芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(その他書籍:海外19)

[その他書籍(海外19)] 2010年代前半



アニエス・ジアール『エロティック・ジャポン』(2010年)
アニル・アナンサスワーミー『宇宙を解く壮大な10の実験』(2010年)
アフィヤ・イボム『The Vegan Soulfood Guide to the Galaxy』(2010年)
アラン・ダーショウィッツ『ケース・フォー・イスラエル 中東紛争の誤解と真実』(2010年)
アリスン・マギー、ユ・テウン『たくさんのドア』(2010年)
アレック・ソス『Broken Manual』(2010年)
アレックス・ベロス『素晴らしき数学世界』(2010年)
アロン・シェパード『私にはもう出版社はいらない』(2010年)
アン・アリスン『菊とポケモン グローンバル化する日本の文化力』(2010年)
アントニオ・ネグリ『革命の秋 いまあるコミュニズム』(2010年)
アントワーヌ・ギヨペ『月夜の森で』(2010年)
イネス・ド・ラ・フレサンジュ、ソフィ・ガシェ『大人のパリ イネスのおしゃれガイド』(2010年)
E・ポール・ゼーア『バットマンになる! スーパーヒーローの運動生理学』(2010年)
ヴィクター・H・メア、アーリン・ホー『お茶の歴史』(2010年)
ウィリアム・リトル『サイキック・ツーリスト 霊能者・超能力者・占い師のみなさん、未来が見えるって本当ですか?』(2010年)
ヴィンス・ニール、マイク・セイジャー『ヴィンス・ニール自伝 肩書:ビジネスマン、兼モトリー・クルーのヴォーカリスト』(2010年)
ウンベルト・エーコジャン=クロード・カリエール『もうすぐ絶滅するという紙の書物について』(2010年)
エイミィ・ステュワート『人類にとって重要な生きもの ミミズの話』(2010年)
エディ・スリマン『Stern Portfolio No.62 Hedi Slimane』(2010年)
エドガー・ミッチェル『月面上の思索』(2010年)
エドマンド・ドゥ・ヴァール『琥珀の眼の兎』(2010年)
エリザベット・バダンテール『母性のゆくえ 「よき母」はどう語られるか』(2010年)
エリック・クォルマン『つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える』(2010年)
エリック・ラックス『ウディ・アレンの映画術』(2010年)
カール・ホフマン『脱線特急 最悪の乗り物で行く、159日間世界一周』(2010年)
ギセラ・エロン『北欧のテキスタイル 原点となった12人のコレクション』(2010年)
久保田成子、南禎鎬『私の愛、ナムジュン・パイク』(2010年)
クリス・インピー『すべてはどのように終わるのか あなたの死から宇宙の最後まで』(2010年)
クリストフ・ニック、ミシェル・エルチャニノフ『死のテレビ実験 人はそこまで服従するのか』(2010年)
Gregory S.Paul『The Princeton Field Guide To Dinosaurs』(2010年)
ゴードン・S・ウッド『ベンジャミン・フランクリンアメリカ人になる』(2010年)
サイモン・レイノルズ『ポストパンク・ジェネレーション 1978-1984』(2010年)
ジェフ・ポッター『Cooking for Geeks 料理の科学と実践レシピ』(2010年)
ジグムント・バウマン『リキッド・モダニティを読みとく 液状化した現代世界からの44通の手紙』(2010年)
ジグムント・バウマン、チットラーリ・ロヴィローザ=マドラーゾ『《非常事態》を生きる』(2010年)
シャーロット・コットン『現代写真論 コンテンポラリーアートとしての写真のゆくえ』(2010年)
ジャン・フェクサス『図説 尻叩きの文化史』(2010年)
ジョルジョ・アガンベン『教会と王国』(2010年)
ショーン・タン『エリック』(2010年)
ジョン・R・サール『社会的世界の制作』(2010年)
スーザン・ドウォーキン『地球最後の日のための種子』(2010年)
ティーブン・ウィンドウォーカー『Kindle解体新書 驚異の携帯端末活用法のすべて』(2010年)
セオドロス・バファルコス『ロッカーズ・ダイアリー』(2010年)
ソフィー・ファン・デア・スタップ『ソフィー 9つのウィッグを持つ女の子』(2010年)
タハール・ベン=ジェルーン『嘘つきジュネ』(2010年)
デイヴィッド・グラン『ロスト・シティZ 探検史上、最大の謎を追え』(2010年)
デイヴィッド・ミーアマン・スコット、ブライアン・ハリガン『グレイトフル・デッドマーケティングを学ぶ』(2010年)
ティム・ローレンス『アーサー・ラッセル ニューヨーク、音楽、その大いなる冒険』(2010年)
ティモシー・スナイダー『ブラッドランド ヒトラースターリン 大虐殺の真実』(2010年)
デクラン・ヒル『黒いワールドカップ』(2010年)
デビッド・カークパトリック『フェイスブック 若き天才の野望』(2010年)
デビッド・C・ポロック、ルース=ヴァン・リーケン『サードカルチャーキッズ 多文化の間で生きる子どもたち』(2010年)
デブラ・クレイン、ジュディス・マックレル『オックスフォードバレエダンス事典』(2010年)
デボラ・ブラム『毒薬の手帖 クロロホルムからタリウムまで 捜査官はいかにして毒殺を見破ることができたのか』(2010年)
ドナルド・A・ノーマン『複雑さと共に暮らす デザインの挑戦』(2010年)
ドナルド・トランプ『明日の成功者たちへ(トランプ思考 知られざる逆転の成功哲学)』(2010年)
トレヴァー・ノートン『世にも奇妙な人体実験の歴史』(2010年)
ナオミ・オレスケス、エリック・M・コンウェイ『世界を騙しつづける科学者たち』(2010年)
ニコラス・A・クリスタキス、ジェイムズ・H・ファウラー『つながり 社会的ネットワークの驚くべき力』(2010年)
パイパー・カーマン『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 女子刑務所での13ヵ月』(2010年)
パティ・スミス『Just Kids』(2010年)
ハーペイ・カーケリング『巡礼コメディ旅日記 僕のサンティアゴ巡礼の道』(2010年)
ハンター・S・トンプソン『天国はもう満員 (アメリカ・コラムニスト全集 ハンター・トンプソン集)』(2010年)
ピエール・レオンフェルト、エリック・ピュジャレ-プラー『伝説のトランク100 ルイ・ヴィトン』(2010年)
ピーター・フォークピーター・フォーク自伝 「刑事コロンボ」の素顔』(2010年)
フィリップ・ボール『音楽の科学 音楽の何に魅せられるのか?』(2010年)
ブライアン・スウィーテク『移行化石の発見』(2010年)
ブライアン・ミーラー『風を操った少年』(2010年)
