芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(その他書籍:国内23)

[その他書籍(国内23)] 2012年〜2013年



相田くひを『完全自殺マニア 日本自殺年表人名データベース』(2012年)
青木理高田昌幸神保哲生『メディアの罠 権力に加担する新聞・テレビの深層』(2012年)
青木理久田将義『僕たちの時代』(2012年)
山拓央『分析哲学講義』(2012年)
青山裕企『〈彼女〉の撮り方』(2012年)
赤川学少子化問題社会学』(2012年)
赤坂憲雄『交響する声の記録 赤坂憲雄対話集』(2012年)
明石和康『大統領でたどるアメリカの歴史』(2012年)
阿川佐和子『聞く力 心をひらく35のヒント』(2012年)
浅井元朗『身近な雑草の芽生えハンドブック』(2012年)
朝井リョウ『学生時代にやらなくてもいい20のこと』(2012年)
浅岡隆裕『メディア表象の文化社会学 〈昭和〉イメージの生成と定着の研究』(2012年)
あさのあつこ『うふふな日々』(2012年)
浅羽通明『時間ループ物語論 成長しない時代を生きる』(2012年)
アーサー・ビナード(作)/岡倉禎志(写真)『さがしています』(2012年)
安住恭子『「草枕」の那美と辛亥革命』(2012年)
足立倫行『倭人伝、古事記の正体 卑弥呼と古代王権のルーツ』(2012年)
阿部和重『幼少の帝国 成熟を拒否する日本人』(2012年)
雨宮まみ『だって、女子だもん!! 雨宮まみ対談集』(2012年)
新垣譲『勝利のうたを歌おう 沖縄人ボクサーは何のために闘うのか』(2012年)
嵐山光三郎『転ばぬ先の 転んだ後の「徒然草」の知恵』(2012年)
新雅史『商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道』(2012年)
荒木経惟『愛のバルコニー』(2012年)
荒俣宏『0点主義 新しい知的生産の技術57』(2012年)
有馬哲夫『原発と原爆 「日・米・英」核武装の暗闘』(2012年)
安藤宏『近代小説の表現機構』(2012年)
安藤美冬『冒険に出よう』(2012年)
飯沢耕太郎『深読み! 日本写真の超名作100』(2012年)
飯田一史『ベストセラー・ライトノベルのしくみ キャラクター小説の競争戦略』(2012年)
飯田泰之『飯田のミクロ』(2012年)
飯田泰之『思考の「型」を身につけよう 人生の最適解を導くヒント』(2012年)
家入一真『もっと自由に働きたい とことん自分に正直に生きろ。』(2012年)
五十嵐泰正、「安全・安心の柏産柏消」円卓会議『みんなで決めた「安心」のかたち ポスト3.11の「地産地消」をさがした柏の一年』(2012年)
井川楊枝『封印されたアダルトビデオ』(2012年)
池内了『科学と人間の不協和音』(2012年)
池内了『生きのびるための科学』(2012年)
池内了『知識ゼロからの科学史入門』(2012年)
池内了『科学の限界』(2012年)
伊坂幸太郎『仙台ぐらし』(2012年)
石川桂子『竹久夢二《デザイン》モダンガールの宝箱』(2012年)
石川初『ランドスケール・ブック 地上へのまなざし』(2012年)
石田瑞穂『まどろみの島』(2012年)
石丸元章坪内祐三、他『不謹慎 酒気帯び時評50選』(2012年)
石元太一『不良録 関東連合元リーダーの告白』(2012年)
泉麻人箱根駅伝を歩く』(2012年)
磯田道史『無私の日本人』(2012年)
磯部涼、他『踊ってはいけない国、日本 風営法問題と過剰規制される社会』(2012年)
市川寛『検事失格』(2012年)
一ノ瀬正樹、伊東乾『低線量被爆のモラル』(2012年)
一橋文哉『となりの闇社会』(2012年)
一橋文哉『国家の闇』(2012年)
出井康博『襤褸の旗 松下政経塾の研究』(2012年)
井手口彰典『同人音楽とその周辺 新世紀の振源をめぐる技術・制度・概念』(2012年)
伊藤里和『夢想の深遠 夢野久作論』(2012年)
伊藤博明『ルネサンスの神秘思想』(2012年)
伊藤真『記憶する技術』(2012年)
稲泉連『復興の書店』(2012年)
犬山秋彦、杉元政光『ゆるキャラ論 〜ゆるくない「ゆるキャラ」の実態〜』(2012年)
井上明人ゲーミフィケーション』(2012年)
井上トシユキ『2ちゃんねる宣言(増補版)挑発するメディア』(2012年)
井上正鉄『日本南極探検隊長 白瀬矗』(2012年)
猪木武徳『経済学に何ができるか』(2012年)
岩瀬禎之『海女の群像 千葉・岩和田1931‐1964』(2012年)
入山章栄『世界の経営学者はいま何を考えているのか 知られざるビジネスの知のフロンティア』(2012年)
上田浩二郎『リストラ芸人』(2012年)
上原隆『こころが折れそうになったとき』(2012年)
上原隆『こんな日もあるさ 23のコラム・ノンフィクション』(2012年)
上原善広『異貌の人びと 日常に隠された被差別を巡る』(2012年)
植村鞆音澤田隆治大山勝美『テレビは何を伝えてきたか 草創期からデジタル時代へ』(2012年)
鵜飼哲酒井直樹テッサ・モーリス=スズキ、李孝徳『レイシズムスタディーズ序説』(2012年)
内澤旬子飼い喰い 三匹の豚とわたし』(2012年)
内田樹『街場の読書論』(2012年)
内田樹小熊英二、他『この国はどこで間違えたのか 沖縄と福島から見えた日本』(2012年)
内田樹小田嶋隆平川克美町山智浩『9条どうでしょう?』(2012年)
内田真美『うちで食べる台湾式ごはん』(2012年)
宇野常寛石破茂『こんな日本をつくりたい』(2012年)
宇野常寛小林よしのり中森明夫濱野智史AKB48白熱論争』(2012年)
宇野常寛濱野智史『希望論 2010年代の文化と社会』(2012年)
梅崎晴光『消えた琉球競馬 幻の名馬「ヒコーキ」を追いかけて』(2012年)
NHK_PR1号 (浅生鴨)『中の人などいない @NHK広報のツイートはなぜユルい?』(2012年)
榎本櫻湖『増殖する眼球にまたがって』(2012年)
小川一仁、川越敏司『実験ミクロ経済学』(2012年)
大石学『徳川吉宗』(2012年)
大内伸哉『歴史からみた労働法』(2012年)
大久保洋子『江戸の食空間 屋台から日本料理へ』(2012年)
大崎善生『赦す人』(2012年)
大沢在昌『小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない』(2012年)
大竹利典『平法 天真正伝香取神道流』(2012年)
おおたとしまさ『女子校という選択』(2012年)
大谷能生速水健朗、矢野利裕『ジャニ研! ジャニーズ文化論』(2012年)
大槻ケンヂサブカルで食う 就職せず好きなことだけやって生きていく方法』(2012年)
大友良英シャッター商店街線量計 大友良英のノイズ原論-』(2012年)
大野左紀子『アート・ヒステリー なんでもかんでもアートな国・ニッポン』(2012年)
大橋仁『そこにすわろうとおもう』(2012年)
大山顕佐藤大速水健朗『団地団〜ベランダから見渡す映画論〜』(2012年)
岡田暁生『楽都ウィーンの光と陰 比類なきオーケストラのたどった道』(2012年)
岡田敦『世界』(2012年)
岡田美智男『弱いロボット』(2012年)
岡野八代『フェミニズム政治学』(2012年)
荻上チキ『彼女たちの売春(ワリキリ)  社会からの斥力、出会い系の引力』(2012年)
奥田健次『メリットの法則 行動分析学・実践編』(2012年)
奥浩哉GANTZSF映画論』(2012年)
小澤一郎『サッカー選手の正しい売り方』(2012年)
押井守『コミュニケーションは、要らない』(2012年)
オズボーン未奈子『オーガニックなティータイム イギリスの“自然おやつ”』(2012年)
小田嶋隆『もっと地雷を踏む勇気~わが炎上の日々』(2012年)
小田嶋隆小田嶋隆のコラム道』(2012年)
小田伸午『一流選手の動きはなぜ美しいのか からだの動きを科学する』(2012年)
小野善康『成熟社会の経済学』(2012年)
小原真史『富士幻景 近代日本と富士の病』(2012年)
小原猛『七つ橋を渡って 琉球怪談 闇と癒しの百物語』(2012年)
尾原史和『デザインの手がかり』(2012年)
開沼博『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(2012年)
開沼博佐藤栄佐久『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(2012年)
開沼博、山下祐介『原発避難論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(2012年)
角田光代穂村弘『異性』(2012年)
角幡唯介『探検家、36歳の憂鬱』(2012年)
角幡唯介『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(2012年)
鹿島茂『とは知らなんだ』(2012年)
鹿島茂幸福の条件 新道徳論』(2012年)
柏木智雄、片多祐子、内山淳子『はじまりは国芳 江戸スピリットのゆくえ』(2012年)
柏倉康夫『石坂洋次郎「若い人」をよむ 妖しの娘・江波恵子』(2012年)
柏倉康夫『ノーベル文学賞 「文芸共和国」をめざして』(2012年)
春日武彦『「いかがわしさ」の精神療法』(2012年)
春日武彦『自己愛な人たち』(2012年)
春日武彦『待つ力』(2012年)
佳多山大地新本格ミステリの話をしよう』(2012年)
片山真人『暦の科学』(2012年)
勝川俊雄『漁業という日本の問題』(2012年)
加藤健司、畑中章宏、平松温子『神道の美術』(2012年)
かとうちあき『野宿もん』(2012年)
