芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(小説:国内12)

[小説(国内12)](戯曲含む) 1970年代後半



井出孫六『アトラス伝説』(1975年)
井上ひさし『ドン松五郎の生活』(1975年)
井上ひさし『おれたちと大砲』(1975年)
井上靖わが母の記』(1975年)
片岡義男『ロンサム・カウボーイ』(1975年)
阪田寛夫『土の器』(1975年)
柴田錬三郎『うろつき夜太』(1975年)
司馬遼太郎播磨灘物語』(1975年)
司馬遼太郎空海の風景』(1975年)
城山三郎官僚たちの夏』(1975年)
鈴木いづみ『残酷メルヘン』(1975年)
津島佑子『我が父たち』(1975年)
津島佑子『葎の母』(1975年)
筒井康隆『七瀬ふたたび』(1975年)
筒井康隆『笑うな』(1975年)
筒井康隆ミラーマンの時間』(1975年)
西村寿行君よ憤怒の河を渉れ』(1975年)
野坂昭如『戦争童話集』(1975年)
野坂昭如『ぼくの余罪』(1975年)
野坂昭如『生誕の時を求めて』(1975年)
林京子祭りの場』(1975年)
半村良『雨やどり』(1975年)
日野啓三『あの夕陽』(1975年)
藤枝静男『異床同夢』(1975年)
星新一『おのぞみの結末』(1975年)
星新一『たくさんのタブー』(1975年)
丸谷才一『横しぐれ』(1975年)
三木卓『はるかな町』(1975年)
三木卓震える舌』(1975年)
光瀬龍『征東都督府』(1975年)
山田風太郎『幻燈辻馬車』(1975年)
山田正紀『神狩り』(1975年)
山田正紀弥勒戦争』(1975年)
吉村昭『北天の星』(1975年)
吉村昭『磔』(1975年)
司馬遼太郎翔ぶが如く』(1975年~1976年)
横溝正史病院坂の首縊りの家』(1975年〜1977年)
渡辺淳一『遠き落日』(1975年〜1978年)
笹沢左保『詩人の家』(1975年〜1979年)
赤川次郎『幽霊列車』(1976年)
いぬいとみこ『山んばと空とぶ白い馬』(1976年)
岡松和夫『志賀島』(1976年)
金井美恵子『アカシア騎士団』(1976年)
佐木隆三復讐するは我にあり』(1976年)
白石一郎『幻島記』(1976年)
曽野綾子『木枯しの庭』(1976年)
田久保英夫『髪の環』(1976年)
筒井康隆『メタモルフォセス群島』(1976年)
中上健次『岬』(1976年)
西村寿行化石の荒野』(1976年)
西村寿行『幻の白い犬をみた』(1976年)
西村寿行『滅びの笛』(1976年)
野坂昭如フレンチ・コネクション八百』(1976年)
野坂昭如『姦』(1976年)
野坂昭如『一九四五・夏・神戸』(1976年)
藤枝静男『田紳有楽』(1976年)
藤沢周平『義民が駆ける』(1976年)
藤沢周平『冤罪』(1976年)
別役実『さばくの町のXたんてい』(1976年)
三木卓『胸、くるしくて』(1976年)
三木卓『馬とつるくさと少年』(1976年)
光瀬龍『秘伝宮本武蔵』(1976年)
宮尾登美子『陽暉楼』(1976年)
三好京三『子育てごっこ』(1976年)
村上龍限りなく透明に近いブルー』(1976年)
八木義徳『風祭』(1976年)
山田正紀『流氷民族』(1976年)
山田正紀『化石の城』(1976年)
山田正紀『襲撃のメロディ』(1976年)
山田正紀『崑崙遊撃隊』(1976年)
山田正紀『謀殺のチェス・ゲーム』(1976年)
結城亮一『あ丶東京行進曲』(1976年)
吉村昭『海軍乙事件』(1976年)