ブランコ・ミラノヴィッチ『不平等について 経済学と統計が語る26の話』(2010年)
フランシン・プローズ『暴食の世界史』(2010年)
フレディ・ゴズラン、グザビエ・フェルナンデス『調香師が語る香料植物の図鑑』(2010年)
フレデリック・ジェイムスン『ヘーゲル変奏 『精神の現象学』をめぐる11章』(2010年)
ペーター・ビュトナー『ハイジの原点』(2010年)
ベンカト・ラマスワミ、フランシス・グイヤール『生き残る企業のコ・クリエーション戦略 ビジネスを成長させる「共同創造」とは何か』(2010年)
ボブ・ウッドワードオバマの戦争』(2010年)
ポール・コリアー『民主主義がアフリカ経済を殺す 最底辺の10億人の国で起きている真実』(2010年)
マイケル・ブルックス『まだ科学で解けない13の謎』(2010年)
マイケル・ルイス『世紀の空売り』(2010年)
マーカス・デュ・ソートイ『数字の国のミステリー』(2010年)
マーク・ボイル『ぼくはお金を使わずに生きることにした』(2010年)
マーティン・ケンプ、パスカル・コット『美しき姫君 発見されたダ・ヴィンチの真作』(2010年)
ミシェル・アレクサンダー『The New Jim Crow』(2010年)
ミッシェル・マーサー『ジョニ・ミッチェルという生き方 ありのままの私を愛して』(2010年)
モーリーン・キャラハン『レディー・ガガのすべて』(2010年)
ラジ・チェティ、他『How Does Your Kindergarten Classroom Affect Your Earnings? Evidence from Project STAR』(2010年)
リチャード・コニフ『飢えたピラニアと泳いでみた へんであぶない生きもの紀行』(2010年)
リー・フリードランダー『AMERICA BY CAR』(2010年)
ルイ・セロー『ヘンテコピープルUSA 彼らが信じる奇妙な世界』(2010年)
ロバート・アダムス『GONE』(2010年)
ローレン・コンラッド『Style』(2010年)
ローレン・レドニス『放射能 キュリー夫妻の愛と業績の予期せぬ影響』(2010年)
マイケル・J・ベントン、他(監)『生物の進化大図鑑』(2010年)
ヴィルジニー・アラジディ、エマニュエル・チュクリエル『観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑』(2010年~)
アイリス・マリオン・ヤング『正義への責任』(2011年)
アクセル・ホネット『物象化 承認論からのアプローチ』(2011年)
アーシュラ・K・ル=グウィン『いまファンタジーにできること』(2011年)
アニー・ジェイコブセン『エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実』(2011年)
アビジット・V・バナジーエスター・デュフロ『貧乏人の経済学 もういちど貧困問題を根っこから考える』(2011年)
アルバート=ラズロ・バラバシ『バースト!』(2011年)
アンディ・プディコム『からっぽ!10分間迷走が忙しいココロを楽にする』(2011年)
アントニオ・ネグリスピノザとわたしたち』(2011年)
アントニオ・ネグリ『戦略の工場 レーニンを超えるレーニン』(2011年)
アンドルー・F・スミス『ハンバーガーの歴史 世界中でなぜここまで愛されたのか?』(2011年)
イマニュエル・ウォーラーステイン『近代世界システムIV 中道自由主義の勝利 1789-1914』(2011年)
ヴィヴィアン・マイヤー『Street Photographer』(2011年)
ウィリアム・ルーベル『パンの歴史』(2011年)
ウンベルト・エーコウンベルト・エーコの小説講座 若き作家の告白』(2011年)
エイドリアン・J・スライウォツキー、カール・ウェバー『ザ・ディマンド 爆発的ヒットを生む需要創出術』(2011年)
伊格言(エゴヤン)『君は僕の瞳に射し込んだ光』(2011年)
エズラ・F・ヴォーゲル『現代中国の父 鄧小平』(2011年)
エドマンド・ドゥ・ヴァール『琥珀の眼のウサギ』(2011年)
エマ・マリス『「自然」という幻想 多自然ガーデニングによる新しい自然保護』(2011年)
エリック・リース『リーン スタートアップ』(2011年)
オリバー・サックス『心の視力』(2011年)
「ガーディアン」特命取材チーム、デヴィッド・リー、他『ウィリークス WikiLeaks アサンジの戦争』(2011年)
ガヤトリ・C・スピヴァクナショナリズムと想像力』(2011年)
キャトリン・モラン『女になる方法 ロックンロールな13歳のフェミニスト成長記』(2011年)
グラン・フューリー、マイケル・コーエン『Read My Lips』(2011年)
グレアム・ハーマン『四方対象 オブジェクト指向存在論入門』(2011年)
クレイトン・M・クリステンセン、ジェフリー・ダイアー、他『イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル』(2011年)
クレマンス・ガンディヨ『数学はあなたのなかにある』(2011年)
クロード・スティール『ステレオタイプの科学 「社会の刷り込み」は成果にどう影響し、わたしたちは何ができるのか』(2011年)
クロード・レヴィ=ストロース『月の裏側 日本文化への視角』(2011年)
ケイト・サマースケイル『最初の刑事 ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件』(2011年)
ゲルハルト・リヒター『PATTERNS』(2011年)
ゴードン・マシューズ『チョンキンマンション 世界の真ん中にあるゲットーの人類学』(2011年)
ザック・オマリー・グリーンバーグEmpire State of Mind』(2011年)
サンダー・E・キャッツ『サンダー・キャッツの発酵教室』(2011年)
ジェイン・マクゴガニル『幸せな未来は「ゲーム」が創る』(2011年)
ジェシー・ベリング『ヒトはなぜ神を信じるのか 信仰する本能』(2011年)
ジェフ・ジャービス『パブリック 開かれたネットの価値を最大化せよ』(2011年)
ジグムント・バウマンコラテラル・ダメージ グローバル時代の巻き添え被害』(2011年)
ジグムント・バウマン『リキッド化する世界の文化論』(2011年)
ジャック・ランシエール『映画からの逸脱』(2011年)
ジャック・ランシエール『アイステーシス 芸術の美学的体制の舞台』(2011年)
ジャック・ランシエールタル・ベーラ 事後の時間』(2011年)
ジャン・ボベロ、ラファエル・リオジエ『〈聖なる〉医療 フランスにおける病院のライシテ』(2011年)
ジョシュア・フォア『ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由』(2011年)