加藤レイズナ『プリキュア シンドローム 〈プリキュア5〉の魂を産んだ25人』(2012年)
門田隆将『死の淵を見た男 吉田昌郎福島第一原発の五○○日』(2012年)
金子隆一『ぞわぞわした生きものたち 古生代の巨大節足動物』(2012年)
カヒミカリィ『小鳥がうたう、私もうたう。静かな空に響くから』(2012年)
GABOMI『ことでん 仏生山工場』(2012年)
神谷和宏ウルトラマン現代日本を救えるか』(2012年)
加門七海(作)/軽部武宏(絵)『ちょうつがい きいきい』(2012年)
河合敦『後白河法皇』(2012年)
川上未映子『魔法飛行』(2012年)
川上未映子『人生が用意するもの』(2012年)
川上未映子『水瓶』(2012年)
川越敏司『はじめてのゲーム理論』(2012年)
川島浩平『人種とスポーツ 黒人は本当に「速く」「強い」のか』(2012年)
川瀬敏郎『川瀬敏郎 一日一花』(2012年)
河治知香『未亡人読本 いつか来る日のために』(2012年)
河野啓『北緯43度の雪 もうひとつの中国とオリンピック』(2012年)
河村康輔『2 ND』(2012年)
姜尚美『京都の中華』(2012年)
木内昇『みちくさ道中』(2012年)
鬼海弘雄『眼と風の記憶 写真をめぐるエセー』(2012年)
きくちちき『しろねこくろねこ』(2012年)
岸本佐和子『なんらかの事情』(2012年)
岸由二『奇跡の自然 三浦半島網代の谷を「流域思考」で守る』(2012年)
北大路公子『ぐうたら旅日記 恐山・知床をゆく』(2012年)
北尾トロえのきどいちろう『愛の山田うどん 廻ってくれ、俺の頭上で!!』(2012年)
北野武『物語』(2012年)
北野武『ほしのはなし』(2012年)
北村薫『読まずにはいられない 北村薫のエッセイ』(2012年)
北杜夫『見知らぬ国へ』(2012年)
きたやまおさむよしもとばなな『幻滅と別れ話だけで終わらないライフストーリーの紡ぎ方』(2012年)
城戸朱理『漂流物』(2012年)
鬼頭春樹『禁断 二・ニ六事件』(2012年)
君島佐和子『外食2.0』(2012年)
木村俊介『料理の旅人(料理狂)』(2012年)
木村俊介『「調べる」論  しつこさで壁を破った20人』(2012年)
木村泰司『印象派という革命』(2012年)
木村泰司『おしゃべりな名画』(2012年)
木村草太『キヨミズ准教授の法学入門』(2012年)
日下力『中世尼僧 愛の果てに 「とはずがたり」の世界』(2012年)
工藤美代子『男の壁 ED患者1130万人時代を生きる』(2012年)
久保憲司『ダンス・ドラッグ・ロックンロール』(2012年)
熊井明子『めぐりあい 映画に生きた熊井啓との46年』(2012年)
隈研吾『つなぐ建築』(2012年)
熊代亨『ロスジェネ心理学 生きづらいこの時代をひも解く』(2012年)
久米晶文『「異端」の伝道者 酒井勝軍』(2012年)
クリエイティブオフィスキュー『CUEのキセキ クリエイティブオフィスキューの20年』(2012年)
黒崎貴『自動販売機 世界に誇る普及と技術』(2012年)
桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』(2012年)
桑田英彦『ミシシッピ・ブルース・トレイル ブルース街道を巡る旅』(2012年)
小池良次『クラウドの未来 超集中と超分散の世界』(2012年)
幸森軍也『ゼロの肖像 「トキワ荘」から生まれたアニメ会社の物語』(2012年)
小阪由佳『失格アイドル』(2012年)
呉座勇一『一揆の原理 日本中世の一揆から現代のSNSまで』(2012年)
児玉清『すべては今日から』(2012年)
五野井郁夫『「デモ」とは何か 変貌する直接民主主義』(2012年)
小浜逸郎『日本の七大思想家 丸山眞男吉本隆明時枝誠記大森荘蔵小林秀雄和辻哲郎福沢諭吉』(2012年)
小林快次『恐竜時代Ⅰ 起源から巨大化へ』(2012年)
小林紀晴『メモワール 写真家・古屋誠一との二○年』(2012年)
小林深雪『児童文学キッチン お菓子と味わう、おいしいブックガイド』(2012年)
小林良彰政権交代 民主党政権とは何であったのか』(2012年)
小林よしのり宇野常寛中森明夫濱野智史『AKB白熱論争』(2012年)
五味洋治『父・金正日と私 金正男独占告白』(2012年)
小谷野敦小谷野敦のカスタマーレビュー2002〜2012』(2012年)
小谷野敦文学賞の光と影』(2012年)
小谷野敦『日本恋愛思想史 記紀万葉から現代まで』(2012年)
小山進『ショコラ・ジャポネ』(2012年)
今野晴貴ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪』(2012年)
齋藤英喜『古事記はいかに読まれてきたか “神話”の変貌』(2012年)
斎藤雅也『萩の散るころ』(2012年)
最果タヒ『空が分裂する』(2012年)
佐伯一麦『旅随筆集 麦の冒険』(2012年)
佐伯啓思『反・幸福論』(2012年)
佐伯啓思『経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ(経済学の思考法)』(2012年)
佐伯順子『明治〈美人〉論 メディアは女性をどう変えたか』(2012年)
佐伯泰英『惜櫟荘だより』(2012年)
酒井若菜『心がおぼつかない夜に』(2012年)
坂口恭平『独立国家のつくりかた』(2012年)
さかなクン『このお魚はここでウォッチ! さかなクンの水族館ガイド』(2012年)
櫻井義秀、大畑昇『大学のカルト対策』(2012年)
桜庭一樹『本のおかわりもう一冊 桜庭一樹読書日記』(2012年)
佐々木敦『批評時空間』(2012年)
佐々木俊尚『「当事者」の時代』(2012年)
佐々木玲仁『結局、どうして面白いのか 「水曜どうでしょう」のしくみ』(2012年)
佐々木和歌子『やさしい古典案内』(2012年)
笹沢信『ひさし伝』(2012年)
笹本恒子『恒子の昭和 日本初の女性報道写真家が撮影した人と出来事』(2012年)
佐々涼子『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』(2012年)
指原莉乃指原莉乃 1st フォトブック さしこ』(2012年)
佐藤あつ子『昭 田中角栄と生きた女』(2012年)
佐藤秀峰『漫画貧乏』(2012年)
佐藤喜宣『臨床法医学テキスト』(2012年)
佐野眞一『あんぽん 孫正義伝』(2012年)
さやわか『僕たちのゲーム史』(2012年)
更科功『化石の分子生物学 生命進化の謎を解く』(2012年)
沢田佳久『醤油鯛』(2012年)
椹木野依『太郎と爆発 来たるべき岡本太郎へ』(2012年)
三尾章子『ルーマニア、遥かなる中世へ』(2012年)
サンキュータツオサンキュータツオの芸人の因数分解』(2012年)
塩野七生『想いの軌跡』(2012年)
篠山紀信『THE PEOPLE by KISHIN 篠山紀信 写真力』(2012年)
柴田文江『あるカタチの内側にある、もうひとつのカタチ』(2012年)
島薗進『現代宗教とスピリチュアリティ』(2012年)
島薗進『日本人の死生観を読む 明治武士道から「おくりびと」へ』(2012年)
島田裕巳『結社が日本を強くする AKB48慶應義塾もみんな結社だ!』(2012年)
島田裕巳オウム真理教事件』(2012年)
島田裕巳キリスト教入門』(2012年)
島田裕巳『宗教はなぜ必要なのか』(2012年)
清水良典『あらゆる小説は模倣である。』(2012年)
下定雅弘『陶淵明と白楽天 生きる喜びをうたい続けた詩人』(2012年)
城一夫『フランスの伝統色』(2012年)
徐園『日本における新聞連載 子ども漫画の戦前史』(2012年)
白倉敬彦『奇想の春画』(2012年)
白倉敬彦春画にみる色恋の場所』(2012年)
白洲正子牧山桂子、他『白洲正子のきもの』(2012年)
新谷尚紀『日本人はなぜそうしてしまうのか』(2012年)
水道橋博士『藝人春秋』(2012年)
菅啓次郎『海に降る雨 Agend’Ars3』(2012年)
菅原佳己『日本全国ご当地スーパー 掘り出しの逸品』(2012年)
杉坂圭介『飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白』(2012年)
杉田英明アラビアン・ナイトと日本人』(2012年)
鈴木翔『教室内(スクール)カースト』(2012年)
鈴木大介『援デリの少女たち』(2012年)
須田慎一郎『暴力団と企業 ブラックマネー侵入の手口』(2012年)
須藤廣『ツーリズムとポストモダン社会 後期近代における観光の両義性』(2012年)
須藤靖『三日月とクロワッサン 宇宙物理学者の天文学的人生論』(2012年)
諏訪稔『インディーズ・アイドル名鑑』(2012年)
関容子『舞台の神に愛される男たち』(2012年)
千石正一『つながりあういのち』(2012年)
相馬俊樹『魔淫の迷宮 日本のエロティック・アート作家たち』(2012年)
大道寺将司『棺一基 大道寺将司全句集』(2012年)
高田昌幸『真実 新聞が警察に跪いた日』(2012年)
高堂彰二『トコトンやさしい下水道の本』(2012年)
鷹野晃『東京屋上散歩』(2012年)
高野明彦、吉見俊哉、三浦伸也『311情報学 メディアは何をどう伝えたか』(2012年)
高野修平『音楽の明日を鳴らす〜ソーシャルメディアが灯す音楽ビジネスマーケティング新時代〜』(2012年)
高野秀行『未来国家ブータン』(2012年)
高野秀行『またやぶけの夕焼け』(2012年)
高野秀行『移民の宴』(2012年)
高橋順子、佐藤秀明『月の名前』(2012年)
