芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(小説:国内28)

[小説(国内28)]  2021年

 

碧野圭『書店員と二つの罪』(2021年)

青山文平『泳ぐ者』(2021年)

茜灯里『馬疫』(2021年)

阿川佐和子『ばあさんは15歳』(2021年)

浅倉秋成『六人の嘘つきな大学生』(2021年)

天野純希『もろびとの空 三木城合戦記』(2021年)

五十嵐律人『不可逆少年』(2021年)

板倉俊之『鬼の御伽』(2021年)

一木けい『9月9日9時9分』(2021年)

岩井三四二『田中家の三十二万石』(2021年)

上田早夕里『ヘーゼルの密書』(2021年)

宇佐美まこと『羊は安らかに草を食み』(2021年)

冲方丁『アクティベイター』(2021年)

エフ『なぜ銅の剣までしか売らないんですか?』(2021年)

大前粟生『おもろい以外いらんねん』(2021年)

岡部えつ『気がつけば地獄』(2021年)

荻堂顕『擬傷の鳥はつかまらない』(2021年)

尾崎世界観『母影』(2021年)

恩田陸『灰の劇場』(2021年)

片岡翔『ひとでちゃんに殺される』(2021年)

木崎みつ子『コンジュジ』(2021年)

岸政彦『リリアン』(2021年)

久坂部羊『MR』(2021年)

草凪優アンダーグラウンド・ガールズ』(2021年)

窪美澄『ははのれんあい』(2021年)

小嵐九八郎『走れ、若き五右衛門』(2021年)

呉勝浩『おれたちの歌をうたえ』(2021年)

小手鞠るい『ラストは初めから決まっていた』(2021年)

佐江衆一『野望の屍』(2021年)

坂井希久子『花は散っても』(2021年)

榊林銘『あと十五秒で死ぬ』(2021年)

桜木紫乃『俺と師匠とブルーボーイとストリッパー』(2021年)

佐々木愛『料理なんて愛なんて』(2021年)

佐々木功『天下一のへりくつ者』(2021年)

佐々木譲『帝国の弔砲』(2021年)

佐藤究『テスカトリポカ』(2021年)

澤村伊智『ぜんしゅの跫』(2021年)

椎名誠『階層樹海』(2021年)

篠たまき『氷室の華』(2021年)

芝村裕吏『統計外事態』(2021年)

清水カルマ『カケラ女』(2021年)

下村敦史『ヴィクトリアン・ホテル』(2021年)

斜線堂有紀『ゴールデンタイムの消費期限』(2021年)

新川帆立『元彼の遺言状』(2021年)

鈴村ふみ『櫓太鼓がきこえる』(2021年)

砂川文次『小隊』(2021年)

砂原浩太朗『高瀬庄左衛門御留書』(2021年)

瀬尾まいこ『その扉をたたく音』(2021年)

高橋久美子『ぐるり』(2021年)

知念実希人『傷痕のメッセージ』(2021年)

柄刀一『或るギリシア棺の謎』(2021年)

筒井康隆ジャックポット』(2021年)

津村記久子『つまらない住宅地のすべての家』(2021年)

寺地はるな『ほたるいしマジカルランド』(2021年)

十市社『亜シンメトリー』(2021年)

遠田潤子『紅蓮の雪』(2021年)

中森明夫『キャッシー』(2021年)

鳴神響一『風巻 伊豆春嵐譜』(2021年)

額賀澪『転職の魔王様』(2021年)

貫井徳郎『悪の芽』(2021年)

萩野アンナ『老夫人マリアンヌ鈴木の部屋』(2021年)

畠中恵『いわいごと』(2021年)

原田ひ香『サンドの女 三人屋』(2021年)

平野俊彦『報復の密室』(2021年)

廣嶋玲子『銀獣の集い 廣嶋玲子短編集』(2021年)

深町秋生『鬼哭の銃弾』(2021年)

藤岡陽子『メイド・イン・京都』(2021年)

藤元登四郎祇園「よし屋」の女医者』(2021年)

古河樹『氷室教授のあやかし講義は月夜にて』(2021年)

本城雅人『終わりの歌が聴こえる』(2021年)

誉田哲也『オムニバス』(2021年)

松井玲奈『累々』(2021年)

松尾潔『永遠の仮眠』(2021年)

真山仁『当確師 十二歳の革命』(2021年)

丸山正樹『ワンダフル・ライフ』(2021年)

丸山政也『信州怪談』(2021年)

柳広司アンブレイカブル』(2021年)

矢庭優日『エゴに捧げるトリック』(2021年)

山尾悠子『山の人魚と虚ろの王』(2021年)

山田詠美『血も涙もある』(2021年)

吉川永青『ぜにざむらい』(2021年)

吉野万理子『強制終了、いつか再起動』(2021年)

令丈ヒロ子『妖怪コンビニで、バイトはじめました。』(2021年)

渡辺優『きみがいた世界は完璧でした、が』(2021年)

講談社(編)『Day to Day』(2021年)

川瀬七緒『ヴィンテージガール』(2021年~)

時雨沢恵一『レイの世界』(2021年~)