芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(小説:海外12)

[小説(海外12)](戯曲含む) 1970年代後半



イアン・マキューアン『最初の恋、最後の儀式』(1975年)
イアン・ワトスン『ヨナ・キット』(1975年)
ウィリアム・トレヴァー『リッツホテルの天使達』(1975年)
ウラジーミル・ナボコフ『独裁者殺し』(1975年)
E・L・カニグズバーグ『ジョコンダ夫人の肖像』(1975年)
ガブリエル・ガルシア=マルケス『族長の秋』(1975年)
コードウェイナー・スミスノーストリリア』(1975年)
コードウェイナー・スミス『鼠と竜のゲーム』(1975年)
コードウェイナー・スミス『シェイヨルという名の星』(1975年)
コリン・ウィルソン『スクールガール殺人事件』(1975年)
サミュエル・R・ディレイニー『ダールグレン』(1975年)
J.G.バラード『ハイ‐ライズ』(1975年)
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『愛はさだめ、さだめは死』(1975年)
ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ『向う側への旅』(1975年)
ジョン・アップダイク『日曜日だけの一カ月』(1975年)
ジーン・ウルフ『ピース』(1975年)
ストルガツキー兄弟『滅びの都』(1975年)
セサル・アイラ『モレイラ』(1975年)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ『星空から来た犬』(1975年)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ『ぼくとルークの一週間と一日』(1975年)
チャールズ・ブコウスキー『勝手に生きろ!』(1975年)
デイヴィッド・ロッジ『交換教授』(1975年)
ティム・オブライエン『カチアートを追跡して』(1975年)
ドナルド・バーセルミ『死父』(1975年)
トマス・ハリスブラック・サンデー』(1975年)
トーマス・ベルンハルト『理由』(1975年)
ピーター・マシーセン『遙かな海亀の島』(1975年)
フィリップ・K・ディック『戦争が終わり、世界の終わりが始まった』(1975年)
フィリップ・ロス『男としての我が人生』(1975年)
フィリップ・ロス『素晴らしいアメリカ作家』(1975年)
マイケル・クライトン大列車強盗』(1975年)
マーガレット・ドラブル『黄金の王国』(1975年)
リチャード・ブローティガン『鳥の神殿』(1975年)
ルシアン・ネイハム『シャドー81』(1975年)
レイ・ブラッドベリ『火の柱』(1975年)
ロバート・ウェストール『機関銃要塞"の少年たち』(1975年)
ロバート・エイクマン『奥の部屋』(1975年)
アイラ・レヴィンブラジルから来た少年』(1976年)
アーシュラ・K・ル=グウィン『どこからも彼方にある国』(1976年)
アラン・ロブ=グリエ『幻影都市のトポロジー』(1976年)
アレックス・ヘイリー『ルーツ』(1976年)
アン・ビーティ『歪み』(1976年)
アン・ビーティ『冬の寒い風景』(1976年)
イアン・ワトスンオルガスマシン』(1976年)
ウラジーミル・ナボコフ『ロシアに届かなかった手紙』(1976年)
エミール・アジャール(ロマン・ギャリ)『これからの一生』(1976年)
エリザベス・テイラー『非難』(1976年)
E・L・カニグズバーグ『なぞの娘キャロライン』(1976年)
カート・ヴォネガットスラップスティック』(1976年)
クライブ・カッスラータイタニックを引き揚げろ』(1976年)
クリストファー・プリースト『スペース・マシン』(1976年)
ケイト・ウィルヘルム『鳥の歌いまは絶え』(1976年)
コリン・ウィルソン『宇宙ヴァンパイアー』(1976年)
J.G.バラード『死亡した宇宙飛行士』(1976年)
ジャン=パトリック・マンシェット『危険なささやき』(1976年)
ジャン=パトリック・マンシェット『殺しの挽歌』(1976年)
ジョン・アップダイク『結婚しよう』(1976年)
ジョン・スタインベックアーサー王と気高い騎士たちの行伝』(1976年)
スタニスワフ・レム『枯草熱』(1976年)
ゼカリア・シッチン『第12番惑星』(1976年)
デヴィッド・セルツァーオーメン』(1976年)
ドナルド・バーセルミ『アマチュアたち』(1976年)
トーマス・ベルンハルト『地下室』(1976年)
トム・ロビンズ『カウガール・ブルース』(1976年)