郄橋秀実『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』(2012年)
郄橋みどり『私の好きな料理の本』(2012年)
高畠那生『まってるまってる』(2012年)
高柳克弘『芭蕉と歩く「おくのほそ道」ノート』(2012年)
高山宏夢十夜を十夜で』(2012年)
高山文彦どん底 部落差別自作自演事件』(2012年)
高山マミ『黒人コミュニティ、「被差別と憎悪と依存」の現在 シカゴの黒人ファミリーと生きて』(2012年)
郄山れおな『俳諧曾我』(2012年)
多木浩二『視線とテクスト――』(2012年)
武光誠『歴史書古事記」全訳』(2012年)
武村政春『レプリカ 文化と進化の複製博物館』(2012年)
田幸和歌子『大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた』(2012年)
田崎晴明『やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識』(2012年)
田附勝『その血はまだ赤いのか』(2012年)
多田文明『崖っぷち「自己啓発修行」突撃記 ビジネス書、ぜんぶ私が試します!』(2012年)
巽孝之エドガー・アラン・ポー文学の冒険家』(2012年)
立川志らく『談志のことば』(2012年)
立川談志福田和也、他『談志 名跡問答』(2012年)
田中慎弥『これからもそうだ』(2012年)
田中東子『メディア文化とジェンダー政治学 第三波フェミニズムの視点から』(2012年)
田中長徳『屋根裏プラハ』(2012年)
田中美穂『わたしの小さな古本屋 倉敷「蟲文庫」に流れるやさしい時間』(2012年)
田中弥生『スリリングな女たち』(2012年)
田附勝『東北』(2012年)
玉木えみ『少女系きのこ図鑑 菌類イラスト集』(2012年)
為末大『走る哲学』(2012年)
知念ウシ、興儀秀武、後田多敦、桃原一彦『闘争する境界 復帰後世代の沖縄からの報告』(2012年)
千葉俊二『物語のモラル 谷崎潤一郎寺田寅彦など』(2012年)
千葉惣次(文)/大屋孝雄(写真)『東北の伝承切り紙 神を宿し神を招く』(2012年)
茶話康朝『三獄誌 府中刑務所獄想録』(2012年)
塚越健司『ハクティビズムとは何か ハッカーと社会運動』(2012年)
塚田敏信『ほっかいどうお菓子グラフィティー』(2012年)
堤未果『政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること』(2012年)
土井隆義『若者の気分 少年犯罪〈減少〉のパラドクス』(2012年)
土居豊『ハルキとハルヒ』(2012年)
都築響一『東京右半分』(2012年)
鶴見俊輔『日本人は状況から何をまなぶか』(2012年)
都甲幸治『21世紀の世界文学30冊を読む』(2012年)
所功皇室典範女性宮家 なぜ皇族女子の宮家が必要か』(2012年)
戸松遥戸松遥 ハルカモード: 2009-2012』(2012年)
富田佐奈栄『おいしい珈琲を自宅で淹れる本』(2012年)
ドミニク・チェン『フリーカルチャーをつくるためのガイドブック クリエイティブ・コモンズによる創造の循環』(2012年)
友田義行『戦後前衛映画と文学 阿部公房×勅使河原宏』(2012年)
戸矢学『三種の神器 〈玉・鏡・剣〉が示す天皇の起源』(2012年)
内藤朝雄『いじめ加害者を厳罰にせよ』(2012年)
内藤正人『勝川春章と天明期の浮世絵美人画』(2012年)
内藤正人『江戸の人気浮世絵師 俗とアートを究めた15人』(2012年)
永江朗『本を味方につける本 自分が変わる読書術』(2012年)
中沖満『力道山ロールスロイス くるま職人 想い出の記』(2012年)
中川右介山口百恵 赤と青とイミテイション・ゴールドと』(2012年)
中川大地『東京スカイツリー論』(2012年)
中沢新一『野生の科学』(2012年)
中沢新一『大阪アースダイバー』(2012年)
長島確『アトレウス家の建て方』(2012年)
中島義道ヒトラーのウィーン』(2012年)
長嶋有『本当のことしかいってない』(2012年)
永田一八、飯塚直『スマートフォン仕事革命』(2012年)
永田和宏『歌に私は泣くだらう 妻・河野裕子 闘病の十年』(2012年)
長沼毅『生命には意味がある どれだけの奇跡の果てに僕らはあるのか』(2012年)
長沼毅『時空の旅人 辺境の地をゆく』(2012年)
中野京子『名画と読むイエス・キリストの物語』(2012年)
中野剛志『日本思想史新論 プラグマティズムからナショナリズムへ』(2012年)
中野翠『みずいろメガネ』(2012年)
長野陽一『BREATHLESS』(2012年)
中原淳一中原淳一 ART BOX 美コレクション』(2012年)
中平卓馬サーキュレーション‐日付、場所、行為』(2012年)
中村淳彦『職業としてのAV女優』(2012年)
中村龍生『雪の桜 中村龍生写真集』(2012年)
中山京子『グアム・サイパンマリアナ諸島を知るための54章』(2012年)
長山靖生『戦後SF事件史 日本的想像力の70年』(2012年)
南木佳士『猫の領分 南木佳士自選エッセイ集』(2012年)
梨木香歩エストニア紀行 森の苔・庭の木漏れ日・海の葦』(2012年)
那須省一『アメリカ文学紀行 マーク・トウェインヘミングウェイからサリンジャーまで 名作ゆかりの地をさるく』(2012年)
夏野剛『なぜ大企業が突然つぶれるのか 生き残るための「複雑系思考法」』(2012年)
難波功士『人はなぜ〈上京〉するのか』(2012年)
難波里奈『純喫茶コレクション』(2012年)
西多昌規『「テンパらない」技術』(2012年)
西山和明『100年先も語り継がれるトップアスリートの決定的瞬間 その舞台裏では何が起きていたのか?』(2012年)
蜷川幸雄『演劇ほど面白いものはない 非日常の世界へ』(2012年)
根上生也『四次元が見えるようになる本』(2012年)
納富信留プラトン 理想国の現在』(2012年)
野村恭彦『フューチャーセンターをつくろう 対話をイノベーションにつなげる仕組み』(2012年)
灰野敬二『捧げる 灰野敬二の世界』(2012年)
橋本美香『脱がない、媚びない、NOと言えるアイドル 制服向上委員会の生き残り戦略』(2012年)
蓮池薫『拉致と決断』(2012年)
長谷川晶一『私がアイドルだった頃』(2012年)
秦郁彦陰謀史観』(2012年)
畑中章宏『災害と妖怪 柳田国男と歩く日本の天変地異』(2012年)
初沢亜利『隣人。38度線の北』(2012年)
馬場錬成『大村智 2億人を病魔から守った化学者』(2012年)
濱野智史前田敦子はキリストを超えた 〈宗教〉としてのAKB48』(2012年)
早野透田中角栄 戦後日本の悲しき自画像』(2012年)
速水健朗『都市と消費とディズニーの夢 ショッピングモーライゼーションの時代』(2012年)
原亜樹子『自家製グラノーラと朝の焼き菓子』(2012年)
原武史団地の空間政治学』(2012年)
原武史『レッドアローとスターハウス もうひとつの戦後思想史』(2012年)
原田実『オカルト「超」入門』(2012年)
原由美子原由美子の仕事1970→』(2012年)
ばるぼら岡崎京子の研究』(2012年)
柊直里『育夫ノススメ 男を育てて女を磨く』(2012年)
ピエール瀧ピエール瀧の23区23時』(2012年)
東雅夫『文学の極意は怪談である 文豪怪談の世界』(2012年)
樋口弘和『理想の上司は、なぜ苦しいのか 管理職の壁を越えるための教科書』(2012年)
樋口尚文『テレビ・トラベラー 昭和・平成テレビドラマ批評大全』(2012年)
久田将義原発アウトロー青春白書』(2012年)
瞳みのる瞳みのる 老虎再来』(2012年)
平川克美『小商いのすすめ』(2012年)
平川克美『俺に似たひと』(2012年)
平川克美『移行期的乱世の世界』(2012年)
平川祐弘『内と外からの夏目漱石』(2012年)
平野綾『PHOTO BOOK 綾本』(2012年)
平野啓一郎『私とは何か 「個人」から「分人」へ 』(2012年)
平松洋『芸術家たちの臨終図鑑』(2012年)
平松洋『〈名画〉絶世の美女ヌード』(2012年)
平松洋『名画絶世の美女魔性 = Femmes fatales in the masterpieces』(2012年)
平松洋『終末の名画 大洪水、黙示録、最後の審判…巨匠たちが幻視した終末のビジョン』(2012年)
ビルマニアカフェ『いいビルの写真集 WEST』(2012年)
広河隆一『新・人間の戦場』(2012年)
備仲臣道『読む事典 内田百輭 我樂多箱』(2012年)
ふかわりょう『風とマシュマロの国』(2012年)
福井健策『「ネットの自由」vs. 著作権 TPPは、終わりの始まりなのか』(2012年)
福田里香『ゴロツキはいつも食卓を襲う フード理論とステレオタイプフード50』(2012年)
藤木TDC『昭和遺産探訪』(2012年)
藤倉善郎『「カルト宗教」取材したらこうだった』(2012年)
藤野眞功『憂国始末』(2012年)
藤村忠寿嬉野雅道『人生に悩む人よ 藤やん・うれしーの悩むだけ損!』(2012年)
藤村龍至、山崎亮『コミュニケーションのアーキテクチャを設計する 藤村龍至×山崎亮対談集』(2012年)
古沢和宏『痕跡本のすすめ』(2012年)
古沢広祐『共存学 文化・社会の多様性』(2012年)
古田亮『美術「心」論 漱石に学ぶ鑑賞入門』(2012年)
Paix2『逢えたらいいな プリズン・コンサート三○○回達成への道のり』(2012年)
星野秀樹『雪山放浪記』(2012年)
星野博美『島へ免許を取りに行く』(2012年)
細倉真弓『KAZAN』(2012年)
堀田純司オッサンフォー』(2012年)
堀江貴文『刑務所なう。』(2012年)