ジョルジョ・アガンベン『いと高き貧しさ』(2011年)
ジョン・オースティン『ゾンビの作法 もしもゾンビになったら』(2011年)
ジョン・ダワー『忘却のしかた、記憶のしかた 日本・アメリカ・戦争』(2011年)
ティーヴン・L・マンリー『アメリカ最優秀教師が教える相対論&量子論』(2011年)
Steidl『EXPEDITION SVALBARD』(2011年)
ティーブン・ソロモン『水が世界を支配する』(2011年)
スティーブン・ピンカー『暴力の人類史』(2011年)
ティーブン・レヴィ『グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ』(2011年)
ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?』(2011年)
ダニエル・グラネ、カトリーヌ・ラムール『巨大化する現代アートビジネス』(2011年)
ダニエル・J・ソロブ『プライバシーなんていらない!? 情報社会における自由と安全』(2011年)
ダニエル・タメット『天才が語る サヴァンアスペルガー共感覚の世界』(2011年)
ダニエル・デネット『ヒトはなぜ笑うのか』(2011年)
タハール・ベン=ジェルーン『アラブの春は終わらない』(2011年)
チャールズ・J・シールズ『人生なんて、そんなものさ カート・ヴォネガットの生涯』(2011年)
チャールズ・C・マン『1493 世界を変えた大陸間の「交換」』(2011年)
デイヴィッド・M・スコット、ブライアン・ハリガン『グレイトフル・デッドマーケティングを学ぶ』(2011年)
デイヴィッド・ダムロッシュ『世界文学とは何か?』(2011年)
ティモシー・ホワイト『ビーチ・ボーイズとカリフォルニア文化』(2011年)
デヴィッド・グレーバー『負債論 貨幣と暴力の5000年』(2011年)
デビッド・カークパトリック『フェイスブック 若き天才の野望』(2011年)
トーマス・トウェイツ『ゼロからトースターを作ってみた結果』(2011年)
トーマス・フリードマンマイケル・マンデルバウム『かつての超大国アメリカ どこで間違えたのか どうすれば復活できるのか』(2011年)
ドミニク・レステル『肉食の哲学』(2011年)
トム・ミューラー『エキストラバージンの嘘と真実』(2011年)
パトリシア・チャーチランド『脳がつくる倫理 科学と哲学から道徳の起源にせまる』(2011年)
ハル・ヴォーン『誰も知らなかったココ・シャネル』(2011年)
ハワード・シュルツジョアンヌ・ゴードン『スターバックス再生物語 つながりを育む経営』(2011年)
ハンス・ウルリッヒ・オブリスト『アイ・ウェイウェイは語る』(2011年)
フォルカー・ヴァイス『エリートたちの反撃 ドイツ新右翼の誕生と再生』(2011年)
ブライアン・ケノン『SECESSION‐CHRISTOPHER WOOL』(2011年)
フランク・ブルグマン『BOTANICAL PLEASURE』(2011年)
フランク・ローズ『のめりこませる技術 誰が物語を操るのか』(2011年)
フレドリック・ジェイムソン『未来の考古学 第一部 ユートピアという名の欲望』(2011年)
ヘンリー・キッシンジャー『中国 キッシンジャー回想録』(2011年)
ヘンリー・キッシンジャー、ファリード・ザカリア、他『中国は21世紀の覇者となるか? 世界最高の4頭脳による大激論』(2011年)
ホセ・A・マリーナ『知能礼賛 痴愚なんか怖くない』(2011年)
ポール・メイハー、マイケル・ドーア『マイルス・オン・マイルス マイルス・デイヴィス インタヴュー選集』(2011年)
マイケル・ルイス『ブーメラン』(2011年)
マーク・カーゼム『マスコット ナチス突撃兵になったユダヤ少年の物語』(2011年)
マーク・サンディーン『スエロは洞窟で暮らすことにした』(2011年)
マーチン・ファン・クレフェルト『エア・パワーの時代』(2011年)
マヌエル・ピノ・トロ『33人 チリ落盤事故の奇跡と真実』(2011年)
ミチオ・カク『2100年の科学ライフ』(2011年)
ミランダ・ジュライ『あなたを選んでくれるもの』(2011年)
ミリアム・ブラトゥ・ハンセン『映画と経験 クラカウアー、ベンヤミンアドルノ』(2011年)
ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史:文明の構造と人類の幸福』(2011年)
ラーシュ・ミッティング『薪を焚く』(2011年)
リチャード・ドーキンスドーキンス博士が教える「世界の秘密」』(2011年)
リチャード・フォーティ『乾燥標本収蔵1号室 大英自然史博物館 迷宮への招待』(2011年)
リンダ・グラットン『ワーク・シフト』(2011年)
レジス・ドブレ『大惨事(カタストロフィー)と終末論 「危機の預言」を超えて』(2011年)
ロバート・ブランダム『プラグマティズムはどこから来て、どこへ行くのか』(2011年)
ロバート・ホワイティング野茂英雄 日米の野球をどう変えたか』(2011年)
ロブ・ダン『わたしたちの体は寄生虫を欲している』(2011年)
ローマン・クルツナリック『生活の発見 場所と時代をめぐる驚くべき歴史の旅』(2011年)
ロレッタ・ナポリオーニ『マオノミクス』(2011年)
ワシーリー・モロジャコフ『ジャポニズムのロシア 知られざる日露文化関係史』(2011年)
ジャン=ノエル・ミサ、パスカル・ヌーヴェル(編)『ドーピングの哲学 タブー視からの脱却』(2011年)
ステファン・ジェルクン(編)『超プロテスト・ミュージック・ガイド』(2011年)
アラン・セール『ゲルニカピカソ、故国への愛』(2012年)
アレックス・ジョンソン『本棚の本』(2012年)
アンジェラ・アッカーマン、ベッカ・パグリッシ『感情類語辞典』(2012年)
アンダッシュ・ダルヴィッグ『IKEAモデル なぜ世界に進出できたのか』(2012年)
アントニオ・ネグリマイケル・ハートコモンウェルス 〈帝国〉を超える革命論』(2012年)
ヴァンサン・デュリック『レ・ブルー黒書 フランス代表はなぜ崩壊したか』(2012年)
ウィリアム・H・ダビドウ『つながりすぎた世界 インターネットが広げる「思考感染」にどう立ち向かうか』(2012年)
ウィリアム・J・ミッチェル、他『「考えるクルマ」が世界を変える アーバン・モビリティの革命』(2012年)
ウィル・エルスワース=ジョーンズ『バンクシー 壁に隠れた男の正体』(2012年)
エドワード・O・ウィルソン『人類はどこから来て、どこへ行くのか』(2012年)
エリック・R・カンデル『芸術・無意識・脳 精神の深淵へ:世紀末ウィーンから現代まで』(2012年)
L・ランダル・レイ『MMT 現代貨幣理論入門』(2012年)
ガイ・ドイッチャー『言語が違えば、世界も違って見えるわけ』(2012年)