トレヴェニアン『夢果つる街』(1976年)
ノーマン・マクリーン『マクリーンの川』(1976年)
ハリイ・ハリスン原子力衛星が落ちてくる!』(1976年)
パール・S・バック『愛に生きた女たち』(1976年)
フィリップ・K・ディック『地図にない町』(1976年)
フィリップ・K・ディックロジャー・ゼラズニイ『怒りの神』(1976年)
フォレスト・カーター『リトル・トリー』(1976年)
ブライアン・オールディス『マラキア・タペストリ』(1976年)
ボフミル・フラバル『あまりにも騒がしい孤独』(1976年)
マヌエル・プイグ『蜘蛛女のキス』(1976年)
リチャード・ブローティガンソンブレロ落下す―ある日本小説』(1976年)
リディア・デイヴィス『第13番目の女』(1976年)
レイ・ブラッドベリ『とうに夜半をすぎて』(1976年)
レイモンド・カーヴァー『頼むから静かにしてくれ』(1976年)
ロザリンド・アッシュ『蛾』(1976年)
ロジャー・ゼラズニイ『燃えつきた橋』(1976年)
ロジャー・ゼラズニイ『砂のなかの扉』(1976年)
ロジャー・ゼラズニイ『わが名はレジオン』(1976年)
ロバート・B・パーカー『約束の地』(1976年)
アーシュラ・K・ル=グウィン『オルシニア』(1976年~1979年)
ローレンス・ブロック『「探偵マット・スカダー」シリーズ』(1976年~)
イアン・ワトスン『マーシャン・インカ』(1977年)
ウィリアム・コッツウィンクル『ドクター・ラット』(1977年)
ウラジーミル・ナボコフ『ローラ』(1977年)
エルンスト・ユンガー『エウメスヴィル あるナヌークの手記』(1977年)
クリストファー・プリースト『ドリーム・マシン』(1977年)
コリン・ウィルソン『ロイガーの復活』(1977年)
J.M.クッツェー『石の女』(1977年)
J.G.バラード『ザ・ベスト・オブ・バラード』(1977年)
ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』(1977年)
ジェフリー・アーチャー『百万ドルをとり返せ!』(1977年)
シェル・シルヴァスタイン『ぼくを探しに』(1977年)
ジャン=パトリック・マンシェット『殺戮の天使』(1977年)
ジョン・ヴァーリイへびつかい座ホットライン』(1977年)
ジョン・スラデックスラデック言語遊戯短編集』(1977年)
ジョン・スラデック『見えないグリーン』(1977年)
ジョン・D・マクドナルド『コンドミニアム』(1977年)
ジョン・ル・カレ『スクールボーイ閣下』(1977年)
スーザン・ソンタグ『わたしのエトセトラ』(1977年)
スティーヴン・キング『シャイニング』(1977年)
スティーヴン・ミルハウザー『ある夢想者の肖像』(1977年)
ストルガツキー兄弟『世界終末十億年前 異常な状態で発見された手記』(1977年)
セバスチャン・ジャプリゾ『殺意の夏』(1977年)
パトリシア・ハイスミス『イーディスの日記』(1977年)
パトリシア・ハイスミス『女嫌いのための小品集』(1977年)
ピート・ハミル『ボクサー』(1977年)
フィリップ・K・ディックスキャナー・ダークリー(暗闇のスキャナー)』(1977年)
フィリップ・K・ディック『パーキー・パットの日々』(1977年)
フィリップ・K・ディック『宇宙飛行士へのささやかな贈り物』(1977年)
フィリップ・ロス『欲望学教授』(1977年)
ブライアン・オールディスブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』(1977年)
フランク・ハーバート『ドサディ実験星』(1977年)
フリオ・コルタサル『通りすがりの男』(1977年)
ブルース・スターリング『塵クジラの海』(1977年)
ブルース・チャトウィンパタゴニア』(1977年)
ベッシー・ヘッド『宝を集める人 ボツワナの村の物語』(1977年)
ヘレン・ガーナー『モンキー・グリップ』(1977年)
ヘレン・ブッシュ『海辺のたから』(1977年)
ホセ・ドノソ『三つのブルジョワ物語』(1977年)
マーガレット・ドラブル氷河時代』(1977年)
マリオ・バルガス=リョサ『フリアとシナリオライター』(1977年)
リチャード・ブローティガン『バビロンを夢見て―私立探偵小説1942年』(1977年)
レイモンド・カーヴァー『怒りの季節』(1977年)
ロザリンド・アッシュ『嵐の通夜』(1977年)
マイクル・ビショップ『アトランタ都市核』(1977年、1979年)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ大魔法使いクレストマンシー』(1977年〜2006年)