堀啓子『和装のヴィクトリア文学 尾崎紅葉の「不信不語」とその原作』(2012年)
本郷和人『戦いの日本史 武士の時代を読み直す』(2012年)
前田速夫『古典遊歴 見失われた異空間(トポス)を尋ねて』(2012年)
前野紀一、斉藤俊行『こおり』(2012年)
槙田雄司『一億総ツッコミ時代』(2012年)
牧野智和『自己啓発の時代 「自己」の文化社会学的探究』(2012年)
孫崎享『戦後史の正体』(2012年)
増田雅史、生貝直人『デジタルコンテンツ法制 過去・現在・未来の課題』(2012年)
町田康『バイ貝』(2012年)
町田康『餓鬼道巡行』(2012年)
町田徹『JAL再建の真実』(2012年)
町田徹『東電国有化の罠』(2012年)
町山智浩『99%対1% アメリカ格差ウォーズ』(2012年)
町山智浩『教科書に載ってないUSA語録』(2012年)
松居直『松居直自伝 軍国少年から児童文学の世界へ』(2012年)
松浦晋也『のりもの進化論』(2012年)
松尾光『古代の社会と人物』(2012年)
松谷創一郎『ギャルと不思議ちゃん論 女の子たちの三十年戦争』(2012年)
松永多佳倫『沖縄を変えた男 栽弘義 高校野球に捧げた生涯』(2012年)
松原始『カラスの教科書』(2012年)
マンタム『がらくたからたから 古道具屋 新たなネウチを生む仕事』(2012年)
三浦展『東京高級住宅地探訪』(2012年)
三浦しをん『お友だちからお願いします』(2012年)
三浦しをん『本屋さんで待ちあわせ』(2012年)
三浦俊彦『教授とミミズのエコ生活 または私は如何にして心配するのを止めてミミズを愛するようになったか』(2012年)
Mr.『Mr.作品集 生きていく―萌へ道ゆかば―』(2012年)
水野久美樋口尚文『女優水野久美 怪獣・アクション・メロドラマの妖星』(2012年)
皆田典久『凹凸を楽しむ 東京「スリバチ」地形散歩』(2012年)
南直哉『恐山 死者のいる場所』(2012年)
三宅秀道『新しい市場のつくりかた』(2012年)
宮下規久朗、藤原えりみ、谷川渥『ヌードの美術史』(2012年)
宮田珠己『日本全国津々うりゃうりゃ』(2012年)
宮地正人『幕末維新変革史』(2012年)
向井万起男『無名の女たち 私の心に響いた24人』(2012年)
向井万起男『米国の光と影と、どうでもイイ話』(2012年)
六車由実『驚きの介護民俗学』(2012年)
村上アシシ『日本代表サポーターを100倍楽しむ方法』(2012年)
村上陽一郎『私のお気に入り 観る・聴く・探す』(2012年)
村田喜代子『偏愛ムラタ美術館 【発掘篇】』(2012年)
村田奈々子『物語 近現代ギリシアの歴史 独立戦争からユーロ危機まで』(2012年)
村田らむ『裏仕事師 儲けのからくり』(2012年)
群ようこ『衣もろもろ』(2012年)
ムンシ・ロジェ・ヴァンジラ『村上茂の伝記 カトリックへ復帰した外海・黒崎かくれキリシタンの指導者』(2012年)
藻谷浩介、山崎亮『藻谷浩介さん、経済成長がなければ僕たちは幸せになれないのでしょうか?』(2012年)
モーニング編集部、門倉紫麻『We are 宇宙兄弟 宇宙飛行士の底力』(2012年)
森功『なぜ院長は「逃亡犯」にされたのか 見捨てられた原発直下「双葉病院」恐怖の7日間』(2012年)
森達也『オカルト 現れるモノ、隠れるモノ、見たいモノ』(2012年)
守村大新白河原人 半分ちょいの電気で贅沢DIY生活』(2012年)
森山明子『新井淳一 布・万華鏡』(2012年)
森山至貴『「ゲイコミュニティ」の社会学』(2012年)
森山優『日本はなぜ開戦に踏み切ったか 「両論併記」と「非決定」』(2012年)
安田謙一『なんとかと なんとかがいた なんとかズ』(2012年)
安田浩一『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』(2012年)
安田峰俊和僑』(2012年)
安冨歩原発危機と「東大話法」 傍観者の論理・欺瞞の言語』(2012年)
安冨歩『生きるための論語』(2012年)
安冨歩『幻影からの脱出 原発危機と東大話法を越えて』(2012年)
安冨歩『もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く』(2012年)
柳田勝英『潜入 閉鎖病棟「安心・安全」監視社会の精神病院』(2012年)
柳谷あゆみ『ダマスカスへ行く 前・後・途中』(2012年)
山口晃山口晃 大画面作品集』(2012年)
山口二郎政権交代とは何だったのか』(2012年)
山粼努『柔らかな犀の角』(2012年)
山田健太言論の自由 拡大するメディアと縮むジャーナリズム』(2012年)
山田航『さよならバグ・チルドレン』(2012年)
山中俊治『カーボン・アスリート 美しい義足に描く夢』(2012年)
山本タカト『ネクロファンタスマゴリア』(2012年)
山本博文『「忠臣蔵」の決算書』(2012年)
飲茶『史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち』(2012年)
ヤリタミサコ『私は母を産まなかった/ALLENとMAKOTOと肛門へ』(2012年)
楊逸孔子さまへの進言 中国歴史人物月旦』(2012年)
湯浅学『音楽を迎えにゆく』(2012年)
湯山玲子『ビッチの触り方』(2012年)
横井軍平『決定版・ゲームの神様 横井軍平のことば ものづくりのイノベーション枯れた技術の水平思考」とは何か?』(2012年)
横川和夫『かげろうの家 女子高生監禁殺人事件』(2012年)
横川和夫『ぼくたちやってない 東京・綾瀬母子強盗殺人事件』(2012年)
横田増生『評伝 ナンシー関 「心に一人のナンシーを」』(2012年)
横山泰子『妖怪手品の時代』(2012年)
吉川潮『待ってました! 花形落語家、たっぷり語る』(2012年)
吉田戦車『日本語を使う日々』(2012年)
吉田武『素数夜曲 女王陛下のLISP』(2012年)
吉田徹『ヨーロッパ統合とフランス 偉大さを求めた1世紀』(2012年)
吉増剛造詩学講義 無限のエコー』(2012年)
吉見俊哉『夢の原子力 Atoms for Dream』(2012年)
吉見俊哉アメリカの越え方 和子・俊輔・良行の抵抗と越境』(2012年)
吉見俊哉『ネット時代のコペルニクス 知識とは何か』(2012年)
吉本隆明吉本隆明が語る親鸞』(2012年)
四元康祐『日本語の虜囚』(2012年)
那覇潤、池田信夫『「日本史」の終わり 変わる世界、変われない日本人』(2012年)
米長邦雄『われ敗れたり コンピュータ棋戦のすべてを語る』(2012年)
米山秀隆『空き家急増の真実 放置・倒壊・限界マンション化を防げ』(2012年)
李策『板橋資産家殺人事件の真相 「日中混成強盗グループ」の告白』(2012年)
若田部昌澄、栗原裕一郎『本当の経済の話をしよう』(2012年)
若林幹夫『社会〈学〉を読む』(2012年)
和合亮一『私とあなたここに生まれて』(2012年)
和合亮一『ふたたびの春に』(2012年)
和田菜穂子『北欧モダンハウス 建築家が愛した自邸と別荘』(2012年)
渡辺京二ドストエフスキイの政治思想』(2012年)
渡邊大輔『イメージの進行形』(2012年)
渡辺保高泉淳子『昭和演劇大全集』(2012年)
渡邉義浩『魏志倭人伝の謎を解く 三国志から見る邪馬台国』(2012年)
渡邉義浩『「三国志」の政治と思想 史実の英雄たち』(2012年)
渡邉義浩『十八史略で読む「三国志」』(2012年)
渡邉義浩『王莽 改革者の孤独』(2012年)
『ゲームの流儀』(2012年)
『偏愛!!カルト・コミック100』(2012年)
アルファコミュニケーション(編)『7人の人気パティシエが教える秘密のチョコレートレシピ』(2012年)
石井光太(編)『ノンフィクション新世紀』(2012年)
猪木武徳、小松一彦、他(編)『新・日本学誕生 国際日本文化研究センターの25年』(2012年)
印東道子(編)『人類大移動 アフリカからイースター島へ』(2012年)
宇佐美毅、千田洋幸(編)『村上春樹と一九九〇年代』(2012年)
LCCM住宅研究開発委員会(編)『LCCM住宅の設計手法 デモンストレーション棟を事例として』(2012年)
小熊英二(編)『平成史』(2012年)
萱野稔人(編)『ベーシックインカムは究極の社会保障か 「競争」と「平等」のセーフティネット』(2012年)
唐沢かおり戸田山和久(編)『心と社会を科学する』(2012年)
河出書房新社編集部(編)『歴史としての3.11』(2012年)
沓掛良彦阿部賢一(編)『バッカナリア 酒と文学の饗宴』(2012年)
限界研(編)『21世紀探偵小説 ポスト新本格と論理の崩壊』(2012年)
建築知識編集部(編)『建設業者』(2012年)
越田清和(編)『アイヌモシリと平和』(2012年)
定松正(編)『英米児童文学 作品・登場人物事典』(2012年)
三陸河北新報社石巻かほく」編集局(編)『津波からの生還 東日本大震災石巻地方100人の証言』(2012年)
志岐祐一(編)『世界一美しい団地図鑑』(2012年)
高倉浩樹(編)『極寒のシベリアに生きる トナカイと氷と先住民』(2012年)
丹波美之、吉見俊哉(編)『岩波映画の1億フレーム(記録映画アーカイブ)』(2012年)
土屋由香、吉見俊哉(編)『占領する眼・占領する声:CIE/USIS映画とVOAラジオ』(2012年)
戸田山和久、美濃正、出口康夫(編)『これが応用哲学だ!』(2012年)
濱野智史櫻井圭記、小川克彦(編)『恋愛のアーキテクチャ』(2012年)
東雅夫(編)『世界幻想文学大全』(2012年)
東雅夫(編)『幻想文学講義 「幻想文学」インタビュー集成』(2012年)