葛兆光『中国は“中国”なのか 「宅慈中国」のイメージと現実』(2012年)
カレン・ブルーメンタール『スティーブ・ジョブズの生き方』(2012年)
キャスリーン・フリン『36歳、名門料理学校に飛び込む! リストラされた彼女の決断』(2012年)
クリス・アンダーソン『MAKERS 21世紀の産業革命が始まる』(2012年)
クリストファー・アンダーセン『ミック・ジャガー ワイルド・ライフ』(2012年)
クリストファー・ボナノス『ポラロイド伝説』(2012年)
クレア・コック・スターキー『1秒でわかる世界の「今」 ビジュアル・ワールドデータ89』(2012年)
クレイトン・M・クリステンセン、カレン・ディロン『イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ』(2012年)
ケイト・ザンブレノ『ヒロインズ』(2012年)
ケネス・スラウェンスキー『サリンジャー 生涯91年の真実』(2012年)
ケビン・ポールセン『アイスマン』(2012年)
ケン・シーガル『Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学』(2012年)
ケント・グリーンフィールド『〈選択〉の神話 自由の国アメリカの不自由』(2012年)
国立自然史博物館(スミソニアン協会)『地球博物学大図鑑』(2012年)
コモン『One Day It’ll All Make Sense』(2012年)
コリーヌ・デイ『Kate:The Kate Moss Book』(2012年)
サイモン・ウィンチェスター『スカル アラン・ダドリーの驚くべき頭骨コレクション』(2012年)
ジェイドナビ・ジン『あかいハリネズミ』(2012年)
ジェイムズ・オブライエン『科学探偵シャーロック・ホームズ』(2012年)
J・M・G・ル・クレジオル・クレジオ、映画を語る』(2012年)
ジェシー・ベリング『なぜペニスはそんな形なのか ヒトについての不謹慎で真面目な科学』(2012年)
シェリー・ケーガン『DEATH 「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義』(2012年)
シェリー・シーサラー『「悪意の情報」を見破る方法』(2012年)
Sika Gblondoume、トム・オーゴマ『MARCHE OU REVE』(2012年)
ジーナ・キーティング『NETFLIX コンテンツ帝国の野望 GAFAを超える最強IT企業』(2012年)
ジム・マーシャル『1972年のローリング★ストーンズ』(2012年)
ジャック・ランシエール『歴史の形象』(2012年)
ジャック・ランシエール『平等の方法』(2012年)
ジャレド・ダイアモンド『昨日までの世界 文明の源流と人類の未来』(2012年)
ジャレド・ダイアモンドノーム・チョムスキー、他『知の逆転』(2012年)
ジュリアン・アサンジジュリアン・アサンジ自伝 ウィキリークス創設者の告白』(2012年)
ジュリアン・アサンジサイファーパンク』(2012年)
ジョージ・スタイナー『「ニューヨーカー」のジョージ・スタイナー』(2012年)
ジョセフ・ヒース『資本主義が嫌いな人のための経済学』(2012年)
ジョナサン・ハイト『社会はなぜ左と右にわかれるのか 対立を超えるための道徳心理学』(2012年)
ジョナス・メカスジョナス・メカス ノート、対話、映画』(2012年)
ジョルジョ・アガンベン『オプス・デイ』(2012年)
ジョン・クラッセン『ちがうねん』(2012年)
ジョン・ロンソン『サイコパスを探せ! 「狂気」をめぐる冒険』(2012年)
シン=トゥン・ヤウ、スティーヴ・ネイディス『見えざる宇宙のかたち ひも理論に秘められた次元の幾何学』(2012年)
スーザン・ジョージ『金持ちが確実に世界を支配する方法』(2012年)
スーザン・ソンタグ『こころは体につられて 日記とノート 1964-1980 』(2012年)
ティーヴン・ウェッブ『宇宙物理学者がどうしても解きたい12の謎』(2012年)
ティーヴン・グリーンブラット『一四一七年、その一冊がすべてを変えた』(2012年)
ティーブ・コール『石油の帝国 エクソンモービルアメリカのスーパーパワー』(2012年)
ステファンヌ・マンフレド『La Science‐fiction フランス流SF入門』(2012年)
スラヴォイ・ジジェク『2011危うく夢見た一年』(2012年)
ダリオ・トマージ、フランコ・ピッコロ『カオスの神、園子温』(2012年)
ダロン・アセモグル、ジェイムズ・A・ロビンソン『国家はなぜ衰退するのか 権力・繁栄・貧困の起源』(2012年)
チャン・シャオ『ZINE Collection No.11:They』(2012年)
デイヴィッド・イーグルマン『意識は傍観者である  脳の知られざる営み』(2012年)
デイビッド・コード・マレイ『PlanB 不確実な世界で生きのびるための11の法則』(2012年)
ティナ・シーリグ『未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義?』(2012年)
ティナ・ローゼンバーグ『クール革命 貧困・教育・独裁を解決する「ソーシャル・キュア」』(2012年)
ティム・バークヘッド『鳥たちの驚異的な感覚世界』(2012年)
デヴィッド・L・ユーリン『それでも、読書をやめない理由』(2012年)
デビッド・クアメン『スピルオーバー ウイルスはなぜ動物からヒトへ飛び移るのか』(2012年)
デボラ・フェルドマン『アンオーソドックス』(2012年)
トニー・ワグナー『未来のイノベーターはどう育つのか 子供の可能性を伸ばすもの・つぶすもの』(2012年)
トーマス・トウェイツ『ゼロからトースターを作ってみた』(2012年)
トマ・ピケティ『トマ・ピケティの新・資本論』(2012年)
トリスタン・グーリー『日常を探検に変える ナチュラル・エクスプローラーのすすめ』(2012年)
トレヴァー・ノートン『世にも奇妙な人体実験の歴史』(2012年)
ナオミ・ウルフ『ヴァギナ』(2012年)
ナンシー・フレイザー、アクセル・ホネット『再配分か承認か? 政治・哲学論争』(2012年)
ニコラ・サモリ『Fegefeuer Purgatory』(2012年)
ニック・フリン『路上の文豪、酔いどれジョナサンの「幻の傑作」』(2012年)
ニール・マクレガー『100のモノが語る世界の歴史』(2012年)
ノルベルト・へーリング、オラフ・シュトルベック『人はお金だけでは動かない 経済学で学ぶビジネスと人生』(2012年)
バーゴ・パートリッジ『乱交の文化史』(2012年)
ハ・ジヘ『ロッテ 際限なき成長の秘密』(2012年)
ハナ・ロスチャイルド『パノニカ ジャズ男爵夫人の謎を追う』(2012年)
ピーター・ドロンケ『中世ラテンとヨーロッパ恋愛抒情詩の起源』(2012年)
