芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(映画:海外2)

[映画(海外2)] 1920年



D.W.グリフィス『東への道』(1920年
パウル・ヴェゲナー、カール・ベーゼ『巨人ゴーレム』(1920年
フリッツ・ラング『死滅の谷』(1920年
フレッド・ニブロ『奇傑ゾロ』(1920年
レイモンド・ロングフォード『ラッド一家の開墾生活』(1920年
ロベルト・ヴィーネ『ゲニーネ』(1920年
ヴァルター・ルットマン『オパス?』(1921年
エリッヒ・フォン・シュトロハイム『愚なる妻』(1921年
カール・T・ドライヤー『サタンの書の数ページ』(1921年
チャールズ・チャップリン『キッド』(1921年
D.W.グリフィス『嵐の孤児』(1921年
フリードリヒ・ヴィルヘルム・ムルナウ『フォーゲルエート城』(1921年
フレッド・ニブロ『三銃士』(1921年
ヘンリー・キング乗合馬車』(1921年
ハンス・リヒター『「リズム」シリーズ』(1921〜1925年)
アラン・ドワンロビン・フッド』(1922年)
エリッヒ・フォン・シュトロハイム愚かなる妻』(1922年)
カール・T・ドライヤー『不運な人々』(1922年)
カール・T・ドライヤー『むかしむかし』(1922年)
フリッツ・ラング『ドクトル・マブセ』(1922年)
フリードリヒ・ヴィルヘルム・ムルナウ吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922年)
フレッド・ニューメイヤー豪勇ロイド』(1922年)
ベンジャミン・クリスチャンセン『魔女』(1922年)
ロバート・フラハティ『極北の怪異』(1922年)
アベル・ガンス鉄路の白薔薇』(1923年)
サム・テイラーフレッド・ニューメイヤー『ロイドの用心無用』(1923年)
ジェイムズ・クルーズ『幌馬車』(1923年)
ルネ・クレール『眠るパリ』(1923年)
ヴィキング・エッゲリング『対角線交響楽』(1924年
エリッヒ・フォン・シュトロハイム『グリード』(1924年
エリッヒ・フォン・シュトロハイム『メリー・ウィドー』(1924年
エルンスト・ルビッチ『結婚哲学』(1924年
カール・T・ドライヤー『ミカエル』(1924年
ジガ・ヴェルトフ『キノグラース』(1924年
ジャン・ルノワール『カトリーヌ』(1924年
セルゲイ・M・エイゼンシュテインストライキ』(1924年
チュニジア映画『カルタゴの少女』(1924年
パウル・レニ『裏町の怪老窟』(1924年
バスター・キートンキートンの探偵学入門』(1924年
フェルナン・レジェ『バレエ・メカニック』(1924年
フリッツ・ラング『ニーベルンゲン』(1924年
フリードリヒ・ヴィルヘルム・ムルナウ『最後の人』(1924年
フレッド・ニューメイヤー猛進ロイド』(1924年
ルネ・クレール『眠るパリ』(1924年
ルネ・クレール『幕間』(1924年
ロベルト・ヴィーネ『芸術と手術』(1924年
キング・ヴィダービッグ・パレード』(1925年)
セルゲイ・M・エイゼンシュテイン戦艦ポチョムキン』(1925年)
チャールズ・チャップリン『黄金狂時代』(1925年)
バスター・キートン『セブン・チャンス』(1925年)
ハリー・O・ホイト『ロスト・ワールド』(1925年)
ルパート・ジュリアン『オペラ座の怪人』(1925年)
F・W・ムルナウ『タルチュフ』(1926年)
G・W・パブスト『喜びなき街』(1926年)
G・W・パブスト『心の不思議』(1926年)
ジャン・ルノワール女優ナナ』(1926年)
バート・イーヴ『硬材の間で』(1926年)
フセヴォロド・プドフキン『母』(1926年)
フリッツ・ラングメトロポリス』(1926年)
フリードリヒ・ヴィルヘルム・ムルナウファウスト』(1926年)
ロッテ・ライニガー『アクメッド王子の冒険』(1926年)
ロバート・フラハティ『モアナ 南海の歓喜』(1926年)
アブラム・ローム『ベッドとソファ』(1927年)
アベル・ガンス『ナポレオン』(1927年)
ヴァルター・ルットマン『伯林―大都会交響楽』(1927年)
カール・T・ドライヤー『裁かるるジャンヌ』(1927年)
セシル・B・デミルキング・オブ・キングス』(1927年)
セルゲイ・M・エイゼンシュテイン『十月』(1927年)
タール・オーデル『子ヤギの賭けレース』(1927年)
バスター・キートンキートン大列車強盗』(1927年)
フリードリヒ・ヴィルヘルム・ムルナウサンライズ』(1927年)
ボリス・バルネット『帽子箱を持った少女』(1927年)
ラディスラフ・スタレヴィッチ『蝶の女王』(1927年)
ルネ・クレール『伯林/大都会交響楽』(1927年)
エドワード・セジウィックキートンのカメラマン』(1928年)
キング・ヴィダー『ザ・クラウド』(1928年)
ジャン・エプスタイン『アッシャー家の末裔』(1928年)
ジャン・ルノワール『のらくら兵』(1928年)
チャールズ・チャップリン『サーカス』(1928年)
チャールズ・F・ライズナー『キートンの蒸気船』(1928年)
テッド・ワイルドロイドのスピーディー』(1928年)
トッド・ブラウニング『サンジバーの西』(1928年)
バート・イーヴ『海からの戦利品』(1928年)
フリッツ・ラング『スピオーネ』(1928年)
マン・レイ『ひとで』(1928年)
ルイス・ブニュエルサルヴァドール・ダリ『アンダルシアの犬』(1928年)
ヴィクトル・トゥリン『トゥルクシブ』(1929年)
エドガー・G・ウルマー『日曜日の人々』(1929年)
エリッヒ・フォン・シュトロハイム『クイーン・ケリー』(1929年)
エリッヒ・フォン・シュトロハイム『グレイト・ガッポ』(1929年)
エルンスト・ルビッチ『ラヴ・パレード』(1929年)
キング・ヴィダー『ハレルヤ』(1929年)
サム・テイラー『コケット』(1929年)
ジガ・ヴェルトフ『カメラを持った男』(1929年)
ジョン・グリスアン『流網船』(1929年)
ビクター・フレミング『ヴァージニアン』(1929年)
フリッツ・ラング『月世界の女』(1929年)
モーリス・エルビー『一九四○年』(1929年)