樋口直人(編)『日本のエスニック・ビジネス』(2012年)
堀江あき子(編)『怪獣博士!大伴昌司「大図解」画報』(2012年)
吉田徹(編)『ヨーロッパ統合とフランス 偉大さを求めた1世紀』(2012年)
歴史読本」編集部(編)『呪術と怨霊の天皇史』(2012年)
岩下宣子(監)『マナーのすべてがわかる便利手帳』(2012年)
木村孝(監)『きもの文様図鑑』(2012年)
公益社団法人日本缶詰協会(監)『缶詰ラベルコレクション MADE IN JAPAN』(2012年)
中村士(監)『江戸の天文学 渋川春海と江戸時代の科学者たち』(2012年)
夏野剛おちまさと、他(監)『賢人の企画術』(2012年)
布施哲治(監)『宇宙ランキング・データ大事典』(2012年)
小学館『日本美術全集』(2012年~2016年)
青木理『誘蛾灯 鳥取連続不審死事件(誘蛾灯 二つの連続不審死事件)』(2013年)
青山通『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』(2013年)
青山裕企『JK POSE MANIACS』(2013年)
赤上裕幸『ポスト活字の考古学 「活映」のメディア史1911‐1958)(2013年)
赤木智弘速水健朗常見陽平、おおたとしまさ『アラフォー男子の憂鬱』(2013年)
赤田祐一ばるぼら『消されたマンガ』(2013年)
赤塚敬子『ファントマ 悪党的想像力』(2013年)
明緒『わたしの上海バンスキング』(2013年)
秋元康田原総一朗AKB48の戦略! 秋元康の仕事術』(2013年)
浅田次郎浅田次郎と歩く中山道 「一路」の舞台をたずねて』(2013年)
浅田次郎『世の中それほど不公平じゃない 浅田次郎 最初で最後の人生相談』(2013年)
浅羽祐樹『したたかな韓国』(2013年)
アーサー・ビナード『アーサーの言の葉食堂』(2013年)
あさりよしとお『宇宙へ行きたくて液体燃料ロケットをDIYしてみた』(2013年)
阿部真大『地方にこもる若者たち 都会と田舎の間に出現した新しい社会』(2013年)
阿部泰尚『いじめと探偵』(2013年)
雨宮まみ『ずっと独身でいるつもり?』(2013年)
新雅史『「東洋の魔女」論』(2013年)
荒波力『知の巨人 評伝 生田長江』(2013年)
安西信一ももクロの美学  〈わけのわからなさ〉の秘密』(2013年)
ANREALAGE『A REAL UN REAL AGE』(2013年)
飯尾和樹飯尾和樹の暮しの現実逃避手帖』(2013年)
飯田一史、海老原豊『ポストヒューマニティーズ 伊藤計劃以後のSF』(2013年)
飯田泰之『世界一わかりやすい経済の教室』(2013年)
家入一真『15歳から、社長になれる。ぼくらの時代の起業入門』(2013年)
池内紀『ニッポンの山里』(2013年)
池内紀『カント先生の散歩』(2013年)
池内紀『消えた国 追われた人々』(2013年)
池内正幸、郷路拓也『生成言語研究の現在』(2013年)
池内了『現代科学の歩きかた』(2013年)
池田清隆『古事記と岩石崇拝 「磐座論」のこころみ』(2013年)
石井光太『東京千夜』(2013年)
石井妙子『日本の血脈』(2013年)
石井陽青『アンティーク・ディーラー 世界の宝を扱う知られざるビジネス』(2013年)
石川初、内海慶一、他『路上と観察をめぐる表現史  考現学の「現在」』(2013年)
石塚元太良『PIPLINE ICELAND/ALASKA』(2013年)
石塚元太良『GOLD RUSH ALASKA』(2013年)
石村博子『3.11行方不明 その後を生きる家族たち』(2013年)
伊集院光ファミ通と僕 1998‐2000/2000‐2002』(2013年)
泉麻人『東京いつもの喫茶店 散歩の途中にホットケーキ』(2013年)
磯部涼、他『踊ってはいけない国で、踊り続けるために 風営法問題と社会の変え方』(2013年)
板越ジョージ『結局、日本のアニメ、マンガは儲かっているのか?』(2013年)
一ノ瀬正樹『放射能問題に立ち向かう哲学』(2013年)
一橋文哉『マネーの闇』(2013年)
一柳廣孝久米依子ライトノベルスタディーズ』(2013年)
井筒俊彦『「コーラン」を読む』(2013年)
伊藤亜紗ヴァレリーの芸術哲学、あるいは身体の解剖』(2013年)
伊藤比呂美『犬心』(2013年)
稲田愿『梯子・階段の文化史』(2013年)
井上順孝『ビジネスマンのための「世界の宗教」超入門』(2013年)
井上泰至『江戸の発禁本 欲望と抑圧の近世』(2013年)
井上理津子『名物「本屋さん」をゆく』(2013年)
猪谷千春IOC オリンピックを動かす巨大組織』(2013年)
今井むつみ『ことばの発達の謎を解く』(2013年)
岩下朋世『少女マンガの表現機構 ひらかれたマンガ表現史と「手塚治虫」』(2013年)
岩瀬禎之『海女の習俗 千葉・岩和田1931‐1964』(2013年)
巖谷國士『〈遊ぶ〉シュルレアリスム』(2013年)
岩波明精神科医が読み解く名作の中の病』(2013年)
植朗子『『ドイツ伝説集』のコスモロジー』(2013年)
植田正治『幻影』(2013年)
上橋菜穂子『物語ること、生きること』(2013年)
内田樹中島岳志、他『脱グローバル論 日本の未来のつくりかた』(2013年)
内田洋子『カテリーナの旅支度 イタリア 二十の追憶』(2013年)
内田良『柔道事故』(2013年)
内沼晋太郎『本の逆襲』(2013年)
冲方丁『にすいです。冲方丁対談集』(2013年)
梅田望夫羽生善治と現代 - だれにも見えない未来をつくる』(2013年)
宇野功芳ベートーヴェン 不滅の音楽を聴く』(2013年)
宇野常寛『日本文化の論点』(2013年)
宇野常寛原子爆弾とジョーカーなき世界』(2013年)
宇田智子『那覇の市場で古本屋 ひょっこり始めた〈ウララ〉の日々』(2013年)
浦久俊彦『フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか』(2013年)
江口宏志『ハンドブック』(2013年)
江口宏志『ない世界』(2013年)
NHKスペシャル取材班『42.195kmの科学 マラソン「つま先着地」vs「かかと着地」』(2013年)
江森丈晃、他『音楽とことば あの人はどうやって歌詞を書いているのか』(2013年)
円堂都司昭『ディズニーの隣の風景 オンステージ化する日本』(2013年)
円堂都司昭『ソーシャル化する音楽  「聴取」から「遊び」へ』(2013年)
大石学『近世日本の統治と改革』(2013年)
大石学『時代劇の見方・楽しみ方 時代考証とリアリズム』(2013年)
大泉洋『大泉エッセイ 僕が綴った16年』(2013年)
大久保孝治『日常生活の探求 ライフスタイルの社会学』(2013年)
大澤信亮『新世紀神曲』(2013年)
大島幹雄『明治のサーカス芸人はなぜロシアに消えたのか』(2013年)
太田省一紅白歌合戦と日本人』(2013年)
大谷晃一『織田作之助―生き、愛し、書いた。』(2013年)
大谷ノブ彦ダイノジ大谷ノブ彦の俺のROCK LIFE!』(2013年)
大塚英志『物語の体操 物語るための基礎体力を身につける6つの実践的レッスン』(2013年)
大槻ケンヂ『40代、職業・ロックミュージシャン』(2013年)
大野更紗『さらさらさん』(2013年)
大橋仁『そこにすわろうとおもう』(2013年)
大橋義輝『毒婦伝説 高橋お伝とエリート軍医たち』(2013年)
大見崇晴『「テレビリアリティ」の時代』(2013年)
大宮冬洋『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました。』(2013年)
大村克巳『「はだしのゲン」創作の真実』(2013年)
オオヤミノル『美味しいコーヒーって何だ?』(2013年)
岡田暁生西洋音楽史』(2013年)
岡田利規『遡行 変形していくための演劇論』(2013年)
岡田康宏『アイドルのいる暮らし』(2013年)
岡田よしたか『とてもおおきなサンマのひらき』(2013年)
おかべたかし、山出高士『目でみることば』(2013年)
小川善照『ノーモア立川明日香』(2013年)
荻上チキ、飯田泰之『夜の経済学』(2013年)
長田弘いせひでこ『最初の質問』(2013年)
小沢昭一『芸人の肖像』(2013年)
押井守『仕事に必要なことはすべて映画で学べる』(2013年)
小田嶋隆『場末の文体論』(2013年)
小野一光『家族喰い 尼崎連続変死事件の真相』(2013年)
おのみさ『麹巡礼 おいしい麹と出会う9つの旅』(2013年)
開沼博『漂白される社会』(2013年)
鹿毛敏夫『大航海時代のアジアと大友宗麟』(2013年)
鹿毛敏夫『大内と大友 中世西日本の二大大名』(2013年)
鹿島茂『「悪知恵」のすすめ ラ・フォンテーヌの寓話に学ぶ処世訓』(2013年)
鹿島茂『悪の引用句辞典 マキアヴェリシェイクスピア吉本隆明かく語りき』(2013年)
鹿島茂、倉方健作『カリカチュアでよむ19世紀末フランス人物事典』(2013年)
柏木博『わたしの家 痕跡としての住まい』(2013年)
春日太一『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』(2013年)
加藤茂孝『人類と感染症の歴史 未知なる恐怖を超えて』(2013年)
加藤ジャンプ、有高唯之『コの字酒場はワンダーランド 呑めば極楽、語れば天国』(2013年)
かとうちあき『あたらしい野宿』(2013年)
加藤典洋高橋源一郎吉本隆明がぼくたちに遺したもの』(2013年)
加藤まさを『加藤まさをのロマンティック・ファンタジー 大正・昭和の乙女デザイン』(2013年)