吉村昭『漂流』(1976年)
赤瀬川源平『妄想科学小説』(1976年〜1979年)
赤川次郎『死者の学園祭』(1977年)
有明夏夫『幕末早春賦』(1977年)
池田満寿夫エーゲ海に捧ぐ』(1977年)
色川武大『怪しい来客簿』(1977年)
臼井吉見『事故のてんまつ』(1977年)
司馬遼太郎『木曜島の夜会』(1977年)
田辺聖子『隼別王子の叛乱』(1977年)
津島佑子『草の臥所』(1977年)
筒井康隆『エディプスの恋人』(1977年)
筒井康隆『あるいは酒でいっぱいの海』(1977年)
中上健次枯木灘』(1977年)
名木田恵子『花ものがたり』(1977年)
野口冨士男『かくてありけり』(1977年)
野坂昭如『マッチ売りの少女』(1977年)
野坂昭如『戯作 四畳半色の濡衣』(1977年)
星新一白い服の男』(1977年)
松下竜一『砦に拠る』(1977年)
三田誠広『僕って何』(1977年)
光瀬龍『東キャナル文書』(1977年)
宮尾登美子『寒椿』(1977年)
宮尾登美子『岩伍覚え書』(1977年)
村上龍『海の向こうで戦争が始まる』(1977年)
山田正紀『火神(アグニ)を盗め』(1977年)
山田正紀『神々の埋葬』(1977年)
山田正紀『地球・精神分析記録』(1977年)
山田正紀『終末曲面』(1977年)
横田順彌宇宙ゴミ大戦争』(1977年)
横田順彌『2095年の少年』(1977年)
吉村昭『赤い人』(1977年)
吉村昭羆嵐』(1977年)
吉村昭『亭主の家出』(1977年)
和田誠『倫敦巴里』(1977年)
和田芳恵『暗い流れ』(1977年)
橋本治桃尻娘』(1977年~1990年)
赤川次郎『赤いこうもり傘』(1978年)
赤川次郎セーラー服と機関銃』(1978年)
有明夏夫『大浪花諸人往来』(1978年)
井上ひさし『十二人の手紙』(1978年)
色川武大『離婚』(1978年)
乙骨淑子『合言葉は手ぶくろの片っぽ』(1978年)
栗本薫『ぼくらの時代』(1978年)
小林信彦『唐獅子株式会社』(1978年)
城山三郎『素直な戦士たち』(1978年)
鈴木いづみ『女と女の世の中』(1978年)
高城修三『榧の木祭り』(1978年)
高橋揆一郎『伸予』(1978年)
高橋揆一郎『五番棟の梅』(1978年)
高橋三千綱『九月の空』(1978年)
竹西寛子『管絃祭』(1978年)
竹本健治匣の中の失楽』(1978年)
津島佑子『歓びの島』(1978年)
津島佑子『寵児』(1978年)
筒井康隆富豪刑事』(1978年)
筒井康隆『バブリング創世記』(1978年)
津本陽深重の海』(1978年)
中上健次『化粧』(1978年)
中野孝次『麦熟るる日に』(1978年)
名木田恵子『小説キャンディ・キャンディ』(1978年)
名木田恵子『遠すぎてみえない』(1978年)
西村寿行『去りなんいざ狂人の国を』(1978年)
西村寿行黄金の犬』(1978年)
西村寿行『蒼茫の大地、滅ぶ』(1978年)
野坂昭如『あやふや』(1978年)
野坂昭如『自弔の鐘』(1978年)
松崎陽平『狂いだすのは三月』(1978年)
三木卓『かれらが走りぬけた日』(1978年)
三木卓『ばけたらふうせん』(1978年)
光瀬龍『立ちどまれば・死』(1978年)
光瀬龍『消えた町』(1978年)
宮尾登美子『一絃の琴』(1978年)
宮尾登美子『影絵』(1978年)
宮本輝『螢川』(1978年)
森瑤子『情事』(1978年)
矢作俊彦マイク・ハマーへ伝言』(1978年)