フィリップ・カー=ゴム『「裸」の文化史』(2012年)
フランシーヌ・シャピロ『過去をきちんと過去にする EMDRのテクニックでトラウマから自由になる方法』(2012年)
ブレイン・ハーデン、申東赫『北朝鮮 14号管理所からの脱出』(2012年)
フレデリック・ロルドン『なぜ私たちは、喜んで“資本主義の奴隷"になるのか?』(2012年)
フレドリック・ジェイムソン『未来の考古学 第二巻 思想の達しうる限り』(2012年)
フロレンティーノ・ロダオ『フランコ大日本帝国』(2012年)
ペギー・オレンスタイン『プリンセス願望には危険がいっぱい』(2012年)
ボニー・ヒューレット『アフリカの森の女たち 文化・進化・発達の人類学』(2012年)
ボブ・ウッドワード『政治の代償』(2012年)
ポール・アダムス『ウェブはグループで進化する』(2012年)
ポール・オースター『冬の日誌』(2012年)
ポール・キンステッド『チーズと文明』(2012年)
ポール・ロバーツ『食の終焉 グローバル経済がもたらしたもうひとつの危機』(2012年)
マイケル・サンデル『それをお金で買いますか 市場主義の限界』(2012年)
マイケル・L・ロス『石油の呪い 国家の発展経路はいかに決定されるか』(2012年)
マイケル・ラルゴ『図説 死因百科』(2012年)
マイケル・ローゼン『尊厳 その歴史と意味』(2012年)
Michelle Alexander『The New Jim Crow』(2012年)
マリオ・ラモ『わたしのふうせん』(2012年)
メリー・ホワイト『コーヒーと日本人の文化誌 世界最高のコーヒーが生まれる場所』(2012年)
メルヴィン・ウィリン『世界の心霊写真 カメラがとらえた幽霊たち、その歴史と真偽』(2012年)
楊継縄『毛沢東 大躍進秘録』(2012年)
ヤン・プランパー『感情史の始まり』(2012年)
余華(ユイ・ホア)『ほんとうの中国の話をしよう』(2012年)
ライアン・マッギンレー『Ryan McGinley:Whistle for the Wind』(2012年)
ランダル・ストロス『Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール』(2012年)
R・ケリー、デイヴィッド・リッツ『R・ケリー自伝 SOULACOASTER』(2012年)
リサ・モートンハロウィーンの文化誌』(2012年)
リチャード・フロリダ『新クリエイティブ資本論 才能が経済と都市の主役となる』(2012年)
リンダ・グラットン『ワーク・シフト 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉』(2012年)
リンダ・ハッチオン『アダプテーションの理論』(2012年)
レイチェル・シュタイア『万引きの文化史』(2012年)
レイ・ブラッドベリ、サム・ウェラー『ブラッドベリ、自作を語る』(2012年)
レム・コールハース、ハンス=ウルリッヒ・オブリスト『プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る…』(2012年)
ロジャー・ムーア『BOND ON BOND 007アルティメイトブック』(2012年)
ロバート・グリーン『マスタリー 仕事と人生を成功に導く不思議な力』(2012年)
ジョン・ブロックマン(編)『天才科学者はこう考える 読むだけで頭がよくなる151の視点』(2012年)
アラン・バディウピエール・ブルデュー『人民とはなにか?』(2013年)
アリソン・フーヴァー・バートレット『本を愛しすぎた男 本泥棒と古書店探偵と愛書狂』(2013年)
アンガス・ディートン『大脱出 健康、お金、格差の起源』(2013年)
アンソニー・ダン、フィオーナ・レイビー『スペキュラティヴ・デザイン』(2013年)
アントニオ・ネグリマイケル・ハート『叛逆 マルチチュードの民主主義宣言』(2013年)
V・S・ラマチャンドラン『脳のなかの天使』(2013年)
ヴィクトリア・ヴァントック『ジェット・セックス スチュワーデスの歴史とアメリカ的「女性らしさ」の形成』(2013年)
ヴィンセント・ヴェルニエール、他『Punk Press:Rebel Rock in the Underground Press 1968‐1980』(2013年)
王輝『文化大革命の真実 天津大動乱』(2013年)
ウティット・ヘーマムーン『好小説』(2013年)
ウリ・ニーズィー、ジョン・A・リスト『その問題、経済学で解決できます。』(2013年)
ウンベルト・エーコ異世界の書 幻想領国地誌集成』(2013年)
A・J・ジェイコブズ『健康男 体にいいこと、全部試しました!』(2013年)
エラ・バーサド、スーザン・エルキタン『文学効能事典 あなたの悩みに効く小説』(2013年)
エリック・H・クライン『トロイア戦争 歴史・文学・考古学』(2013年)
エリック・シーゲル『ヤバい予測学:「何を買うか」から「いつ死ぬか」まであなたの行動はすべて読まれている』(2013年)
エリック・シャリーン『図説 世界史を変えた50の機械』(2013年)
エリック・ブリニョルフソン、アンドリュー・マカフィー『機械との競争』(2013年)
オリバー・ストーン、ピーター・カズニック『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史』(2013年)
キャサリン・ロッシ『フェイスブック 子どもじみた王国』(2013年)
ギヨーム・デュプラ『仕掛絵本図鑑 動物の見ている世界』(2013年)
クォン・ボドゥレ『恋愛の時代 大正期(1920年代前半)朝鮮における文化と流行』(2013年)
クラウディア・ハモンド『脳の中の時間旅行 なぜ時間はワープするのか』(2013年)
グレイム・ドナルド『[図説]偽科学・珍学説読本』(2013年)
クロード・レヴィ=ストロース『大山猫の物語』(2013年)
COLLECTIF『Le Penis Atlas』(2013年)
サイモン・ブラウンド『幻に終わった傑作映画たち 映画史を変えたかもしれない作品は、何故完成しなかったのか?』(2013年)
サイモン・ホロビン『スペリングの英語史』(2013年)
サルマン・カーン『世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーション』(2013年)
ジェイミー・ドーラン、ピアーズ・ビゾニー『ガガーリン 世界初の宇宙飛行士、伝説の裏側で』(2013年)
ジェイムズ・カー『問いかけ続ける 世界最強のオールブラックスが受け継いできた15の行動規範』(2013年)
ジェフ・ヴァンダミア『ワンダーブック 図解 奇想小説創作全書』(2013年)
シェリル・サンドバーグ『LEAN IN 女性、仕事、リーダーへの意欲』(2013年)
ジェン・シンセロ『もっと「自分のため」に生きていい!』(2013年)