門田隆将『狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部』(2013年)
金原まさ子『カルナヴァル』(2013年)
亀井三博『私は咳をこう診てきた』(2013年)
亀和田武『夢でまた逢えたら』(2013年)
川内有緒『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(2013年)
川上和人『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』(2013年)
川上弘美『晴れたり曇ったり』(2013年)
川上未映子『安心毛布』(2013年)
川上未映子『りぼんにお願い』(2013年)
川口友万『ビタミンCは人類を救う!!』(2013年)
川越敏司『現代経済学のエッセンス 初歩から最新理論まで』(2013年)
川越敏司、星加良司『障害学のリハビリテーション 障害の社会モデルその射程と限界』(2013年)
川添愛『白と黒のとびら オートマトン形式言語をめぐる冒険』(2013年)
川名紀美『アルビノを生きる』(2013年)
川本三郎『そして、人生はつづく』(2013年)
KIKI『山が大好きになる練習帖』(2013年)
菊地章太『妖怪学の祖 井上圓了』(2013年)
菊地章太『妖怪たちのラビリン  西洋異界案内』(2013年)
木皿泉『木皿食堂』(2013年)
岸見一郎、古賀史健『嫌われる勇気』(2013年)
岸由二『流域地図の作り方 川から地球を考える』(2013年)
貴志祐介『極悪鳥になる夢を見る 貴志祐介エッセイ集』(2013年)
岸由二『「流域地図」の作り方 川から地球を考える』(2013年)
北大路公子『苦手図鑑』(2013年)
北川昌弘山口百恵AKB48 ア・イ・ド・ル論』(2013年)
木谷明『「無罪」を見ぬく 裁判官・木谷明の生き方』(2013年)
北丸雄二『火の記憶』(2013年)
木下斉、広瀬郁『まちづくり デッドライン 生きる場所を守り抜くための教科書』(2013年)
木下長宏『ミケランジェロ』(2013年)
木下直之『戦争という見世物 日清戦争祝捷大会潜入記』(2013年)
木村衣有子『京都の喫茶店 昨日・今日・明日』(2013年)
木村俊介『善き書店員』(2013年)
清武英利しんがり 山一證券 最後の12人』(2013年)
楠見清『ロックの美術館』(2013年)
工藤冬里工藤冬里 詩集「遠い夜」』(2013年)
工藤美代子『悪童殿下 愛して怒って闘って 寛仁親王の波乱万丈』(2013年)
工藤律子『生物とコラボする バイオプラスチックの未来』(2013年)
蔵前仁一『あの日、僕は旅に出た』(2013年)
倉本一宏『藤原道長の日常生活』(2013年)
倉本一宏『藤原道長の権力と欲望 「御堂関白記」を読む』(2013年)
栗原康『大杉栄伝 永遠のアナキズム』(2013年)
黒川祥子『誕生日を知らない女の子 虐待 その後の子どもたち』(2013年)
黒川由紀子『高齢者と心理臨床 衣・食・住をめぐって』(2013年)
黒瀬陽平『情報社会の情念 クリエイティブの条件を問う』(2013年)
黒田敏男『メロディアス・ハードロック・ディスクガイド』(2013年)
黒田日出男『豊国祭礼図を読む』(2013年)
クロダミサト『沙和子』(2013年)
クロダミサト『沙和子 無償の愛』(2013年)
黒田龍之助『はじめての外国語学部』(2013年)
桑島智輝『私生活』(2013年)
桑原甲子雄『私的昭和史 桑原甲子雄写真集』(2013年)
月刊美術『写実画のすごい世界』(2013年)
玄光社『昭和のお菓子 あの素晴らしい味をもう一度』(2013年)
校條剛『ザ・流行作家』(2013年)
神足裕司『一度、死んでみましたが』(2013年)
粉川哲夫『映画のウトピア』(2013年)
粉川哲夫、三田格『無縁のメディア 映画も政治も風俗も』(2013年)
國分功一郎ドゥルーズの哲学原理』(2013年)
國分功一郎『来るべき民主主義 小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題』(2013年)
國分功一郎『哲学の先生と人生の話をしよう』(2013年)
國分功一郎中沢新一『哲学の自然』(2013年)
小島秀夫『僕が愛したMEMEたち いま必要なのは、人にエネルギーを与える物語』(2013年)
児玉清『ひたすら面白い小説が読みたくて 文庫解説コレクション』(2013年)
小塚昌彦『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(2013年)
後藤忠徳『海の授業』(2013年)
後藤直義、森川潤『アップル帝国の正体』(2013年)
小沼純一『映画に耳を 聴覚からはじめる新しい映画の話』(2013年)
小林エリカ『忘れられないの』(2013年)
小林快次『ワニと恐竜の共存 巨大ワニと恐竜の世界』(2013年)
小林雅一『クラウドからAIへ アップル、グーグル、フェイスブックの次なる主戦場』(2013年)
小林美希『ルポ 産ませない社会』(2013年)
小松和彦『「伝説」はなぜ生まれたか』(2013年)
コマツシンヤ『8月のソーダ水』(2013年)
小谷野敦『日本人のための世界史入門』(2013年)
小谷野敦高畑勲の世界』(2013年)
小谷野敦『ムコシュウト問題 現代の結婚論』
小谷野敦『面白いほど詰め込める勉強法 究極の文系脳をつくる』(2013年)
権徹『歌舞伎町』(2013年)
権徹『てっちゃん ハンセン病に感謝した詩人』(2013年)
斉藤竜明『路上生活365日』(2013年)
斉藤環『承認をめぐる病』(2013年)
西原理恵子『スナックさいばら おんなのけものみち 七転び八転び篇』(2013年)
佐伯啓思『文明的野蛮の時代』(2013年)
佐伯啓思『日本の宿命』(2013年)
サエキけんぞう『ロックの闘い 1965‐1985』(2013年)
酒井順子ユーミンの罪』(2013年)
坂井豊貴『社会的選択理論への招待 投票と多数決の科学』(2013年)
坂井豊貴『マーケットデザイン 最先端の実用的な経済学』(2013年)
坂田明『人間とミジンコがつながる世界認識 私説 ミジンコ大全』(2013年)
坂本大三郎『山伏ノート~自然と人をつなぐ知恵を武器に~』(2013年)
砂古玉緒『お茶の時間のイギリス菓子 伝統の味、地方の味』(2013年)
笹井宏之『八月のフルート奏者』(2013年)
佐々木敦『シチュエーションズ 「以後」をめぐって』(2013年)
佐々木英基『核の難民 ビキニ水爆実験「除染」後の現実』(2013年)
佐藤健太郎『炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす』(2013年)
佐藤直樹『なぜ日本人は世間と寝たがるのか 空気を読む家族』(2013年)
佐藤典雅『ドアの向こうのカルト 九歳から三五歳まで過ごした、エホバの証人の記録』(2013年)
さやわか『AKB商法とは何だったのか』(2013年)
沢木耕太郎『キャパの十字架』(2013年)
沢木耕太郎『流星ひとつ』(2013年)
沢木耕太郎『旅の窓』(2013年)
志賀理江子『螺旋海岸 album』(2013年)
Shizu『発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ』(2013年)
柴那典、さやわか、他『いま、音楽批評は何を語るべきか』(2013年)
嶋浩一郎『なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか』(2013年)
島本理生『B級恋愛グルメのすすめ』(2013年)
清水勲サザエさん事典』(2013年)
清水潔『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』(2013年)
清水ミチコ『主婦と演芸』(2013年)
清水義範『50代から余裕が生まれる人なくなる人』(2013年)
下川耿史『混浴と日本史』(2013年)
白井聡『永続敗戦論 戦後日本の核心』(2013年)
しりあがり寿『ねつでやすんでいるキミへ』(2013年)
新海均『カッパ・ブックスの時代』(2013年)
新谷尚紀『伊勢神宮三種の神器 古代日本の祭祀と天皇』(2013年)
数土直紀『信頼にいたらない世界 権威主義から公正へ』(2013年)
末井昭『自殺』(2013年)
陶智子、綿抜豊昭『包丁侍 舟木伝内 加賀百万石のお抱え料理人』(2013年)
菅啓次郎『時制論 Agend’Ars4』(2013年)
菅啓次郎『ストレンジオグラフィ』(2013年)
菅原出『秘密戦争の司令官オバマ』(2013年)
杉坂圭介『飛田の子 遊郭の街に働く女たちの人生』(2013年)
SUSIE『RUN!アプガRUN!(仮)』(2013年)
鈴木輝一郎『新・何がなんでも作家になりたい』(2013年)
鈴木邦男『秘めてこそ力』(2013年)
鈴木謙介『ウェブ社会のゆくえ <多孔化>した現実のなかで』(2013年)
鈴木謙介、長谷川裕、Life Crew『文化系トークラジオLifeのやり方』(2013年)
鈴木涼美『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』(2013年)
鈴木寛『テレビが政治をダメにした』(2013年)
鈴木則文東映ゲリラ戦記』(2013年)
鈴木光男『ゲーム理論と共に生きて』(2013年)
数土直紀『信頼にいたらない世界 権威主義から公正へ』(2013年)
関根由子『伝統工芸を継ぐ女たち』(2013年)
園子温『けもの道を笑って歩け』(2013年)
高倉豊『4つのブランドを立て直した 八方塞がりを打破するマーケティング』(2013年)
高瀬毅『本の声を聴け ブックディレクター 幅允孝の仕事』(2013年)