矢作俊彦『リンゴォ・キッドの休日』(1978年)
山尾悠子『夢の棲む街』(1978年)
山田正紀『剥製の島』(1978年)
山田正紀『贋作ゲーム』(1978年)
山田正紀『白の協奏曲』(1978年)
横田順彌『謎の宇宙人UFO』(1978年)
横田順彌『宇宙のファイアマン』(1978年)
横田順彌『脱線!たいむましん奇譚』(1978年)
吉村昭『ふぉん・しいほるとの娘』(1978年)
吉村昭『海の絵巻』(1978年)
吉村昭『帽子』(1978年)
吉村昭『星と葬礼』(1978年)
吉村昭『遠い日の戦争』(1978年)
大西巨人神聖喜劇』(1978年〜1980年)
平井和正幻魔大戦』(1978年〜1986年)
藤沢周平『用心棒日月抄』(1978年〜1991年)
赤川次郎三毛猫ホームズシリーズ』(1978年〜)
赤川次郎『幽霊シリーズ』(1978年〜)
青野聰『愚者の夜』(1979年)
赤川次郎『死者は空中を歩く』(1979年)
赤川次郎『ひまつぶしの殺人』(1979年)
阿刀田高『ナポレオン狂』(1979年)
安房直子『天の鹿』(1979年)
池波正太郎『侠客』(1979年)
池波正太郎『旅路』(1979年)
大江健三郎同時代ゲーム』(1979年)
円地文子『食卓のない家』(1979年)
加賀乙彦『宣告』(1979年)
梶尾真治『地球はプレイン・ヨーグルト』(1979年)
金井美恵子プラトン的恋愛』(1979年)
金井美恵子『単語集』(1979年)
塩野七生『漁夫マルコの見た夢』(1979年)
式貴士『カンタン刊』(1979年)
重兼芳子『やまあいの煙』(1979年)
司馬遼太郎胡蝶の夢』(1979年)
杉森久英天皇の料理番』(1979年)
田久保英夫『触媒』(1979年)
田中小実昌『ポロポロ』(1979年)
田中小実昌香具師の旅』(1979年)
津島佑子『氷原』(1979年)
津島佑子『光の領分』(1979年)
津島佑子『最後の狩猟』(1979年)
筒井康隆『大いなる助走』(1979年)
筒井康隆『宇宙衞生博覧会』(1979年)
名木田恵子『砂糖細工の舟』(1979年)
名木田恵子『夜明け前のさよなら』(1979年)
西村京太郎『一千万人誘拐計画』(1979年)
西村寿行『わらの街』(1979年)
西村寿行『呑舟の魚』(1979年)
野坂昭如『アルファベット』(1979年)
野坂昭如『死小説』(1979年)
野坂昭如『新宿海溝』(1979年)
藤枝静男『悲しいだけ』(1979年)
三木卓『魔にくすぐられて』(1979年)
三木卓『野いばらの衣』(1979年)
光瀬龍『かれら、アトランティスより』(1979年)
光瀬龍『異次元海峡』(1979年)
宮内勝典『南風』(1979年)
宮本輝幻の光』(1979年)
村上春樹風の歌を聴け』(1979年)
山口瞳『血族』(1979年)
山田正紀『チョウたちの時間』(1979年)
山田正紀『竜の眠る浜辺』(1979年)
山田正紀『50億ドルの遺産』(1979年)
横田順彌『ポエム君とミラクルタウンの仲間たち』(1979年)
横田順彌『銀河パトロール報告』(1979年)
吉川良『自分の戦場』(1979年)
吉村昭『白い遠景』(1979年)
吉村昭『蟹の縦ばい』(1979年)
吉村昭『熊撃ち』(1979年)
吉村昭『月夜の魚』(1979年)
吉村昭ポーツマスの旗』(1979年)
らもん(中島らも)『全ての聖夜の鎖』(1979年)
横溝正史悪霊島』(1979年〜1980年)
藤沢周平『彫師伊之助捕物覚え』シリーズ(1979年〜1985年)
神林長平戦闘妖精・雪風』(1979年〜2009年)