ジグムント・バウマン、デイヴィッド・ライアン『私たちが、すすんで監視し、監視される、この世界について リキッド・サーベイランスをめぐる7章』(2013年)
シッダールタ・ムカジー『病の皇帝「がん」に挑む』(2013年)
ジミー・ネルソン『ビフォア・ゼイ・パス・アウェイ』(2013年)
ジャネット・クラークソン『お菓子の図書館 パイの歴史物語』(2013年)
シャロン・ハーパー『From Above and Below』(2013年)
ジョージ・ダイソンチューリングの大聖堂 コンピュータの創造とデジタル世界の到来』(2013年)
ジョナサン・シルバータウン『なぜ老いるのか、なぜ死ぬのか、進化論でわかる』(2013年)
ジョン・アップダイク『アップダイクと私 アップダイク・エッセイ傑作選』(2013年)
ジョン・ウッド『僕の「天職」は7000人のキャラバンになった』(2013年)
ジョン・キャスティ『Xイベント 複雑性の罠が世界を崩壊させる』(2013年)
ジョン・サザーランド『若い読者のための文学史』(2013年)
ジョン・ヒッグス『The KLF ハウス・ミュージック伝説のユニットはなぜ100万ポンドを燃やすにいたったのか』(2013年)
ジョン・マーサー、マーティン・シングラー『メロドラマ映画を学ぶ』(2013年)
ジーナ・マッキノン『ほんとうのプリンセスが教える、あなたもレディになれるレッスン』(2013年)
スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ『セカンドハンドの時代』(2013年)
スーザン・P・マターン『ガレノス:西洋医学を支配したローマ帝国の医師』(2013年)
ティーヴ・J・セシ、ウェンディ・M・ウィリアムス『なぜ理系に進む女性は少ないのか』(2013年)
スディール・ヴェンカティッシュ社会学者がニューヨークの地下経済に潜入してみた』(2013年)
スラヴォイ・ジジェクジジェク、革命を語る 不可能なことを求めよ』(2013年)
セオドア・グレイシック『音楽の哲学入門』(2013年)
セバスチャン・サルガドGENESIS』(2013年)
ソナーリ・デラニヤガラ『波』(2013年)
ダイヤル・パターソン『ブラック・メタル サタニック・カルトの30年史』(2013年)
タイラー・コーエン『大格差 機械の知能は仕事と所得をどう変えるか』(2013年)
タイラー・ハミルトン、ダニエル・コイル『シークレット・レース ツール・ド・フランスの知られざる内幕』(2013年)
ダニエル・デネット『思考の技法 直観ポンプと77の思考術』(2013年)
デイヴィッド・シールズ、シェーン・サレルノサリンジャー』(2013年)
デイヴィッド・ドールトン『ボブ・ディランという男』(2013年)
ティム・バークヘッド『鳥たちの驚異的な感覚世界』(2013年)
デヴィッド・グレーバー『デモクラシー・プロジェクト オキュパイ運動・直接民主主義・集合的想像力』(2013年)
デヴィッド・フィンケル『帰還兵はなぜ自殺するのか』(2013年)
デーヴィッド・マークス『AMETORA 日本がアメリカンスタイルを救った物語』(2013年)
デクラン・ヒル『あなたの見ている多くの試合に台本が存在する』(2013年)
トマ・ピケティ『21世紀の資本』(2013年)
トム・ケニオン、ジュディ・シオン『アルクトゥルス人より地球人へ 天の川銀河を守る高次元存在たちからのメッセージ』(2013年)
ラヴィス・マクデード『古書泥棒という職業の男たち 20世紀最大の稀覯本盗難事件』(2013年)
トレイシー・エミン『Angel Without You』(2013年)
トレイシー・ソーン『安アパートのディスコクイーン トレイシー・ソーン自伝』(2013年)
ニック・ランド『暗黒の啓蒙書』(2013年)
バンクシー『BANKSY』(2013年)
ハンス・ウルリッヒ・オブリスト『ミュージック 「現代音楽」をつくった作曲家たち』(2013年)
ハンス・クリスチャン・アンデルセン(作)/サンナ・アンヌッカ(絵)『モミの木』(2013年)
バン・B『Bun B’s Rap Coloring and Activity Book』(2013年)
ヒュー・マクガイア、ブライアン・オレアリ『マニフェスト 本の未来』(2013年)
ファニー・ダリュセック『大人のためのワイン絵本』(2013年)
フィリップ・フック『サザビーズで朝食を 競売人が明かす美とお金の物語』(2013年)
ブライアン・スウィーテク『愛しのブロントサウルス 最新科学で生まれ変わる恐竜たち』(2013年)
ブライアン・フェイガン『海を渡った人類の遥かな歴史 名のなき古代の海洋民はいかに航海したのか』(2013年)
ブラッド・ストーン『ジェフ・ベゾス 果てなき野望 アマゾンを創った無敵の奇才経営者』(2013年)
フランク・ブレイディー『完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯』(2013年)
ベア・ウースマ『北極探検隊の謎を追って』(2013年)
ベルトラン・ジョルダン『人種は存在しない 人種問題と遺伝学』(2013年)
ポール・オースター『内面からの報告書』(2013年)
マイケル・S‐Y・チェ『ジェイン・オースティンに学ぶゲーム理論 恋愛と結婚をめぐる戦略的思考』(2013年)
マイケル・ブース『英国一家、日本を食べる』(2013年)
マイケル・ポーラン『人間は料理をする』(2013年)
マーカス・チャウン、ホヴァート・シーリング『ツイッター宇宙講座』(2013年)
マーク・ボイル『無銭経済宣言 お金を使わずに生きる方法』(2013年)
マーク・R・アムスタッツ『エヴァンジェリカルズ アメリカ外交を動かすキリスト教福音主義』(2013年)
マーゴ・フラゴソ『少女のわたしを愛したあなた 秘密と沈黙 15年間の手記』(2013年)
マックス・ブルックス『ゾンビサバイバルガイド』(2013年)
マット・ゾラー・サイツ『ウェス・アンダーソンの世界』(2013年)
マリー・クワント『マリー・クワント』(2013年)
マルクス・ガブリエル『なぜ世界は存在しないのか』(2013年)
マルセル・デュシャン、カルヴィン・トムキンズ『マルセル・デュシャン アフタヌーン・インタヴューズ』(2013年)
マルチェッロ・マッスィミーニ、ジュリオ・トノーニ『意識はいつ生まれるのか 脳の謎に挑む統合情報理論』(2013年)
メアリー・アン・カウズ『名画の中の料理』(2013年)
メイソン・カリー『天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々』(2013年)
モリッシーモリッシー自伝』(2013年)
ヨハイ・ベンクラー『協力がつくる社会 ペンギンとリヴァイサン』(2013年)
ラインホルト・メスナー『極限への挑戦者』(2013年)
李鋭『中国民主改革派の主張 中国共産党私史』(2013年)