高野秀行『謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』(2013年)
高野麻衣『マンガと音楽の甘い関係』(2013年)
高橋久美子『思いつつ、嘆きつつ、走りつつ、』(2013年)
高橋源一郎『国民のコトバ』(2013年)
高橋麻衣『マンガと音楽の甘い関係』(2013年)
高橋政士『「稀」車両』(2013年)
高橋有希『ドライフラワー図鑑』(2013年)
高橋ヨシキ『暗黒映画入門 悪魔が憐れむ歌』(2013年)
高畑勲『アニメーション、折りにふれて』(2013年)
高原たま『エプロンおじさん 日本初の男性料理研究家 牧野哲大の味』(2013年)
瀧口夕美『民族衣装を着なかったアイヌ 北の女たちから伝えられたこと』(2013年)
多木浩二『映像の歴史哲学』(2013年)
瀧波ユカリ『女もたけなわ』(2013年)
竹沢えり子『銀座にはなぜ超高層ビルがないのか』(2013年)
竹田賢一『地表に蠢く音楽ども 竹田賢一音楽論集』(2013年)
武田葉月『横綱』(2013年)
竹邑類『呵呵大将 我が友、三島由紀夫』(2013年)
多田文明『迷惑メール、返事をしたらこうなった。詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ』(2013年)
多田文明悪徳商法 わざと引っかかってみました』(2013年)
立木康介『露出せよ、と現代文明は言う 「心の闇」の喪失と精神分析』(2013年)
立花隆『自分史の書き方』(2013年)
田附勝『KURAGARI』(2013年)
巽孝之モダニズムの惑星 英文学思想史の修辞学』(2013年)
タナカカツキ『すばらしきインドア大自然 水草水槽のせかい』(2013年)
田中徳一『筒井徳二郎 知られざる剣劇役者の記録 1930〜31年 22ヵ国巡業の軌跡と異文化接触』(2013年)
田辺聖子『歳月がくれるもの まいにち、ごきげんさん』(2013年)
田畑精一『さくら』(2013年)
為末大『「遊ぶ」が勝ち 『ホモ・ルーデンス』で、君も跳べ!』(2013年)
為末大『諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉』(2013年)
俵万智『オレがマリオ』(2013年)
旦敬介『旅立つ理由』(2013年)
千葉好男『ぼくが伝えたいアントナン・カーレムの心 お菓子とフランス料理の革命児』(2013年)
辻井啓作『なぜ繁栄している商店街は1%しかないのか』(2013年)
津田大介Tweet&Shout ニュー・インディペンデントの時代が始まる』(2013年)
都築響一『ヒップホップの詩人たち』(2013年)
筒井康隆『偽文士日碌』(2013年)
津野海太郎花森安治伝 日本の暮しをかえた男』(2013年)
津村節子三陸の海』(2013年)
鶴見香織『もっと知りたい菱田春草 生涯と作品』(2013年)
寺田克也寺田克也ココ10年』(2013年)
常盤新平『私のニューヨーカーグラフィティ』(2013年)
徳永京子、藤原ちから『演劇最強論 反復とパッチワークの漂流者たち』(2013年)
戸田学上岡龍太郎 話芸一代』(2013年)
ドミニク・チェン『オープン化する創造の時代 著作権を拡張するクリエイティブ・コモンズの方法論』(2013年)
ドミニク・チェン『インターネットを生命化する プロクロニズムの思想と実践』(2013年)
外山ひとみ『女子刑務所 知られざる世界』(2013年)
戸矢学『神道と風水』(2013年)
豊崎愛生『「豊崎愛生 あきずかん」』(2013年)
豊田正義『妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻』(2013年)
ナイツ『ナイツの言い間違いで覚える日本史』(2013年)
中沢啓治はだしのゲン わたしの遺書』(2013年)
中島岳志血盟団事件』(2013年)
中島らも中島らもの置き土産 明るい悩み相談室』(2013年)
中野剛志『保守とは何だろうか』(2013年)
中原淳一中原淳一 ART BOX 装いコレクション』(2013年)
中原淳一『中原純一の花のある美しい暮らし』(2013年)
nakaban『よるのむこう』(2013年)
ナカムラクニオ『人が集まる「つなぎ場」のつくり方 都市型茶室「6次元」の発想とは』(2013年)
中村浩志『二万年の奇跡を生きた鳥 ライチョウ』(2013年)
中村安希『愛と憎しみの豚』(2013年)
中森明夫『午前32時の能年玲奈』(2013年)
行方昭夫『モームの謎』(2013年)
名良橋晃サイドバック進化論』(2013年)
成馬零一『キャラクタードラマの誕生 テレビドラマを更新する6人の脚本家』(2013年)
成毛眞『面白い本』(2013年)
難波功士社会学ウシジマくん』(2013年)
西加奈子『食べあわせなんて、知らないわ。』(2013年)
西川美和『映画にまつわるXについて』(2013年)
西多昌規『休む技術』(2013年)
西田亮介『ネット選挙 解禁がもたらす日本社会の変容』(2013年)
西田亮介『ネット選挙とデジタル・デモクラシー』(2013年)
にらさわあきこ『婚活難民』(2013年)
沼上幹、一橋MBA戦略ワークショップ『戦略分析ケースブック Vol.3』(2013年)
能町みね子『雑誌の人格』(2013年)
ハウス加賀谷松本キック統合失調症がやってきた』(2013年)
萩谷由喜子諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯1920‐2012』(2013年)
博報堂ブランドデザイン『ビジネスを蝕む 思考停止ワード44』(2013年)
端田晶『ビールの世界史こぼれ話』(2013年)
橋爪大三郎『世界は宗教で動いてる』(2013年)
橋爪大三郎大澤真幸『ゆかいな仏教』(2013年)
橋爪大三郎大澤真幸宮台真司『おどろきの中国』(2013年)
橋本麻里『変り兜 戦国のCOOL DESIGN』(2013年)
長谷川香料株式会社『香料の科学』(2013年)
畑中章宏『ごん狐はなぜ撃ち殺されたのか 新美南吉の小さな世界』(2013年)
畑中章宏『津波と観音 十一の顔を持つ水辺の記念碑』(2013年)
畑中三応子『ファッションフード、あります。はやりの食べ物クロニクル1970‐2010』(2013年)
蜂飼耳『蜂飼耳 詩集』(2013年)
蜂飼耳『空席日誌』(2013年)
八谷和彦、猪谷千香、あさりよしとおナウシカの飛行具、作ってみた 発想・制作・離陸 メーヴェが飛ぶまでの10年間』(2013年)
バッキー井上『人生、行きがかりじょう 全部ゆるしてゴキゲンに』(2013年)
波戸田景太『ラノベのなかの現代日本』(2013年)
馬場あき子『日本の恋の歌〜恋する黒髪〜』(2013年)
濱瀬元彦『チャーリー・パーカーの技法 インプロヴィゼーションの構造分析』(2013年)
速水健朗『フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人』(2013年)
速水健朗『1995年』(2013年)
速水健朗大谷能生、他『新・日本人論。』(2013年)
速水由紀子『悪魔のDNA 園子温』(2013年)
原田かずこ『座右の本』(2013年)
原田裕規『ラッセンとは何だったのか? 消費とアートを越えた「先」』(2013年)
原正人『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』(2013年)
樋口毅宏タモリ論』(2013年)
久松達央『キレイゴトぬきの農業論』(2013年)
BiS『BiStory〜アイドルを殺したのは誰?〜』(2013年)
瞳みのるザ・タイガース 花の首飾り物語』(2013年)
姫野カオルコ『ああ、禁煙vs.喫煙』(2013年)
冷水希三子『また来たいと思われる ちょっと贅沢なおもてなしレシピ』(2013年)
平松洋『〈名画〉絶世の美男同性愛』(2013年)
平松洋『ラファエル前派の世界』(2013年)
平松洋子『ひさしぶりの海苔弁』(2013年)
広瀬洋一『西荻窪の古本屋さん 音羽館の日々と仕事』(2013年)
広中一成『ニセチャイナ 中国傀儡政権 満洲・蒙疆・冀東・臨時・維新・南京(20世紀中国政権総覧)』(2013年)
広中一成、今井貞夫『日中和平工作の記録 今井武夫と汪兆銘・蔣介石』(2013年)
備仲臣道『内田百輭 文学散歩』(2013年)
深見奈緒子イスラーム建築の世界史』(2013年)
福島菊次郎『証言と遺言』(2013年)
福澤徹三『もうブラック企業しか入れない 会社に殺されないための発想』(2013年)
福嶋亮大『復興文化論 日本的創造の系譜』(2013年)
福田淳子アメリカのホームメイドお菓子』(2013年)
福田俊司『タイガの帝王 アムールトラを追う』(2013年)
福間良明二・二六事件の幻影 戦後大衆文化とファシズムへの欲望』(2013年)
福満しげゆき『遠回りまみれの青春のタイプの人』(2013年)
藤井孝一『読書は「アウトプット」が99%』(2013年)
藤田直哉『虚構内存在 筒井康隆と〈新しい《性》の次元〉』(2013年)
藤村忠寿嬉野雅道『人生に悩む人よ 藤やん・うれしーの続・悩むだけ損!』(2013年)
藤村忠寿嬉野雅道『腹を割って話した(未知との遭遇)』(2013年)
藤村忠寿、西田二郎『てれびバカ ツッパリオヤジVS小悪魔オヤジ』(2013年)
文月悠光『屋根よりも深々と』(2013年)
古市憲寿『誰も戦争を教えてくれなかった』(2013年)
古市憲寿開沼博、他『ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論』(2013年)
古市憲寿國分功一郎『社会の抜け道』(2013年)