アレホ・カルペンティエル春の祭典』(1978年)
イアン・マキューアン『セメント・ガーデン』(1978年)
イアン・マキューアン『ベッドのなかで』(1978年)
オースン・スコット・カード『神の熱い眠り』(1978年)
オースン・スコット・カード『キャピトルの物語』(1978年)
ガブリエル・ガルシア=マルケスエレンディラ』(1978年)
クリフォード・D・シマック『マストドニア』(1978年)
クリフォード・D・シマック『妖魔の潜む沼』(1978年)
グレアム・グリーンヒューマン・ファクター』(1978年)
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『老いたる霊長類の星への讃歌』(1978年)
ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』(1978年)
ジェイムズ・P・ホーガンガニメデの優しい巨人』(1978年)
ジャンニ・ロダーリ『二度生きたランベルト』(1978年)
ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ『海を見たことがなかった少年 モンドほか子供たちの物語』(1978年)
ジョルジュ・ペレック『人生 使用法』(1978年)
ジョン・アーヴィングガープの世界』(1978年)
ジョン・アップダイク『クーデタ』(1978年)
ジョン・ヴァーリイ『残像』(1978年)
スティーヴン・キング『深夜勤務』(1978年)
スティーヴン・キング『トウモロコシ畑の子供たち』(1978年)
タハール・ベン=ジェルーン『気狂いモハ、賢人モハ』(1978年)
チャールズ・L・ハーネス『ウルフヘッド』(1978年)
チャールズ・シェフィールド『プロテウスの啓示』(1978年)
チャールズ・ブコウスキー『詩人と女たち』(1978年)
チョ・セヒ『こびとが打ち上げた小さなボール』(1978年)
トマス・M・ディッシュ『歌の翼に』(1978年)
トーマス・ベルンハルト『呼吸』(1978年)
ハル・クレメント『一千億の針』(1978年)
ピート・ハミル『マンハッタン・ブルース』(1978年)
フィリップ・ロス『男としての我が人生』(1978年)
ブライアン・オールディス『突然の目覚め』(1978年)
ホセ・ドノソ『別荘』(1978年)
チャールズ・シェフィールド『マッカンドルー航宙記』(1978年〜1999年)
アレホ・カルペンティエル『ハープと影』(1979年)
アーサー・C・クラーク『楽園の泉』(1979年)
イアン・ワトスン『超低速時間移行機』(1979年)
イタロ・カルヴィーノ『冬の夜ひとりの旅人が』(1979年)
E・L・カニグズバーグ『影―小さな5つの話』(1979年)
ウィリアム・ゴールディング『可視の闇』(1979年)
オースン・スコット・カード『ソングマスター』(1979年)
カート・ヴォネガット『ジェイルバード』(1979年)
ギュンター・グラス『ひらめ』(1979年)
クリストファー・プリースト『限りなき夏』(1979年)
ケイト・ウィルヘイム『杜松の時』(1979年)
コードウェイナー・スミス『第81Q戦争』(1979年)
J.G.バラード『無幻会社』(1979年)
ジェイムズ・P・ホーガン『未来の二つの顔』(1979年)
ジェイムズ・ボールドウィン『私の頭の真上』(1979年)
ジョセフ・ヘラー『輝けゴールド』(1979年)
ジョン・アップダイク『メイプル夫妻の物語』(1979年)
ジョン・ヴァーリイティーターン』(1979年)
ジョン・バース『レターズ』(1979年)
ジョン・ル・カレ『スマイリーと仲間たち』(1979年)
スティーヴン・キング『死のロング・ウォーク』(1979年)
チャールズ・シェフィールド『星々にかける橋』(1979年)
鄭義『楓』(1979年)
デーナ・ブルッキンズ『ウルフ谷の兄弟』(1979年)
トレヴェニアン『シブミ』(1979年)
バーナード・マラマッド『ドゥービン氏の冬』(1979年)
ピーター・ストラウヴ『ゴースト・ストーリー』(1979年)
ピート・ハミル『血の胸飾り』(1979年)
フィリップ・ロス『ゴースト・ライター』(1979年)
マイクル・ビショップ『樹海伝説』(1979年)
マジシ・クネーネ『偉大なる帝王シャカ』(1979年)
マヌエル・プイグ『天使の恥部』(1979年)
ミヒャエル・エンデはてしない物語』(1979年)
レイ・ブラッドベリ『火星の笛吹き』(1979年)
ロジャー・ゼラズニイ『ロードマークス』(1979年)
ロバート・ウェストール『水深五尋』(1979年)
ダグラス・アダムス銀河ヒッチハイク・ガイド』(1979年〜1992年)