リチャード・シュヴァイド『タコの教科書』(2013年)
ルイーズ・バレット『野性の知能 裸の脳から、身体・環境とのつながりへ』(2013年)
レイチェル・バックホルツ『LOVE! 動物たちの愛にあふれる24の物語』(2013年)
ロベール・ブレッソン『彼自身によるロベール・ブレッソン インタビュー1943‐1983』(2013年)
ロミ『三面記事の歴史』(2013年)
Lawrence Wright『Going Clear:Scientology,Hollywood,and the Prison of Belief』(2013年)
Nicola Del Roscio、Julie Sylverster(編)『The Cy Twombly Gallery:The Menil Collection,Houston』(2013年)
アーヴィング・ペン『Cigarettes』(2014年)
アミット・ゴスワミ『驚天動地 クォンタムが解きあかす「世界の秘密」』(2014年)
アラン・デケイロス『サルは大西洋を渡った 奇跡的な航海が生んだ進化史』(2014年)
アリス・ロバーツ『生命進化の偉大なる奇跡』(2014年)
アレックス・ベロス『どんな数にも物語がある 驚きと発見の数学』(2014年)
アントワーヌ・ギヨペ『Little man』(2014年)
イアン・グレアム『詐欺と詐称の大百科』(2014年)
イアン・レズリー『子どもは40000回質問する あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力』(2014年)
イツァーク・ギルボア『不確実性下の意思決定理論』(2014年)
イ・ミョンエ『いろのかけらのしま』(2014年)
インゴ・アルント『建築する動物』(2014年)
ヴァル・マクダーミド『科学捜査ケースファイル 難事件はいかにして解決されたか』(2014年)
ヴィクター・ボクリス『バロウズ/ウォーホル テープ』(2014年)
ヴィトルト・シャブウォフスキ『踊る熊たち 冷戦後の体制転換にもがく人々』(2014年)
ウェルドンオーウェン『暮らしをたのしむハーブ手帳』(2014年)
ウェンディ・ムーア『理想の花嫁と結婚する方法 児童文学作家トマス・デイの奇妙な実験』(2014年)
ウティット・ヘーマムーン『歴史を飲み、進化を味わい、ビールの味を楽しむ』(2014年)
エドワード・オズボーン・ウィルソン『若き科学者への手紙 情熱こそ成功の鍵』(2014年)
エドワード・ゴーリー『蟲の神』(2014年)
エミリー・バゼロン『ある日、私は友達をクビになった スマホ世代のいじめ事情』(2014年)
エリック・シュミット、ジャレッド・コーエン『第五の権力 Googleには見えている未来』(2014年)
エリック・シュミット、ジョナサン・ローゼンバーグ、アラン・イーグル『How Google Works 私たちの働き方とマネジメント』(2014年)
エンリコ・モレッティ『年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学』(2014年)
ジー・イングアンソ『ゾンビ映画年代記』(2014年)
オーブリー・パウエル、他『ヒプノシス・アーカイヴス』(2014年)
葛兆光『中国再考 その領域・民俗・文化』(2014年)
オリバー・サックス『見てしまう人びと 幻覚の脳科学』(2014年)
カーク・ウォーカー・グレイヴス『カニエ・ウェスト論 《マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー》から読み解く奇才の肖像』(2014年)
カルロ・ロヴェッリ『すごい物理学講義』(2014年)
カルロ・ロヴェッリ『世の中ががらりと変わって見える物理の本』(2014年)
キース・リチャーズ『Gus & Me おじいさんとはじめてのギターの物語』(2014年)
キム・エラン、パク・ミンギュ、他『目の眩んだ者たちの国家』(2014年)
ギヨーム・デュプラ『動物の見ている世界』(2014年)
グスティ『マルコとパパ ダウン症のあるむすことぼくのスケッチブック』(2014年)
Claudia Rankine『Citizen』(2014年)
クリス・アンダーセン、デイビッド・サリー『サッカー データ革命 ロングボールは時代遅れか』(2014年)
クリスチャン・ザイデル『女装して、一年間暮らしてみました。』(2014年)
コリー・オルセントールキンの「ホビット」を探して』(2014年)
サイモン・ガーフィールド『オン・ザ・マップ 地図と人類の物語』(2014年)
サリー・サットン、ブライアン・ラブロック『たてる こうじのえほん』(2014年)
ジェイコブ・ソール『帳簿の世界史』(2014年)
ジェイミー・バートレット『闇ネットの住人たち デジタル裏社会の内幕』(2014年)
ジェシー・フィンク『AC/DC評伝 モンスターバンドを築いた兄弟たち』(2014年)
ジェシー・ベリング『性倒錯者 だれもが秘める愛の逸脱』(2014年)
ジェニー・オフィル、エリッサ・シャッペル『女友だちの賞味期限』(2014年)
ジェニファー・テーゲ、ニコラ・ゼルマイヤー『祖父はアーモン・ゲート ナチ強制収容所所長の孫』(2014年)
ジェニファー・レイザー『バーニングマン アート・オン・ファイヤー』(2014年)
ジグムント・バウマン社会学の使い方』(2014年)
ジャック・モード『Beyond the Dark Veil:Post Mortem&Mourning Photography from the Thanatos Archive』(2014年)
ジャック・ランシエール『失われた糸 近代文学についての試論』(2014年)
シャロン・モアレム『遺伝子は変えられる。あなたの人生を根本から変えるエピジェネティクスの真実』(2014年)
ジャン・ハッツフェルド『隣人が殺人者に変わる時 加害者編』(2014年)
ジュゼッペ・グラッソネッリ、カルメーロ・サルド『復讐者マレルバ 巨大マフィアに挑んだ男』(2014年)
ジョアンナ・ラコフ『サリンジャーと過ごした日々』(2014年)
ジョージ・ソーンダーズ『人生で大切なたったひとつのこと』(2014年)
ジョージ・パッカー『綻びゆくアメリカ 歴史の転換点に生きる人々の物語』(2014年)
ジョシュア・ウルフ・シュンク『POWER OF TWO 二人で一人の天才』(2014年)
ジョナサン・ハイト『社会はなぜ左と右にわかれるのか 対立を超えるための道徳心理学』(2014年)
ジョン・アガード、ニール・パッカー『わたしの名前は「本」』(2014年)
ジョン・クリーズモンティ・パイソンができるまで ジョン・クリーズ自伝』(2014年)
ショーン・タン『見知らぬ国のスケッチ』(2014年)
John Maloof『Vivian Maier:A Photographer Found』(2014年)