古川日出男『小説のデーモンたち』(2013年)
ブルボン小林『マンガホニャララ ロワイヤル』(2013年)
ベッド・イン『ファースト写真集 Bed In』(2013年)
保坂和志『考える練習』(2013年)
星野源『働く男』(2013年)
細川亜衣『食記帖』(2013年)
細野晋司鹿島茂、他『グラビア美少女の時代』(2013年)
穂村弘『蚊がいる』(2013年)
堀江貴文『ゼロ』(2013年)
堀江義人『毛沢東が神棚から下りる日 中国民主化のゆくえ』(2013年)
堀尾真紀子『女性画家 10の叫び』(2013年)
堀川惠子『永山則夫 封印された鑑定記録』(2013年)
堀部篤史『街を変える小さな店 京都のはしっこ、個人店に学ぶこれからの商いのかたち。』(2013年)
本渡章『大阪古地図パラダイス』(2013年)
前澤秀忠『IR就活 就活性の誰もやっていない会社研究の極意』(2013年)
前田速夫『白山信仰の謎と被差別部落』(2013年)
前田速夫『海を渡った白山信仰』(2013年)
前田速夫『辺土歴程』(2013年)
前野隆司『「死ぬのが怖い」とはどういうことか』(2013年)
槙田雄司『アナーキー・イン・ザ・子供かわいい “父親に成る"ということ』(2013年)
牧村憲一『ニッポン・ポップス・クロニクル 1969‐1989』(2013年)
万城目学『ザ・万字固め』(2013年)
正木香子『文字の食卓』(2013年)
正木香子『本を読む人のための書体入門』(2013年)
又吉直樹『東京百景』(2013年)
町田忍『最後の銭湯絵師 三十年の足跡を追う』(2013年)
町田康『猫のよびごえ』(2013年)
町山智浩『本当はこんな歌』(2013年)
町山智浩『トラウマ恋愛映画入門』(2013年)
松岡たつひで『ちきゅうがウンチだらけにならないわけ』(2013年)
松尾光『近鉄沿線謎解き散歩』(2013年)
松崎之貞『吉本隆明はどうつくられたか』(2013年)
松永多佳倫『マウンドに散った天才投手』(2013年)
松本耳子『毒親持ち』(2013年)
松山ケンイチ『敗者』(2013年)
丸山里美『女性ホームレスとして生きる 貧困と排除の社会学』(2013年)
丸山剛史『闘う女たち(1、2)』(2013年)
みうらじゅん『正しい保健体育 結婚編』(2013年)
みうらじゅん『マイ京都慕情』(2013年)
みうらじゅん宮藤官九郎『どうして人はキスをしたくなるんだろう?』(2013年)
三木成夫『生命の形態学 地層・記憶・リズム』(2013年)
三崎亜記『ミサキア記のタダシガ記』(2013年)
水野俊平『庶民たちの朝鮮王朝』(2013年)
溝口紀子『性と柔 女子柔道史から問う』(2013年)
南伸坊『ねこはい』(2013年)
南信長『マンガの食卓』(2013年)
壬生篤『昭和の東京地図歩き』(2013年)
宮内泰介、藤林泰『かつお節と日本人』(2013年)
宮川健郎『物語もっと深読み教室』(2013年)
宮崎学青木理、辻惠『政権崩壊 民主党政権とは何だったのか』(2013年)
宮下奈都『はじめからその話をすればよかった』(2013年)
宮田珠巳己『おかしなジパング図版帖 モンタヌスが描いた驚異の王国』(2013年)
村上賢司『ラブホテル・コレクション』(2013年)
村田らむ『ホームレス大博覧会』(2013年)
村松美賀子、伊藤存『標本の本 京都大学総合博物館の収蔵室から』(2013年)
群ようこ『おとこのるつぼ』(2013年)
藻谷浩介、NHK広島取材班『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』(2013年)
ハメド・オマル・アブディン『わが盲想』(2013年)
森功大阪府警暴力団担当刑事 「祝井十吾」の事件簿』(2013年)
森功『平成経済事件の怪物たち』(2013年)
栄喜『intimacy』(2013年)
森達也『「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい 正義という共同幻想がもたらす本当の危機』(2013年)
森まゆみ『「青鞜」の冒険 女が集まって雑誌をつくるということ』(2013年)
森村誠一『人生の究極』(2013年)
森搖子『女は贈り物されるのが好きだ。』(2013年)
安冨歩『合理的な神秘主義 生きるための思想史』(2013年)
安冨歩『「学歴エリート」は暴走する 「東大話法」が蝕む日本人の魂』(2013年)
柳原三佳『世の中への扉 柴犬マイちゃんへの手紙 無謀運転でふたりの男の子を失った家族と愛犬の物語』(2013年)
やなせたかし『わたしが正義について語るなら』(2013年)
矢作直樹、村上和雄『神(サムシング・グレート)と見えない世界』(2013年)
山内祐平、森玲奈、安齋勇樹『ワークショップデザイン論 創ることで学ぶ』(2013年)
山川徹『それでも彼女は生きていく 3・11をきっかけにAV女優となった7人の女の子』(2013年)
山岸ヒカル『男になりたい!』(2013年)
山崎春美『天國のをりものが 山崎春美著作集1976-2013』(2013年)
山城むつみ『連続する問題』(2013年)
山田健太『3・11とメディア 徹底検証 新聞・テレビ・WEBは何をどう伝えたか』(2013年)
山田幸三『伝統産地の経営学 陶磁器産地の協働の仕組みと企業家活動』(2013年)
山田五郎『銀座のすし』(2013年)
山中千尋『ジャズのある風景』(2013年)
山田利明、稲垣諭、河本英夫エコロジーをデザインする エコ・フィロソフィの挑戦』(2013年)
山本博文『歴史をつかむ技法』(2013年)
湯浅学『アナログ・ミステリー・ツアー 世界のビートルズ1967‐1970』(2013年)
湯浅学ボブ・ディラン ロックの精霊』(2013年)
洋泉社現代アートがわかる本』(2013年)
横田増生『中学受験』(2013年)
吉梅剛『ぼくは「しんかい6500」のパイロット』(2013年)
ヨシタケシンスケ『りんごかもしれない』(2013年)
吉田たかよし宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議』(2013年)
那覇潤『日本人はなぜ存在するか』(2013年)
那覇潤『史論の復権』(2013年)
米田知子『米田知子 暗なきところで逢えれば』(2013年)
米原有二『京職人ブルース』(2013年)
Risaku Suzuki『Atelier of Cezanne』(2013年)
李小牧、蔡成平『中国を変えた最強メディア 微博(ウェイボー)の衝撃』(2013年)
若林正恭『社会人大学人見知り学部 卒業見込』(2013年)
和合亮一廃炉詩篇』(2013年)
鷲田清一『〈ひと〉の現象学』(2013年)
渡辺京二『もうひとつのこの世 石牟礼道子の宇宙』(2013年)
渡辺京二『近代の呪い』(2013年)
渡辺京二『万象の訪れ わが思索』(2013年)
渡辺考『もういちどつくりたい テレビドキュメンタリスト・木村栄文』(2013年)
渡辺裕『サウンドとメディアの文化資源学 境界線上の音楽』(2013年)
渡辺康啓『5分/15分/30分の料理 シンプルで美しい68の皿』(2013年)
木皿泉 ---物語る夫婦の脚本と小説 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)』(2013年)
『世界で一番美しい森への旅』(2013年)
伊勢田哲治戸田山和久、他(編)『科学技術をよく考える クリティカルシンキング練習帳』(2013年)
井上章一(編)『性欲の研究 エロティック・アジア』(2013年)
岩波書店編集部(編)『これからどうする 未来のつくり方』(2013年)
猪熊純、成瀬友梨(編)『シェアをデザインする 変わるコミュニティ、ビジネス、クリエイションの現場』(2013年)
印東道子(編)『人類の移動誌』(2013年)
江森丈晃(編)『音楽とことば』(2013年)
NHK放送文化研究所(編)『NHK 中学生・高校生の生活と意識調査2012 失われた20年が生んだ“幸せ”な十代』(2013年)
川越敏司(編)『経済学に脳と心は必要か?』(2013年)
河出書房新社編集部(編)『文藝別冊 永山則夫』(2013年)
河出書房新社編集部(編)『村上春樹色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』をどう読むか』(2013年)
限界研(編)『ポストヒューマニティーズ 伊藤計劃以後のSF』(2013年)
柴田元幸(編)『書き出し「世界文学全集」』(2013年)
湘南ベルマーレ(編)『縦の美学』(2013年)
菅啓次郎(編)『十和田、奥入瀬 水と土地をめぐる旅』(2013年)
総合観光学会(編)『復興ツーリズム 観光学からのメッセージ』(2013年)
チームカツオ人間(編)『カツオ人間写真集』(2013年)
中河伸俊、赤川学(編)『方法としての構築主義』(2013年)
南波克行(編)『スティーヴン・スピルバーグ論』(2013年)
年報・死刑廃止編集委員会(編)『極限の表現 死刑囚が描く』(2013年)
間取り図ナイト(編)『間取り図大好き!』(2013年)
みなさんのあまロスをなんとかすっぺ会(編)『あまちゃんモリー文藝春秋×PLANETS』(2013年)
若林幹夫(編)『モール化する都市と社会 巨大商業施設論』(2013年)
内山昭一(監)/21世紀の食調査班(編)『食べられる虫ハンドブック』(2013年)
うまい棒同盟(監)『やおきん公認 うまい棒大百科』(2013年)
小林快次(監)/土屋健(著)『大人のための「恐竜学」』(2013年)
前野紀一(監)『ひんやり氷の本』(2013年)
渡邉義浩(監)『三国志3000人』(2013年)
スタジオジブリ(編)『ジブリの教科書』(2013年〜)