチン接種という特別な事態がそうさせているのかもしれないし、単純に病院と縁が遠い人たちが私の想像よりも多かったのかもしれない。だが、必然的に病院を訪れる回数の増えそうなお年寄りたちの姿も目についた(認知症等で介護が必要そうな方は別としても)。どうして、そんなに保険証を忘れて来られるのだろう。常に携帯している者は、そう多くないのだろうか。それとも、私の居住地域周辺だけの現象だろうか。

 保険証を持参してこなかった者に対する病院側の対応がまた手慣れたもので、日常茶飯事であることを窺わせる。「ああ、またか」という思いを表情の端に滲ませながらも、丁寧に対応していた。もちろん、このような場面であからさまに苛々を表に出すような職員がいたなら、私は摂取場所を変更していたことだろう。

 しかしながら、ワクチン接種も保険証の不携帯も「手慣れた」状態になるのは喜ばしいことではなく、私としても余計な世間の事情に気をとられずに済むようになってくれることを祈る。

壁の中に誰かがいる [Blu-ray]

壁の中に誰かがいる [Blu-ray]

  • ブランドン・アダムス
Amazon

 

「ジョニィと呼んで」と伝えてよ

 ペドロ&カプリシャスの「ジョニィへの伝言」は、タイトルにもある「ジョニィ(ジョニー)」という名の外国人が登場する反面、歌われる主人公の女性には日本的な雰囲気が感じられたり、そもそも曲調はしっかりと歌謡曲だったりで、「無国籍ソング」などとも呼ばれた。

 いずれにせよ、「ジョニィ」は外国人だという理解が一般的なのだろうが、中学時代の仲間内で最も支持を集めていたのは、「ジョニィと呼ばれたがっている日本人説」だった。「ジョニィへの伝言」がリリースされたのは1973年だが、それより少し前の時代あたりから、特に音楽界隈において西洋人的な愛称や芸名を名乗る者が大勢いて(ダニー飯田、ジミー原田、ルイズルイス加部、サミー大和etc…)、明言はしていないだろうが、作詞を担当した阿久悠の頭の中にもそういった顔ぶれが浮かんでいたのではないかと勝手に想像したりしていた。仲間内の父親が数名、この時期に音楽業界の端っこで活動していたことも影響しているだろう(私の父がその一人である。芸名は純和風だったようだが)。

 歌詞から「ジョニィ」の素性を推察できる要素は案外少ないが、もしも「ジョニィと呼ばれているだけの日本人」だった場合、なんとなく歌われる内容が全体的に軽い印象になる。「2時間待ってた」という一節も、ひょっとしたら未練といったものではなく、女性が呼び出されて2時間も待たされて呆れて帰ったという話だったのかもしれない。むしろ、その方が面白いのではないかと盛り上がってしまったのも、仲間内でこの説が支持された理由の一つである。

 もちろん、これは穿った捉え方であり、歌詞の節々に悲恋的要素は表現されているのだが、我々には他人の色恋話にしっとりした感情が芽生えさせる回路が欠落していたようで、今なお歌い継がれる歌謡曲的情愛模様というのは、どうにもあまり好ましく思えないのである。

 

1月15日 晴れ時々曇り あなたに知られて嬉しい事など一つもありません。

 小学4年の一時期、日記を毎日提出するという課題があった。全国的なカリキュラムだったのか、当時の担任独自のものだったのかは分からないが、学校教育としての必要性の方もいまだに分からない。

 日記自体は小学校入学前から書いていたが、あくまでも自分の生活の記録と雑感を記したものであり、他人に読ませるつもりなどない。はじめから出版を視野に入れた著名人の日記や資料価値のある人物の死後に発見された手記といったものは例外としても、日記とは本来そういうもののはずで、他人の目に触れるとなれば、大抵の人間は文章力や表現力の優劣はあれど、内容も文体も多少の演出や選択を施すはずだ。それならば、学校行事が終わるたびに書かされた「作文」と変わらない。

 ゆえに、「日記」と称しながら、誰もが“担任教師に読まれても構わない内容”の文章を考えざるを得なくなる。深刻な悩みを書き綴ったところで、解決にならないどころか、頼りない小学校教師の浅知恵によって状況が悪化する危険性の方が高いようにさえ思う。ただひたすら“その日にあったこと”を書くにしても、知られたくないような出来事もある。やましいことでなくとも、その日の食事内容や体調などを細かく知られるのは気持ち良いことではない。

 かといって、「今日は特に面白いこともありませんでした」というような、適当な一文だけで提出すれば、「日記とはそういうものではない」などと赤文字を入れてくるわけだが、そんなことは重々承知なのである。よほど「日記とはそもそも他人に見せるものではないと思います」と書いて提出しようかと思ったが、面倒なことになるのが容易に想像できたので、結局は「小学生が書き得そうなレベルの日記」を虚実織り交ぜて創作するわけだが、「小説」とまでは呼べずとも、ちょっとした物語を創るような授業もあったわけで、なぜわざわざ日記の提出という形で似たような頭の使い方をさせられたのだろう。まさか、面倒な上司に提出するビジネス文書的なものの訓練だったのだろうか。だとすれば、随分とまわりくどい教育法だと思う。

 

どうせ散るなら少しは敬われたい

 少し調べれば得られる答えというのは、大半が今の自分に都合の良い答えなので、本当はもっと調べなければいけないのだが、大抵は真実と呼べそうなものなど遥か先の地点で力尽きてしまい、ならばハナから答えなど得ようとしなければ良いとも思うのだが、こういった悩みを持つ者が世界のあれやこれやを全く気にせず生きるなど到底無理な話で、結局は騙し騙し生活していくしかないのだけれども、自分を騙しきれなくなった時が「正気」と呼ばれる状態の終焉であり、そのうちの何人かは幸か不幸か後年になって「哲学者」などと呼ばれることになるのかもしれない。

 現時点での私の戦況は極めて厳しい。庶民以下の哲学的探究度で狂い死にでは、さすがにきまりが悪い。もっとも「きまりが悪い」などというレベルの邪念がこぼれ出ている時点でどうしようもない感もあるのだが。

ニーチェの馬 [DVD]

ニーチェの馬 [DVD]

  • ボーク・エリカ
Amazon