芸術系の道に進みたい人のための必見・必読・必聴作品リスト(小説:海外5)

[小説(海外5)](戯曲含む) 1920年



イーディス・ウォートン『汚れなき時代(エイジ・オブ・イノセンス)』(1920年
エヴゲーニイ・ザミャーチン『われら』(1920年
F・W・クロフツ『樽』(1920年
オルダス・ハクスリー『リンボー』(1920年
カレル・チャペック『ロボット』(1920年
シャーウッド・アンダーソン『貧乏白人』(1920年
ステファン・グラビンスキ『狂気の巡礼』(1920年
フランツ・カフカ『田舎医者』(1920年
レオ・ペルッツボリバル侯爵』(1920年
ローズ・マコーリー『ポーター家の人々の思想』(1920年
ロマン・ロランクレランボー』(1920年
ロマン・ロラン『ピエールとリュース』(1920年
アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイニキータの少年時代』(1921年
A.A.ミルン『赤い館の秘密』(1921年
オラシオ・キローガアナコンダ』(1921年
オルダス・ハクスリー『クローム・イエロー』(1921年
カレル・チャペック『苦悩に満ちた物語』(1921年
サマセット・モーム『木の葉のそよぎ』(1921年
ジェイムズ・ブランチ・キャベル『土の人形』(1921年
シャーウッド・アンダーソン『卵の勝利』(1921年
ジャン・コクトーエッフェル塔の花嫁花婿』(1921年
魯迅阿Q正伝』(1921年
レオ・ペルッツ『アンチクリストの誕生』(1921年
ローズ・マコーリー『危険な年ごろ』(1921年
ロマン・ロラン『機械の反抗』(1921年
アーサー・マッケン『秘めたる栄光』(1922年)
アレイスター・クロウリー『麻薬常用者の日記』(1922年)
F・スコット・フィッツジェラルド『美しく呪われた人たち』(1922年)
オルダス・ハクスリー『ジョコンダの微笑』(1922年)
カレル・チャペック『絶対製造工場(絶対子工場)』(1922年)
カレル・チャペック『クラカチット』(1922年)
ギルバート・ケイス・チェスタートン『知りすぎた男』(1922年)
サマセット・モーム『中国の屏風』(1922年)
ジェイムズ・ジョイスユリシーズ』(1922年)
ジャン・コクトーアンティゴネ』(1922年)
H.G.ウェルズ『神のような人々』(1922年)
ヒュー・ロフティング『ドリトル先生アフリカゆき』(1922年)
ヒュー・ロフティング『ドリトル先生航海記』(1922年)
フランツ・カフカ『城』(1922年)
ヘルマン・ヘッセ『シッダールタ』(1922年)
ベン・ヘクト『ファンタジウス・マルレア』(1922年)
メイ・シンクレア『アン・セバーンとフィールディング家の人々』(1922年)
ロマン・ロラン『魅せられたる魂』(1922年〜1933年)
ロジェ・マルタン・デュ・ガール『チボー家の人々』(1922年〜1940年)
アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイ『苦難の道』(1922年〜1941年)
トーマス・マン『詐欺師フェーリクス・クルルの告白』(1922年/1952年)
アーサー・マッケン『輝く金字塔』(1923年)
アーネスト・ヘミングウェイ『三つの短編と十の詩』(1923年)
アーネスト・ヘミングウェイ『われらの時代』(1923年)
アレイスター・クロウリー『ムーンチャイルド』(1923年)
アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイ『アエリータ(火星にいった地球人)』(1923年)
E.F.ベンスン『見えるもの見えざるもの』(1923年)
オルダス・ハクスリー『道化芝居』(1923年)
シャーウッド・アンダーソン『幾度もの結婚』(1923年)
シャーウッド・アンダーソン『馬と人間』(1923年)
ジャン・コクトー『大胯びらき』(1923年)
ジャン・コクトー『山師トマ』(1923年)
ジュール・シュペルヴィエル『ひとさらい』(1923年)
フェーリクス・ザルテン『バンビ』(1923年)
ペルハム・グレンヴィル・ウッドハウス『比類なきジーヴス(ジーヴス事件簿)』(1923年)
レイモン・ラディゲ『肉体の悪魔』(1923年)
レオ・ペルッツ最後の審判の巨匠』(1923年)
ローズ・マコーリー『白痴の話』(1923年)
エマニュエル・ボーヴ『ぼくのともだち』(1924年
オルダス・ハクスリー『リットルメキシカン』(1924年
トーマス・マン魔の山』(1924年
フランツ・カフカ『断食芸人』(1924年
ベン・ヘクト『悪魔の王国』(1924年
レイモン・ラディゲ『ドルジェル伯の舞踏会』(1924年
ロード・ダンセーニ『エルフランドの王女』(1924年
アンドレ・ジッド『贋金つくり』(1925年)
F・スコット・フィッツジェラルド華麗なるギャツビー』(1925年)
ヴァージニア・ウルフ『ダロウェイ夫人』(1925年)
オルダス・ハクスリー『くだらない本』(1925年)
ギルバート・ケイス・チェスタートン『法螺吹き友の会』(1925年)
サマセット・モーム『五彩のヴェール』(1925年)