スチュワート・クラーク『ビッグクエスチョンズ 宇宙』(2014年)
スティーヴン・ストロガッツ『xはたの(も)しい 魚から無限に至る、数学再発見の旅』(2014年)
スティーヴン・ホーキング『ホーキング、自らを語る』(2014年)
ティーブン・ジョンソン『世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史』(2014年)
スラヴォイ・ジジェク『事件! 哲学とは何か』(2014年)
セドリック・ヴィラーニ『定理が生まれる 天才数学者の思索と生活』(2014年)
ソフィー・リチャード『フランス人がときめいた日本の美術館』(2014年)
ダグラス・ケンリック『野蛮な進化心理学 殺人とセックスが解き明かす人間行動の謎』(2014年)
ダナ・ボイト『つながりっぱなしの日常を生きる ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの』(2014年)
ダニエル・スミス『絶対に見られない世界の秘宝99』(2014年)
ダフネ・ロウター『ふたごのうさぎ』(2014年)
チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『男も女もみんなフェミニストでなきゃ』(2014年)
T・バトラー=ボードン『世界の哲学50の名著 エッセンスを究める』(2014年)
デイビッド・ピリング『Bending Adversity』(2014年)
デボラ・ノイス『「死」の百科事典』(2014年)
トーベン・クールマン『リンドバーグ 空飛ぶネズミの冒険』(2014年)
トマ・ピケティ『21世紀の資本』(2014年)
ナオミ・オレスケス、エリック・M・コンウェイ『こうして、世界は終わる』(2014年)
ニコ・メレ『ビッグの終焉―ラディカルコネクティビティがもたらす未来社会』(2014年)
ニール・バスコム『ロボコン イケてない僕らのイカした特別授業』(2014年)
パトリック・ディロン、スティーヴン・ビースティー『世界の美しい名建築の図鑑』(2014年)
パニコス・パナイー『近現代イギリス移民の歴史 寛容と排除に揺れた200年の歩み』(2014年)
パニコス・パナイー『フィッシュ・アンド・チップスの歴史 英国の食と移民』(2014年)
ハンス・ユルゲン・クリスマンスキ『マルクス最後の旅』(2014年)
ハンス・ウルリッヒ・オブリスト『キュレーションの方法 オブリストは語る』(2014年)
B・J・ノヴァク『えがない えほん』(2014年)
ピーター・ティール、ブレイク・マスターズ『ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか』(2014年)
フィオヌラ・ハリガン『世界名作映画絵コンテ図鑑』(2014年)
ブライアン・スティーヴンソン『黒い司法 黒人死刑大国アメリカの冤罪と闘う』(2014年)
ブラッドリー・L・ギャレット『「立入禁止」をゆく 都市の足下・頭上に広がる未開地』(2014年)
ブレイク・J・ハリス『セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争』(2014年)
フレッド・シュルアーズ『イノセントマン ビリー・ジョエル 100時間インタヴューズ』(2014年)
ベア・グリルス『究極のサバイバルテクニック』(2014年)
ベッセル・ヴァン・デア・コーク『身体はトラウマを記憶する 脳・心・体のつながりと回復のための手法』(2014年)
ヘレン・マクドナルド『オはオオタカのオ』(2014年)
ボブ・バーグ『敵を味方に変える技術』(2014年)
ポール・コリンズ『バンヴァードの阿房宮 世界を変えなかった十三人』(2014年)
ポール・D・テイラー、アーロン・オデア『世界を変えた100の化石(大英自然史博物館シリーズ1)』(2014年)
ポール・ロバーツ『「衝動」に支配される世界 我慢しない消費者が社会を食いつくす』(2014年)
マイケル・フィンドレー『アートの価値 マネー、パワー、ビューティー』(2014年)
マイケル・モス『フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠』(2014年)
マイケル・ルイス『フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち』(2014年)
マーク・サンディーン『スエロは洞窟で暮らすことにした』(2014年)
マック・バーネット(文)/ジェン・カラーチー(絵)『でんごんでーす』(2014年)
マッケンジー・ファンク『地球を「売り物」にする人たち 異常気象がもたらす不都合な「現実」』(2014年)
マーヤ・ヴァン・ウァーグネン『マーヤの自分改造計画 1950年代のマニュアルで人気者になれる?』(2014年)
馬岩松(マ・ヤンソン)『山水城市』(2014年)
マリオン・ポール『マイ・ヴィンテージ・ハロウィン』(2014年)
マルグリット・デュラスジャン=リュック・ゴダール/シリル・ベジャン(編)『ディアローグ デュラス/ゴダール全対話』(2014年)
ミチオ・カク『フューチャー・オブ・マインド 心の未来を科学する』(2014年)
Maylis de Kerangal、トム・オーゴマ『Hors-pistes』(2014年)
メラニー・デュピュイ『美しいフランス菓子の教科書』(2014年)
ラッセル・シモンズ『Success Through Stillness』(2014年)
ラッピ・カウアー『ミルク・アンド・ハニー』(2014年)
ランドール・マンロー『ホワット・イフ? 野球のボールを光速で投げたらどうなるか』(2014年)
リサ・チェイニー『シャネル、革命の秘密』(2014年)
リチャード・ドーキンス『進化とは何か ドーキンス博士の特別講義』(2014年)
リチャード・バーネット『描かれた病 疾病および芸術としての医学挿絵』(2014年)
劉暁波『詩集 牢屋の鼠』(2014年)
ルーシー・レスブリッジ『使用人が見た英国の二○世紀』(2014年)
ルネ・ゲルダン『フランソワ一世 フランス・ルネサンスの王』(2014年)
RUBBISH FANzine『TILL DEATH DO US PART』(2014年)
レイチェル・ウィリアムズ(作)/ルーシー・レザーランド(絵)『世界冒険アトラス』(2014年)
レベッカ・C・タイート『Seven Sisters Style The All‐American Preppy Look』(2014年)
レベッカ・ソルニット『説教したがる男たち』(2014年)
ロクサーヌ・ゲイ『バッド・フェミニスト』(2014年)
ジーナ・ハリソン『おだまり、ローズ 子爵夫人付きメイドの回想』(2014年)
ロバート・L・ウォルク『続・料理の科学 素朴な疑問に再び答えます』(2014年)
マイク・クラトウ『ちいさなエリオット』(2014年~)