芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(小説:海外3)

[小説(海外3)](戯曲含む) 1900年代



オクターヴ・ミルボー小間使の日記』(1900年)
H.G.ウェルズ『恋愛とルイシャム氏』(1900年)
マーク・トウェイン『ハドリバーグを堕落させた男』(1900年)
ライマン・フランク・ボームオズの魔法使い』(1900年)
ロマン・ロラン『七月十四日』(1900年)
アナトール・フランス『パリのベルジュレ氏』(1901年)
アナトール・フランス『クランクビーユ』(1901年)
アルフレッド・ジャリ『超男性』(1901年)
アントン・チェーホフ『三人姉妹』(1901年)
H.G.ウェルズ『月世界最初の人間』(1901年)
トーマス・マン『ブッデンブローク家の人々』(1901年)
マイルズ・フランクリン『わが青春の輝き』(1901年)
H.G.ウェルズ『海の貴婦人』(1902年)
サマセット・モーム『クラドック夫人』(1902年)
マクシム・ゴーリキーどん底』(1902年)
アナトール・フランス『楽屋裏の話』(1903年
ジャック・ロンドン『野性の呼び声』(1903年
ジョージ・ギッシング『ヘンリー・ライクロフトの私記』(1903年
トーマス・マン『トーニオ・クレーガー』(1903年
ヘンリー・ジェイムズ『鳩の翼』(1903年
ロマン・ロラン『時は来らん』(1903年
ロマン・ロラン『民衆劇論』(1903年
アントン・チェーホフ桜の園』(1904年)
H.G.ウェルズ『神々の糧』(1904年)
ギルバート・ケイス・チェスタートン『新ナポレオン奇譚』(1904年)
ジーン・ポーター『そばかすの少年』(1904年)
ヘルマン・ヘッセ『郷愁(ペーター・カーメンチント)』(1904年)
マーク・トウェイン『アダムとイヴの日記』(1904年)
ミハイル・アルツィバーシェフ『ランデの死』(1904年)
メイ・シンクレア『聖火』(1904年)
ロマン・ロランジャン・クリストフ』(1904年〜1912年)
アナトール・フランス『白き石の上にて』(1905年)
イーディス・ウォートン『歓楽の家』(1905年)
H.G.ウェルズ『キップス』(1905年)
H.G.ウェルズ『近代のユートピア』(1905年)
ギルバート・ケイス・チェスタートン『木曜の男』(1905年)
ギルバート・ケイス・チェスタートン『奇商クラブ』(1905年)
ジャック・ダデルスワル=フェルサン『リリアン卿』(1905年)
ミハイル・アルツィバーシェフ『人間の波』(1905年)
ロード・ダンセーニ『ペガーナの神々』(1905年)
モーリス・ルブラン『アルセーヌ・ルパンシリーズ』(1905年〜1939年)
ジャック・ロンドン『白牙』(1906年
H.G.ウェルズ『彗星の時代』(1906年
ヘルマン・ヘッセ車輪の下』(1906年
アグネス・ザッパー『愛の一家』(1907年)
アーサー・マッケン『夢の丘』(1907年)
マクシム・ゴーリキー『母』(1907年)
ミハイル・アルツィバーシェフ『サーニン』(1907年)
リジヤ・ジノヴィエワ=アンニバル『悲劇的な動物園 三十三の歪んだ肖像』(1907年)
アナトール・フランス『ペンギンの島』(1908年)
H.G.ウェルズ『空の戦争』(1908年)
サマセット・モーム『魔術師』(1908年)
モーリス・メーテルリンク『青い鳥』(1908年)
ロジェ・マルタン・デュ・ガール『生成』(1908年)
アンドレ・ジッド『狭き門』(1909年)
ジャック・ロンドン『マーティン・イーデン』(1909年)
ジーン・ポーター『リンバロストの乙女』(1909年)
H.G.ウェルズ『アン・ヴェロニカの冒険(恋愛新道)』(1909年)
H.G.ウェルズ『トーノ・バンゲイ』(1909年)
トーマス・マン『大公殿下』(1909年)
ロジェ・マルタン・デュ・ガール『われらのうちの一人の女』(1909年)