シャーウッド・アンダーソン『黒い笑い』(1925年)
ジョルジュ・バタイユ『W.C.』(1925年)
ブレーズ・サンドラール『金』(1925年)
ミハイル・A・ブルガーコフ『犬の心臓』(1925年)
ロマン・ロラン『愛と死との戯れ』(1925年)
シーバリー・クイン『グランダンの怪奇事件簿』(1925年〜1951年)
アガサ・クリスティーアクロイド殺し』(1926年)
アーネスト・ヘミングウェイ『春の奔流』(1926年)
アーネスト・ヘミングウェイ日はまた昇る』(1926年)
アレクサンドル・ ベリャーエフ『ドウエル教授の首』(1926年)
アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイ『ガーリン技師と双曲面(技師ガガーリン)』(1926年)
ウィリアム・フォークナー『兵士の報酬』(1926年)
ウラジーミル・ナボコフ『マーシェンカ』(1926年)
A.A.ミルン『クマのプーさん』(1926年)
S.S.ヴァン・ダイン『ベンソン家の惨劇』(1926年)
オルダス・ハクスリー『二、三のグレス』(1926年)
ギルバート・ケイス・チェスタートン『ブラウン神父の不信』(1926年)
サマセット・モーム『カジュアリーナ・トリー』(1926年)
J.J.コニントン『或る豪邸主の死』(1926年)
ジャン・コクトー『オルフェ』(1926年)
H.G.ウェルズ『ウィリアム・クリソルド氏の世界』(1926年)
ブレーズ・サンドラール『モラヴァジーヌの冒険』(1926年)
ロード・ダンセイニ魔法使いの弟子』(1926年)
ロマン・ロラン『花の復活祭』(1926年)
アーネスト・ヘミングウェイ『男だけの世界』(1927年)
ウィリアム・フォークナー『蚊』(1927年)
S.S.ヴァン・ダイン『カナリヤ殺人事件』(1927年)
エマニュエル・ボーヴ『のけ者』(1927年)
エマニュエル・ボーヴ『あるかなしかの町』(1927年)
エマニュエル・ボーヴ『きみのいもうと』(1927年)
ギルバート・ケイス・チェスタートン『ブラウン神父の秘密』(1927年)
サマセット・モーム『手紙』(1927年)
ジェイムズ・ブランチ・キャベル『イヴのことを少し』(1927年)
シュテファン・ツヴァイク人類の星の時間』(1927年)
ヘルマン・ヘッセ荒野のおおかみ』(1927年)
アーサー・マッケン『生活の欠片』(1928年)
アレクサンドル・ ベリャーエフ『両棲人間』(1928年)
アンドレ・ブルトン『ナジャ』(1928年)
イーヴリン・ウォー『大転落(ポール・ペニフェザーの冒険)』(1928年)
ウラジーミル・ナボコフ『キング、クイーン、ジャック』(1928年)
A.A.ミルン『プー横丁にたった家』(1928年)
S.S.ヴァン・ダイン『グリーン家の惨劇』(1928年)
オルダス・ハクスリー『恋愛対位法』(1928年)
サマセット・モーム『アシェンデン』(1928年)
ジャン・コクトー『白書』(1928年)
ジョイス・L・ブリスリー『ミリー・ミリー・マンデーのおはなし』(1928年)
ジョルジュ・バタイユ眼球譚』(1928年)
ジーン・リース『カルテット』(1928年)
ソーントン・ワイルダー『サン・ルイ・レイの橋』(1928年)
H・R・ウェイクフィールド『赤い館』(1928年)
ベルトルト・ブレヒト三文オペラ』(1928年)
ロジェ・マルタン・デュ・ガール『水ぶくれ』(1928年)
ロマン・ロラン『獅子座の流星群』(1928年)
E・E・スミス『《スカイラーク》シリーズ』(1928年〜1965年)
アーネスト・ヘミングウェイ武器よさらば』(1929年)
ウィリアム・フォークナー『サートリス』(1929年)
ウィリアム・フォークナー響きと怒り』(1929年)
ウラジーミル・ナボコフ『チョーブルの帰還』(1929年)
S.S.ヴァン・ダイン『僧正殺人事件』(1929年)
エーリカ・マン『シュトッフェルの飛行船』(1929年)
カレル・チャペック『園芸家の一年(園芸家の12か月)』(1929年)
カレル・チャペック『ひとつのポケットからでた話』(1929年)
ギルバート・ケイス・チェスタートン『詩人と狂人たち』(1929年)
グレアム・グリーン『もうひとりの自分』(1929年)
ジャン・コクトー恐るべき子供たち』(1929年)
ジャン・ジオノ『丘』(1929年)
ジョルジュ・バタイユ眼球譚』(1929年)
ジョン・スタインベック『黄金の杯』(1929年)
ピエール・アンリ・カミ『エッフェル塔の潜水夫』(1929年)
フランティシェク・クプカ『カールシュタイン城夜話』(1929年)
ブレーズ・サンドラール『ダン・ヤックの告白』(1929年)
ペルハム・グレンヴィル・ウッドハウスブランディングズ城の夏の稲妻』(1929年)
アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイ『ピョートル一世(ピョートル大帝)』(1929年〜1934年)
ミハイル・ブルガーコフ巨匠とマルガリータ』(1929年〜1940年)
G.I.グルジェフベルゼバブの孫への話』(1920年代)